クソ広告 youtube。 【VTuber×YouTubeのダイエット広告】女性の棒読みがうざい×嫌いとの声

【VTuber×YouTubeのダイエット広告】女性の棒読みがうざい×嫌いとの声

クソ広告 youtube

Vチューバーとは? まず Vチューバー バーチャルYouTuber というものについてですが 簡単に説明すると 2Dや3Dのキャラクターを アバター を使用して YouTubeやその他動画配信サイトにて 配信している人になります。 どんな広告? 最近、私や友人がYouTubeで よく見るVチューバーの広告です。 もちろんこの広告というだけではありませんが 大体こういった類の ・ニキビケア ・ダイエット ・サプリメント系 を進めてくる広告がほとんど。 またその大半が アフィリエイト広告 になっています。 例のYouTubeの広告系Vチューバー。 なぜ最近増えてきているの? 理由はいろいろあるかと思いますが 一つは バーチャルYouTuberの多様化 があるかと思います。 が大活躍しそれ以降続々と Vチューバーが登場してきました。 特に2018年以降はその数が増加し さらに バーチャルYouTuberという枠が 注目を浴びることになりました。 注目を集めることで バーチャルYouTuberを視聴する人が増え 新規のバーチャルYouTuberも増え どんどんVチューバーの需要が 増えてきたのでしょう。 YouTubeの広告の枠もその影響を受けたことが 一つの要因ではないかと思います。 また、Vチューバーは 顔を見せることなく 自身のしたいような配信や活動ができるので その辺りも一要因となっているみたい。 どうしたら見ないようにできる? やはりどうしても我慢できない! という方もいるみたい、、、 Twitterやその他SNSでも かなりの酷評を受けている アフィリエイト広告のVチューバーですが 今後もっと新規の数が増えてくるでしょうし YouTubeの広告にとどまらず その他の広告でも目にするかもしれません。 現状、YouTube上では様々なVTuberが出てきていますが 実態が分からない方がほとんどで この記事を書かせていただいてからも どんどんと新しい人が増えてきていますね。 VTuberが新たなコンテンツとして注目を浴びている中 企業側が商品を広めるためにVTuberを使って 広告を広めていると考えるのが一般的だと思います。 広告を見る限り、ほとんどがアフィリエイト広告で 商品購入ページへ誘導するものが多いのですが それにしてもなんだが雑な気がします。 あえてウザがられる広告を広めることで 炎上商法を狙ったのかもしれませんが Newうどんまきさんが言われたように 「ウザいから消したい」という方がほとんどなので 広告から商品購入ページまで飛んでくれる人が少なそうです。

次の

YouTubeの広告がうざい!消す・非表示設定する方法

クソ広告 youtube

テテマーチが運営支援をする、「学生トレンド研究室 LOUPE(ルーペ)」は、103人の現役大学生を対象に、YouTubeにおける不快な動画広告・好印象な動画広告について調査を実施した。 8割が「動画広告を見て不快に感じた経験がある」と回答 YouTubeの動画広告に対する印象を聞いたところ、82. 5%が「動画広告を見て不快に感じた経験がある」と回答した。 一方で、60%が「動画広告を見てポジティブな印象を抱いた経験がある」と回答した。 不快になる動画広告の特徴は? 動画広告を不快に感じる理由を聞いたところ、「動画を早く視聴したいから」(71票)という回答が最も多く、「動画が盛り上がってきたところを邪魔されたから」(39票)、「広告がつまらなかったから」(16票)が続いた。 では、動画広告が入る場所についてはどうか。 動画のどこに動画広告が入ると嫌かを聞いたところ、96%が「動画の途中」、4%が「動画の前後」と回答した。 コンテンツがおもしろければポジティブに受け取られる 動画広告にポジティブな印象を持つ場合は、どのようなケースだろうか。 動画広告にポジティブな印象を抱いた経験があると回答した人に対して理由を尋ねたところ、「動画自体がおもしろいコンテンツだったから」(37票)という回答が最も多く、「広告に登場する人物が好きだから」(25票)、「自分にとって有益な広告だったから」(13票)が続いた。 スキップできる広告は、8割が「内容を確認しない」と回答 スキッパブル広告の内容を確認しているかどうかを聞いたところ、80%が「確認しないでスキップする」、20%が「確認してスキップする」と回答した。 確認しない理由としては、「スキップすることが習慣になっている」(92. 5%)、「早く動画が見たいから」(7. 5%)が挙げられた。 YouTube広告で広告主のイメージは変わらない YouTube広告を見る前と後で、広告主に対するイメージはどのように変化するかを尋ねたところ、「あまり印象は変化しない」(64%)という回答が最も多く、「広告主の企業・団体を意識することはほとんどない」(22%)、「どちらかといえば以前より良くなる」(7% 、「どちらかといえば以前より悪くなる」(4% という回答が続いた。 【調査概要】 調査期間:2019年4月1日~30日 調査対象:現役大学生103人 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の

