スケボー トラック。 スケボーの足回りを熟知!自分に合ったトラックの選び方!

スケボーのトラックの付け方を解説!正しい向きや便利グッズも紹介

スケボー トラック

ショップに行く前にちょっと確認しておくと話もしやすいですよね。 スケートボードの基本的な構成パーツの名前を写真で解説しています。 デッキ(Deck) スケートボード本体部分の板のところのことです。 スポーツ用品量販店では、全部が組まれた「スケボー」として販売されていますが、スケートボード専門ショップでは、デッキ(板)、ウイール(タイヤ)、トラック(デッキとタイヤを取り付ける金具部品)を別々に好きなものを組み合わせて購入します。 また、デッキが折れてしまった場合など、デッキだけ購入して、交換することもできます。 この写真では左が進行方向です。 ノーズ(Nose) デッキの進行方向前方の端を指してノーズと呼びます。 テール(Tail) デッキの進行方向後ろ端を指してテール(テイル)と呼びます。 最近のデッキはノーズとテールがパッと見てわかりにくいのですぐに判断できるように自分でデッキテープの張り方を非対称にデザインしたりグラフィック描いたりする人も居ます。 例えば、以下の写真の上のデッキはテール側のデッキテープをあえて隙間をあけて貼ることで非対称にしてノーズとテールが一目でわかるようにしています。 デッキテープ(Deck Tape) スケートボード上面に貼ってあるざらざらした紙ヤスリのようなテープです。 ウイール(Wheel) タイヤの部分のことです。 テールガード(Tail Guard) フリースタイル独自のパーツです。 ノーズやテールに取り付けてデッキの割れ、すり減りを抑制します。 パーツの名称ですので、ノーズに取りつけてもテールガードといいます。 昔パウエル(メーカー)が発売していた「テールボーン(Tail Bone)」という商品名が一般的になっているので、「テールボーン」と呼ぶ人も居ます。 トラック(Track) ウイールを取り付けデッキに取り付けるパーツのことです。 選択したトラックによって、デッキの挙動が変わります。 ベースプレート(Bace Plate) トラック全体とデッキ本体を接続する部分。 ハンガー(Hanger) トラックの上半分。 アクスルも含めてハンガーと呼ぶことが多い。 アクスル(Axle) ウイールを通すシャフト。 ワッシャー(Waxher) アクスルに通す丸い金属パーツ。 複数枚入れることで、ウイールの幅を微調整できる。 車好きな人にはオフセットという言葉で説明するとわかりやすいかもしれません。 ポイント フリースタイルではレイルトリックを行うのに、ワッシャーを増減させてウイールの幅を微調整し、面一セッティングをするのに利用します。 キングピン(King Pin) トラックの中心にあるベースプレートとハンガーを接続するボルトです。 ブッシュラバー(BushRubber) 通常略してブッシュと呼ぶ。 ゴムでできたパーツです。 硬さが様々あり、この硬さでデッキの挙動が変わります。 ポイント フリースタイルでは固めを使う人が多いです。 私は、上にエキストラハード、下はハードのものを使っています。 両方ハードの時もあります。

