鎌 草刈り。 【楽天市場】園芸用品 > 鎌・草削り > 草刈鎌(薄鎌・中厚鎌):刃物・道具の専門店 ほんまもん

草刈鎌のおすすめ人気ランキング10選【除草・農作業・庭木の手入れに!】

鎌 草刈り

皆さん草むしりはどうされてありますか? 手でむしる方もいらっしゃると思います。 腰も痛くなるので面倒な方は除草剤を使う方もいらっしゃいます。 私は草刈り鎌でガスガスかすって一気にむしって、熊手で集めて捨てます。 はなしを元に戻しますが、草むしりって冬場はあまり生えてこないので楽なのですが…4月以降、特に梅雨の時期から秋にかけて毎年毎年本当に嫌になります。 むしってもむしっても雨が降って晴れたらぶわっと一気に伸びて増えて。 すごい量になるまであっという間。 汗かくし、蚊は寄ってくるし。 ちょっと草むしりの量を減らしたくて半分ほど去年、固まる土というものを敷いたので今年は半分で済んでいるのですがそれでもせっかくきれいにむしったのに、あの努力はどこへ…というように見事に草が再度生えています。 私のようにむしる量が多い方や、お子様が小さくて除草剤を使いたくない方などは頑張ってむしるしかありませんが、そんな大変な方へ鍛冶屋の娘である私がおすすめな草取り鎌をランキング形式で紹介していきます。 出典:宮本かじや 草かすり鎌 左手用 小さな庭程度の草むしり用にはこの片手鎌ばかりです。 私が主に使っているのは右手用の草かすり鎌です。 左手用もございます。 右手用なら左側の刃先が尖っているのでそちらに力が入るようになっていますので、根が深いものも削り取りやすいです。 左手用ならば逆の右側の尖った刃先に力が入るようになります。 真ん中の写真の扇状の草かすり鎌は草をかすり取る時に力が均等に入ります。 更に右手用、左手用とないので利き手を気にせず使えます。 しゃがんで草の根っこから土ごと削りながら草を取っていきます。 比較的柔らかく背の低い草をこまめに取ることが多い時に使っています。 しばらくお手入れをされていないような雑草の生い茂る場所には別の種類を使います。 大鎌 柄の長い鎌のことで背の届かない高い場所のものを切ったり、しゃがまずに背丈のある雑草などを刈ったりするもので、畑や山林など場所の広いところで使用するものです。 草刈りをするならばおすすめは草刈り鎌?草刈り機? 草刈り機と言えば機械で簡単に草を払いのけることができるので、非常に便利なアイテムです。 草の生えている範囲が広い場所に使われています。 地上に延びた部分を払いのけるだけで、根が残っているのでまた生えてきます。 自宅前が毎年夏場に二度、草刈り機使用での除草作業がなされていますが、終わった直後はきれいなのですが、結構早くに草が伸びて元に戻ってしまうのを見かけます。 草刈り鎌は根っこから掘り起こしながら根こそぎ払いのけるイメージです。 面白い動画がありますので参考程度に。 この動画の大鎌は死神が持つようなレベルの刃ですね。 あまり普及はしていないと思います。 現実的に見て草刈り機のほうが簡単だと思います。 ただ、草刈り機だと電動で重たいので女性がされるより、男性がされていることが多く、思っているよりは大変です、小石にカツンと当たって飛び散る危険性もあるため、安全なほうは草刈り鎌のほうかなと思います。 私は女性目線ですので草刈り鎌のほうがおすすめです。 草刈り鎌を選ぶときのポイントは? 草刈り鎌にもいくつか種類がありまして、草を刈りたい場所、刈りたいものが柔らかいものか硬いものかで使う道具を選びます。 生えている草の背が低い草だと 片手鎌で十分です。 生えている草の背が膝丈以上になると草刈り鎌を使って払いのけるようにして刈っていきます。 草が比較的柔らかいものだと うす鎌、硬いものや小枝などを切り払う場合は 厚鎌を使います。 用途に合わせて使うものですので、例えばうす鎌で分厚いものを切ろうとすると刃が傷ついたり切れ味が悪くなるので注意してください。 逆に厚鎌ならなんでもいけると考えるのも間違いで、厚鎌で柔らかい草を刈ろうとすると、うまくサクッと切れないのです。 草や木などが混合するお庭を持っていらっしゃる場合は鎌を数種類持っておかれると良いでしょう。 