博士 と 彼女 の セオリー 吹き替え。 博士と彼女のセオリーを観ました。解説お願いしますm(_ _)m映画の...

blogs.redeyechicago.com: 博士と彼女のセオリー (吹替版): エディ・レッドメイン, フェリシティ・ジョーンズ, チャーリー・コックス, エミリー・ワトソン: generic

博士 と 彼女 の セオリー 吹き替え

I have absolutely fallen in love with playing Jane. I met Jane very early on in the process and, and got to know her and read her book. And really, just, what I feel is this is a woman who has incredible passion and love, and gives, has given and continues to give so much in her life, and someone who never gave up. It was very important to her that she continued her studies obviously, Stephen being known as the genius that he is, it was interesting for Jane that she also came from an academic background. I have absolutely fallen in love with playing Jane. I met Jane very early on in the process and, and got to know her and read her book. And really, just, what I feel is this is a woman who has incredible passion and love, and gives, has given and continues to give so much in her life, and someone who never gave up. And, and literally, this woman, I feel, dedicated her life to Stephen, but at the same time, was desperate to retain her own sense of identity. It was very important to her that she continued her studies obviously, Stephen being known as the genius that he is, it was interesting for Jane that she also came from an academic background. And it was very important to her that she was respected in that way as much as… You know, in a way that she wanted to always feel like an equal to Stephen in that sort of academic realm. I mean, obviously not to the same extent of his explorations but that she had her own identity. ジェーンを演じることに完全に恋をしてしまいました。 準備のかなり早い段階で本人に会い、彼女を知り、本も読みました。 そして私が感じたのは、彼女が信じがたいほどの情熱を愛をもっていてそれを与える、ずっと人生を通して与え続けたということでした。 そしてギブアップすることが決してない女性だと感じました。 彼女は自分の人生をスティーヴンに捧げましたが、同時に自分のアイデンティティも絶対に確保したいと熱望していたと思います。 彼女にとって自分の研究を続けることはとても重要であり、当然ながらスティーヴンは天才として知られているので、ジェーンもまたアカデミックな世界に生きてきた人だというのは、とても興味深い点です。 ですから彼女にとって科学者として敬意を払ってもらうことはとても重要でした。 学者としてスティーヴンと対等でありたいといつも願っていたのだと思います。 もちろん彼ほどの影響を与えることは出来ませんが、自分のアイデンティティはしっかり持っていたと思います。 誤: そても重要 正: とても重要 ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。 解説 まず、フェリシティ・ジョーンズの力強い一言がありました。 よほど実在のジェーン本人と、その役を演じられることを気に入ったことが伺えますね。 そのジェーンを「魅力的」と表現した理由には、「ものすごい情熱をもった人」で、「夫の健康面の問題にも関わらず、その夫をサポートすることに人生を捧げている」からだと話しています。 また、ジェーン自身も調査や研究をしてきた人であることから、化学者の単なる妻と思われるずに、有名な科学者である夫のスティーヴンと平等な立場にいることが大切と考える人なのではと話しています。 例) That joke was so funny that I literally died laughing. そのジョークが面白すぎて、本当に笑い死にしそうだった。 例) Since a young age she has dedicated her life to helping others. 幼少のころから、彼女は他人を助けることに人生をささげてきた。 字幕付きの動画でリスニングの練習をしよう フェリシティ・ジョーンズ Part1 1963年ケンブリッジ大学で出会った、のちの天才物理学者ホーキングとジェーン。 ALSを発症したホーキングの余命宣告を知りながら、未来へと歩きだしたふたり。 心揺さぶられる、愛の物語。 理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士。 ニュートンやアインシュタインと並ぶ天才と称される彼は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)のハンデを負いながら最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動とも意欲的に取り組む「車椅子の天才物理学者」として知られている。 しかし、そんなホーキング博士の偉業が、ひとりの勇気ある女性によって支えられていたことはあまり知られていない。 本作は、その知られざる実話にスポットを当てたヒューマン・ラブストーリー。 そして、それを知りながら彼の妻になったジェーンを演じるのは、『アメイジング・スパイダーマン2』のフェリシティ・ジョーンズ。 ふたりの出会いは1963年。 スティーヴンがケンブリッジ大学の大学院に在籍している時だった。 彼は詩を学ぶジェーンの聡明さに、ジェーンは彼の夢見がちなグレーの瞳とユーモアのセンスに惹かれ、たちまち恋におちる。 だが、直後にスティーヴンは運動ニューロン疾患と診断され、余命2年の宣告を受ける。 それでも彼と共に生きると決めたジェーンは、力を合わせて病気と闘う道を選択する。 そんなふたりの結婚生活は、残された時間を2年から5年に、5年から10年に、10年から20年に延ばすための絶え間ない努力の日々となる。 ジェーンに励まされて研究に打ち込み、学者としてのステイタスを築いていくスティーヴン。 心身両面で夫をサポートしながら、ふたりの生き甲斐となる子育てにも奮闘するジェーン。

