リクルートカード マイル 貯め方。 最大10,000ポイント! リクルートカード入会キャンペーン

リクルートカードでJALマイルを貯める方法!交換の還元率は?

リクルートカード マイル 貯め方

いちばんお得なポイントサイト紹介 本サイトからポイントサイト経由で申込みをすれば、公式キャンペーンとポイントサイトのキャンペーンと、両方のキャンペーンを同時に受け取ることもできます。 今回は100つ以上も存在する多くのポイントサイトの中から、僕がオススメする5つのポイントサイトの特典を調べてみました。 下記の表の通りです。 しっかりと確認してから申込してください。 ポイントサイト 獲得ポイント 金額換算 げん玉 25000ポイント 2500円 GetMoney! 7000ポイント 700円 ポイントタウン ポイント 2250円 モッピー 2000ポイント 2000円 Gポイント 400ポイント 400円 今月のポイントサイトのキャンペーンでいちばんポイントが多いのは「げん玉」からの申込みです。 まだ「げん玉」に登録していない方は下記のバナーから登録することができます。 公式キャンペーンは週末の申込みがお得? 上記の画像の通り、現在は 最大8000ptが獲得できるキャンペーンが行われています。 さきほどのポイントサイトのキャンペーンと同時に受け取ることもできるので、ご安心ください。 詳しいキャンペーンの内容は下記の画像をご覧ください。 3つのキャンペーンに分かれています。 ・リクルートカードの新規入会で、期間限定ポイントが2000円分プレゼント ・カード発行日の翌日から60日以内にリクルートカードで決済すると、期間限定ポイント3000円分プレゼント ・カード発行日の翌日から60日以内に、対象会社 NTTdocomo、au、SoftBank、Y! mobile の携帯電話料金を自動振替で支払うと、期間限定ポイント3000円分プレゼント 合計で8000円分のポイントが獲得できます。 しかしこのキャンペーンは週末限定です。 平日だとキャンペーンの金額が少し下がってしまいます。 リクルートカードに 新規で申込をするなら週末にポイントサイト経由が最もお得ですね。 ポイントサイト経由でカードの申込をすれば、あとは審査が通るのも待つだけです。 ポイントが加算されるまで気長にお待ちください。 僕が思うところ、このリクルートカードはあまり広告費が使われていないように感じます。 他のカードならポイントサイト経由で3000pt~15000ptがもらえるカードが多いです。 少し物足りないように感じるかもしれませんが、その代わりに公式キャンペーンで大量のポイントがGETできます。 ポイントサイトを経由するデメリットも特にないので、しっかりと両方のポイントを獲得しておいてください。 リクルートカードのメリットとお得な活用方法 ここまではお得な申し込み方法を説明してきましたが、ここからはリクルートカードのメリットや特徴について説明します。 ポイントの上手な貯め方や使い方も解説していきます。 年会費はずーっと無料だけど特典はいっぱい リクルートカードは年会費が無料のカードです。 初年度だけでなく、2年目以降も無料なので年会費の心配は要りません。 年会費が無料のカードだと特典が物足りないことが多いですが、このカードは特典も多いし、ポイント還元率も魅力です。 カード利用で1. 2%の還元率 リクルートカードはカード決済でのポイント還元率が1. 2%です。 年会費無料のカードだと0. 5%~1. 0%の還元率が一般的なので、かなりお得なカードです。 通常の買い物だけでなく、電子マネーへのチャージでも1. 2%のポイントが還元されます。 電子マネー nanaco、suica等 へのチャージで1. 2%は業界最強 クレジットカードから電子マネーへのチャージはポイントが全く付かなかったり、0. 5%程度しか付かないことがほとんどです。 リクルートカードからの 電子マネーへのチャージの1. 2%の還元率は年会費無料のカードでは最強レベルです。 nanacoやsuicaにチャージも可能なので、好きな電子マネーにチャージしてポイントを貯めましょう。 電子マネーへのチャージで税金や公共料金、パスポートの料金の支払いでもポイントが貯まる? 税金や公共料金、パスポートの料金 収入印紙の購入 の支払いには、クレジットカードが使えないのが一般的です。 しかしリクルートカードから電子マネーにチャージをすれば、電子マネーを使ってコンビニで上記の料金の支払いに使うことも可能です。 例えばnanacoにチャージしてセブンイレブンで料金を支払えば、税金や公共料金のコンビニ支払いで間接的にポイントを貯めることもできます。 チャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限 注意していただきたいのが、nanaco等へのチャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限ということです。 チャージは何万円でも可能ですが、ポイントの対象となるのは月に3万円までです。 