リザードン 徹底。 リザードン/対戦

リザードン

リザードン 徹底

シャイニーフレアが超強力。 決して低くない打点を持ちながら攻撃をすることができる。 がコピーするとレシラム&リザードンGXのフレアストライクとリザードン&テールナーGXのシャイニーフレアを使い分ける無敵のポケモンが爆誕する。 シャイニーフレアは殴れる「ダイゴの決断」 シャイニーフレアは攻撃を行いながら3枚サーチをすることができる。 ワザの威力が180あり、さらに好きなカード3枚サーチはあの「」に匹敵する。 サポートカード1回相当のサーチをしながらカプ・テテフGX程度なら一撃で倒せるシャイニーフレアの強力さがわかるだろう。 従来のレシラム&リザードンGXデッキは先攻を獲得したとき「カキ」を使うことで大幅なアドバンテージを獲得できたが、その後手札が枯渇し息切れするということが少なくなかった。 しかしリザードン&テールナーGXのワザ「シャイニーフレア」は的確なカードをサーチできるため、カキを使ったあとも安定して攻撃を仕掛けられるだろう。 炎炎炎無 シャイニーフレア 180 のぞむなら、自分の山札にある好きなカードを3枚まで、手札に加える。 そして、山札を切る。 3枚もサーチ出来たら大体のカードとは相性いい。 速攻のレシリザ、継戦能力のリザテルといったところだろうか。 なお、ミュウツー&ミュウGXを使えばフレアストライクとシャイニーフレアを打ち分けできるため非常に強力。 相手のベンチポケモンに瀕死のGXポケモンがいるならグズマ、次のターンにリザードン&テールナーGXが倒されることがわかっているならリセットスタンプのように状況に応じて考えよう タッグスイッチ2枚+回復札がもっとも汎用性の高く強力なコンボとなる。 サナニンフのような動きができ、低打点デッキは突破に大いに苦しむだろう。 ハンドリフレッシュは辛いが返しのターンにジャッジマン等をされた場合、1ターン遅れるとはいえ倒されなければ次のターンにももう一度サーチ出来るし割とやりたい放題にできる。 加えたカードが相手に分からないのも嬉しい。 使われた側としては次に何をされるか分からないため、プレッシャーを与えることができるのもリザードン&テールナーGXの強みだといえる。 打点の不足はヒードランGXで補うか リザードン&テールナーGXはGXワザがやや使いにくく攻撃の準備に優れたワザではあるものの、やはりGXワザとして使うには決定打に欠ける。 そこでおすすめしたいのがである。 カキや溶接工で集めたエネを活用しGXワザで相手のタッグチームポケモンを倒そう。 ミュウツー&ミュウGXでコピー 強力なリザードン&テールナーGXだが、4エネで打点が180止まりであるので超高火力がウリの炎デッキではやや物足りない。 その問題を解決してくれるのがの採用。 彼ならリザードン&テールナーGXのワザを使ってカプ・テテフGXを倒したり、フレアストライクでを倒したり、またリザードンGXを使うことで300打点を相手のタッグチームにお見舞いすることとなる。 リザードン&テールナーGXを使用するデッキ リザードン&テールナーGX収録 リミックスバウト全カード考察.

次の

ダメージ計算ツール(ポケモン ソード・シールド対応)