次の

ビッグバンセオリー全話 字幕(吹き替え)動画を無料視聴

博士 と 彼女 の セオリー 吹き替え

博士と彼女のセオリー (The Theory of Everything)は、 2014年にイギリスで製作された伝記映画で、 理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士と 彼の元妻であるジェーン・ホーキング(Jane Wilde Hawking)の関係を描き出している。 監督はジェームズ・マーシュ、主演はエディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズが務める。 第87回アカデミー賞では5部門にノミネートされ、エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した。 Stephen William Hawkingは1942年1月8日 - 2018年3月14日。 76歳で没した。 ALSと診断され、余命2年と医師から宣告された事を振り返れば 感慨深いものがある。 博士はボート部でコックス 舵手 (英語版)という、 漕ぎ手たちのリズムを整える役を務めたとある。 それも本作品で表現されている。 実に色々な時代考証や取材もした上で緻密に作られている印象。 はじめは自転車を漕いでいる場面からスタートする本作品。 ホーキング博士自体は有名だけれども最初は健康だったのだ。 途中から病気が判明。 生きる気力を失ったホーキングに対しジェーンの愛が ホーキングに力を与える場面は感動的だ。 しかし3人目の子供は結局・・・ やはり論理的に考えればホーキングの子供では無かったのだろう。 しかしラストシーンで王室の庭園で遊ぶ3人の子供を自分達が 創ったのだとホーキングがジェーンに語りかける場面は胸をなでおろす。 ホーキングは普通とは違う家庭にならざるを得なかった自分の家庭で 妻に大してある意味寛容だったのだろう。 通常とは違う感覚というか。 最終的には介護士として家に来るようになったエイレンと再婚するホーキング。 妻ジェーンも離婚しジョナサンと再婚する。 なんというか現実はこうなんだなと。 この映画の前半の方がよほど美しい物語で映画らしい。 しかし違うのだなと。 奇しくも2018年3月14日にホーキング博士は亡くなった。 その博士の事をほんの少し知るきっかけとなった本作品を 視聴できた事を幸運に思っている。 ご冥福をお祈りしたい。 ホーキング放射や特異点理論を発表し、量子宇宙物理学の基礎を築いたスティーブン・ホーキング博士の自伝映画。 ケンブリッジ出身のエディ・レッドメインが、ALS 筋萎縮 を患い次第に体の自由を奪われていく博士を見事にコピー、アカデミー主演男優賞に輝いている。 ゲスのキワミぶりを露呈した五体不満足男ではないけれど、四肢の自由を奪われた人間の精力というのは明晰な頭脳同様に旺盛らしく、奥様との間になんと3人のお子様をもうけている。 身体は不自由だけれど、生涯を通じてとっても幸福な結婚生活を送ったホーキング夫妻の愛の物語…という単純な構成にはなっていない。 映画原題の『The Theory of Everything(万物理論)』はアインシュタインの相対性理論とそれと相反する量子論を統一させる方程式のこと。 夫の世界的名声が高まるにつれALSの症状は悪化、ジェーンの自力介護も次第に困難を極めていく。 結婚生活はこのままブッラク・ホールへと吸い寄せられていずれ崩壊してしまうのだろうかと観客が心配した矢先、気晴らしでジェーンが参加した教会の聖歌隊で知り合ったジョナサンから援助の申し出が。 次第に介護の重圧に耐えきれなくなっていくジェーンを(本当のところはわからんが、映画の演出上)気遣ってあえてジョナサンに下に去らせ、自分は手馴れの介護士エレインと行動を共にするという奇策を講じるのだ。 晩年時間の本質についての研究に没頭したというホーキング博士は、見事時間の針を巻き戻し、出会った頃のジェーンとの親密な関係を取り戻すことに成功する。 ホットな愛も現実という重力には耐えきれず、いつかはブラック・ホールにのみこまれ最後には蒸発して消えてしまう。 そんな熱力学第二法則に挑戦したホーキング博士のユニバーサルな愛を描いた1本である。 「Daisy, Daisy, Give me your answer do! 」 『2001年宇宙の旅』より エディの迫真の演技に圧倒されました。 ストーリーは淡々と進んでいく感じでしたが、症状が進んで必要な処置をほどこされたあと。 声が出せなくなったところで、文字盤による意志の疎通を訓練する妻。 彼が唇の動きで気持ちを伝える場面で嗚咽しました。 (映画館でなくてよかった) 「身体は動かせなくなっても、頭脳は明晰なまま」という残酷さに打ちひしがれるだけではなく 博士はこんな風に受け止めたんだな、と感動しました。 もし自分が妻の立場だったら?彼の立場だったら? 自分の今までの人生を振り返って、考えずにはいられません。 夫の介護に献身的な妻も「あ、そっちにいくんだ」というのが、人間臭かったり・・・ それを受けて夫が下すのは・・・ 実際にはもっと色んな葛藤があったのでしょうが、すっきりきれいにまとまって、 辛いシーンも美しいドキュメンタリーのように映像で魅せるところがよかったです。 症状の過酷さのみが前面にでて、介護の負担ばかりが強調されるのではなく、 人間としてこういうときにはこう感じるよなぁ、というのが感情移入できて 一緒に泣いたり喜んだりできました。 気持ちに余裕のあるときに、オススメします!.