切れ味にこだわる方は包丁にも使用されている 鋼が刃先にしっかり入っているものがおすすめです。 切れ味が良いとその分草を簡単に刈れるので余計な力が要らず負担が少なくて済みます。 鋼は錆びやすいので保管するときは油などをぬっておくと長持ちします。 よく錆びないステンレスが流通していますが、ステンレスは非常に扱いやすくておおざっぱな私にぴったりなのですが、切れ味が全然違いますし、刃先を研ぎたくても硬すぎて研ぎにくいのです。 切れ味で選ぶか、錆びないものを選ぶかです。 ステンレスの表記も鋼と同じ鉄が主成分ですので鋼と書かれています。 鋼は炭素が混じった強度のある素材のことです。 ステンレスはクロムが混じっているので錆びないようになっています。 どんな草を刈るのかが分かれば鎌のタイプが分かります。 次にその鎌の種類の中からポイントを絞って、お気に入りの商品と出会えると良いですね。 草刈り鎌のおすすめランキングTOP8 第8位 千吉 金 九州型造林鎌 鋼の中でも高級にあたる青鋼を使用された両刀用の中厚鎌です。 青鋼とは、1番高級で、2番は白鋼、3番は黄鋼という順ですが、以前に目印にと色紙を貼って販売されていたため、鋼に色がついた名前で呼ばれています。 実際には鋼に色はつきません。 中厚鎌はやや厚みのある草刈り用です。 両刀用とは、右利きでも左利きでも使える商品のことです。 実際元が左利きで、右に直して箸などを両方使える私ですが、草むしりは右利き用だと使いにくさがありました。 しかし、おおざっぱな私は右ばかりだと疲れるので持ちにくくても無視して左手でも作業しておりました。 私のように右ばかりだと疲れるなーと感じたときに、両刀用だと持ち直すことができるので便利です。 第5位 エムエム 崇将 たかまさ 鍛造両刃薄鎌 主に柔らかい草刈り用のうす鎌です。 刃先の中心に鋼入りで切れ味もよく、右利き、左利きどちらも使える両刀用です。 草刈り鎌としては人気のもので、一般的にはこのうす鎌がよく使われています。 よく使われているうす鎌ですが、柔らかい草を切るためのものなので小枝など厚さのあるものを切ると刃先がつぶれ、研ぎなおしが必要となり、お手入れが大変なため、気をつけておいてください。 気持ちよくサクッと草刈りが出来るように柔らかい草以外には使わないようにしましょう。 鎌類は包丁よりも研ぎにくいので、ご自身で出来ないようでしたら専門のお店などで研ぐようにしてください。 鋼類はどちらの面を研ぐのかも説明に書かれているのでそこもチェックしておきましょう。 第4位 伝匠 ステン割込両刃薄鎌 私が一番使っている種類の片手草かすり鎌です。 庭の小さな草むしり用にぴったりで一般家庭向きで使いやすい商品です。 鋼入りで草の根っこからそぎ取りやすくて力もそんなに必要ないタイプです。 根っこから削りながら取り除くので手でむしった時より土が凸凹になりやすいので、片手鎌で草をかすり取った後は熊手で草を集めて土を馴らすとすっごくきれいになります。 その瞬間が気持ち良いです!この状態が長く続くと嬉しいのですがね。 草刈り鎌の売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、草刈り鎌の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 お庭をすっきりすれば、気分もすっきりできますよ! 草刈り鎌について用途別に使いやすさを考えてランキング形式で紹介してみましたが、ご自身の探しているものに出会えましたか? 庭の剪定用としても草刈り鎌はひとつあると大分違います。 庭師の方へ頼むことも一つの手ですが、ご自身の庭はご自身でお手入れをしてみるのも楽しみの一つになります。 草やぶがすっきりすれば爽快です!草が生えているだけでも蚊が寄ってきやすい環境にもなるので、蚊よけのためにもお手入れをこまめにされてみてはいかがでしょうか。 特に鎌でザックザック刈っていくのも爽快ですよ。 刃物ですので周りに十分注意して扱ってください。 コレ!というお気に入りが見つかると嬉しいですね。 以上、草刈り鎌の紹介でした。 長々と読んでくださりありがとうございました。

