ハイラックス。 トヨタ・ハイラックス

ハイラックス(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ハイラックス

まずinvincibleグレードで注目されるのが、フロントマスクです。 ヘキサゴングリルを囲むようにバンパーガード調のブラックアウトモールが装着されています。 そしてバンパー下部にはスキッドプレート調のメッキパネルが装着されており、ドレスアップした往年のハイラックスを彷彿させる顔つきになっています。 ただし、これはinvincibleグレードのみの特別な装備だと思われます。 一方のオーストラリア仕様は、北米モデル「タコマ」を彷彿とさせる大型のヘキサゴングリルがあしらわれています。 ヘッドライトの意匠もinvincibleとは異なっており、スポーティな顔つきのinvincibleに対して、目つきの鋭い感じに仕上がっているほか、invincibleではウインカー部分にはスモークレンズがはめられているように見えますが、オーストラリア仕様ではオールクリアなレンズという違いがあります。 外観でさらに特徴的なのは、サイドマーカーを内蔵したオーバーフェンダーです。 ただし、これもまたinvincibleの専用装備だと思われるので、スタンダードグレードは従来通りのフェンダーでしょう。 日本でもinvincible に相当する特別仕様車が出ることは間違いありませんが、サイドマーカーは廃されるのではないでしょうか。 リアコンビネーションランプは、invincibleとオーストラリア仕様とも共通です。 大幅な変更が加えられているようにも見えますが、現行ハイラックスのレンズと比べると、形状や配色の変更があるため、リアビューがグッとしまりスポーティになった印象があります。 ちなみに、日本の現行ハイラックスは、ルーバータイプグリルのベーシックラインに、ヘキサゴングリルの特別仕様車「Z ブラックラリーエディション」がラインナップされています。 これを考えると、日本の新型ハイラックスでもオーストラリア仕様のようにベーシックグレードに加えて、invincibleのような特別仕様車が設定されるのではないでしょうか。 また、気になったのはルームミラー付近に安全装備用のカメラが付いていることです。 これはハイラックスにも、「トヨタセーフティセンス」が採用されたことを示しています。 日本仕様にも間違いなく装備されるはずですが、そのため価格がアップする可能性はあります。 内装のデザインは大きく変わっていないように見えますが、メーター自体の意匠は変更されています。 ただし、これは日本仕様では採用されないかもしれません。 欧州仕様においては、現行ハイラックスも日本モデルとは意匠が違うからです。 また、センターパネルにあるタブレット型のマルチインフォメーションディスプレイも、日本のアフターマーケットやオプションとの関係性を考えれば導入は難しいでしょう。 おそらく、そのままDINサイズのスペースが空いてくるのではないでしょうか。

