アイコス 新型 違い。 新型アイコス辛口レビュー!旧型と比べた改悪点を報告しちゃうぞ!

新型アイコス「IQOS3」レビュー|1ヶ月使った感想や使い方などの詳細

アイコス 新型 違い

ここ数年の間に、紙たばこではない、加熱式タバコの勢力が増している。 コンビニでもずらりと薄型の綺麗なパッケージが一段と目を引く。 従来の紙たばこは、たばこ葉を燃やすので煙や副流煙が発生し、周りにも影響を及ぼします。 加熱式たばこは葉を燃やすのではなく、蒸気を発生させる仕組みなので煙も副流煙も灰もでない。 環境に優しいのが加熱式たばこの良さだ。 特に臭いやヤニが気になる女性の愛煙家にはうれしい商品。 その先駆けとなったのが【アイコス】追従するようにグロー、プルームテックと勢いが止まらない。 その中で、アイコスが本格的なフルモデルチェンジを果たした。 その名も「アイコスマルチ」 今までは一回ずつしか吸えなかったのが、連続で吸えるようになりました。 わざわざ一回吸っての充電という待ち時間がなく、連続吸い可能になりパワーアップしてくれた。 今回は新しくなったマルチと従来型の違いについて紹介していきます。 まずは使いやすさや性能だけではない、デザイン機能までアップしたことだ。 実際にマルチタイプで吸ってみると、ヒートスティックを刺す感じはそんなに違いはない。 スティックの抜き差しも、変わらない。 従来型は太目なペンのようなラインだが、マルチは手になじむ握りやすいサイズ感を感じる。 性能に関しては充電時間が短縮されただけでなく、充電機能もよりコンパクトになった。 今までは充電する方と吸う方は別々だったのが、マルチは一体化になったこと。 それでいて手軽に持ち歩ける軽量50g。 胸ポケットに入れても邪魔にならない。 操作もボタンひとつなので、初心者でもできるほど簡単だ。 操作が簡単なら、気軽に試しやすい。 実際吸ってみたが、初代から比べるとそんなに差は感じなかった。 臭いや吸いごたえも問題ない。 そのフレーバーを使っても、安心して味わえることができる。 ただ違うのが、マルチは連続吸いが可能だということだ。 ちょっと休憩したい時や、飲み会などはつい手が伸びてしまう。 そんな時、充電を気にすることなく味わえるのはマルチゆえの強みだろう。 新型アイコス3マルチの本体カラーとキャップ色の種類• ゴールド• ブルー• ブラック• ホワイト 新型アイコス3マルチの本体カラー色の種類は4色が揃っている。 また限定カラーとしてレッドも販売しているようです。 ゴールドは ブリリアントゴールドで、メタリックな感じが特徴。 上品なシャンパンのような輝きが魅力的だ。 曲線に映える。 ブルーは ステラーブルー。 ゴールドと同じくメタリックな雰囲気が素敵だ。 爽やかな海のような煌めきが魅力的だ。 クール色だが、男性受けだけじゃない、女性にも人気なカラー。 ブラックは ベルベットグレー。 黒ではなく、トーンの落ち着いたグレー。 高級なベルベットをまとったような色でありながら、マットな仕上がりが安定の高級感を醸し出している。 ホワイトは ウォームホワイト。 こちらもマット感のあるホワイトだ、さりげない落ち着いた仕上がりになっている。 ホワイトは男女関係なく持てるマルチカラーだ。 アイコスの魅力はフォルムの美しさ。 この曲線が、鮮やかなカラーをさらに際立たせている。 グローも見ていこう。 グロー・ハイパーは3,980円 加熱時間は通常20秒、ブースト15秒。 使用時間は通常4分、ブースト3分。 充電時間は約90分、連続で20回使用できる。 グロー・プロは2,980円 加熱時間は通常20秒、ブースト10秒。 使用時間は通常4分、ブースト時は3分。 充電には90分、約20回使用できる。 グロー・ナノは1,980円とよりリーズナブル。 加熱時間は40秒かかり、使用時間は3分30秒。 充電時間には60分、約10回使用できる。 ただ、グローは他のスティックより差し込みが細いため、実際吸うときに加熱した熱が他の加熱式たばこよりダイレクトに感じやすかった。 