次の

スケボーのトラックの選び方

スケボー トラック

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE からご連絡下さい。 以上の要点を順々に説明していきます。 トラックを構成する部品や幅の名称 トラックの幅 トラックの幅ってどこの長さのこと?ってなりそうなので解説していきます。 通常トラックの幅というと、 アクスル幅といって トラックの左側のアクスルナットから右側のアクスルナットまでの部分を指します。 要するに純粋に端から端までの長さのことです。 また ハンガー幅という幅もあり、下図の部分になります。 ウィールを取り付ける部分(アクスルシャフト)の部分を引いた幅のことです。 ここで本題ですが、デッキの幅に最適なトラック幅を選ぶことが重要になりますが、各ブランドで表記の仕方が異なります。 75 とバラバラですが、計測している部分が異なることと、インチ表記とミリ表記で異なっているので数値が異なります。 下にそれぞれの幅の種類と単位の種類を載せておきます。 それぞれの特徴を紹介していきたいと思います。 hi ハイ hiを選択した場合、デッキと地面との距離が離れるためトリックに高さが出ます。 トリックに高さが出るものの、踏み心地が重くなってしまうので、初心者の方にはあまりhiはオススメできません。 ある程度デッキを弾く力が着いてきたところで、hiに切り替える方が良いと思います。 low ロウ lowの場合はデッキと地面との距離がhiよりも短くなり弾きに軽さがでます。 軽い力でテールを蹴ることができるので初心者の方には向いているといえます。 ホイールベースの長さ ホイールベースの長さとはデッキに取り付けた際のノーズ側ウィールからテール側ウィールの距離を指します。 この長さが短いとテールの弾きを軽くすることができます。 テコの原理を用いて考えると分かるのですが、単純に短くするとテールの弾きが軽くなると覚えましょう。 逆にこの長さが長い場合は、テールの弾きが重くなりますが、乗っているときの安定感が増します。 ここまでくるとあとは感覚的な好き嫌いになってくるので、実際に乗りながら体感していきましょう。 ブッシュゴム ブッシュゴムとは、最上部の写真を見てもらえれば分かるように キングピンの中に入っている上下2つのゴムのことを指します。 この ブッシュゴムの固さと キングピンの閉め具合によって、 スケートボードの曲がりやすさが決まってきます。 ブッシュゴムの固さの好き嫌いは人それぞれで グニャグニャでクイックな動きができるからと好きな人もいれば、安定感がでるように固めを好む人もいます。 その感覚は滑っているうちに、自分の好みを少しずつ見つけていくようします。 ある程度の調整なら、キングピンの締め具合で調節可能。 だがあまりにも緩め過ぎたり、締め過ぎたりするのは良くないので、キングピンの調節できる範囲を超える場合はブッシュゴム自体を変えましょう。 BONES ブッシュゴム オススメのブッシュゴムは"BONES" 少し値段は張りますが、高品質で反発が良いです。 ちなみに固さは、左がHARDで右がMIDIUMとなっています。 スケートボードのその他のパーツについて スケートボードの部品について知識を深めたい方は下記記事も参考にしてみてください。 スケートボードコンプリートについて ad スケボートラックの有名ブランド Venture ベンチャー web : ストリートスケーターに御用達なトラックといえば、間違いなく"Venture truck" クセが少なく、初めての人用のコンプリートデッキにもよく使われており ブッシュゴムが固いのが特徴です。 