お声がけさせていただきます。 営業でよく使う「引き合い」の意味と正しい使い方とは?英語表現も解説

金融庁の意見交換会に参加しました

お声がけさせていただきます

Q 『気さくな』という言葉の意味は辞書で調べると「人柄や態度がさっぱりして明るく、物事にこだわらないこと」「親しみやすいさま」という意味が書かれています。 使い方として《社会的地位のある人(ノーベル賞受賞者、総理大臣、天皇など)》が《一般の人(若い学生など)》に接する態度について「(社会的地位のある人は)気さくな人だ」という使い方をする場合はあると思います。 その逆はあるのでしょうか? つまり、《一般の人(若い学生など)》が《社会的地位のある人(ノーベル賞受賞者、総理大臣、天皇など)》に接する態度を「(一般の人は)気さくな人だ」という使い方をする場合はあるでしょうか? 私は「ない」と思います。 そういう場合は「ものおじしない」とか、下手すると「礼儀知らず」という表現になると思うのですが、私の解釈は間違っているでしょうか? A ベストアンサー 「気さく」という形容動詞には、そのような格別の「待遇表現」が籠もっているわけではなく、ほぼ「気楽」「磊落」「気安げ」「心安げ」に近い響きがあります。 ただし、「気位が高くなくて、だれにでもすぐ親しめる様子。 」(「新明解国語辞典 第3版」三省堂)と、「気位の高さ」での比較から見た形では、いわば「お高くとまっている」「高慢である」という雰囲気を感じさせない、特にそういう意味での「気楽」「磊落」「気安げ」「心安げ」といえるでしょう。 社会的地位にありながらフランクな人に対しては、単に「~な人」ではなく「気さくな(お)方」で「いらっしゃる」という、言葉全体を敬語表現に包むように用います。 単に「気さく」だけなら、同僚に対して「俺とお前は気さくな間柄だ」とか、若い御嬢さんを評して「彼女はずいぶん気さくな娘だねえ」といえるでしょう。 19世紀初めの式亭三馬「浮世風呂」でも、おばあさん同士の会話で、70歳の方が60歳に向かって「おめへはいつも気さくで能(いい)よ。 白髪になっても気は若いヨ。 」とややを入れています。 この気さくも、江戸期には「気作」などと当て字されたり、明治期以降もかなりの幅広い意味合いを各自が持たせた形で意味遣いに「揺れ」が生じながら今日に至っているという面では、今となっては若い世代にとっては、目上への好評価表現くらいでしか出て来ない趣はあるのかもしれませんが。 「庄太郎は元来 閑人の上に、すこぶる 気作 ( きさく ) な男だから、」(夏目漱石「夢十夜 第一夜」) 「些細の事にも其歯を 露出 にして 淡白 ( きさく ) らしく笑ふ。 」(石川啄木「鳥影」) 「やがて 快活 ( きさく ) な調子になって、 「ハハハハハハ。 」 と笑い出した。 」(幸田露伴「太郎坊」) 「気爽(きさく)らしい叔母はちょッと垢脱(あかぬ)けのした女であった。 」(徳田秋声「新世帯」) 「いつも 気剖 ( きさく ) な快川長老はこんな冗談を云いながら」(国枝史郎「神州纐纈城」) 「気さく」という形容動詞には、そのような格別の「待遇表現」が籠もっているわけではなく、ほぼ「気楽」「磊落」「気安げ」「心安げ」に近い響きがあります。 ただし、「気位が高くなくて、だれにでもすぐ親しめる様子。 」(「新明解国語辞典 第3版」三省堂)と、「気位の高さ」での比較から見た形では、いわば「お高くとまっている」「高慢である」という雰囲気を感じさせない、特にそういう意味での「気楽」「磊落」「気安げ」「心安げ」といえるでしょう。 社会的地位にありながらフランクな人に対しては、... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 先様より「駅の改札前にうちの女子社員を迎えに行かせるのでね~ とても優しい子だからね~ 安心してくださいね 」 ということでした 女子社員というだけで 本当に会えるのか 不安でした が 着くと 「いかにもお人柄のよさそうな」感じの女性がきょろきょろと誰かを探している様子だったので この方かしら? もし違ったとしても この方なら あ 失礼しました と言えば それで感じよく済みそう と思った女性でした。 お声をかけるともなく 向こうからかけられるともなく ・・・ですよね あっっ ははっ こんにちは~ 的な雰囲気で無事合流でき 先様のオフィスまで案内していただけました。 そのお礼を社長に言う(電話になると思います)際に、「いかにもお人柄のよさそうな方で 安心して声をかけさせていただくことができました」 と言いたいのですが いかにも という言葉は あまりよくない言葉でしょうか? 最上級の言葉でないとしても 悪い言葉でないとしたら 本当に私の気持ちとして いかにもお人柄がよさそうな女性 というのがぴったりなので そう使いたいのですが やめるべきでしょうか? マナー 言葉にお詳しい方 ぜひ教えて下さい お願いします。 シチュエーション的には、 知らぬ土地に遣いで行きました。 先様より「駅の改札前にうちの女子社員を迎えに行かせるのでね~ とても優しい子だからね~ 安心してくださいね 」 ということでした 女子社員というだけで 本当に会えるのか 不安でした が 着くと 「いかにもお人柄のよさそうな」感じの女性がきょろきょろと誰かを探している様子だったので この方かしら? もし違ったとしても この方なら あ 失礼しました と言えば それで感じよく済みそう と思った女性でした。 お声をかけると... A ベストアンサー 率直に言うと、人を褒める場合に「いかにも」は、いい表現ではありません。 皮肉っぽくも聞こえるからです。 「いかにも」は取って、「お人柄のよさそうな方で、安心して声をかけ・・」がいいと思います。 それか、以下は余談ですが、もっと単純に「お優しそうな方で、」なんかの方がいいんじゃないでしょうか。 理由は、「お人柄の良さそうな」はお世辞的ですが、「優しそう」であれば飾らない正直な感想を伝えられた感があります。 あくまで自分の印象です。