リザードン 徹底

ダイマックスアイアントを、 ダイマックスせずにノーダメージで倒すことができる• スカーフヒヒダルマを、ノーダメージで倒すことができる• 草技が抜群の相手に有利• 技範囲が広い• スカーフがバレにくい• 火力が出る 上記のことを踏まえて、次の育成論にいきましょう。 性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 よって、おくびょうですばやさに補正をかけます。 特性 特性はサンパワー推奨ですが、晴れていないと効果が発動しないため、もうかでも良いです。 持ち物 今回のコンセプトの関係上、こだわりスカーフで確定です。 別のものだと、アイアントを抜けなくなります。 努力値 上記しましたが、最速にするため、s252に振りました。 また、火力も確保したいので、c252です。 残りはどこに振っても良いです。 今回は、打たれることが多い、水や電気技は特殊が多く、それに少しでも耐えられるように特防に振りました。 火力も申し分無いです。 外しを考慮しないのならば、「だいもんじ」や「オーバーヒート」の方が威力が高いので、そっちを採用しても良いです。 エアスラッシュは、相手を怯ませる追加効果があるので、負けそうな時もワンチャン勝てます。 リザードンは水タイプを呼びやすいので、そこに刺さる技です。 晴れていなければ、2ターンかかりますが、今作はダイマックスがあり、使いやすくなりました。 選択 以下の技からお好みで選んでください。 しかし、タイプ不一致なこともあり、サザンドラやドラパルトを1撃で倒せるような火力は出ない。 いじっぱりパルシェンに「からをやぶる」をされても、上から行動できるため、一方的に殴れる。 最速パルシェンにはダイマックスをして、からをやぶるをされる前に倒せば良い。 また、追加効果が発動すれば、全能力が1段階上昇するため、抜き性能が高まる。 ダイマックスすれば、「ダイウォール」として使えるので、使い勝手がいい。 ただし、持ち物の関係上、交換しなければ、永遠におにびをうつ事になる。 役割・運用 上記にも書いた通り、アイアントやヒヒダルマなど、リザードンの上から攻撃できると勘違いして、ドヤっている厄介な相手に一矢報いて、逆にドヤ顔をし返す。 また、相手の後続から水タイプが出てきたら、草技でドヤりましょう。 ダイマックスをすれば、技の打ち替えができるので、持ち前の技範囲を活かして相手を壊滅させましょう。 残った相手のポケモンは後続の2体で倒します。 リザードンによって、かなり消耗しているはずなので、簡単に倒せると思います。 ダメージ計算 攻め 「かえんほうしゃ」.

次の

【スマブラSP】リザードン(ポケモントレーナー)で勝つ!立ち回りに活かせる全技を徹底解説!

リザードン 徹底

ダイマックスアイアントを、 ダイマックスせずにノーダメージで倒すことができる• スカーフヒヒダルマを、ノーダメージで倒すことができる• 草技が抜群の相手に有利• 技範囲が広い• スカーフがバレにくい• 火力が出る 上記のことを踏まえて、次の育成論にいきましょう。 性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 よって、おくびょうですばやさに補正をかけます。 特性 特性はサンパワー推奨ですが、晴れていないと効果が発動しないため、もうかでも良いです。 持ち物 今回のコンセプトの関係上、こだわりスカーフで確定です。 別のものだと、アイアントを抜けなくなります。 努力値 上記しましたが、最速にするため、s252に振りました。 また、火力も確保したいので、c252です。 残りはどこに振っても良いです。 今回は、打たれることが多い、水や電気技は特殊が多く、それに少しでも耐えられるように特防に振りました。 火力も申し分無いです。 外しを考慮しないのならば、「だいもんじ」や「オーバーヒート」の方が威力が高いので、そっちを採用しても良いです。 エアスラッシュは、相手を怯ませる追加効果があるので、負けそうな時もワンチャン勝てます。 リザードンは水タイプを呼びやすいので、そこに刺さる技です。 晴れていなければ、2ターンかかりますが、今作はダイマックスがあり、使いやすくなりました。 選択 以下の技からお好みで選んでください。 しかし、タイプ不一致なこともあり、サザンドラやドラパルトを1撃で倒せるような火力は出ない。 いじっぱりパルシェンに「からをやぶる」をされても、上から行動できるため、一方的に殴れる。 最速パルシェンにはダイマックスをして、からをやぶるをされる前に倒せば良い。 また、追加効果が発動すれば、全能力が1段階上昇するため、抜き性能が高まる。 ダイマックスすれば、「ダイウォール」として使えるので、使い勝手がいい。 ただし、持ち物の関係上、交換しなければ、永遠におにびをうつ事になる。 役割・運用 上記にも書いた通り、アイアントやヒヒダルマなど、リザードンの上から攻撃できると勘違いして、ドヤっている厄介な相手に一矢報いて、逆にドヤ顔をし返す。 また、相手の後続から水タイプが出てきたら、草技でドヤりましょう。 ダイマックスをすれば、技の打ち替えができるので、持ち前の技範囲を活かして相手を壊滅させましょう。 残った相手のポケモンは後続の2体で倒します。 リザードンによって、かなり消耗しているはずなので、簡単に倒せると思います。 ダメージ計算 攻め 「かえんほうしゃ」.

次の