対策として、別ブランドのリクルートカードを2枚持ちをする方法もあります。 VISAとJCBをそれぞれを作成するということです。 そうすると2枚で6万円まで可能となります。 月に3万円以上をチャージを検討している方はご注意ください。 リクルートのネットサービスの利用で最大11. 2%の還元のメリット 通常なら1. 2%のポイント還元ですが、リクルートのネットサービスなら更にポイントがお得に貯まります。 2% 通常の1. 2% 通常の1. 2% 通常の1. 2% 通常の1. 有名なサイトばかりなので効率的に利用してポイントを貯めることができます。 じゃらんネットでの旅行申込みのボーナスポイントは過去最大で10%だったこともあり、11. 2% 通常の1. Amazonギフト券の購入最大3. 7%が貯まる リクルートカードの特徴のひとつ。 それはAmazonの買い物で最大2. 5%の還元率があることです。 さきほどのnanacoへのチャージと併用すると、最大3. 7%の還元率になります。 詳しく解説します。 Amazonギフト券を購入 Amazonアカウントの残高に直接チャージ すると、最大で2. 5%のAmazonポイントのボーナスがもらえます。 ポイントの還元率は画像の通りです。 条件としては、9万円以上の購入をすること、そしてプライム会員であること。 「え、9万円も一気に買うの?」と思った方。 たしかにちょっと高額で抵抗はありますが、そもそもAmazonギフト券の有効期間って10年間あります。 まとめて購入しても、期限切れの心配はよほどのことが無い限りはなさそうです。 それよりも注意しておいてほしいのは、Amazonのアカウントを作ってから30日以内のチャージは、Amazonポイントの獲得対象外なので、必ず31日目以降にチャージするようにしてください。 最大3. 7%とお伝えしましたが、さきほど解説したように、nanaco等へのチャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限です。 2枚持ちにしても6万円までが上限です。 9万円を全て1. 2%還元の対象にするのは難しいです。 あなたの状況に合わせて可能な限りの高還元を目指してくださいね。 リクルートポイントのオススメの使い方 リクルートポイントの貯め方や還元率について説明をしました。 ここからは貯めたリクルートポイントの上手な使い方をお伝えします。 Ponta会員IDを登録して、貯めたリクルートポイントをPontaポイントに Ponta会員IDを登録することで、貯まったリクルートポイントをPontaポイントに交換することができます。 Pontaポイントに交換すれば、リクルートのポイント連携サイトだけでなく、Pontaのポイント提携しているお店や会社のサービスで利用が可能になります。 PontaポイントはJALマイルに交換がお得 本サイトはマイルの貯め方を教えるサイトなので、このリクルートカードから効率的にJALマイルへ交換していく方法を解説します。 つまり50%の交換レートです。 キャンペーン期間で60%の交換レートのこともありますが、基本のレートは50%で覚えておきましょう。 通常のカード決済で1. 買い物金額の0. 6%がJALマイルに交換できる計算です。 さきほどのボーナスポイントを最大まで活用すると、 11. 1%がJALマイルへ交換できることになります。 2%は極端な例だとしても、上手に貯めれば買い物金額の2~3%をJALマイルに交換することは充分に可能です。 1マイルは1円ではない? 個人的には貯めたリクルートポイントはJALマイルへの交換を推奨しています。 1マイルの価値は1円ではありません。 マイルは価値と使い方さえしっかりと理解すれば、1マイルが5円~10円以上に大化けします。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 リクルートポイントとリクルート期間限定ポイントは違う 上記はリクルートポイントをPontaポイントやJALマイルに交換する方法の説明をしました。 しかし今回の公式キャンペーンで獲得できるポイントは、通常のリクルートポイントではなく「リクルート期間限定ポイント」となります。 ご注意ください。 これは使用できる期間 翌月末まで が決まっているだけでなく、使用できる範囲も限定されています。 実はリクルート期間限定ポイントはPontaポイントやJALマイルに交換することができません。 以前はできたのですが、ルールの改悪によってできなくなってしまいました。 といえばリクルートのネットサービスであれば使用可能です。 ポンパレモール、じゃらんネット、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ等で使えるポイントなので、使い道に困ることは無いと思います。 リクルート期間限定ポイントの詳細は リクルート期間限定ポイントの使い道は。 リクルートカードまとめ いかがでしたでしょうか。 リクルートカードのキャンペーンや特徴、メリット、ポイントの貯め方や使い方について解説をしてきました。 ・公式キャンペーンとポイントサイト特典と、お得なキャンペーンが行われている。 両方とも受け取り可能。 ・ポイント還元が優秀で、 電子マネーのチャージやリクルートのネットサービスでお得にポイントが貯まる。 ・貯めたポイントはPontaポイントや JALマイルがオススメ。 ・期間限定ポイントの使い方には注意しよう。 ・いちばんお得なキャンペーン申込み方法はポイントサイト経由。 リクルートの公式サイトから申込みをすると、ポイントサイトのポイントはもらえません。 気を付けてください。 まだ登録していない方は下記のバナーから登録できます。 JALマイルに興味がある方はこの記事もオススメです。 ぜひお読みください。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 \ SNSでシェアしよう! / マイルの魔法使いの 注目記事を受け取ろう•

次の

リクルートカードでマイルをザクザク貯める【JALマイルとANAマイル交換レート】

リクルートカード マイル 貯め方

いちばんお得なポイントサイト紹介 本サイトからポイントサイト経由で申込みをすれば、公式キャンペーンとポイントサイトのキャンペーンと、両方のキャンペーンを同時に受け取ることもできます。 今回は100つ以上も存在する多くのポイントサイトの中から、僕がオススメする5つのポイントサイトの特典を調べてみました。 下記の表の通りです。 しっかりと確認してから申込してください。 ポイントサイト 獲得ポイント 金額換算 げん玉 25000ポイント 2500円 GetMoney! 7000ポイント 700円 ポイントタウン ポイント 2250円 モッピー 2000ポイント 2000円 Gポイント 400ポイント 400円 今月のポイントサイトのキャンペーンでいちばんポイントが多いのは「げん玉」からの申込みです。 まだ「げん玉」に登録していない方は下記のバナーから登録することができます。 公式キャンペーンは週末の申込みがお得? 上記の画像の通り、現在は 最大8000ptが獲得できるキャンペーンが行われています。 さきほどのポイントサイトのキャンペーンと同時に受け取ることもできるので、ご安心ください。 詳しいキャンペーンの内容は下記の画像をご覧ください。 3つのキャンペーンに分かれています。 ・リクルートカードの新規入会で、期間限定ポイントが2000円分プレゼント ・カード発行日の翌日から60日以内にリクルートカードで決済すると、期間限定ポイント3000円分プレゼント ・カード発行日の翌日から60日以内に、対象会社 NTTdocomo、au、SoftBank、Y! mobile の携帯電話料金を自動振替で支払うと、期間限定ポイント3000円分プレゼント 合計で8000円分のポイントが獲得できます。 しかしこのキャンペーンは週末限定です。 平日だとキャンペーンの金額が少し下がってしまいます。 リクルートカードに 新規で申込をするなら週末にポイントサイト経由が最もお得ですね。 ポイントサイト経由でカードの申込をすれば、あとは審査が通るのも待つだけです。 ポイントが加算されるまで気長にお待ちください。 僕が思うところ、このリクルートカードはあまり広告費が使われていないように感じます。 他のカードならポイントサイト経由で3000pt~15000ptがもらえるカードが多いです。 少し物足りないように感じるかもしれませんが、その代わりに公式キャンペーンで大量のポイントがGETできます。 ポイントサイトを経由するデメリットも特にないので、しっかりと両方のポイントを獲得しておいてください。 リクルートカードのメリットとお得な活用方法 ここまではお得な申し込み方法を説明してきましたが、ここからはリクルートカードのメリットや特徴について説明します。 ポイントの上手な貯め方や使い方も解説していきます。 年会費はずーっと無料だけど特典はいっぱい リクルートカードは年会費が無料のカードです。 初年度だけでなく、2年目以降も無料なので年会費の心配は要りません。 年会費が無料のカードだと特典が物足りないことが多いですが、このカードは特典も多いし、ポイント還元率も魅力です。 カード利用で1. 2%の還元率 リクルートカードはカード決済でのポイント還元率が1. 2%です。 年会費無料のカードだと0. 5%~1. 0%の還元率が一般的なので、かなりお得なカードです。 通常の買い物だけでなく、電子マネーへのチャージでも1. 2%のポイントが還元されます。 電子マネー nanaco、suica等 へのチャージで1. 2%は業界最強 クレジットカードから電子マネーへのチャージはポイントが全く付かなかったり、0. 5%程度しか付かないことがほとんどです。 リクルートカードからの 電子マネーへのチャージの1. 2%の還元率は年会費無料のカードでは最強レベルです。 nanacoやsuicaにチャージも可能なので、好きな電子マネーにチャージしてポイントを貯めましょう。 電子マネーへのチャージで税金や公共料金、パスポートの料金の支払いでもポイントが貯まる? 