コロナ イブプロフェン 嘘。 新型コロナ悪化の報告なし WHO、「イブプロフェン」服用への注意修正

【嘘だろ】新型コロナウイルス、脳を壊死させることがある可能性有り

コロナ イブプロフェン 嘘

薬の持つ特徴を知っておいて損はない(写真:GrandJete/PIXTA) 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、さまざまな医療情報が飛び交う中で、解熱鎮痛剤の「イブプロフェン」をめぐる情報が錯綜している。 世界保健機関(WHO)は新型コロナに感染している疑いがある場合について、その症状が抗炎症薬「イブプロフェン」によって悪化するおそれがあるとの指摘を受けて、自己判断での服用を控えるようにいったんは呼びかけたが、その後、「控えることを求める勧告はしない」と見解を180度変えた。 イブプロフェンは発熱時や痛みがあるときに、日常的に誰もが使う可能性がある身近な薬。 新型コロナウイルスに対して有効なのか、あるいは弊害があるのかどうかなどについては、専門機関による本格的な研究結果を待たねば結論は出ないが、服用するにせよ、しないにせよ、そもそもこの薬の持つ特徴を理解して、安全な服用に必要な注意事項を確認しておいて損はない。 頭痛、生理痛や発熱、炎症を抑える イブプロフェンという成分の名前ではピンとこなくても「イブ」「ナロンエース」「ノーシンピュア」などの商品の名前を聞けば身近に感じるのではないだろうか。 イブプロフェンは、テレビCMでおなじみのロキソプロフェン(商品名:ロキソニンSなど)や、アスピリン(商品名:バファリンAなど)などと同じく抗炎症薬のうち非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類される。 関節の腫れなどの炎症症状、頭痛、生理痛などの痛みや、発熱があるときに、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用という3つの作用を発揮してつらい症状を和らげてくれる。 さまざまな症状に有効性があるNSAIDsはいいことだらけの薬に思えるかもしれないが、決してメリットだけをもたらしてくれるわけではなく、時には私たちの体に好ましくない影響を及ぼすこともある。 イブプロフェンなどのNSAIDsを薬局でもらうときに、薬剤師から「空腹時は避けて飲んでください」とか「ひとくちでもいいので何か食べてから飲むように」と言われたことはないだろうか。 「具合が悪いのに食事なんてできるか」と思う人もいるだろうが、薬剤師のしつこい注意の裏には理由がある。 胃を守るためだ。