【超快適】PCとスマホでYouTube広告を飛ばす2つの方法

クソ広告 youtube

目次 CLOSE• youtubeやfacebookなどには広告バナーが表示されることが多いですよね。 youtubeの場合は動画再生と同時に5秒経過するまでスキップできないものも表示されます。 見たくもないものを見せられるのはうざいですし、 広告を消す方法があれば便利ですよね。 実は、とても簡単にうざい広告を消す方法があることをご存知ですか? ここでは、 youtubeに流れるうざい広告を消す方法について紹介していきます。 1.youtubeの広告を拡張機能で消すやり方 youtubeのうざい広告を消す方法はいくつかありますが、一番簡単で手っ取り早いのが、 GoogleChromeというブラウザを使用することです。 Chromeブラウザは、様々なツールが用意されており、それをインストールすることでブラウザの表示などを自由にカスタマイズすることができます。 Chromeの拡張機能で、広告を消してくれるのが 「Adblock Plus」というもの。 「Adblock Plus」を使って、うざい広告を消すことができるのです。 それではAdblock Plusの導入方法からカスタマイズまで、次から説明していきますね。 これは広告ブロックツールで、youtubeの広告やバナー告知などを非表示にしてくれる画期的なものです。 まずは、 「Chrome」ブラウザを開きトップページを表示させます。 トップページを開いたら、画面右上にある縦の 「・・・」をクリックしてください。 するとメニュー画面が表示されますから、その下側にある 「設定」を選択しましょう。 設定画面に切り替わりましたら、画面左側にある 「拡張機能」をクリックします。 すると今まで追加してきた拡張機能一覧が表示されるので、画面を一番したまでスクロールさせて、 「他の拡張機能を見る」のリンクをクリックしてください。 別タブで 「Chromeウェブストア」というページが表示されるので、画面左上にある 「ストアを検索」の欄を見つけましょう。 見つかりましたら、そこに 「Adblock Plus」と入力してエンターキーを押します。 画面右側に注目すると、 「Adblock Plus」の検索結果が表示され、おそらく一番上位に 「Adblock Plus」が出ていることでしょう。 アイコンや名称、説明が書かれている右側に、 「Chromeへ追加」というボタンがあるので、こちらをクリックすると追加できます。 ブラウザのアドレスバー右側あたりに赤いボタンが表示されることで確認ができますので、 「追加」を押したらまずは赤いボタンがあるかをブラウザで確認しましょう。 あとはyoutubeを開いてみると、 今まで動画の最初に表示されていた広告を非表示にしていきなり動画を楽しむことができます。 そして「Adblock Plus」の嬉しいところは、 手動で広告を消すか 表示させるかを切り替えることができるという点です。 画面の表示がおかしいなどの理由で、再度広告を表示させたい場合は、赤いボタンをクリックして、ポップアップメニューを表示させます。 そして 「このサイトで有効」という項目のチェックを外すと、offになり、チェックを入れるとonの状態になります。 2.サイトを使用してyoutubeの広告を非表示にする方法 先ほど紹介した方法は、Chromeの拡張機能を利用して広告を非表示にするものですが、ちょっとややこしいですし不安が残るから使用したくないという人は多いでしょう。 それでも広告を消したいのであれば、 「」というサイトを使うのがオススメです。 短い動画ですと手間のほうがかかりますが、作業用BGMなどの場合はとても有効な方法。 まずは、広告を消して再生したいyoutubeの動画ページまで移動します。 サンプルで表示した画像を見ると、再生バーの部分に黄色い表示がされているのが分かりますよね? こちらに赤いバーが接触すると、広告が開始される仕組みになっているのです。 さて、動画再生ページに移動したならば、画面上部にあるURLに注目してください。 ここの「youtube」という部分を、 「listenonrepeat」に変更し、エンターキーを押しましょう。 すると画面が切り替わり、 「Listen on repeat」というサイトに飛び、そこから動画を楽しむことができるのです。 では先ほど注目した再生バーにあった、黄色い表示に再び目を向けてください。 きっと黄色い表示が消えている、つまり広告が非表示にされていることにお気づきでしょう。

次の