次の

「光栄です」の使い方!フォーマルシーンでの英語表現は?

お声がけさせていただきます

「お声がけ」の意味 ビジネスシーンでの「お声がけ」 日本語としての「声かけ」の意味は、「声をかけること」や「呼び止めること」、「話しかけること」などです。 しかし、ビジネスシーンで使われている「お声がけ」の意味は、これらの意味とは違っています。 ビジネスシーンにおいての「お声がけ」という言葉には、「質問」や「打診」、「用命する」などの意味で使われることが多くなっています。 つまり「いつでもお声がけください」という言葉であれば、「いつでもご質問ください」や「いつでもご用命ください」といった意味になるのです。 「お声がけ」の敬語表現 「お声がけ」を敬語表現で使う場合、そのあとに続く言葉で敬語表現を表すことになります。 例えば「お声がけ」という言葉のあとに「ください」や「いただき~」などと続けることで敬語として使用することができます。 「お声がけ」の類語 日本語としての「声かけ」の類語だと「呼びかけ」や「声のかけあい」、「注意喚起」などになりますが、ビジネスシーンのうえでの「お声がけ」の類語となると、その意味と同じように「質問」や「打診」、「用命する」などになっています。 また、似たような言葉に「お声がかり」というものがありますが、その意味は「目上の人から特別に命令、処遇されること」になりますので、「お声がけ」とは全く違う言葉になります。 「お声がけ」の英語表現 ビジネスシーンでの「お声がけ」という言葉自体が、日本語本来の「声かけ」の意味とはまるで違いますので、英語表現も難しくなりますが、単純にその意味から考えると「question(質問)」、「percussion(打診)」、「order(用命)」などが挙げられます。 「お声がけ」の使い方 上司などの目上の人への「お声がけ」 「お声がけ」という言葉は、上司などの目上の人にたいして使う言葉としては問題ありません。 上司にたいして「いつでもお声がけください」ということで「いつでもご用命ください」ということを伝えることができます。 ただし、上司にたいして「いつでもお声がけください」などといった表現もおかしい表現とは言えませんが、いつも一緒に仕事をしている上司にたいして使う言葉としては、少しよそよそしい感じを与えてしまう場合があります。 そのため、相手との距離によっては「いつでも声をかけてください」と言い換えるのもよいでしょう。 それとは逆に、自分との地位がかけ離れている相手や、違う部署の上役などには「お声がけ」を使ったほうがよいでしょう。 社外の人への「お声がけ」 取引先などの社外の目上の人にたいしては「お声がけ」を使うのは正しい使い方です。 また、販売員などが店に入ってきたお客様に「いらっしゃいませ、いつでもお声がけください」と声をかけたり、商品を購入したお客様に「ありがとうございます。 今後もなにかあればいつでもお声がけください。 」とアフターサービスの意味を込めて使われたりもしています。 「お声がけ」に含まれるさまざまな意味 用命、質問としての「お声がけ」 上記でもでてきましたが、よくお店に入った際に販売員から「いらっしゃいませ、なにかありましたらいつでもお声がけください」などと言われることがあるかと思います。 この場合のお声がけは、なにかあれば「ご用命ください」や「ご質問」くださいといった意味で使われている「お声がけ」になります。 問い合わせとしての「お声がけ」 店で商品を買った際や、テレフォンショッピングで商品を買った際に、最後に「なにかありましたらいつでもお声がけください」と言われることも多いかと思います。 このときの「お声がけ」には、購入した商品に不備や不都合があればいつでも「問い合わせてください」という意味で使われています。 今後ともお願いしますの「お声がけ」 ビジネスシーンのうえで、なんらかの取引や契約をおこない、それが無事終了した際に「また、なにかありましたらお声がけください」といった使い方をすることもあります。 この場合のお声がけは、取引や契約をしたもらった側が、「今回だけでなく今後ともお願いします。 」という意味で使われています。 また、実際にそう思っているかどうかは別として、そういった場合の締めの言葉としても使われることが多い言葉になっています。 まとめ 「お声がけ」のように、本来の日本語とは違う意味で使われている言葉というのが、ビジネスシーンではいくつか存在しています。 ビジネスシーンのうえで、正しい言葉を使うということは、当然大切なことのひとつになりますので、ぜひここで紹介させていただいた「お声がけ」の意味や使い方を頭に入れて使用しただければ幸いです。

