エルサ 松 たか子。 アカデミー賞に出演する各国エルサ声優は誰?日本代表は松たか子

松たか子が世界のエルサとアカデミー賞熱唱【動画】イントゥ・ジ・アンノウン|waonのブログ

エルサ 松 たか子

Contents• 松たか子がアカデミーで9人エルサの内の一人に選ばれた理由を推察 選ばれた理由は、アカデミー協会でなければわからないし、理由は公開されないと思われます。 したがって、 個人的な推測でしかないのですが、理由を考えてみました。 私が個人的に考えた理由は以下の3つです。 歌手個人で選ぶより、 どの言語で歌っているかを重視 2. 人種の多様性のために アジア出身者の出演が必要 3. アナ雪の その言語での興行成績 どの言語で歌っているかを重視 授賞式のパフォーマンスで歌手がアップで映ったときのキャプションには、 その人がどこの国の人かではなく、 「何語」で歌っているかが書いてありました。 スペイン人の歌手のキャプションが「Spanish(スペイン人)」ではなく、「Castilian カスティーリア語 」となっていましたのです。 日本語は、 音が美しいと海外で評価する人が多い言語です。 ちょっと無理やりですが、背景として、日本語が耳障りの良い言語ととらえられていることは、プラスの要素になりえたと思います。 アジア人枠が必然だった アメリカでは人種偏見を避けるために、ドラマなどでも 多くの人種を出演させることになっています。 人種を偏らせないために、ヨーロッパの人だけでなく、アジアの人を出演させるのは、大切な要素だったと思われます。 アナ雪は、アフリカ系の歌手で吹き替えしている人がほとんどいないようです。 アフリカ出身者の出演がなかったので、アジア人は必須であったと言えます。 その言語でのアナ雪の興行成績 アジア圏でアナ雪2の興行成績は、2019年末の時点で 1位 中国 1億1150万ドル 2位 韓国 8540万ドル 3位 日本 6730万ドル でした。 もし、1位が日本なら理由として結びつけることができるのですが、3位です。 タイも3位までに入っていません。 興行成績は特に重要視される事項ではないですね。 とは言え、日本ではの興行成績6730万ドルですす、タイでもヒットはしました。 一定の基準以上の売り上げがあれば問題ないのかもしれません。 最後にこれを言っては身も蓋もないですが、 出演者のスケジュールの兼ね合いが実際のところは、大きな理由になりえたとも思います。 いずれにせよ、 松たか子さんのパフォーマンスは、堂々として素敵でした! 歌唱後、ステージ上で他の歌手達と微笑みながら言葉を交わす様子がテレビに映りました。 大物スター達が客席にいるアカデミーの大舞台ですから、終わるとほっとしたでしょうね。 Only Takako Matsu was in charge of the two singing parts except for the main vocalist, Idina Menzel. メインボーカリストのイディナ・メンゼル以外で2回歌ったのは松たか子だけだった。 黒人の歌手もいません。 My parent got so excited with Into the Unknown in multi-language…. They started screaming after Takako Matsu sung her line 両親は複数の言葉で歌うInto the Unknownに興奮していた。 そして、松たか子が歌いだすと叫んでいた 各国のエルサ呼ぶならもっと全員に振り分け多くして欲しかった…TakakoMatsuの歌声もっと世界に聴いて欲しかったわ… 他の8人のエルサはどこの国のどんな歌手? アカデミー授賞式。 世界各国のエルサ女優と一緒に、日本人初の松たか子熱唱。 放映中のキャプションには、歌手の国籍や出身地ではなく、 何語で歌っているかが書かれています。 この記事でも見出しには、どこの国の人かではなく、何語で歌ったを入れました。 アウロラ・アクスネス ノルウェー語 名前 ウィルミジン・ヴェルカイク Willemijin Verkaik 国籍 オランダ 年月日 1975年6月16日(44歳) 職業 歌手、女優 アナ雪2では、ドイツ語版とオランダ語版の2つの言語の吹き替えをしています。 「ウィキッド」の舞台で、緑色の肌を持つエルファバの役を2000回以上演じました。 その際も3つの異なる言語で役を演じました。 ドイツ語、オランダ語、英語で演技ができる世界的にも稀な女優です。 ロッテルダム音楽院を卒業しています。 ポップバンドでボーカルを担当した後、舞台演劇の仕事を始めました。 リサ・ストッケ ノルウェー語 Yay!!! — The Rise of Bruce Wright heybrucewright.