次の

ハイラックス/トヨタ|クルマレビュー

ハイラックス

トヨタ自動車の欧州部門は、改良新型『ハイラックス』(Toyota Hilux)を発表した。 7月に東ヨーロッパ、10月に西ヨーロッパで、販売が開始される予定だ。 改良新型では、新しいデザインの採用、パワフルな2. 8リットルエンジンの追加、オンロードとオフロードのパフォーマンスの向上、快適性の向上、装備のアップグレードなどが行われている。 さらに力強さを増したフロントマスク 改良新型の表情は、大胆でパワフルな3次元グリルと新デザインのフロントバンパーによって、イメージチェンジを図った。 新設計のフロントとリアのLEDライトクラスター、新しいマシンフィニッシュ、ブラックの18インチアルミイホイールなども採用された。 ボディカラーには3種類の新色として、エモーショナルレッド、ダークブルー、オキサイドが追加されている。 アップグレードされたインテリアには、新設計のコンビメーターと、機械式ボタンとダイヤルを採用した新しい8インチのセンターコンソールマウントインフォテインメントスクリーンがある。 Appleの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」も導入され、スマートフォンとの連携が強化された。 改良新型には、スマートエントリー&プッシュボタンスタート、衛星ナビゲーション、オートエアコン、フロントとリアのパーキングセンサー、800Wの 8チャンネルアンプと「CLARi-Fi」テクノロジーを組み込んだJBL の9スピーカープレミアムサウンドシステムが装備されている。 幅広いアクセサリーにより、顧客のカスタマイズニーズに応える。 改良新型には、樹脂製スポーツバー、電動アルミ製ロールカバー、テールゲートロック、ハードトップ、12Vのデッキ取り付け式電源などが用意されている。 最大出力204hpの2. 8リットルディーゼルを追加 改良新型のパワートレインには新たに、より強力な2. 8リットルディーゼルエンジンが追加された。 最大出力は204hp、最大トルクは51kgmを引き出す。 4リットルディーゼル搭載車よりも2. 8秒速い。 燃費は12. 新しい2. 8リットルのパワートレインは、エクストラキャブとダブルキャブの2種類のボディに設定される。 トランスミッションは、6速MTまたは6速ATから選択できる。 改良新型のエンジニア面の目標は、伝統のオフロード性能を維持しながら、オンロードの快適性を向上させることだ。 改良新型では、サスペンションとパワーステアリングシステムの改良により、快適性とドライバビリティを引き上げた。 サスペンションは、フロントとリアのショックアブソーバーのチューニングの見直しやスプリングのデザインを変更。 新設計のブッシュにより、滑らかな乗り心地と、段差を通過する際の衝撃の低減を目指した。 新しい電子システムによって、機械式LSD(2WDモデル)の効果をさらに引き出すようにした。 アイドリング時のエンジン回転数は、850 rpmから680 rpmに引き下げられた。 VSCシステムもアップデート。 新たにタイヤ角度モニターが採用されている。 冒険心にあふれる「無敵」グレード 改良新型には最上位グレードとして、「Invincible(無敵)」グレードが用意される。 エクストラキャブとダブルキャブで選択可能なこのグレードは、より冒険的で洗練されたスタイリングを追求している。 エクステリアでは、専用のフロントグリルとバンパー、スキッドプレート、オーバーフェンダー、ドアハンドル、ホイール、テールゲートのデザインが特長だ。 インテリアには、専用のコンビメーター、ブラックメタリック&ブラッククロームのトリムアクセント、スマートエントリーキーを備える。 ダブルキャブでは、クリアブルーのドアトリムイルミネーションとデュアルトーンの穴あきレザーシートが追加されている。 《森脇稔》.

