きめ つの や い ば ネタバレ 188。 《鬼滅の刃》ネタバレ188話詳細!伊黒さんに盛大な死亡フラグ!?

【205話鬼滅の刃ネタバレ最新話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

きめ つの や い ば ネタバレ 188

Contents• 呼吸を使う剣士にはもう興味がないと、無惨は攻撃してきます。 その速さと間合いの広さは、あの縁壱を生まれて初めて背筋をひやりとさせるものでした。 そして縁壱の目には、 無惨の心臓が7つ、脳が5つあることが見えていました。 その瞬間に、縁壱の剣技の型が完成したのです。 縁壱の攻撃を受け、無惨は肉体が再生しないことに困惑していました。 斬られた頸を支えていましたが、繋がることはなかったそうです。 命を何だと思っている。 縁壱は無惨に尋ねましたが、返事はありませんでした。 あまりの怒りに、声が届いていなかったのです。 珠世 その時無惨の隣には、娘が立っていました。 娘は無惨を助けようともせず、頸を斬られた無惨を凝視していたのです。 その女性の瞳は希望の光で輝いていました。 それを見て、 縁壱は彼女より先にとどめを刺そうとします。 すると無惨の肉体は粉々になり、勢いよく弾けました。 あまりに多く散らばった肉片を縁壱でも全てを斬ることは出来ず、 合わせれば頭ほどの肉片を逃してしまったのです。 縁壱が立ち尽くしていると、女性はもう少しだったのに、と泣き声のような声を上げて倒れ込みました。 死ねばよかったのに、と悔し涙を流していたのです。 その時、彼女は自分が死んでいないことに気づきました。 縁壱は慌てる女性を宥めると、彼女は先程の男について話し始めます。 そして 無惨はもう、縁壱が死ぬまで姿を現さないだろうと言いました。 彼女は珠世と名乗り、無惨が弱ったため一時的に支配から解放されたようでした。 そんな珠世に、縁壱は無惨を倒す手助けを頼んだのです。 その後、駆けつけた仲間から縁壱は 兄が鬼となったことを聞かされました。 無惨を倒せず、珠世を逃し、兄が鬼になった。 これらの責任を取るため、 縁壱は鬼狩りを追放されることとなったのです。 自殺せよとの声も上がったそうですが、まだ6つの当主となったばかりのお館様がそれを止めます。 父を亡くしたばかりの子供に更なる心労をかけてしまったことを、縁壱は申し訳なく思っていました。 スポンサードリンク 涙 自分は無惨を倒すために特別強く造られて生まれてきたと思う。 しかし結局しくじってしまった。 そのせいでこれからもまた多くの人の命が奪われる、心苦しい、と縁壱は語りました。 この話を聞いた炭治郎は、かける言葉が見つかりませんでした。 あまりに多くのことが、縁壱の身に起こりすぎていたのです。 しばらく沈黙が続きました。 深く傷ついたこの人を、どうにかしてあげたいと炭治郎は強く思いました。 その時、 炭吉の娘が縁壱の着物の袖を引き、抱っこをねだります。 高く持ち上げると喜ぶと言う炭吉の言葉通り、縁壱は幼い娘を持ち上げました。 すると娘は、何とも楽しそうに笑ったのです。 その笑顔を見ていると、 自然と縁壱の目から涙が溢れ出ました。 炭吉の妻が戻った時、縁壱は娘を抱きしめて泣いていました。 彼女は縁壱を見ると、どうしたの、と歩み寄ります。 そして きっと大丈夫、と頭を撫でて励ましました。 そんな様子を見ていた炭吉の目からも、涙が流れていました。 炭治郎も今が戦いの最中だとはわかっていつつ、 それでも縁壱の心がほんの少しでも救われることを願わずにはいられませんでした。 スポンサードリンク 鬼滅の刃187話ネタバレの感想考察 縁壱も無惨の戦いの様子が明らかになりました。 思っていた以上に一瞬でしたね。 しかしこれこそが、無惨にとって一生引きずることとなったトラウマが生まれた瞬間でした! そして 一緒にいた女性はやはり珠世でした。 無惨に対して死ねばいいと考えていたものの、支配があったため何も出来ない状態だったのでしょう。 そんな珠世に、 無惨を倒す手助けをしてほしいと依頼したのが縁壱だったのですね。 そのことが現代まで続き、おそらく無惨を倒すためにいい影響を与えるものだと思います。 縁壱はこれまでずっと、あまりに多くのことを背負いすぎていました。 炭吉一家と過ごすことで彼の張り詰めた心が緩み、自然と涙がこぼれたのでしょうね。 間違いなく、読者も彼の心が救われることを願っています。 そして今回登場した、 ヒノカミ神楽の十三個目の型と思われる技。 炭治郎はその技を知ることが出来るのでしょうか!? 次回の展開も楽しみですね。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

鬼滅の刃187話ネタバレ!縁壱の剣技の型が完成!無惨逃げるしくじりで鬼狩りから追放!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