次の

松たか子

エルサ 松 たか子

Contents• 松たか子がアカデミーで9人エルサの内の一人に選ばれた理由を推察 選ばれた理由は、アカデミー協会でなければわからないし、理由は公開されないと思われます。 したがって、 個人的な推測でしかないのですが、理由を考えてみました。 私が個人的に考えた理由は以下の3つです。 歌手個人で選ぶより、 どの言語で歌っているかを重視 2. 人種の多様性のために アジア出身者の出演が必要 3. アナ雪の その言語での興行成績 どの言語で歌っているかを重視 授賞式のパフォーマンスで歌手がアップで映ったときのキャプションには、 その人がどこの国の人かではなく、 「何語」で歌っているかが書いてありました。 スペイン人の歌手のキャプションが「Spanish(スペイン人)」ではなく、「Castilian カスティーリア語 」となっていましたのです。 日本語は、 音が美しいと海外で評価する人が多い言語です。 ちょっと無理やりですが、背景として、日本語が耳障りの良い言語ととらえられていることは、プラスの要素になりえたと思います。 アジア人枠が必然だった アメリカでは人種偏見を避けるために、ドラマなどでも 多くの人種を出演させることになっています。 人種を偏らせないために、ヨーロッパの人だけでなく、アジアの人を出演させるのは、大切な要素だったと思われます。 アナ雪は、アフリカ系の歌手で吹き替えしている人がほとんどいないようです。 アフリカ出身者の出演がなかったので、アジア人は必須であったと言えます。 その言語でのアナ雪の興行成績 アジア圏でアナ雪2の興行成績は、2019年末の時点で 1位 中国 1億1150万ドル 2位 韓国 8540万ドル 3位 日本 6730万ドル でした。 もし、1位が日本なら理由として結びつけることができるのですが、3位です。 タイも3位までに入っていません。 興行成績は特に重要視される事項ではないですね。 とは言え、日本ではの興行成績6730万ドルですす、タイでもヒットはしました。 一定の基準以上の売り上げがあれば問題ないのかもしれません。 最後にこれを言っては身も蓋もないですが、 出演者のスケジュールの兼ね合いが実際のところは、大きな理由になりえたとも思います。 いずれにせよ、 松たか子さんのパフォーマンスは、堂々として素敵でした! 歌唱後、ステージ上で他の歌手達と微笑みながら言葉を交わす様子がテレビに映りました。 大物スター達が客席にいるアカデミーの大舞台ですから、終わるとほっとしたでしょうね。 Only Takako Matsu was in charge of the two singing parts except for the main vocalist, Idina Menzel. メインボーカリストのイディナ・メンゼル以外で2回歌ったのは松たか子だけだった。 黒人の歌手もいません。 My parent got so excited with Into the Unknown in multi-language…. They started screaming after Takako Matsu sung her line 両親は複数の言葉で歌うInto the Unknownに興奮していた。 そして、松たか子が歌いだすと叫んでいた 各国のエルサ呼ぶならもっと全員に振り分け多くして欲しかった…TakakoMatsuの歌声もっと世界に聴いて欲しかったわ… 他の8人のエルサはどこの国のどんな歌手? アカデミー授賞式。 世界各国のエルサ女優と一緒に、日本人初の松たか子熱唱。 放映中のキャプションには、歌手の国籍や出身地ではなく、 何語で歌っているかが書かれています。 この記事でも見出しには、どこの国の人かではなく、何語で歌ったを入れました。 アウロラ・アクスネス ノルウェー語 名前 ウィルミジン・ヴェルカイク Willemijin Verkaik 国籍 オランダ 年月日 1975年6月16日(44歳) 職業 歌手、女優 アナ雪2では、ドイツ語版とオランダ語版の2つの言語の吹き替えをしています。 「ウィキッド」の舞台で、緑色の肌を持つエルファバの役を2000回以上演じました。 その際も3つの異なる言語で役を演じました。 ドイツ語、オランダ語、英語で演技ができる世界的にも稀な女優です。 ロッテルダム音楽院を卒業しています。 ポップバンドでボーカルを担当した後、舞台演劇の仕事を始めました。 リサ・ストッケ ノルウェー語 Yay!!! — The Rise of Bruce Wright heybrucewright.

次の

松たか子が「アナ雪2」メイン楽曲を歌い上げる 「イントゥ・ジ・アンノウン 心のままに」披露 : ニュース

エルサ 松 たか子

第92回アカデミー賞で松たか子が『イントゥ・ジ・アンノウン』を歌唱 2月10日に開催される第92回アカデミー賞の授賞式で、 『アナと雪の女王2』エルサ役の松たか子さんが、歌を歌うことが明らかになりました。 女優の松たか子が、日本人として初めて『第92回アカデミー賞』(日本時間10日)の授賞式で、歌曲賞にノミネートされている『アナと雪の女王2』の「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌唱することが発表された。 授賞式では、エルサ役のイディナ・メンゼルがパフォーマンスをすることが発表されていたが、このほど世界9ヶ国のエルサ役がイディナとともに歌唱することが明らかに。 日本からも高いパフォーマンス力が評価された松の参加が決まった。 松は「この度は、大変光栄な役目をいただき、感謝しております。 各国のエルサたちに会える、というのは大きな喜びであり、自分以外のエルサに出会う、というのも滅多にない機会だと思います。 ご覧になる方々にとって楽しいひとときになるとよいなと思っています」と最大限の喜びを表現している。 引用ーよりー 日本人初の快挙ということで、すごく誇らしいですね。 松さんのエルサは最初の 『アナと雪の女王』の時から注目され、その歌唱力の高さが好評でした。 『アナと雪の女王2』の『イントゥ・ジ・アンノウン』は初めて聞いたとき、難しい曲だなあと思いましたが、今では3歳の娘の歌っていますよ。 それだけ、幅広い世代からの人気がある曲だということですね。 松さんの歌ももちろん素晴らしいですが、他の国のエルサの歌声も気になります。

次の