税金や公共料金、パスポートの料金 収入印紙の購入 の支払いには、クレジットカードが使えないのが一般的です。 しかしリクルートカードから電子マネーにチャージをすれば、電子マネーを使ってコンビニで上記の料金の支払いに使うことも可能です。 例えばnanacoにチャージしてセブンイレブンで料金を支払えば、税金や公共料金のコンビニ支払いで間接的にポイントを貯めることもできます。 チャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限 注意していただきたいのが、nanaco等へのチャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限ということです。 チャージは何万円でも可能ですが、ポイントの対象となるのは月に3万円までです。 対策として、別ブランドのリクルートカードを2枚持ちをする方法もあります。 VISAとJCBをそれぞれを作成するということです。 そうすると2枚で6万円まで可能となります。 月に3万円以上をチャージを検討している方はご注意ください。 リクルートのネットサービスの利用で最大11. 2%の還元のメリット 通常なら1. 2%のポイント還元ですが、リクルートのネットサービスなら更にポイントがお得に貯まります。 2% 通常の1. 2% 通常の1. 2% 通常の1. 2% 通常の1. 有名なサイトばかりなので効率的に利用してポイントを貯めることができます。 じゃらんネットでの旅行申込みのボーナスポイントは過去最大で10%だったこともあり、11. 2% 通常の1. Amazonギフト券の購入最大3. 7%が貯まる リクルートカードの特徴のひとつ。 それはAmazonの買い物で最大2. 5%の還元率があることです。 さきほどのnanacoへのチャージと併用すると、最大3. 7%の還元率になります。 詳しく解説します。 Amazonギフト券を購入 Amazonアカウントの残高に直接チャージ すると、最大で2. 5%のAmazonポイントのボーナスがもらえます。 ポイントの還元率は画像の通りです。 条件としては、9万円以上の購入をすること、そしてプライム会員であること。 「え、9万円も一気に買うの?」と思った方。 たしかにちょっと高額で抵抗はありますが、そもそもAmazonギフト券の有効期間って10年間あります。 まとめて購入しても、期限切れの心配はよほどのことが無い限りはなさそうです。 それよりも注意しておいてほしいのは、Amazonのアカウントを作ってから30日以内のチャージは、Amazonポイントの獲得対象外なので、必ず31日目以降にチャージするようにしてください。 最大3. 7%とお伝えしましたが、さきほど解説したように、nanaco等へのチャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限です。 2枚持ちにしても6万円までが上限です。 9万円を全て1. 2%還元の対象にするのは難しいです。 あなたの状況に合わせて可能な限りの高還元を目指してくださいね。 リクルートポイントのオススメの使い方 リクルートポイントの貯め方や還元率について説明をしました。 ここからは貯めたリクルートポイントの上手な使い方をお伝えします。 Ponta会員IDを登録して、貯めたリクルートポイントをPontaポイントに Ponta会員IDを登録することで、貯まったリクルートポイントをPontaポイントに交換することができます。 Pontaポイントに交換すれば、リクルートのポイント連携サイトだけでなく、Pontaのポイント提携しているお店や会社のサービスで利用が可能になります。 PontaポイントはJALマイルに交換がお得 本サイトはマイルの貯め方を教えるサイトなので、このリクルートカードから効率的にJALマイルへ交換していく方法を解説します。 つまり50%の交換レートです。 キャンペーン期間で60%の交換レートのこともありますが、基本のレートは50%で覚えておきましょう。 通常のカード決済で1. 買い物金額の0. 6%がJALマイルに交換できる計算です。 さきほどのボーナスポイントを最大まで活用すると、 11. 1%がJALマイルへ交換できることになります。 2%は極端な例だとしても、上手に貯めれば買い物金額の2~3%をJALマイルに交換することは充分に可能です。 1マイルは1円ではない? 個人的には貯めたリクルートポイントはJALマイルへの交換を推奨しています。 1マイルの価値は1円ではありません。 マイルは価値と使い方さえしっかりと理解すれば、1マイルが5円~10円以上に大化けします。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 リクルートポイントとリクルート期間限定ポイントは違う 上記はリクルートポイントをPontaポイントやJALマイルに交換する方法の説明をしました。 しかし今回の公式キャンペーンで獲得できるポイントは、通常のリクルートポイントではなく「リクルート期間限定ポイント」となります。 ご注意ください。 