次の

【厳選】おすすめの「鎌」7種|草刈りや収穫の用途別の鎌の選び方

鎌 草刈り

投稿日:2019-08-30 更新日:2019-08-30 この記事を読むのに必要な時間は 約 4 分です。 雑草などの草刈りを手作業でするには、草刈り鎌が欠かせません。 しかし、草刈り鎌は使っているうちに切れ味が悪くなってくるため、そのまま使っていると作業効率が落ちるだけでなく、腕にも負担がかかってしまいます。 そんなときは砥石を使って鎌を研ぐことで、切れ味を取り戻すことができるかもしれません。 今回は、鎌の切れ味を取り戻し、草刈り作業をスピーディーにするためにも、草刈り鎌の研ぎ方についてみていきましょう。 また、鎌を研ぐ際に使う砥石にもさまざまな種類が存在するため、切れ味の精度をきちんと高めるために、基本的な種類についても本記事にて知識を深めてみてください。 草刈り鎌を研ぐ前に。 砥石の種類と準備について 草刈り鎌の研ぎ方をみていく前に、砥石の種類と準備についてみてみましょう。 刃物を研ぐための砥石には、それぞれ荒砥石、中砥石、仕上げ砥石と、大きく3つの種類が存在します。 これらの種類を順に使うことで、切れ味をより高めることができるようです。 荒砥石は、刃がかけている場合や錆を落とす際に、使用することが多いです。 そして、切れ味をよくするためには中砥石が使われます。 また、仕上げ砥石では、より細かい傷を取ることができるため、切れ味の精度を長持ちさせることができるのです。 そのため、一般的には荒砥石、中砥石、仕上げ砥石の順もしくは、中砥石、仕上げ砥石の順で使用します。 砥石は、種類のほかにも据え置き型と携帯用の2タイプがあり、それぞれ使い勝手が異なります。 据え置き型は、砥石を固定して使うため両手で丁寧に研ぐことが可能です。 携帯用砥石の場合は、手持ちで使うため鎌のような月型の刃物でも扱いやすいのが特徴です。 また、砥石を用意したら使用する前、水に30分程度つけておくようにしてください。 そうすることで砥石に水が浸透し、刃物の滑りがよくなります。 しかし、天然砥石を使用される場合は、水につけると割れてしまうおそれがあるため、そのままの状態で少量ずつ水をかけながら使うようにしてください。 携帯用の砥石を使って草刈り鎌を研ぐ方法 草刈り鎌を研ぐのに携帯用の砥石を使う場合は、まず刃が自分に向かないように反対方向に持ちます。 そして、携帯用の砥石を手に持ち、石と刃の角度が15~20度前後になるようにしてください。 そこから、鎌の持ち手部分と刃先を曲線を描くように往復し、研いでいきましょう。 何度かおこなったら、研いでいない裏側の刃を軽く指でなでて、カエリと呼ばれる引っ掛かり部分があるかを確認します。 カエリがみつかったら、今度は鎌の刃を裏返し、軽く2~3回程度研いで均していきましょう。 カエリがきれいに取り除けたら完成です。 また、鎌の刃のカエリを確認する際は、強くなでると指を切るおそれがあるため、軽く触れる程度にするようにしてください。 