きめ つの や い ば ネタバレ 188

鬼滅の刃(きめつのやいば)最新話第55話「無限夢列車」(2017年3月27日発売の週刊少年ジャンプ17号掲載)のネタバレや感想をご紹介していきます! なお、こちらの記事では鬼滅の刃最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。 鬼滅の刃最新話第55話「無限夢列車」のネタバレ 「言われたとおり、切符を切って眠らせました。 どうか早く私も眠らせて下さい。死んだ妻と娘に会わせて下さい」 顔色の悪かった車掌は泣きながら手首から下しかない下弦の鬼に「お願いします…」と土下座して懇願する。 車掌を眠らせると、他の手下らしき人達に、こう指示を下す。 「もうすこし居たら眠りが深くなる。 勘のいい鬼狩りは殺気や鬼の気配で目を覚ます時がある。 近づいて縄を繋ぐ時も体に触らないよう気をつけること」 手首から下の鬼は、先頭車両にたつ下弦の鬼壱で、しばらく先頭車両から動けないという 「準備が整うまでがんばってね、幸せな夢を見るために」 目の下にクマを濃く作った手下たちは、下弦の鬼下壱の言葉に頷くのだった。 先頭車両に立つ下弦の鬼壱の本体は言います。 「どんなに強い鬼狩りだって、人間の原動力は心だ精神だ。 精神の核を破壊すればいいんだよ。そうすれば生きる屍だ。 殺すのも簡単」 一方、夢の中にいった炭治郞達は… 善逸は人間の禰豆子(ねずこ)とデートをする幸せな夢を。 伊之助はたぬきのポン治郞やネズミのチュウ逸を従えて洞窟探検に行く楽しい夢を。 炎柱の煉獄の夢は、過去に戻ります。 布団に横たわる父の傍らで座る煉獄。 「柱になったから何だ。くだらん…どうでもいい。どうせたいしたものにはなれないんだ。 お前も俺も」 父親に柱になったことを報告しますが、息子の顔も見ずに投げやりな態度で言い捨てます。 その様子に少なからずショックを受ける煉獄でしたが、父の部屋をでたところで、煉獄そっくりな弟に声をかけられます。 「父上は喜んでくれましたか? 俺も柱になったら父上に認めてもらえるでしょうか」 希望を込めて煉獄に訪ねる弟、千寿郎になんと答えようか一瞬迷います。 煉獄の父親は、鬼殺隊で柱にまでなった人で、情熱のある方だったのにある日突然剣士を辞めたのだった。 熱心に鍛え息子を育てていた人が突然やる気を無くしてしまった様に、疑問がぬぐえなかった。 ですが、それは考えても仕方ないことと割り切っても、一番懸念しているのは弟のこと。 『千寿郎はもっと可哀想だろう。 物心つく前に病死した母の記憶はほとんど無く、父はあの状態だ』 煉獄は膝を着き、不安げな弟に目線を合わせ、正直に言うのだった。 「父上は喜んでくれなかった」と。 千寿郎に続けて言います。 「お前には兄がいる。 兄は弟を信じている。 」 「どんな道を歩んでもお前は立派な人間になる! 燃えるような情熱を胸に」 泣き出す千寿郎を抱きしめ励ます、優しい兄の煉獄の夢は一旦ここで終わります。 場面は移り、炭治郞の夢… 故郷の家の前にいます。 町に行き炭を売って帰る炭治郞の、鬼に襲われるまえまでの日常だった光景がそこにありました。 「兄ちゃんおかえり!」 「炭売れた?」 兄妹達が炭治郞に気がつき声をかけます。 涙ながらに兄妹達にかけより、抱きしめながら、「ごめん、ごめん!!ごめんな」と声を上げて泣き出しました。 現実の世界でも涙を流しながら。 「縄で繋ぐのは腕ですか?」 「そう。 注意されたことを忘れないで」 現実では、炭治郞や善逸、伊之助、煉獄と自分を各々縄で繋ぐ手下達が、下弦の鬼壱の命令を遂行しています。 「大きくゆっくり呼吸する。数を数えながら。そうすると眠りに落ちる」 彼らは鬼殺隊の4人と縄に繋ぎながら、ゆっくりと眠りに落ちていった。 画面は戻り炭治郞の夢の中。 生きて無事でいる兄妹達と、母親。 「お兄ちゃんいきなり泣き出すからびっくりしちゃった」と笑う兄妹達。 「疲れているのかもしれないから、無理しないで休みなさい」、と労ってくれる母親 炭治郞にじゃれてくる兄妹達。 それはとても幸せな家族のひとときでした。 「楽しそうだね、幸せな夢を見始めたな。深い眠りだ。もう、目覚めることはできないよ」 そんな、現実を忘れてしまうような夢を見始めた彼らの上で、下弦の鬼壱は穏やかに微笑むのでした。 と、いった所で第55話は終わります。 鬼滅の刃最新話第55話「無限夢列車」の感想 夢の中の回です。 伊之助と善逸は安定して脳天気な夢で幸せそうですが、煉獄は幸せな夢というよりは、過去…気になる描写をもってきましたね。 炭治郞はただただ、幸せが残酷で切ないです…。 ネット上の感想はどうだったのでしょうか? ラノベエイト : 【鬼滅の刃】55話感想 煉獄兄貴も長男だったのか…夢の中の話が泣ける — ラノベファースト darcrdnt1 本当にコレです。 夢の中の話が切なくて仕方ないですね。 鬼滅の刃、55話。 伊之助の夢が本当に嬉しかった。 あの戦いを求めていた猪突猛進っ子が禰豆子を含めた「4人で探検する事」を幸せの夢に見てるんだよ…しかも多分宝物であろうツヤツヤどんぐり上げて一緒に行こうとか、伊之助が自分の物を分け与えて時間を誰かと共有しようとしているの… — 遠野みひら M2VOT0zBkHtGKi8 なるほど~、こういう見方もあったか確かに!! と感心しちゃいました。 でもまだ名前は覚えきれていないのでしょうか…? 週刊少年ジャンプ2017年17号の掲載順をご紹介 17号はこのような掲載順になっていました。 上から ・僕のヒーローアカデミア 巻頭カラー ・僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!! ・食戟のソーマ センターカラー ・Dr. 鬼滅の刃の掲載順は13番目になっています。 読み切りを除いて考えると大体アンケート順位も12番目くらいでしょうか。 今週は少し落としてしまいましたが、話の導入部だから仕方ないかもしれませんね。 過去5週の掲載順は『6番・3番・5番・9番・10番』となっています。 大体真ん中です。 ジャンプ大プッシュ中の作品ですし、単行本も重版かかっているようですので即打ち切りの心配はなさそうですが、出来れば安定の一桁になって欲しいなと思うファン心です。 まとめ みんなの幸せな夢の中回でした。 でも、幸せな夢だからか、泣きながら眠る炭治郞がかわいそうで仕方なかったです。 ある意味残酷ですよね。 安定の愛すべきおバカ…伊之助の夢や、頭の中は女の子で一杯の善逸。 両者ともにぶれないキャラで、クスッと笑えました。 都合の良い夢の中ですが、禰豆子がいきいきとして可愛くて、本当だったら良いのにね、と思いました。 炭治郞の夢の中に禰豆子が出てこなかったことにも意味があるのかな? 幸せな夢が夢だと気がつく時は必ず来るのでしょうが、それを思うと切ないですね。 来週も楽しみです。