これは使用できる期間 翌月末まで が決まっているだけでなく、使用できる範囲も限定されています。 実はリクルート期間限定ポイントはPontaポイントやJALマイルに交換することができません。 以前はできたのですが、ルールの改悪によってできなくなってしまいました。 といえばリクルートのネットサービスであれば使用可能です。 ポンパレモール、じゃらんネット、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ等で使えるポイントなので、使い道に困ることは無いと思います。 リクルート期間限定ポイントの詳細は リクルート期間限定ポイントの使い道は。 リクルートカードまとめ いかがでしたでしょうか。 リクルートカードのキャンペーンや特徴、メリット、ポイントの貯め方や使い方について解説をしてきました。 ・公式キャンペーンとポイントサイト特典と、お得なキャンペーンが行われている。 両方とも受け取り可能。 ・ポイント還元が優秀で、 電子マネーのチャージやリクルートのネットサービスでお得にポイントが貯まる。 ・貯めたポイントはPontaポイントや JALマイルがオススメ。 ・期間限定ポイントの使い方には注意しよう。 ・いちばんお得なキャンペーン申込み方法はポイントサイト経由。 リクルートの公式サイトから申込みをすると、ポイントサイトのポイントはもらえません。 気を付けてください。 まだ登録していない方は下記のバナーから登録できます。 JALマイルに興味がある方はこの記事もオススメです。 ぜひお読みください。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 \ SNSでシェアしよう! / マイルの魔法使いの 注目記事を受け取ろう•

次の

【リクルートカード】をポイントサイト経由で発行したよ!!TOKYUルートでマイルにするよ!!

リクルートカード マイル 貯め方

【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス このように年会費無料で還元率が常時1. また、リクルートポイントから直接、ANAマイルに交換することはできませんが、 Pontaポイントに交換すれば、マイルへの交換もできます。 リクルートカードは旅行の時に頼りになる旅行損害保険や、購入した商品が盗難や破損にあった場合、補償してもらえるショッピング保険が付いています。 では、どのような時にどれくらいの金額を補償してもらえるのか、各付帯保険の内容を具体的に解説していきます。 海外・国内旅行でも頼りになる! には、自動付帯と利用付帯があります。 自動付帯はクレジットカードを利用しなくても自動的に保険適用になります。 利用付帯は、エアー代などの旅行費用をクレジットカードで支払うことで適用になります。 リクルートカードの場合、カードで支払いをすることで、国内、海外損害保険が利用できるようになる「利用付帯」となっています。 例えば、パッケージツアーなど旅行代金の支払いや、現地の交通機関の費用をリクルートカードで支払うことで、保険が適用されますが、実は保険期間を延ばす裏技があります。 それは海外旅行で3ヵ月以上滞在する場合、旅行保険が自動付帯となっているクレジットカードと利用付帯のクレジットカードを組み合わせることです。 これにより、保険適用期間を最大180日間に延ばすことができます。 自動付帯のクレジットカードの場合は、旅行開始日から3ヵ月以内 90日 なら自動的に保険適用期間になりますが、3ヵ月以上は保険が適用されません。 他社カードの自動付帯の保険適用期間が終了するタイミングで、リクルートカードで交通機関の費用を支払うことで、保険適用になるため、さらに90日間保険適用期間を延ばすことができます。 長期滞在する人にはおすすめの方法です。 旅行保険の具体的な金額や、適用条件を表にしました。 保険内容 海外保険額 国内保険額 傷害 死亡・後遺障害 限度額2,000万円 限度額1,000万円 傷害 治療費用 限度額100万円 なし 疾病 治療費用 限度額100万円 なし 賠償責任 限度額2,000万円 なし 携行品損害 限度額20万円 なし 救援車費用 限度額100万円 なし リクルートカードは、年会費無料カードにも関わらず国内・海外旅行保険が適用されます。 ジェイアイ傷害火災保険が公表している、海外での事故例をみると、ハワイでクルーズの食事中に倒れ、脳内出血が診断され12日間入院し、1,585万円請求された事例があります。 海外の医療費は高額ですので、旅行保険が付帯しているカードを選ぶことをおすすめします。 ショッピング保険で買い物も安心! リクルートカードで購入した商品は、万が一破損や盗難にあった時に補償してくれる ショッピング保険が適用されます。 国内や海外で商品を購入してから90日の保証期間があり、年間200万円まで補償されます。 他社カードはのみショッピング保険が適用される場合もありますが、リクルートカードは一括払いでも補償の対象となります。 リクルートカードで支払いをすることで、安心してショッピングを楽しむことができます。 リクルートカードはその他にも付帯保険が充実!