続いてもう1つの方法である、据え置きの砥石を使った草刈り鎌の研ぎ方をみていきましょう。 据え置きの砥石を使って草刈り鎌を研ぐ方法 草刈り鎌の研ぎ方法に据え置きの砥石を使用する場合は、まず研いでいる最中に石がずれてしまわないよう、濡らした布巾やタオルを敷き、しっかりと固定させます。 そして、刃を自分の方向に向け、石と刃が45~50度前後を保つようにし、斜め前に鎌を押すようにして研いでいきましょう。 そして、指先で研いでいない裏面をなでてカエリが刃全体的に出てきたら、反対面の刃を軽く研いでいきます。 数回裏面を研ぎ、カエリがきれいに取り除けたら完成です。 また、研ぐ際は必ず砥石の表面が平らな部分でおこなうようにしてください。 砥石は使用するにつれて形が削れて、丸く変形してくることがあります。 その状態のまま砥石を使用してしまうと、せっかく鎌を研いでも刃が丸くなってしまい、仕上がりが悪くなってしまうので注意が必要です。 のこぎり鎌はやすりを使って研ぐ ここまで、携帯型と据え置き型の草刈り鎌の研ぎ方についてみていきました。 しかし、草刈り鎌のなかには、刃がのこぎり状になっている特殊なものも存在します。 このような特殊なのこぎり鎌は、通常の砥石では研ぐのが難しいため、棒状のやすりを使い刃の溝にぴったりとはまるようにして研いでいきます。 また、棒状のやすりはダイヤモンドヤスリといった名称で、ホームセンターなどにて購入することが可能です。 使う方法は、のこぎり鎌の溝ひとつひとつにサイズの合ったやすりを当てて、押すようにして2~3回程度研いでいきましょう。 片面すべての溝を研いだら、刃を反対に裏返し、同様にすべて研いだら完成です。 とはいえ、このような特殊な刃の草刈り鎌を研ぐ場合は、やすりを活用してもムラが発生してしまう可能性があります。 また、一般的な鎌の場合でも研ぐ角度に気をつけて満遍なく刃を研がないと、切れ味をよくすることができません。 さらに、砥石など道具を揃えるにも費用がかさむうえに、最低でも2~3種類必要となります。 そのため、このような特殊な草刈り鎌だけでなく、通常の鎌の場合でも、簡単な作業ではありません。 自分できれいに仕上げる自信がない場合や砥石を持っていない場合は、きちんと業者に依頼することをおすすめします。 まとめ 草刈り鎌の切れ味が悪いと、作業をスピーディーにすることができません。 その場合は、砥石を使って鎌を研いで、切れ味をよくすることが重要です。 しかし、正しい草刈り鎌の研ぎ方をしなければ、かえって刃を痛め切れ味を悪化させてしまうかもしれません。 そのため、携帯用や据え置きの砥石など用途別に、きちんとした手順で研いでいくことが大切です。 また、切れ味を長持ちさせるためにも、砥石の種類には注意して使うようにしましょう。 手順や角度などに注意すれば、自分で研ぐことも可能です。 ですが、手先に自信がない場合や不安な場合は、業者に依頼して草刈り鎌を研いでもらうとよういでしょう。