次の

【嘘だろ】新型コロナウイルス、脳を壊死させることがある可能性有り

コロナ イブプロフェン 嘘

全世界で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVIT-19)。 治療薬も見つかっていない中、飲んでよい薬・飲んではいけない薬はあるのでしょうか? 中国・武漢から始まり、日本や欧米でも感染拡大が続いている新型コロナウイルス・COVIT-19(以下、新型コロナ)。 私が営んでいる漢方薬局でも「抵抗力を上げる漢方に変更して欲しい」といった旨の相談が多くなっております。 同氏が挙げた新型コロナの感染者が避けるべき薬とは 「イブプロフェン」や「コルチゾン」と呼ばれる抗炎症薬です。 同氏は続けて、感染者がこれらの薬を服用すると症状を悪化させる恐れがあると記しています。 これは信頼できる情報なのか、実際にこれらの薬は避けるべきなのか、本記事では一般の方がドラッグストアなどでも入手可能な「イブプロフェン」に絞って解説いたします。 イブプロフェンとは……頭痛、生理痛、歯の痛みなどにも使われる抗炎症薬 イブプロフェンとは、炎症を鎮める代表的な薬です。 専門的にはNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるカテゴリーに含まれます。 イブプロフェンは炎症を抑える作用があることから、主に頭痛、生理痛、腰痛、関節痛、歯の痛み、そして発熱などに対してしばしば使用されます。 イブプロフェンは病院で医師が出す処方薬としてだけでなく、一般の方がドラッグストアなどで購入できる頭痛薬などにも含まれることが多い成分でもあります。 その分、今回のツイート内容が多くの方にも注目されているのでしょう。 新型コロナでイブプロフェンを避けるべき根拠はあるのか 大国の厚生大臣が発表するほどのことですので、根拠が薄いとも考えにくいのですが、同大臣のツイッターでも「新型コロナ感染者がイブプロフェンなどを服用していると症状が悪化する」と短く記されているのみです。 本記事を執筆している2020年3月18日の段階では、まだ新型コロナとイブプロフェンの明確なつながりはわかっておらず、科学的根拠は明らかにされていません。 まだ確実な情報とは断言できない中で、どのような薬を選ぶべきなのか、現状の薬は変更する必要があるのか、悩まれる方は少なくないと思います。 以下では、現状の新型コロナウイルスの脅威の中で、私たちがどのようにイブプロフェンに代表される抗炎症薬と付き合っていくべきかを解説します。 病院からイブプロフェンが処方されている場合……自己判断での安易な中止は避ける 腰痛や関節痛など何らかの症状があり、既に病院からイブプロフェンが処方されている場合、 自己判断での中止は避けるべきです。 急な服用停止により、抑えていた痛みなどが再燃してしまう可能性もありますので勧められません。 一方、病院受診時とは異なる症状が現れた場合は、処方医や調剤を受けた薬局に連絡を入れて指示を仰ぐのが良いでしょう。 具体的な「異なる症状」とは、 急な発熱、咳やのどの痛み、関節痛、寒気などといった、いわゆる「インフルエンザや風邪のような症状」です。 その理由については後述します。 市販薬のイブプロフェンを服用している場合……無症状なら過度な心配は不要 もし頭痛や生理痛などで市販薬のイブプロフェンを服用している場合も、上記で挙げたようなインフルエンザや風邪のような症状がなければ過度に心配する必要は少ないでしょう。 一方でそのような症状がある場合は薬剤師などに相談しつつ、NSAIDsとは異なるカテゴリーに含まれる 「アセトアミノフェン」という抗炎症成分が入った薬を選ぶのが良いでしょう。 冒頭で紹介した仏厚生大臣も発熱の際などはアセトアミノフェンの使用を推奨しています。 イブプロフェンによる「ライ症候群」とは……ウイルス感染症時の服用による副作用 ではなぜ「インフルエンザや風邪のような症状」が出たときは、まず専門家に相談するべきなのか。 