その熱が苦手な場合は、むせることも考えられる。 販売当初からのヒートスティックアイテムといえばマルボロだろう。 新型アイコス3マルチのたばこ葉フレーバーでは現在マルボロ以外にも30円リーズナブルのヒーツシリーズも販売されている。 マルボロ・ヒートスティック・レギュラー 最もたばこらしい濃厚な味わいが魅力。 ガツンとした感覚が強いので、マルボロ本来の味を楽しめます。 マルボロ・ヒートスティック・バランスド・レギュラー 定番の一つ。 レギュラーよりクセがマイルドでありながら、うまみも味わいもしっかり感じることができる。 少し軽さがあるので、後味もさわやか。 タールの少ない方を好む人におすすめ。 マルボロ・ヒートスティック・スムース・レギュラー スムースとバランスドの中間で発売されたアイテム。 より紙たばこに近い味わいが楽しめます。 マールボロ・ヒートスティック・メンソール 特にメンソール感が強く、頭にまでくる爽快感や刺激も味わえる最強アイテム。 辛口が好む人におすすめ。 紙たばこから乗り換えるなら、十分満足できる味わいを楽しむことができる。 自分にはこのメンソールがダントツだった。 マールボロ・ヒートスティック・ミント メンソールよりソフト、吸いやすい味わい。 強さだけでない、柔らかさも残っている。 強いのは苦手だという方には試しやすいアイテムだ。 マールボロ・ヒートスティック・パープル・メンソール これは好き好きがわかれるだろう。 メンソールとベリー系がミックスされたフレーバーだが、メンソールだけじゃない、ベリーの甘さも感じられる不思議な味わいだ。 ただ、加熱すると独特な臭いがする。 臭いに抵抗がある場合、「受け」の分かれ道かもしれない。 マールボロ・ヒートスティック・イエロー・メンソール パープルはベリーだが、こちらはシトラスの柑橘系だ。 メンソールとシトラスの爽やかさがミックスされ、クセはないです。 ほのかに香るシトラスの香りが、初夏を感じさせる。 ヒーツ・DEEP BRONZE ディープ・ブロンズ ヒーツの中でも、味のしっかりしているのが特徴だ。 クセがないので、強めの味が好きな人にはオススメだ。 ヒーツ・CLEAR SILVER クリア・シルバー 爽やかなパッケージだが、軽い口当たりが特徴。 はじめての人が試すにはクセもないのでちょうどいい。 ヒーツ・BALANCED YELLOW バランスド・イエロー 色のような柑橘系ではなく、味はしっかりしていて、ブロンズとシルバーの中間。 ヒーツ・FRESH EMERALD フレッシュ・エメラルド 爽やかなメンソール。 ヒートスティックと比べるとメンソールは弱いが、のどにくる刺激が苦手な人には勧めたい。 ヒーツシリーズはヒートスティックよりも安いのが魅力だが、物足りなさを感じる声も聞こえてくる。 しかし、軽い味わいが好む愛煙家には十分満足できる商品だ。 新型アイコス3マルチは連続吸いもできる加熱式タバコ アイコスマルチの魅力は値段だけじゃない、安定した使い勝手の良さが大きい。 弱点だった連続吸いを可能にしたことで、ヘビーユーザーの心を離さない。 そして、ヒートスティックを選べることも一つ。 様々なタイプがある中で、自分の好みに選べるのがいいところ。 これはわたしの感想ですが少し前のヒートスティックにはばらつきがあったため、満足できないことが多かったが、かなり改良されて問題は感じない。 よりアイコスがパワーアップしたことで、安定した使用感を得られるようになり、かなり満足している。 なかなか禁煙には踏み込めないのが現状だ! 最近はアイコスを使って、ニコチンゼロのNICOLESSという商品がでたのをご存じだろうか? 禁煙したい、少しずつ本数を減らしたいという方にもお助けアイテムとして出たのがこのニコレスだ。 タバコをすっているような感覚もしっかり感じられる優れものの登場で、アイコスシェアはまだまだ伸びていくのではないだろうか?.

