サラリーマン 番長 撤去。 【2020年パチスロ撤去機種】押忍!サラリーマン番長の撤去まで69日!【俺に日本は狭すぎる】

【全機種】パチスロ旧規則機の撤去リスト【修正版】

サラリーマン 番長 撤去

スロット設置期限の「最大1年延長」が決定 5月14日、警察庁は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」及び「遊技機の認定及び型式の検定に関する規則」の2つの改正規則の付則を改正し、経過措置期間を1年間延長する方針を明らかにした。 改正日は本日14日。 施行日は未定(通常であれば一週間程度)。 改正されれば、旧基準機については認定、または検定が切れる日から一年間、営業所への設置が経過措置期間を延長して認められる。 ただし、対象は施行日以降に認定や検定が切れる遊技機に限られる。 引用元:様 「新型コロナウイルス感染症」の影響により設置期限が延長されるようです。 設置期限延長の理由• 全国的にホールの営業自粛状態が続いている• 入替作業時の感染拡大防止措置が必要• 新台の供給が遅れている 等の理由が有るようです。 「設置期限までに入替が間に合わない」という事のようですね。 スロット設置期限延期機種の詳細 警察庁は20日、一部改正した「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」を交付、同日施行した。 これを受けてパチンコ・パチスロ産業21世紀会では同日に旧規則機の取扱い内容を決議。 設置期限の延長を受けた遊技機についても計画的な撤去を推進するために段階的な撤去期限を設定しており、高射幸性パチスロについては当初の検定・認定切れの日付までに撤去を行うほか、射幸性が低いとされる羽根モノ・甘デジ等やパチスロノーマルタイプについては検定・認定切れより7カ月以内の順次撤去、その他遊技機についても本年末までを期限として毎月撤去を行っていくとした。 引用元:様 このように決まったようです。 上記の決定により設置期限は以下のようになります。 2020年5月20日~2020年12月31日までに検定・認定切になる機種• 高射幸性遊技機は予定通り撤去(ミリゴ凱旋・サラ番等)• ノーマルA機は「最長210日」設置期限延期(マイジャグラー3等)• 以外」の機種は 2020年12月31日まで設置期限延期(沖ドキ等) 2021年1月1日~2021年1月31日までに検定・認定切になる機種• 一律「2021年11月30日まで」設置期限延期 人気機種の「まどかマギカ2」やAT機の「戦国乙女2」「麻雀物語3」も2021年11月30日まで打てる事になりますね。 5号機(旧基準機・新基準機)が撤去されるタイミング 6号機に移行する「2018年2月1日」に一斉撤去となるわけでは有りません。 「検定通過日から3年間」は6号機移行後も設置可能です。 そして「認定を受ければさらに3年間」の設置が可能となります。 前倒し認定を受けることにより「2021年1月31日」まで設置が可能となります。 旧基準機(沖ドキ・ミリゴ凱旋等)の撤去日 「検定通過日から6年間」設置可能となります(認定を受けている場合) 主な機種の撤去日は下記の通りです。 Dステ姫路店のバジ絆・ハーデス撤去騒動 2018年2月上旬に営業時間中に警察が突入して「バジ絆」「ハーデス」が稼動停止されるという事件が有りました。 騒動の詳細はコチラを参照下さい。 参照元: この騒動は「 認定を受けていなかった」事が原因です。 例えばバジ絆は認定を受けていないと「2016年12月15日」までしか検定期間は有りません。 そのため2018年2月より「みなし機」となって撤去対象となった訳ですね。 認定を受けている機種は2018年2月以降設置しても全く問題は有りません。 安心して打って下さい。 新基準機(番長3・星矢海皇等)の撤去日 「検定通過日から3年間」または「2021年1月31日まで」(認定を受けている場合)設置可能となります。 主な機種の撤去日は下記の通りです。 戦国乙女2等は「 ホールにより撤去日が異なる」という状況になりそうですね。 みなし機(検定・認定切れ)の撤去日 ノーマルA機の撤去日 2018年2月1日時点でみなし機(検定・認定切れ)は基本的に撤去されます。 しかしノーマルA機に関しては以下の温情が有ったようです。 来年2月1日の改正規則施行後に設置できるものは、経過措置として、検定期間、認定期間を残す遊技機となっている。 また、みなし遊技機のうち、比較的射幸性の低いものについては、改正規則施行後、改正規則に適合する遊技機が市場に投入され、営業所において、遊技機を入れ替えるまでどれくらいの期間を要するかを踏まえて、適宜の措置が行われることが考えられるが、その取扱いの対象となるみなし遊技機 以下「対象みなし遊技機」という については、以下の通りとなった。 「みなし機撤去」についてはコチラに詳しく書いています。 を調べてみました。 全国で「1店舗」番長2は設置されているようです。 旧基準機(高射幸性パチスロ機)の設置比率問題 設置期限とは別に「旧基準機(高射幸性パチスロ機)の設置比率」の問題も有ります。 しかし「全日遊連」は設置比率を以下のように下げていく方針のようです。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下• 2019年以降は代替機として「新基準AT機」を再設置する流れになるかと思います。 新基準AT機の撤去日についてはコチラをどうぞ。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下 というのは「なし崩し的に延期(中止)」となったようです。