次の

博士と彼女のセオリー : 作品情報

博士 と 彼女 の セオリー 吹き替え

映画「博士と彼女のセオリー」 天才物理学者ホーキング博士「自分を見ているようだ」 車いすの天才物理学者ホーキング博士と妻ジェーンの深い愛情を描いた映画 「博士と彼女のセオリー」が、8月5日 水 にブルーレイ&DVDでリリースされることが決定した。 '63年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキング エディ・レッドメイン は、 中世詩を学ぶジェーン フェリシティ・ジョーンズ と恋に落ちるが、 筋萎縮性側索硬化症 ALS を発症、余命2年と宣告される。 妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、 介護と育児に追われる彼女とはすれ違い、病状も悪化していく…というストーリー。 撮影現場を訪問したホーキング博士は、エディ&フェリシティを絶賛。 「若いころの自分を見ているようだ」とコメントした。 そんなホーキング博士を演じたエディ・レッドメインは、 映画「レ・ミゼラブル」 '12年 でマリウス役を演じ、 日本でもブレーク。 本作で、英・米アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など多くの映画賞を受賞した。 イギリスの由緒ある家庭出身、名門パブリックスクール、イートン・カレッジで学び、 英ウィリアム王子と同期という経歴の持ち主。 一方、ホーキング博士の妻ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズは、 本作でアカデミー賞主演女優賞、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされ一躍注目度も急上昇。 「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3弾「インフェルノ」 '16年10月公開予定 のシエナ役や、 「スター・ウォーズ」シリーズ初のスピンオフ作品 「スター・ウォーズ ローグ・ワン」 '16年12月16日公開予定 ヒロイン役などの出演も決定している。 今回発売されるブルーレイには、 エディ・レッドメインの役作りの過程、 ホーキング博士やジェーン本人のインタビューなど貴重なメーキング映像も収録されている。 ホーキング博士の日本語吹き替えを担当した 福田賢二は「あのスティーヴン・ホーキング博士の役をできるなんて! ALSという病気の症状の進行具合をエディ・レッドメインさんが丁寧に演じられて、 その素晴らしい演技を見て身の引き締まる思いでした」と告白。 ジェーン役の日本語吹き替えを担当した佐古真弓は 「二人の演技が素晴らしい! 涙が止まりませんでした。 字幕派の方も吹き替え版を、吹き替え派の方も字幕版を、両方観て楽しんでください」とアピールした。 youtube. youtube. youtube.

次の