次の

草刈鎌のおすすめ人気ランキング10選【除草・農作業・庭木の手入れに!】

鎌 草刈り

皆さん草むしりはどうされてありますか? 手でむしる方もいらっしゃると思います。 腰も痛くなるので面倒な方は除草剤を使う方もいらっしゃいます。 私は草刈り鎌でガスガスかすって一気にむしって、熊手で集めて捨てます。 はなしを元に戻しますが、草むしりって冬場はあまり生えてこないので楽なのですが…4月以降、特に梅雨の時期から秋にかけて毎年毎年本当に嫌になります。 むしってもむしっても雨が降って晴れたらぶわっと一気に伸びて増えて。 すごい量になるまであっという間。 汗かくし、蚊は寄ってくるし。 ちょっと草むしりの量を減らしたくて半分ほど去年、固まる土というものを敷いたので今年は半分で済んでいるのですがそれでもせっかくきれいにむしったのに、あの努力はどこへ…というように見事に草が再度生えています。 私のようにむしる量が多い方や、お子様が小さくて除草剤を使いたくない方などは頑張ってむしるしかありませんが、そんな大変な方へ鍛冶屋の娘である私がおすすめな草取り鎌をランキング形式で紹介していきます。 出典:宮本かじや 草かすり鎌 左手用 小さな庭程度の草むしり用にはこの片手鎌ばかりです。 私が主に使っているのは右手用の草かすり鎌です。 左手用もございます。 右手用なら左側の刃先が尖っているのでそちらに力が入るようになっていますので、根が深いものも削り取りやすいです。 左手用ならば逆の右側の尖った刃先に力が入るようになります。 真ん中の写真の扇状の草かすり鎌は草をかすり取る時に力が均等に入ります。 更に右手用、左手用とないので利き手を気にせず使えます。 しゃがんで草の根っこから土ごと削りながら草を取っていきます。 比較的柔らかく背の低い草をこまめに取ることが多い時に使っています。 しばらくお手入れをされていないような雑草の生い茂る場所には別の種類を使います。 大鎌 柄の長い鎌のことで背の届かない高い場所のものを切ったり、しゃがまずに背丈のある雑草などを刈ったりするもので、畑や山林など場所の広いところで使用するものです。 草刈りをするならばおすすめは草刈り鎌?草刈り機? 草刈り機と言えば機械で簡単に草を払いのけることができるので、非常に便利なアイテムです。 草の生えている範囲が広い場所に使われています。 地上に延びた部分を払いのけるだけで、根が残っているのでまた生えてきます。 自宅前が毎年夏場に二度、草刈り機使用での除草作業がなされていますが、終わった直後はきれいなのですが、結構早くに草が伸びて元に戻ってしまうのを見かけます。 草刈り鎌は根っこから掘り起こしながら根こそぎ払いのけるイメージです。 面白い動画がありますので参考程度に。 この動画の大鎌は死神が持つようなレベルの刃ですね。 あまり普及はしていないと思います。 現実的に見て草刈り機のほうが簡単だと思います。 ただ、草刈り機だと電動で重たいので女性がされるより、男性がされていることが多く、思っているよりは大変です、小石にカツンと当たって飛び散る危険性もあるため、安全なほうは草刈り鎌のほうかなと思います。 私は女性目線ですので草刈り鎌のほうがおすすめです。 草刈り鎌を選ぶときのポイントは? 草刈り鎌にもいくつか種類がありまして、草を刈りたい場所、刈りたいものが柔らかいものか硬いものかで使う道具を選びます。 生えている草の背が低い草だと 片手鎌で十分です。 生えている草の背が膝丈以上になると草刈り鎌を使って払いのけるようにして刈っていきます。 草が比較的柔らかいものだと うす鎌、硬いものや小枝などを切り払う場合は 厚鎌を使います。 用途に合わせて使うものですので、例えばうす鎌で分厚いものを切ろうとすると刃が傷ついたり切れ味が悪くなるので注意してください。 逆に厚鎌ならなんでもいけると考えるのも間違いで、厚鎌で柔らかい草を刈ろうとすると、うまくサクッと切れないのです。 草や木などが混合するお庭を持っていらっしゃる場合は鎌を数種類持っておかれると良いでしょう。 切れ味にこだわる方は包丁にも使用されている 鋼が刃先にしっかり入っているものがおすすめです。 