右写真のゴールドトラックは、P-RODが監修するスケートボードブランド "Primitive"とのコラボ。 ACE エース web : 反応の早さはトラックブランドの中でも随一で ストリートスケートではなく、プールやボール、ランプなどを好きなスケーターにはオススメです。 Destructo デストラクト web : プロダクトの全般のトラックの高さが高く設定されていて、他ブランドのトラックと比べると差は目に見て分かるほど。 かなりクセのあるトラックだが、1度ハマってしまうとかなり使いやすいという噂。 SILVER シルバー web : 耐久性のあるトラックとして有名なのが、SILVER truck。 レッジや縁石など、トラックの摩耗が激しいカーブトリックを愛するスケーターにピッタリなトラックとなっています。 Royal ロイヤル web : Royal truckは創設者の1人でもある"MIKE CARROLL"の血と汗と涙の結晶のようなブランドで、より良いトラックの追求を彼が日々続けここまで進化してきました。 シンプルなシルエットの中に色々な技術が詰まっているトラックです。 INDEPENDENT インディペンデント web : スケートボードのトラックでどこが最も有名なの? って聞かれたら迷わず答えるであろう老舗トラックブランド "INDEPENDENT" 洗練された乗り心地を1度は試してもらいたいトラックです。 THUNDER サンダー web : トラックで軽いものを選びたい! という人には、とりあえず "thunder"を選んでおけば問題ないでしょう。 右写真のTITAMIUM LIGHTは業界の中でも軽すぎると有名。 GRIND KING グラインドキング web : あまり日本で多く流通はしていないブランドで、形状は少しVentureに似ています。 KRUX クラックス web : トラックブランドの中でも一際目立つトラックの造りをしている "KRUX" ハンガーの中心部分に大きな穴が空いていて、大きな計量化を行っていて、強度は大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、強度もばっちりです。 TENSOR テンサー web : 軽量化を追求し続けるトラックブランドの一つ、 "TENSOR" 次々に軽量化されたモデルをリリースしていて、右写真はライダーであるDaewon Songの"ALUMINUM"というモデルだがかなり軽い。 FORCE フォース 日本ではあまり流通していないトラックだが、海外では人気の高いトラックブランドの一つで ブランドネームからも分かるように、力強いトラックに仕上がっている。 スケート仲間とは少し違うパーツを使いたい!って人にはオススメです。 INDEPENDENTが最も多く票を獲得しました。 老舗トラックブランドだけに、多くのスケーターからフィードバックをもらい信頼されるプロダクツをリリースし続けているという確証になる結果。 スケーターになったら、1度は使ってみたいと言われるトラックブランドだけに、まだ乗ったことがない人は試してみてはいかがでしょうか。 初心者スケーターに向けたお役立ちトリックHOW TO スケートボードをはじめて、まず覚えたいトリックがこれ。 スケーターとしての人生がここから始まると言ってしまっても過言ではないトリック。 オーリーの追求に終わりがない。 と言われる奥の深いトリック。 180度デッキを回転させることがいかに難しいことを思い知らされる180トリック。 スケートボードをやり初めた時にイメージとしてこれができたらかっこいい!!と思っていたであろうトリック。 ペニースケートボードの全てを知りたいならこれを読めば完璧 663795 views Tag•