その理由の一つに「 ライ症候群」の存在があります。 イブプロフェンに代表されるNSAIDsには、ライ症候群という副作用が知られています。 ライ症候群とは、インフルエンザなどのウイルス感染症を患っている際にNSAIDsを服用すると意識障害、嘔吐、けいれんなどが起こりやすくなるというものです。 特にライ症候群は小児に起こりやすいことが知られています。 つまり、新型コロナかどうかに関わらず、ウイルス感染症に対して、NSAIDsの使用には注意が必要なのです。 一般の方は、発熱があっても、その体調不良がただの風邪なのか、インフルエンザによるものなのか、新型コロナなのか、またはそれ以外のものなのか判断することは不可能でしょう。 したがって、インフルエンザや風邪っぽい症状がある場合、特に小児の場合は、市販薬で対応するのなら、アセトアミノフェンを含んだものが推奨されています。 イブプロフェンは「悪役」ではない……正しく理解して適切な使用を イブプロフェンに代表されるNSAIDsは決して怖い薬ではありません。 冒頭で挙げた通り、炎症を鎮める代表的な薬なので、頭痛、生理痛、関節痛など、幅広い症状の緩和に有効です。 一方で上記のように今回の新型コロナウイルス感染症に限らず、インフルエンザなどの感染症とは相性が悪いこともすでに知られている通りです。 繰り返しになりますが、 新型コロナに対してNSAIDsがどのように影響するのか、現段階では分からない点が多いです。 しかし、 新型コロナに限らず感染症による症状が疑われる場合、NSAIDsはより慎重な使用が求められます。 誤解やフェイクニュースに注意 本記事をご一読頂いた方は問題ないと思うのですが、他メディアにおいて見出しだけを見るとあたかも 「アセトアミノフェン(またはイブプロフェン)が新型コロナの撃退に有効」と勘違いしてしまいそうなものがあります。 SNSが発達した現代では素早く情報が世界中を駆け巡ります。 一方で誤解やフェイクニュースも新型コロナと同じように国境に関係なく拡散してしまいます。 その点にも気を付けながら日々の情報に接して頂きたいと思います。 本記事のまとめ• 仏厚生大臣が「新型コロナにかかった場合においてイブプロフェンなどの服用は症状を悪化させる」可能性に言及した• 一方でイブプロフェンを含むNSAIDsという抗炎症薬のグループは危険な薬などではない• しかし、インフルエンザを含む一部の感染症においてNSAIDsは慎重な使用が求められる• 感染症の可能性がある場合、抗炎症薬にはアセトアミノフェンが推奨されている 新型コロナ感染症騒動に思うこと……基本の手洗いと睡眠時間確保で体調管理を 最後に一薬剤師として、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に、私たちはどう向き合うべきかについても触れたいと思います。 まず現時点で、 新型コロナに対する一番の対処法は、自身の免疫力を落とさないことに尽きると考えます。 新型であろうと旧型であろうと、ウイルスに対して私たちの身体に備わっている免疫はそれを排除し、さらに崩れた体調をもとに戻そうと働きます。 連日の報道を見ていると、ついその日の感染者数や死亡者数にばかり目が行って不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、多くのケースでは感染後に回復しています。 詳しくは厚生労働省の「」をご参照ください。 したがって、西洋医学的な治療法が確立していない現段階においては、頻繁な手洗いと睡眠時間の確保が最も有効な対応法と考えられています。 最新の情報に接するのは良いことですが、情報過多になり睡眠不足になってしまっては本末転倒です。 本記事が新型コロナ、さらに感染症とNSAIDsに代表される抗炎症薬との正しい付き合い方の一助になれば幸いです。