次の

【撤去いつまで】5号機撤去日一覧 検定切れ全まとめ【まどマギ・バジリスク絆・ハーデス】

サラリーマン 番長 撤去

型式名:押忍! サラリーマン番長 俺に日本は狭すぎるA9 設置店舗数:4775店舗 設置台数ランキング:19位 導入率ランキング:19位(56. 過去三年間の設置台数ランキング&導入率の推移を見て行くと、比較的変動のある機種である事がデータから見て取れます。 設置台数ランキングの順位は大体同じぐらいの水準を行ったり来たりといった具合ですが、導入率に関しては2017年のピーク時に比べると現状は随分と落ち込んでいますね。 直近でなぜか導入率が下がっていますが、ひょっとしたらこれはチェーン展開しているホールがサラリーマン番長の稼働が良い店舗に台数を一極集中させているのでしょうか。 設置台数ランキング的には直近で少し上向いているので、倉庫に眠らせていたサラリーマン番長をバジリスク絆やハーデスなどの撤去に合わせて再導入したケースもそれなりに多そうです。 ただ予想していたよりは一気に再導入といった流れにはなっていませんね。 どちらかと言えば12月に導入を開始した6号機の成績を受けて駄目そうなら…といった事を考えているホールが多いのかも知れません。 その期限が経過したあとも「みなし機」という形でホールに設置しておくことが本来は出来るのですが、今現在は6号機時代に突入した事により5号機のみなし機を設置しておくことが事実上認められていません(ホールが加盟している団体が撤去を要請している)。 要するに、認定期限が切れた台は撤去しなくてはいけない状況になっているという事ですね。 検定情報から分かるように、『押忍!サラリーマン番長』の検定日は2014年7~8月の時期となっています。 検定期間は検定日通過日を含めて丸3年なので、3年後の検定通過日前日が検定の切れる日となります。 そこからさらに認定を受けて3年間の設置が許可されているのが現在の状況です。 つまり、『押忍!サラリーマン番長』の認定が切れる日(設置しておける期限)は、 北海道の場合なら2020年7月24日ということになります。 これは地域によって多少時期がずれるのでご注意下さい。 当記事の情報は参考にさせてもらったサイト(ゼンリンネット)が北海道公安委員会公示日に基づく情報となっていたので北海道での設置期限を掲載しておりますが、各都道府県ごとに検定を通過しているので、各都道府県ごとに日付が多少前後するのです。 例えば東京都における『押忍!サラリーマン番長』の検定日は先ほども説明したように、『2014年8月11日』となっています。 この場合、東京都における『押忍!サラリーマン番長』の認定機の設置期限は、 2020年8月11日という事になります。 地域によってはいくらか日付が前後する事が考えられますので、全国的な認識としては、 2020年7月~8月頃に撤去されると思っておくと良いでしょう。 『押忍!サラリーマン番長』の評価と今後 番長シリーズの中でも『押忍!サラリーマン番長』の評価というのは少々難しい所がありますよね。 番長2に比べるとやや稼働が垂れるのが早かった印象が強く、かといって大コケというほど酷い状況でもなかったので、非常に中途半端な立ち位置の台となっています。 とは言え番長3との比較であれば一撃性という観点では甲乙つけがたい所ですが、サラリーマン番長には純増3枚ATという利点があり、当然有利区間といった縛りもありませんから、純増3枚ATで一撃万枚といった事も十分に考えられます。 そういった点に対する期待が高まれば2020年の前半期を担う台として人気を博する可能性は十分にあるでしょう。 これまでもホール側がこの台を定着させようと試みている様子を度々目にしてきましたが、バジリスク絆無き今になってようやく本格的に『押忍!サラリーマン番長』が再脚光を浴びる可能性が浮上してきたのではないでしょうか。 『押忍!サラリーマン番長』設置期限(撤去日)まとめ• 『押忍!サラリーマン番長』は全国的に2020年7月~8月に撤去される• 設置台数や導入率は思ったほど高くない• 6号機の成績次第で再導入が増える可能性はある• 有利区間のない純増3枚AT機として再注目される可能性は高い 現行機種として一撃万枚を現実的に目指せる台の一つですから、6号機時代に入る事で仕様上不可能となってしまう前に…と考える人は、2020年7月~8月の撤去までこの台を確りと打ち込んで行く事をオススメします。 実際撤去間際になるまでは比較的設定状況にも期待できる環境もあるでしょうから、もちろん設定も意識しつつ勝ちに行きたい所ですね。 個人的にも撤去までに夢にまで見た「青頂ラッシュでSスラッシュ4分割で終わらない止まらない状態」を味わえると良いんですが。

次の

【サラリーマン番長】60G超えからの稲妻オーラ!即ち!超番長ボーナス!?