次の

鬼滅の刃188話考察|伊黒と甘露寺(おばみつ)が再び巡り合った場所とは。花言葉は?

きめ つの や い ば ネタバレ 188

来世で甘露寺とめぐり逢うことを願う 無惨を倒して(いいことをして)自分も死に、汚れた血と身体がきれいになった来世では、甘露寺に好きだと伝えたいと強く願う伊黒。 最後のコマでは、満開の桜のような笑みを浮かべる甘露寺。 そして、そこへ向かう伊黒、という幸せな光景が描かれていました。 めぐり逢えた場所、そこに咲く花 場所は不明だが来世の可能性が高い 伊黒と甘露寺がめぐり逢えた場所は不明ですが、2人の来世である可能性が高いです。 伊黒は自分自身の血が汚く、誰かと幸せになる資格はないと考えています。 自分が幸せになるのは、甘露寺に想いを伝えられるのは、来世でしかありえないと確信しているのです。 伊黒が来たことで満開となる桜と笑顔 188話の最後のシーンは、実は123話の扉絵と非常に似通っています。 123話は昔お見合いした相手を待つ甘露寺で、桜はまだつぼみで表情も真顔。 しかし188話の最後のコマでは、満開の桜が舞い散る中で、満面の笑みを浮かべています。 これは、自分を隠さずにいられる、伊黒とめぐり逢えたからこそ出てきた幸せな表情なのではないでしょうか。 咲く花は「桜」と「アヤメ化の何か」 桃色の花はおそらく桜で、紫色の地面に生える花はアヤメ科の「アヤメ、花菖蒲、カキツバタ」だと推測できます。 それぞれの花言葉をまとめると、 桜 ・精神美 ・優美な女性 ・純潔 アヤメ ・希望 ・信頼 花菖蒲 ・嬉しい知らせ ・あなたを信じます カキツバタ ・幸せは必ずくる ・幸せはあなたのもの 桜のような笑みを浮かべて、伊黒を待つ甘露寺。 そこには甘露寺のように満開の桜と、「希望」「あなたを信じます」「幸せは必ず来る」という花言葉を象徴するように、アヤメ科の花々が咲き乱れています。 来世では、鬼のいない平和な世の中で、2人が幸せに過ごしていることを切に願いたいですね……。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。

次の