次の

スケボーの足回りを熟知!自分に合ったトラックの選び方!

スケボー トラック

交通量が多い場所や、スケボー禁止の看板がある場所でのスケボーは控えましょう。 スケボー上級者のプッシュは、早くて力強いので、初心者からすると後ろに着いていくこともままなりません。 だから、スケボーが上手い人と一緒に滑ると、いつの間にやらプッシュが上手くなっていたなんてこともあります。 スケボーが上手い人は、(特に男性は筋力があるので)多少荒れた路面でもそんなにスピードを落とすことなくスイスイとプッシュしていますが、荒れた路面でプッシュするのって足の筋力を駆使したり、神経をはって滑るので慣れないと疲れてします。 特に筋力に劣るガールズスケーターはそうではないでしょうか。 そんな時は、 「クルーザー」を使うことで、快適なプッシュを楽しむことができます。 スケボークルーザーに乗って街乗りを楽しく クルーザーとは、通常のスケボーとは違い 「ウィールが大きく柔らかい」ものを使用し、路面での安定感とスピードをつけてくれます。 ウィールが大きくて柔らかいので、衝撃を吸収してくれ、多少荒れた路面でもスイスイ進めます。 通常のスケボーと比べ「デッキ」の形や大きさも多種多様で、デザイン性にも優れています。 コンパクトで持ち運びに便利な 「ペニー」。 一時大流行しましたね! ペニーもクルーザーとして活用できます。 色のバリエーションも豊富で、カラフルでおしゃれ! このように街乗り用に設計されたスケボーに乗ることで、街中をクルージングすることがより楽しくなります。 多少の荒れた路面でも、スイスイ進んでくれるし、 スケボー特有の「ガーガー」という滑車の音を軽減してくれるので、 ストレスフリーな乗り心地の良さに「スケボークルージング」がやみつきになるはずです。 スケボーまったくの初心者がペニーに乗る時の注意点 先ほども紹介しましたが、スケボークルーザーの中に「ペニー」という乗り物があります。 一時期ファッションとして持ち歩くことが流行りましたが、同時にペニーに乗ることも流行りました。 スケボーまったくの初心者がペニーを乗りこなすことはできるのでしょうか。 結論を先に言うと、 「できなくはないが、習得にはそれなりの努力が必要」と、私は思います。 通常のスケボーとペニーを乗り比べた時、 通常のスケボーの方が「安定感」があります。 なぜなら、デッキの大きさがペニーより通常のスケボーの方が広いので、しっかり足を置くことができるからです。 また、通常のスケボーはデッキテープが貼られているのでグリップ力がありデッキの上で足が滑りにくいのですが、ペニーはデッキテープがなくツルツルなので、デッキの上で足が滑ってしまうことも考えられます。 ペニーは、足を置くデッキ部分が狭く、グリップ力がなく足元が滑りやすい = 「安定しない」 =スケボー初心者が乗りこなすのは難しい だから、スケボー特有のバランス感覚に慣れていない初心者が、ペニーに乗れるようになるには時間がかかるのです。 安定しないということは、コケてしまうリスクも発生してしまうので、十分に注意してペニーに乗るようにしてください。 しかし、ペニーはコンパクトで軽く、女の子でも気軽に持ち運びしやすいし、何と言っても模様が多種多様でおしゃれ!というメリットもあるので、人気が出る理由も頷けます。 初心者がいきなりペニーを乗りこなすのは難しいかもしれませんが、練習次第で必ず上達するので、ぜひ挑戦してみてください。 ソフトウィールを持ち運ぶだけでスケボークルーザーに早変わり さて、私のクルージング事情はというと、、、 実は、クルーザーを持っていません! なぜかというと、それに代用できる方法でクルージングをしているからです。 それは、 「ソフトウィール」への付け替えです。 いつも乗っているスケボーのウィールを、クルーザー用のソフトウィールに付け替えるだけです。 (付け替え作業が面倒と思うかもしれませんが、慣れると2〜3分でできます。 ) ソフトウィールとは、通常のスケボーで使うウィールより硬さが柔らかい事で、衝撃を吸収し、滑走音なども軽減してくれます。 また、サイズも通常使う52・53mmよりは大きいものを選択するので、荒れた路面でも安定し、スピードが上がります。 ソフトウィールを使用すると、スムーズで伸びがあり、荒れた路面でも軽やかなプッシュが楽しめます。 ちなみに、クルーザーデッキを持たずに、普段乗っているスケボーにソフトウィールを付け替えてクルーザー代わりにするという乗り方のメリットは、以下の通りです。 バイトすると、ウィールが傷んだり、最悪の場合コケて怪我をしてしまう恐れもあります。 自分が普段使用しているトラックの高さと、ソフトウィールの大きさの組み合わせには気をつけてください。 トラックだけでなく、デッキの形やブッシュの柔らかさ、セッティングによってもバイトする可能性があるので、一概にどのウィールサイズが良いとは言えませんが、参考までに私が使っているサイズを紹介します。 私は現在、サンダーHIGHのトラックを愛用しています。 ソフトウィールの大きさは54mmです。 55mmでもギリいけると思いますが、56mm以上になるとバイトする可能性大です。 クルージングをするとスケボーがさらに楽しくなる オーリーを練習しまくっていた頃、息抜きにクルージングをしてみました。 家からスケボーの練習場所まで。 ソフトウィールなので音も静か。 路面が荒れててもスピードがつく。 快適そのものでした。 そして、オーリーばかり練習していたので気づかなかったのですが、いつの間にやらスケボーに乗り慣れている自分を実感することもできました。 普段何気なくスケボーに乗ったり、オーリーを練習していただけなのに、いつの間にやらプッシュが上手くなっていたのです。 地道な練習を積み上げていくこと が大事なんだと気付きました。 そして、「楽しむこと」も何より大切です。 街中をクルージングすると、そんなスケボーの楽しさを思い出させてくれます。

次の