サラリーマン 番長 撤去

スロット設置期限の「最大1年延長」が決定 5月14日、警察庁は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」及び「遊技機の認定及び型式の検定に関する規則」の2つの改正規則の付則を改正し、経過措置期間を1年間延長する方針を明らかにした。 改正日は本日14日。 施行日は未定(通常であれば一週間程度)。 改正されれば、旧基準機については認定、または検定が切れる日から一年間、営業所への設置が経過措置期間を延長して認められる。 ただし、対象は施行日以降に認定や検定が切れる遊技機に限られる。 引用元:様 「新型コロナウイルス感染症」の影響により設置期限が延長されるようです。 設置期限延長の理由• 全国的にホールの営業自粛状態が続いている• 入替作業時の感染拡大防止措置が必要• 新台の供給が遅れている 等の理由が有るようです。 「設置期限までに入替が間に合わない」という事のようですね。 スロット設置期限延期機種の詳細 警察庁は20日、一部改正した「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」を交付、同日施行した。 これを受けてパチンコ・パチスロ産業21世紀会では同日に旧規則機の取扱い内容を決議。 設置期限の延長を受けた遊技機についても計画的な撤去を推進するために段階的な撤去期限を設定しており、高射幸性パチスロについては当初の検定・認定切れの日付までに撤去を行うほか、射幸性が低いとされる羽根モノ・甘デジ等やパチスロノーマルタイプについては検定・認定切れより7カ月以内の順次撤去、その他遊技機についても本年末までを期限として毎月撤去を行っていくとした。 引用元:様 このように決まったようです。 上記の決定により設置期限は以下のようになります。 2020年5月20日~2020年12月31日までに検定・認定切になる機種• 高射幸性遊技機は予定通り撤去(ミリゴ凱旋・サラ番等)• ノーマルA機は「最長210日」設置期限延期(マイジャグラー3等)• 以外」の機種は 2020年12月31日まで設置期限延期(沖ドキ等) 2021年1月1日~2021年1月31日までに検定・認定切になる機種• 一律「2021年11月30日まで」設置期限延期 人気機種の「まどかマギカ2」やAT機の「戦国乙女2」「麻雀物語3」も2021年11月30日まで打てる事になりますね。 5号機(旧基準機・新基準機)が撤去されるタイミング 6号機に移行する「2018年2月1日」に一斉撤去となるわけでは有りません。 「検定通過日から3年間」は6号機移行後も設置可能です。 そして「認定を受ければさらに3年間」の設置が可能となります。 前倒し認定を受けることにより「2021年1月31日」まで設置が可能となります。 旧基準機(沖ドキ・ミリゴ凱旋等)の撤去日 「検定通過日から6年間」設置可能となります(認定を受けている場合) 主な機種の撤去日は下記の通りです。 Dステ姫路店のバジ絆・ハーデス撤去騒動 2018年2月上旬に営業時間中に警察が突入して「バジ絆」「ハーデス」が稼動停止されるという事件が有りました。 騒動の詳細はコチラを参照下さい。 参照元: この騒動は「 認定を受けていなかった」事が原因です。 例えばバジ絆は認定を受けていないと「2016年12月15日」までしか検定期間は有りません。 そのため2018年2月より「みなし機」となって撤去対象となった訳ですね。 認定を受けている機種は2018年2月以降設置しても全く問題は有りません。 安心して打って下さい。 新基準機(番長3・星矢海皇等)の撤去日 「検定通過日から3年間」または「2021年1月31日まで」(認定を受けている場合)設置可能となります。 主な機種の撤去日は下記の通りです。 戦国乙女2等は「 ホールにより撤去日が異なる」という状況になりそうですね。 みなし機(検定・認定切れ)の撤去日 ノーマルA機の撤去日 2018年2月1日時点でみなし機(検定・認定切れ)は基本的に撤去されます。 しかしノーマルA機に関しては以下の温情が有ったようです。 来年2月1日の改正規則施行後に設置できるものは、経過措置として、検定期間、認定期間を残す遊技機となっている。 また、みなし遊技機のうち、比較的射幸性の低いものについては、改正規則施行後、改正規則に適合する遊技機が市場に投入され、営業所において、遊技機を入れ替えるまでどれくらいの期間を要するかを踏まえて、適宜の措置が行われることが考えられるが、その取扱いの対象となるみなし遊技機 以下「対象みなし遊技機」という については、以下の通りとなった。 「みなし機撤去」についてはコチラに詳しく書いています。 を調べてみました。 全国で「1店舗」番長2は設置されているようです。 旧基準機(高射幸性パチスロ機)の設置比率問題 設置期限とは別に「旧基準機(高射幸性パチスロ機)の設置比率」の問題も有ります。 しかし「全日遊連」は設置比率を以下のように下げていく方針のようです。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下• 2019年以降は代替機として「新基準AT機」を再設置する流れになるかと思います。 新基準AT機の撤去日についてはコチラをどうぞ。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下 というのは「なし崩し的に延期(中止)」となったようです。

次の