次の

わたしの小中の友人の結婚式にお声がけいただきました。(招待...

お声がけさせていただきます

お声がけ、という言葉を敬語として使うのであれば、最後に「ください」とつけることです。 当然ですがこちらから「お声をかける」ということありません。 自分の声に対して「御」とつけることはありませんので、あくまで相手が使う時に「御」とつけることになります。 ですから、敬語として使うときには「お声がけくださいませ」などと使うことになります。 敬語表現というのはそんなに難しいことではなく、自分のことを低くして、相手のことを高くするだけでよいのです。 「声をかける」という言葉であれば、敬語にする時には「声」に「御」をつけて、「かける」というのは相手の行動になるのでそのままの形になり、そのあとに「ください」とつけるだけで立派な敬語的な表現として使うことができるようになります。 「いつでもお声がけくださいませ」「何かございましたら気軽にお声がけください」と簡単に使えることになるでしょう。 声をかける、ということは社内でも使うこともあり「何かあれば質問して」という意味合いで使うこともあります。 「用命する」という意味合いもあるので上司からお声がけを受けることもあります。 但し、上司に対して、「いつでもお声がけください」というのはかなり慇懃といえることも多いでしょう。 敬語の難しいことではありますが、常に目上であるから敬語をしっかりと使うことが正しいのかといえばそれは違います。 一々業務の時に厳格な敬語を使うべきかはその時々の状況によって違うことになります。 「何かあれば声をかけてください」「問題が出てきたら声をかけてください」など日常的によく使われる業務上でのシーンの言葉といえるでしょう。 「お声がけください」という文言はメールなどでもよく使うことになります。 文末の定形文のようなものであるといえますから、上手く使うことができるようになりますとかなりビジネスメールが引き締まることになります。 例としては、 先日はお取引いただきまことにありがとうございました。 今後ともよいお付き合いをさせていただけましたらこれ以上ない、幸いにございます。 といったような形になります。 「また取引してくださいね」ということを伝えているわけです。 「お声がけください」というのは「またお願いします」という意味合いであり、本当にそう思っているのかどうかはともかくとしてビジネスとしてのスタンダードな締めの文言になります。 メールでもよく使うことになるので、上手く利用できるようになりましょう。 ビジネスにおいて「お声がけ」とは ビジネスとは継続的に取引があることが何より有難いことになります。 ですから、一度取引が一端終わったとしてもまた何かあればお声がけください、というのは実にスタンダードな言い方であるといえるでしょう。 また、このように話を進めますので問題があればその都度「お声がけください」ということもあります。 これは言葉として使うこともありますし、メールの文言として使うこともあります。 ビジネスにおいて非常に頻繁に使うことになるような言葉であるといえますから、意味合いをよく理解しておくことです。 「いつでもお声がけください」というのは気兼ねなく何かあれば聞いてくださいという意味であり、実際にそう感じているのかどうかはともかくとして、まず無難な言い回しであることは確かでしょう。 また「声をかける」というのはこちらからすることもあります。 但し、さすがにこちらから『声をかけてみた』ということは使うことはないでしょう。 ビジネスにおいては『声をかける』はかけられる側がいう言葉であり、する側は『問い合わせ』とかそうした言葉を使うことになるでしょう。 言葉というのは自分の立場によって使い方が違う、使ってはいけない言葉もあったりします。 「お声がけ」もそうした文言、言葉の一つであり、あくまでこちらが下手の場合に使う言葉である、としっかり理解しておきましょう。 社内で使う場合にもいくらかの注意が必要になります。 具体的にいうと上司に使う場合です。 敬語として『何かあればお声がけください』というのは正しい言い回しではあるのですがあまりにも社内で使う言葉とは堅苦しいと感じる人も多いからです。 このあたりは社風などによっても違うことになりますから、一概にいえることではないのですが敬語を常に使うことが正しいわけではないとは理解しておきましょう。 「お声がけ」という言葉一つでも使い方がいろいろとあり、また使うべきであるのかどうかも色々と違いがあるわけです。

次の