盗難・紛失時もしっかり補償! リクルートカードには、他にも 紛失盗難補償や 情報漏洩補償などの保険があります。 紛失盗難補償はカードを無くし、不正利用された際に補償されます。 情報漏洩補償は、カード番号が流失したことで、不正利用された際の補償です。 これらの補償はカード発行後に自動的に適用されますが、もしこのようなトラブルに陥った際や、身に覚えのない請求がきた場合などは、必ずカード会社に連絡をしてください。 これらの補償は申請があればもちろん適用されますが、申請がなければカードを不正利用された金額は、カード会社から補償されません。 ですのでなにかあった際は、カード会社へ必ず連絡するようにしてください。 クレジットカードの付帯保険について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。 【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス 国際ブランドはVISA、JCB、Mastercardの3種類から選べる! リクルートカードは、を、、の3種類から選べます。 選ぶ目安になると思いますので、国際ブランドが世界でどのくらいのシェア率があるのかご紹介します。 Mastercardは 世界210カ国以上、 4,000万ヶ所以上の加盟店があり、 VISAと同じ程度の割合となっています。 日本が誇る国際ブランドのJCBは、世界23の国と地域に加盟店があり、世界の売上高は1%で、やDISCOVERとほぼ同等のシェア率です。 海外でクレジットカードを使用する頻度が高い人にとって、JCBはVISAやMastercardと比べると、使えない地域も多く、海外で使用するには心もとないカードだと考えられています。 ただ、日本人に人気の渡航先である、韓国、香港、台湾、米国やハワイなどでは使えるため、そこまで心配する必要はありません。 どの国際ブランドを選ぶかを、世界シェア率以外に、サービス面でも見ていきましょう。 まず、リクルートカードでにチャージするとポイントが貯まります。 国際ブランドによってポイント対象になる電子マネーが違いますので表にしました。 国際ブランド 電子マネーにチャージでポイント加算 チャージ限度額 月間 VISA ・nanaco ・楽天Edy ・モバイルSuica ・SMART ICOCA 30,000円 Mastercard ・nanaco ・楽天Edy ・モバイルSuica ・SMART ICOCA 30,000円 JCB ・nanaco ・モバイルSuica 30,000円 日本では馴染みのない、UnionPayは銀聯 ぎんれん カードともいい、中国で幅広く利用できるショッピング専用のクレジットカードです。 UnionPayは圧倒的なシェアを誇る国際ブランドで、世界シェア率もVISA、Mastercardに続く3位となっています。 リクルートカードでは、 MUFG銀聯カードの発行が可能です。 国際ブランドをVISAかMastercardで発行した場合、追加カードとして銀聯カードを作成することができます。 銀聯カードは、本会員発行手数料は1,080円 税込 、家族カードは324円 税込 で作成できます。 海外の銀聯加盟店で使用すると、ポイントが 2倍になるなどの特典があります。 リクルートカードの申込条件について リクルートカードを作成する申込条件について、公式サイトでは「18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または、高校生を除く18歳以上で学生の人」と記載されています。 申込条件には、安定継続年収のある方との記載がありますが、正社員でなくてもカードを作成できる可能性は高いのです。 無職の人や主婦は、配偶者やご家族に安定継続収入があれば、申込むことは可能です。 入会申込キャンペーンを実施している今がお得! 入会申込キャンペーン3つの特典• 新規入会で1,000ポイント• 初回利用で3,000ポイント• 携帯電話料金決済で4,000ポイント 新規入会特典はカード発行をすればポイントプレゼントとなります。 初回利用特典は、発行日の翌日から60日以内にリクルートカードを初めて使用するとプレゼント獲得となります。 携帯電話料金決済特典は、カード発行日の翌日から60日以内に対象会社の携帯電話料金をリクルートカードの自動振替にすると、決済が完了した時にプレゼントされます。 ポイントをもらえる条件をしっかり確認! せっかく6,000ポイントを受け取れるチャンスなのに、勘違いや間違いで失ったり還元されなかったりするのは、非常に残念ですよね。 そんなことにならないために、ここではしっかりキャンペーンのポイントを受け取れるよう、注意点を解説していきます。 新規入会特典は、カード発行後マイページからログインし、翌月末までにページTOPのカード入会特典受け取りボタンをクリックすることでポイントの受け取りが可能です。 ポイントの有効期限はポイント加算日の翌月末までです。 初回利用特典を受け取るには、発行日の翌日から60日以内にリクルートカードを使用する必要があります。 