次の

新型アイコス辛口レビュー!旧型と比べた改悪点を報告しちゃうぞ!

アイコス 新型 違い

新しいアイコスの最新情報 発売日• 2017年の3月3日 いきなりでビックリしますよね!前日に急に発表がありました。 うれしいニュースなので、ありがたいですけどね。 新型アイコスの発売日と銀座店のオープンが同じ日だなんて、さらに話題が集まりそうです。 販売価格• 1,000円の値上げで、10,980円 今までのアイコスより、1,000円高くなっています。 「実質の値上げじゃん~」って感じますが、旧型との違いがすごいんです! 少し 価格が上がっても、満足できそうな内容でした。 以下が、旧型との違いと追加機能です。 アイコスの新型と旧型の違い 充電時間が短くなる 「充電する間、待つのがしんどい!」って経験、あるんではないでしょうか? それが、少し改善されます。 具体的には、 20%充電時間が短縮されるので、今までの旧型より待つ時間が少なくなりますね。 「早く吸いたいのに~」ってイライラを軽減できるので、かなり助かるバージョンアップです。 さらに、 バイブ機能の追加で便利に 加熱の開始と完了が、バイブで震えてわかるような、便利な機能が追加になりました。 「いつ充電が終わったの?」ってわかりずらかったので、お知らせ振動機能で、早く気づけますね。 旧型と比べると、いろんな面でさらに使いやすくなりました。 少しの値上げなら、満足できそうです。 新型アイコスの購入可能な店舗• 銀座店を含めた、全国のアイコスストア 新しい銀座店も都内に増え、8店舗のアイコスストアで販売スタートです。 旧型 2,4 新型 2,4Plus LEDライト色 緑 白色 充電が完了する時間 約5分間 約4分間 1分短縮 バイブ機能 なし あり 充電できる回数• ホルダー 約7300回• チャージャー 約365回 旧型と同じ サイズ、重さ• チャージャー 縦 111 横 50 高さ 15 mm 重さ 100 g• ホルダー 縦 94 横 14 mm 重さ 20 g 旧型と同じ 購入可能なお店• アイコスストア• コンビニ• たばこ専門店• アイコスサービスステーション• アイコスストア• コンビニ• たばこ専門店• アイコスステーション 2017年15月現在 旧型アイコスは販売中止?• 当分の間は販売する 古くてもいいから「安いアイコスがいい」って人も中にはいますよね。 急に販売が中止されることはないようで、安心しました。 しかし、いつまで販売するのかはわかりません。 数年後には、「気づいたら旧型がプレミア価格に」ってことも考えられますよね。 今のうちに揃えておくのも、楽しみが広がっていいかもしれません。 さらに新しい味がプラスで追加 2種類の新しいフレンバー味が登場 ヒートスティック フレンバー が新しく2種類出ます。 「スムース・レギュラー」 左• 「パープル・メンソール」 右 新しい味が2種類も増えてます! ヒートスティックの新発売のたびに、好みの味に巡り合うチャンスですよね。 それぞれ実際に試してみて、自分に ピッタリくる味を見つけると楽しそうですね。 アイコスを飽きる気がしなくて、怖くなります。 新味の発売を機会に、をチェックしてみるのも面白そうです。 また、新しい味のフレーバーはどこで購入できるんでしょうか? 新フレーバーの発売日と購入可能な場所• 2017年4月17日からコンビニも追加! フレーバーを買える店舗は、• アイコスストア店舗• 公式iQOSサイト• コンビニ• たばこ販売店 全国のコンビニやたばこ販売店でも発売がスタートされてますね! 今までアイコスストア店舗の限定で発売していましたが、全国解禁したようです。 まだ試していない人は、お近くのコンビニやたばこ店へGO!もしかしたら、アイコス本体と同じく、売り切れになってしまう可能性があるので、見つけたら、確保しておきたいですね。 続々と新しい動きが出てきて、楽しみが増えますね。 iQOSユーザーとしては、うれしいニュースばかりで、使える日が待ち遠しいです。 最新のプルーム商品が発売スタート.

次の

新型アイコス辛口レビュー!旧型と比べた改悪点を報告しちゃうぞ!