切れ味が良いとその分草を簡単に刈れるので余計な力が要らず負担が少なくて済みます。 鋼は錆びやすいので保管するときは油などをぬっておくと長持ちします。 よく錆びないステンレスが流通していますが、ステンレスは非常に扱いやすくておおざっぱな私にぴったりなのですが、切れ味が全然違いますし、刃先を研ぎたくても硬すぎて研ぎにくいのです。 切れ味で選ぶか、錆びないものを選ぶかです。 ステンレスの表記も鋼と同じ鉄が主成分ですので鋼と書かれています。 鋼は炭素が混じった強度のある素材のことです。 ステンレスはクロムが混じっているので錆びないようになっています。 どんな草を刈るのかが分かれば鎌のタイプが分かります。 次にその鎌の種類の中からポイントを絞って、お気に入りの商品と出会えると良いですね。 草刈り鎌のおすすめランキングTOP8 第8位 千吉 金 九州型造林鎌 鋼の中でも高級にあたる青鋼を使用された両刀用の中厚鎌です。 青鋼とは、1番高級で、2番は白鋼、3番は黄鋼という順ですが、以前に目印にと色紙を貼って販売されていたため、鋼に色がついた名前で呼ばれています。 実際には鋼に色はつきません。 中厚鎌はやや厚みのある草刈り用です。 両刀用とは、右利きでも左利きでも使える商品のことです。 実際元が左利きで、右に直して箸などを両方使える私ですが、草むしりは右利き用だと使いにくさがありました。 しかし、おおざっぱな私は右ばかりだと疲れるので持ちにくくても無視して左手でも作業しておりました。 私のように右ばかりだと疲れるなーと感じたときに、両刀用だと持ち直すことができるので便利です。 第5位 エムエム 崇将 たかまさ 鍛造両刃薄鎌 主に柔らかい草刈り用のうす鎌です。 刃先の中心に鋼入りで切れ味もよく、右利き、左利きどちらも使える両刀用です。 草刈り鎌としては人気のもので、一般的にはこのうす鎌がよく使われています。 よく使われているうす鎌ですが、柔らかい草を切るためのものなので小枝など厚さのあるものを切ると刃先がつぶれ、研ぎなおしが必要となり、お手入れが大変なため、気をつけておいてください。 気持ちよくサクッと草刈りが出来るように柔らかい草以外には使わないようにしましょう。 鎌類は包丁よりも研ぎにくいので、ご自身で出来ないようでしたら専門のお店などで研ぐようにしてください。 鋼類はどちらの面を研ぐのかも説明に書かれているのでそこもチェックしておきましょう。 第4位 伝匠 ステン割込両刃薄鎌 私が一番使っている種類の片手草かすり鎌です。 庭の小さな草むしり用にぴったりで一般家庭向きで使いやすい商品です。 鋼入りで草の根っこからそぎ取りやすくて力もそんなに必要ないタイプです。 根っこから削りながら取り除くので手でむしった時より土が凸凹になりやすいので、片手鎌で草をかすり取った後は熊手で草を集めて土を馴らすとすっごくきれいになります。 その瞬間が気持ち良いです!この状態が長く続くと嬉しいのですがね。 草刈り鎌の売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、草刈り鎌の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 お庭をすっきりすれば、気分もすっきりできますよ! 草刈り鎌について用途別に使いやすさを考えてランキング形式で紹介してみましたが、ご自身の探しているものに出会えましたか? 庭の剪定用としても草刈り鎌はひとつあると大分違います。 庭師の方へ頼むことも一つの手ですが、ご自身の庭はご自身でお手入れをしてみるのも楽しみの一つになります。 草やぶがすっきりすれば爽快です!草が生えているだけでも蚊が寄ってきやすい環境にもなるので、蚊よけのためにもお手入れをこまめにされてみてはいかがでしょうか。 特に鎌でザックザック刈っていくのも爽快ですよ。 刃物ですので周りに十分注意して扱ってください。 コレ!というお気に入りが見つかると嬉しいですね。 以上、草刈り鎌の紹介でした。 長々と読んでくださりありがとうございました。

次の