次の

イブプロフェンの新型コロナウイルス感染への影響について

コロナ イブプロフェン 嘘

「バファリン」「ロキソニン」…。 この件に関して、調査中とするWHO の発言は二転三転、またもや歯切れの悪い展開をみせた。 しかし、調査中だと言われても、頭痛薬や風邪薬など、多くの市販薬にも使われ、普通に購入できる身近な薬のことだ。 今現在でわかっている薬の特性は、我々も知っておくべきだろう。 「イブプロフェン」に関する発言も、二転三転したWHO WHO が「イブプロフェンを自らの判断で服用しないで!」発言を修正したのは、正しかったのか? 事の発端は、3月14日、フランスのオリビエ・ベラン保健相が自身のツイッターで、新型コロナウイルス感染者がイブプロフェンなどの抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因となる可能性があり、熱がある場合はパラセタモール(別名:アセトアミノフェン)の服用を推奨する、というメッセージを発信したことにある。 この件に関して、WHOのリンドマイヤー報道官は3月17日、国連ヨーロッパ本部の定例記者会見で、「イブプロフェン」が新型コロナウイルスによる症状に与える影響について、「より高い死亡率につながるのかまだ証拠がなく、WHOの専門家が調査を進めている段階だ」と述べた。 そのうえで、新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合について、「『イブプロフェン』を自らの判断で服用しないでほしい」とし、代わりに解熱鎮痛薬の「アセトアミノフェン」を使うよう呼びかけた。 (NHK NEWS WEB) これはあくまで、発熱や頭痛などで、家で市販薬を服用する場合に対してのことであり、「医療の専門家に処方されたのであれば、それは彼らの判断だ」と付け加えた。 また、イギリスの国民保健サービス(NHS)のウェブサイトは当初、アセトアミノフェンとイブプロフェンの両方を推奨していたが、 「イブプロフェンがCOVID-19を悪化させるという強い証拠はないが、(中略)我々がさらなる情報を得るまで、医師からアセトアミノフェン(原文では、パラセタモール)が合わないと言われていない限りは、新型ウイルスの症状にはアセトアミノフェンを服用すること」と助言を変更。 また、「医師にイブプロフェンを処方されている人は、医師に確認せずに服用をやめるべきではない」としている。 (BBC NEWS JAPAN) 一方で、3月18日WHOはツイッターの公式アカウントを更新し、17日の発言を修正した。 新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合に抗炎症薬の「イブプロフェン」を服用することについて、「控えることを求める勧告はしない」。 理由については、「通常の副作用以外には症状を悪化させるという報告はされていない」としている。 (NHK NEWS WEB) またしてもグズグズな対応に、不信感だけが残るが…。 ともかく、この機に問題となっている薬の違いについて、基本的なことだけでも理解しておきたい。 インフルエンザでは、処方しないのが常識! 今回話題に上っているイブプロフェンなどのNSAIDsは、インフルエンザの際に用いると、インフルエンザ脳症を発症した場合に悪化する恐れがあるとされ、日本でも、解熱にはアセトアミノフェンを用いることが推奨されている。 とくに、小児や妊婦などには処方されず、広くではないが一般にも知られている事実のようだ。 東京都済生会中央病院・薬剤部技師長の楠見彰宏氏に話を聞くと、 「イブプロフェンは非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)に分類される薬剤のひとつです。 医師や薬剤師の間では、インフルエンザ感染時に熱を下げたい場合、非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)の使用は、禁忌ではありませんが、避けるのが常識とされています。 理由は、インフルエンザ脳症の誘発や発症時の悪化等の可能性があり、WHOやフランス保健相が言っているように、比較的安全と言われているアセトアミノフェンで代用できるからです。 代用できるものがあるのに、あえてリスクを冒す必要はないとの考え方です。 インフルエンザの場合は、非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)を原則使いません。 2000年11月には日本小児科学会から、インフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであれば、アセトアミノフェンが適切であり、NSAIDsの使用は慎重にすべきである旨の見解が公表されています」(楠見彰宏氏 以下同) ただの風邪なら問題はないが、風邪らしき症状があるときに、インフルエンザの可能性だってある。 今は、新型コロナウイルスに感染している可能性もないわけではない。 現在、イブプロフェン等のNSAIDsと新型コロナウイルスとの関連性を証拠付ける情報はないが、インフルエンザと同様、何らかの悪影響が出ないとも言い切れない。 そう考えると、頭痛や発熱などの症状を抑えたいと思っても、市販薬を自分で選ぶのには注意が必要だ。 「イブプロフェン」より「非ステロイド系消炎剤(NSAIDs )」で認識すべき イブプロフェンは、様々な市販薬に使用されているため、自分で薬を選ぶ際には注意が必要だ。 しかも、今回はイブプロフェンの名前だけが取り上げられているが、気にするべきは非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)というグループ。 その中には、聞き覚えのある薬品名がいくつもある。 「非ステロイド系消炎剤(NSAIDs)は、イブプロフェンだけ ではありません。 フランスのベラン保健相にしろ、最初のWHOの発言にしろ、リスクを回避するためには、自己判断でのイブプロフェン等の服用は避け、アセトアミノフェンで代用したほうがいい、ということなのだろう。 「新型コロナウイルス患者へのイブプロフェン服用による影響についてはまだわかっていません。 解熱を目的とする場合、他に比較的安全と言われている代替薬としてアセトアミノフェンがあるので、そちらを使用するようにということだと思います」 欧州のドラッグストアでは、アセトアミノフェンを成分とした医薬品が品切れしているという情報も むやみに不安がらず、きちんと知っておきたい!薬の違い <非ステロイド系消炎剤(NSAIDs )とは> イブプロフェンもその1種。 ステロイドではない抗炎症薬。 市販薬の主な用途は、月経痛、頭痛、歯痛、咽頭痛、関節痛、筋肉痛、神経痛、腰痛など。 悪寒、発熱時の解熱。 代表的なNSAIDsには、アセチルサリチル酸(商品名アスピリンなど)、イブプロフェン、ロキソプロフェン(ロキソニンなど)、ジクロフェナク(ボルタレンなど)がある。 <アセトアミノフェンとは> アセトアミノフェンまたはパラセタモール。 解熱鎮痛薬の一種。 脳の体温調節中枢や中枢神経などに作用して熱を下げたり、痛みを抑えたりする。 発熱、寒気、頭痛などの症状改善に用いられ、一般医薬品の感冒薬や解熱鎮痛薬に広く含有される。 抗炎症作用はほとんどない。 NSAIDsに比べ効果は緩やかだが、副作用が少なく比較的安全とされる(ただし、過剰摂取による肝機能障害の発現には注意が必要)。 日本の厚生労働省は、3 月18 日「購入を考える方は、店舗や薬局の薬剤師あるいは登録販売者とよく相談をしてください」と答えにならない答えを述べたが、やはり避けられるリスクは、避けたほうがいい。 また、アセトアミノフェンも合わない人はいるので、購入する際にはきちんと相談するべき。 自己判断で薬を飲み続けず、症状が続く場合には医師に相談するのが肝心だ。

次の