アイコス 新型 違い

アイコス3が2018年11月から販売されています。 初代アイコスが出た当時、2015年の9月以降は人気が凄くてどの店舗に行ってもアイコスは品切れ状態で購入することが出来ませんでした。 最近では皆さんが普通にアイコスを持ち歩くようになり、店舗に行っても購入できるようになりました。 アイコスを使用している人から良く聞くトラブルといえば、蓋が閉まらないというトラブルを最も多く聞きます。 私もアイコスを愛用していますが、蓋が閉まらない原因は、ホルダー内に焦げが付着して汚れてしまうことで起こる現象で普段からキレイに清掃していれば、蓋が閉まらないというトラブルは起こりません。 しかし、毎日忙しく清掃している時間がないという人や面倒という人もいるでしょう。 余り頻繁に清掃作業が発生してしまいますと手間ばかりかかってしまいます。 このような消費者の不満を解消すべくアイコス3が発売されていますが、アイコス3は従来のアイコスとどのような違いがあるのかを見ていきましょう。 Contents• チャージャーへの入れ方が違う! 今までのアイコスはホルダーをチャージャーに入れる時は蓋をボタンで開いてチャージャーに対して垂直になるようにホルダーを入れていました。 しかも、ホルダーの向きが上下反対に入れてしまいますと充電がされず、トラブルのもとになってしまいます。 それに比べアイコス3はチャージャーが斜めに開き、ホルダーの向きがどちら向きでも大丈夫! 従来のアイコスであれば、ホルダーを逆向きに入れていたから充電されていなく、吸いたい時にホルダーの充電からスタートしてなかなか吸えないなんてトラブルや、ホルダーが少し汚れていてチャージャーに入れた時にしっかりと蓋がしまらない、また、一度蓋を閉めたはずなのにカバンの中で蓋が開いてホルダーがどこかに行ってしまったなんてトラブルがありました。 アイコス3は斜めのスライド式にすることでこれらのトラブルを防止でき安心して収納や持ち運びができるようなっています。 更に、チャージャーに差し込んだ底部にマグネットが取り付けられていますのでホルダーが磁力で引っ付くようになり逆さ向きにした程度ではホルダーが落下しないようになっています。 ホルダーとキャップの継目も斜めに アイコス3のホルダーはキャップとの継目が斜めになっています。 スイッチボタンのある部分が継目になっていますが、この部分が斜めになっています。 従来のアイコスは継目が水平になっていましたので、ボタンの出っ張りとキャップの凹みを合わせながら閉めていきましたが、アイコス3では、斜めの形状になっていることでどこから見てもホルダーとキャップの向きが分かるようになっているのです。 大したことないと思うかもしれませんが、このちょっとした気遣いが取り扱いやすさを大幅に向上していくのです。 4Plusサイズ 幅:50mm 奥行き:15mm 高さ:111mm 重量:120g サイズはこのように違いがあります。 幅は従来のアイコスの方が4mmほどありますので、アイコス3の方が細く感じられます。 奥行きは、アイコス3の方が7mm厚くなっています。 高さはアイコス3の方が3mm長くなっていますので、アイコス3は従来のアイコスに比べて幅は無くなりましたが、厚みと高さが増えています。 どちらが良いかわ個人差があると思いますのでどちらが良いとは言い切れませんが、アイコス3は細長くなったという印象です。 アイコス3は充電時間が短くなった アイコス3の充電時間は2. 4Plusと比較すると40秒も短縮されています。 たったの40秒?と思うかもしれませんが、連続で吸いたい人にとって40秒はかなりの時間短縮になります。 ホルダーの充電時間が遅く短い休憩時間で1本しか吸えなかった人でも40秒短縮されれば2本吸うことも可能になるのではないでしょうか。 従来の2. 4Plusが約4分の充電時間でしたので、3分20秒程度でホルダーの充電が完了することになります。 また、チャージャーへの充電器はマイクロUSBポートからTYPE-Cのポートへと変更されています。 最近スマホでもTYPE-Cのポートと切り替わっています。 違いは差込口の形状が異なりマイクロUSBポートは台形のような形状になっていますので、挿入する向きが1方向でしか挿入できません。 それに対し、TYPE-Cは長丸の形状をしていますのでどちらの向きでも挿入することができます。 まとめ アイコス3と従来のアイコスとの違いについて紹介しました。 アイコス3は従来のアイコスの不具合が改善され使い勝手が良くなっています。 初代アイコスを購入した人はそろそろ買い替え時期ではないでしょうか。 本体カラーはブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレー、ウォームホワイトの全4色から選べます。 また、カスタマイズすることも可能で、本体ドアカバーがマグネット脱着できるようになっていて、ドアカバーを自分好みの色にカスタマイズすることもできます。 更に、ホルダーのキャップも自分好みの色に変更ができます。 全部で12色出ていますので、576通りの組み合わせが可能になり他の人との差別化を図れるようになっています。

次の