ここで注意していただきたいのがポイント加算対象外となる利用方法です。 リクルートカードはポイント還元ばかりに目が行きがちになりますが、それ以外でもメリットがある優秀なカードです。 足りないなんてことはありえない!家族カードが最大19枚発行可能! リクルートカードでは、国際ブランドによって家族カードの発行枚数が異なります。 国際ブランドVISAは最大19枚、JCBは最大8枚の家族カードを作成できます。 家族カードの発行には審査が必要なく、高校生を除く18歳以上であれば申込みが可能です。 家族カードを使用し、還元されるポイントは、本会員の方に加算されていきます。 仮にあなたの家族が家族カードを使用し、買い物などをした場合、本会員のあなたにポイントが加算されていくことになります。 そして買い物などした際の請求書は本会員であるあなたに届きます。 Appele Payが利用できるから会計もスマート! 国際ブランドをVISAやMastercardにしたリクルートカードは、 Apple Payに対応しているので、とてもスマートに支払いを済ませることができます。 Apple Payの使い方は簡単で iPhoneや Apple WatchなどのApple端末に、 Walletアプリケーションからリクルートカードを登録するだけで利用することができます。 登録したリクルートカードを実店舗で利用する時は、レジにあるApple Pay対応の端末にiPhoneやApple Watchをかざすだけで支払えます。 Apple Payに対応している代表的なお店を紹介します。 種類 Appele Payが使用可能なお店 飲食店 ・すかいらーく ・すき家 ・マクドナルド コンビニ ・セブン-イレブン ・LAWSON ・MINISTOP 薬局 ・マツモトキヨシ 家電量販店 ・ビックカメラ ・ヨドバシカメラ レンタル・販売店 ・TSUTAYA ガソリンスタンド ・ENEOS 衣類品販売店 ・UNIQLO Apple Payで支払いをした金額ももちろん、ポイント還元の対象となります。 Apple Payを利用することで、わざわざ財布からリクルートカードを取り出す手間が省け、スマートに会計できます。 ドコモユーザーはリクルートポイントが現金還元と同様 リクルートポイントは、Pontaポイントに交換後に、dポイントへ交換できます。 dポイントはドコモの携帯料金に「1ポイントで1円」として割り当てることができます。 ドコモユーザーにとっては、 毎月の携帯料金を、ポイントで支払えるのはお得です。 リクルートカードポイントの基本情報• ポイント小数点は切り捨て 1. 2ポイントの場合1ポイントとなる• 毎月の合計利用額に対してポイント還元 締め日は毎月15日・支払日は16日• ポイント有効期限は最終ポイント加算月から12カ月後の月末 リクルートカードで100円の買い物をした際、還元率が1. 2ポイントとなるように思うかもしれませんが、実際に還元されるのは、1ポイントです。 これがリクルートカードの ポイント小数点切り捨ての意味となります。 仮にリクルートカードで499円の支払いをした場合、「5. 次に合計利用額に対してのポイント還元についてです。 例えば「」で100円未満の買い物を1カ月に1,000回してもポイントを還元してもらうことができません。 これは、YJカード ワイジェイカード のポイント還元の付与条件が、一回ごとの利用額に対してポイント付与は100円未満の支払いはポイント対象外となっているからです。 しかし、 リクルートカードの場合、仮に99円の買い物を一カ月に1,000回した場合でも、合計99,000円の支払いが還元対象となり、1,188ポイントがしっかり還元されます。 あまり少額の支払いをしない場合は、関係ないかもしれませんが リクルートカードは、100円未満の支払いでも無駄にはならず、ポイント還元がされますので良心的なカードであると言えるでしょう。 リクルートカードポイントの貯め方!具体的な方法を解説! 【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス せっかく還元率の高いリクルートカードを使うなら、効率よくポイントを貯めたいですよね。 はリアルでのショッピングのみならず、ネットショップはもちろん、のチャージでもポイントを貯めることができます。 以下で具体的な貯め方を解説します。 「nanaco」、「楽天Edy」、「Suica」など、電子マネーでの貯め方は最大限活用するべき! 各ブランドのポイント還元の対象であるでチャージし、使用した金額はもちろん、での支払いでも合計1. で決済した場合、200円 税込 ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まるので還元率が0. 200円 税込 利用した場合は、3ポイント還元されます。 このようにリクルートカードで電子マネーをチャージすることで、効率よくポイントを貯められます。 また、「」などの 交通系電子マネーにチャージして使用することでもポイントをもらうことができます。 