ペット 火葬 大阪 さかい 市 日本 ペット メモリアル。 インコや鳥の火葬なら≪愛ペットセレモニー≫

インコや鳥の火葬なら≪愛ペットセレモニー≫

ペット 火葬 大阪 さかい 市 日本 ペット メモリアル

プランについて ご家族様に、ご遺体と一緒に火葬施設まで来ていただき、火葬に立会って、収骨 お骨を拾うこと して頂き、返骨 骨を持ち帰ること ができる方法です。 施設では、簡単なお別れ式 焼香等セレモニー をさせていただき、ご家族様の見守られる中ご火葬させていただきます。 火葬は種類により、1時間から2時間お待ち頂き、ご用意する骨壷にお骨を拾ってお持帰りいただけます。 その他 ペットちゃんおよびご遺族様のお迎えをご希望の場合は3,000円(税別)が 追加で必要です。 1~3名様までご同乗いただけます。 施設からの距離によっては、ご同乗をお断りする場合がありますので、お電話にてお問い合わせください。 お帰りは最寄の公共交通機関駅までとなります。 プランについて 火葬後、個別納骨棚・合同供養塔へ納骨いただくことができます。 初めて動物を飼い、亡くなってからどのように送り出して良いのか悩んでましたが、電話応対から葬儀当日終了までご丁寧に対応して頂き、気持ちよく天国へ送り出すことができました。 本当にありがとうございました。 良かった点・悪かった点 電話応対から葬儀当日も大変ご丁寧に対応して頂きました。 予約より少し遅れてしまったが、焦らされる事なくゆっくりハムスターとの最後の合別れを過ごすことが出来ました。 良かった点しかありません。 今後の供養について該当する項目を選択してください。 自宅で供養予定.

次の

評判の良い大阪のペット火葬・葬儀会社4選【口コミあり】

ペット 火葬 大阪 さかい 市 日本 ペット メモリアル

ご自宅、またはFamirina専用ホールでのセレモニーを選べます。 料金にはペット火葬料金のほか祭壇、お棺、骨壺、仏具、送迎料金、遺影写真、ドライアイスを含みます。 お手持ちの遺骨の納骨から永代供養、ペット火葬会社のご紹介までお世話。 オリジナルメモリアルプレートの作成も。 休憩所完備。 無料送迎バスも運行。 ペット火葬は個別立会火葬、一任個別火葬、合同火葬から選べます。 夜間火葬、深夜火葬に対応。 阪神高速堺線堺出口から南に向かってすぐ。 関西全域でご利用頂けます。 ペット火葬に伴い葬儀も原則無料で仏式で行います。 合同火葬、無縁墓地は廃止となり、個別立会火葬、個別一任火葬からお選びいただけます。 すべて個別火葬により行い、お迎えや合同納骨のサービスも。 僧侶による読経供養によるご葬儀もご用意。 阪和道堺インター降りてすぐの青い建物。 堺分院には大型火葬炉を設置し大型犬にも対応。 納骨は合同慰霊塔から個別納骨棚までご用意。 ご希望によりペット専用棺 ダンボール製 をもってご自宅に。 高野山真言宗の別格本山であり、その寺院に併設されたペット霊園。 2基の火葬炉を設置し、すべて個別火葬。 共同墓地と個別墓地もご用意。 個別の御法事や年4回の合同供養を行います。

次の

【公式】ペット火葬とペット葬儀のペットメモリアル東京|大切なご家族をペット専門斎場でお見送り

ペット 火葬 大阪 さかい 市 日本 ペット メモリアル

大阪ペット斎場のおすすめポイント 大阪ペット斎場は、グループ全体で述べ、 3万件以上のペットの火葬を行なっています。 全てのスタッフが動物葬祭デレクターの資格を持ち、最後のお別れの時間を、スタッフが飼い主様に寄り添いながら、対応してくれます。 ペット火葬費用は4,000円からと、飼い主様、ご利用者様のご要望に合わせたプランのご案内が可能です。 費用についても、明瞭会計で、提示させていただいた費用以外はかかりませんので、安心してご利用頂けます。 大阪ペット斎場の中を見学 施設はとても、シンプルな内装となっており、自動ロックシステムで、納骨された方はパスワードが発行され、大切なペットの供養に訪れることができます。 また葬儀や火葬もこちらで執り行われます。 天王寺ペットメモリアルのおすすめポイント 天王寺ペットメモリアルは、おまかせプランが14,000円からとなっており、個別火葬や合同火葬を、おまかせプラン、標準コース、立会収骨コースと、わかりやすいプランで提供しています。 またサイズも、体重ではなく、ペットの種類や、犬種で分かれており、飼い主様が簡単に理解できるようになっています。。 泉北・天王寺メモリアルの動画を見てみる 代表自ら、表に立って、ペットがなくなった際の思いについて、お話されています。 どんなスタッフの方、どんな経営者の方がされているのかご不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、しっかりと表に立たれていることで、信頼や親近感を感じることができる施設担っています。

次の