また、 イトーヨーカドーでの支払いもnanacoで済ませることで、 セブンカードプラスよりもお得にポイントを貯められます。 nanacoはチャージ回数に上限があり、1ヶ月15回、1日に3回までとなるので注意が必要です。 このように電子マネーを使うことで効率的にポイントを貯めることができます。 リクルートカードでは、電子マネーチャージでのポイント 還元対象となる金額は、月間3万円までです。 30,001円以上のチャージは、ポイント対象外となってしまいます。 しかし、リクルートカードを2枚持ちにすることで、チャージ上限を実質6万円まで引き上げることが可能となります。 リクルートカードは JCBで1枚、 VISAかMastercardで1枚、計2枚のリクルートカードの作成ができます。 2枚で合計6万円までのチャージが可能となります。 電子マネーを多用する方は最初に2枚のカードを作っておくことで無駄なくポイントを受け取ることができます。 ネットショッピングでの貯め方!還元率4. ポンパレモールとリクルートカードは相性がいい! ポンパレモールは数千点以上の商品が展開されている大型サイトです。 食品、飲料水、洋服などの日用品や生活用品はもちろん、家電や家具まで幅広い商品やサービスを扱っています。 そしてポンパレモールでリクルートカードを使用すると、 実質4. そしてリクルートカードの1. リクルートカードを使わずともお得にショッピングができるサイトではありますが、リクルートカードと合わせて利用することで、ポンパレモールを最大限に活用することができます。 また、じゃらんやホットペッパーは、ポイント利用だけではなく、実際にサービスを利用することで、ポイントが貯まりやすいことも特徴です。 リクルートポイントをPontaポイントに交換すると実質1. また、交換したをに交換することもでき、dポイントからPontaポイントに交換することも可能です。 Pontaポイントに交換するには「Ponta Web」からPontaポイントへ交換ができます。 リクルートポイントからPontaポイントに交換する際、1リクルートポイントをPontaポイントへ交換した場合1Pontaポイントとなります。 リクルートポイントからPontaポイントに交換するときは、1ポイントずつの交換ではなく全ポイントの一括交換のみとなります。 Pontaポイントからリクルートポイントへの交換はできません。 Pontaポイントは下記のお店などで使用が可能です。 LAWSONにある端末「Loppi」を使用し、お試し引換券へPontaポイントを交換するとお得にポイントを使用することができます。 お試し引換券ではお酒やジュース、お菓子やパンなどの商品と交換することができます。 1 00円の商品を40Pontaポイントで交換ができるため、商品によっては実質還元率が1. 8~3. 他社の年会費無料カードで還元率が高いといわれているREX CARD Liteや月に1万円以上使う場合お得だと言われているP-oneカードよりも結果的に高い還元率となります。 PontaポイントはLAWSONで商品と交換をするとよりお得にポイントが使用できるおすすめの利用方法となっています。 Pontaポイントを使用できる店舗数は、約20万店でTポイントは941,898店舗、楽天ポイントは52万店舗と、使用できる店舗に限りがあるように思えますが、活用の仕方次第で他社ポイントよりもお得に利用することができます。 リクルートポイントはJALマイル・ANAマイルでも運用できる リクルートポイントはやANAマイルへの交換も可能です。 リクルートポイントからJALマイルへ交換するには、以下の2ステップで完了ですので、非常にシンプルです。 カード名 還元率 リクルートカード 1. たった0. どうせならポイント還元の高いカードを使ったほうがいいのではないでしょうか。 還元率を重要視する方にはリクルートカードがおすすめです。 利用金額の還元率比較!還元率は短期間より長期間で考える! いくら使うとどれくらいのポイントが受け取れるのかを解説します。 短期間ですと使用金額も少なく、ポイント還元もたいしたことがないように感じますが、長期で考えるとかなりの差がでてきます。 一般的にの平均は0. そこで下記ではその平均還元率0. 利用した金額 リクルートカード 一般カード 1万円 120P 50P 10万円 1,200P 500P 30万円 3,600P 1,500P 50万円 6,000P 2,500P 100万円 12,000P 5,000P 200万円 24,000P 10,000P 250万円 30,000P 12,500P 300万円 36,000P 15,000P 400万円 48,000P 20,000P 500万円 60,000P 25,000P 700万円 84,000P 35,000P 1,000万円 120,000P 50,000P 還元率0. 短期間や少額で見てるだけですと、1. ポイント還元率が高いクレジットカードを知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

次の