次の

トヨタ ハイラックス 改良新型、欧州発表…7月から販売開始

ハイラックス

概要 [ ] 1968年にやの後継として登場。 6代目はのメーカーが日本向けに生産販売したピックアップトラックで、のベース車にもなった。 7代目からは日本での販売を一旦止め、世界戦略車「」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ、、、を生産拠点として、世界の新興国市場に向けて販売されている。 過去にはに『』としてしていたこともある。 には旧型ハイラックスの愛用者の熱望により、13年ぶりに日本国内市場に復活した。 日本では馴染みは少ないが、世界では高い信頼性が人気を集め、現在の次に最も売れているトヨタ車である。 脱硫装置の普及していない発展途上国では、硫黄の多く含まれる劣悪な燃料にも耐えられるよう、また砂漠の真ん中でエンジンが壊れても修理できるように、最新のコモンレール式ではなく旧型のメカポンプ式のエンジンもラインナップしている。 では1985年の映画『』の主人公マーフィーの憧れの車として、漆黒のハイラックス4x4 SR5 Xtra Cab(4代目)が登場するなどマニアに人気があったが、1995年モデルを最後に販売を終えており、代わりに外装・内装・機能を北米市場の嗜好に合わせて開発したをラインナップしている。 初代 10系(1968年-1972年) [ ] 3代目ハイラックス2000 4WD 写真は向けのSR5 RN36• (昭和53年)9月 発売開始。 110系がこのキャビンを流用した。 エンジンは従来どおり1. 6Lの型。 はの丸形4灯式から規格型の丸形2灯式に変更された。 フロントサスペンションはダブルウィッシュボーン式のまま、スプリングがコイルからトーションバーに変更され、「DX」以上のグレードにフロントを標準装備とした。 (昭和54年)12月 初の車設定。 ディーゼルエンジンはそもそも用に開発された・2. 2 Lの「」だったが、生産コストが低いこと(だけ)が取り柄のこのエンジンは、は分配式、カムシャフトと噴射ポンプを駆動とするなど、トラック用としてはいささか華奢で、連続高負荷運転ではメカニズム全体の剛性不足ゆえに、やの変形が大きくなることも発覚し、後に市場での評判を下げる結果となる。 また、ハイラックス初のモデルが標準ボディに追加された。 エンジンは負荷の増大を考慮し、SOHC・2. 0 L ガソリンの「18R-J型」が搭載された。 (昭和56年)10月 マイナーチェンジで規格型角形2灯式ヘッドランプに変更。 ダブルキャブと4WDディーゼルを追加。 (昭和58年)11月 廉価版のみへ車種整理され「ポピュラーシリーズ」として(昭和63年)9月まで継続。 (昭和58年)11月登場。 ガソリンエンジンがからに、ディーゼルエンジンは2. 4 Lの2L型に変更された。 ディーゼル車に2人乗りの4速AT車が追加され、フロアAT車設定は2代目のハイウェイ以来となった。 (昭和59年)5月 トヨタ初のとなる、/60系が登場する。 ただし、道路事情の悪い海外のや、国内でも、業務用やを楽しむユーザーには、丈夫で、ホイールストロークの大きい(タイヤが路面から浮きにくい)リジッドが歓迎されていたため、これ以降も残されることとなった。 のでは、ハイラックスヒーローの車名で販売され、フロント部分には HILUX HERO のロゴが大きく書かれていることが特徴。 国内外向けを問わず、組み立ては日野自動車羽村工場が担当。 0L :2. 8L ディーゼル 22R-E型:2. 4L 3VZ-E型:3. (昭和63年)9月発表。 130系サーフは(平成元年)5月発表。 エンジンは2. 0 Lガソリンの、2. 8 Lディーゼルの3L型が設定のほか、北米向けなどは、直列4気筒2. 4 L 22R-E型、3. 0 Lの3VZ-E型が設定された。 2WDと4WDでコーナーランプ(車幅灯とのコンビネーションランプ)の形状が異なり、2WDでは台形、4WDでは逆台形となる。 1989年から1996年まで、トヨタ社とフォルクスワーゲン社との提携の一環として、ハイラックスが工場で生産された。 半数はトヨタ・ハイラックスとしてから販売され、残り半数はフォルクスワーゲンから、という車名で販売された。 タロには現地製のほかに、・工場製のOEMも存在した。 詳細は「」を参照• (平成3年)8月マイナーチェンジ。 フロントデザインが一部変更され、新エンブレムを採用。 4WDにもフロントダブルウィッシュボーンサスペンションが採用され、乗り心地と操縦安定性が向上した。 (平成5年)、北米向けにハイラックスのコンポーネンツを使った、より大型のが登場。 日野・羽村工場での生産は、ハイラックスとの混流となった。 を刺激しないよう、とすることを避けたT100は、その後、に道を譲り消滅する。 (平成6年)マイナーチェンジ。 フロントグリルのデザインが変更され、4WDダブルキャブSSR-Xにはオーバーフェンダー付きのワイドボディが追加される。 (平成7年)北米向けハイラックスがとして独立した車種となる。 (平成8年)ダブルキャブ仕様をベースにをモチーフとしたが限定発売された。 0L SOHC :2. 4L SOHCディーゼルターボ 3RZ-FE型:2. 7L DOHC 5VZ-FE型:3. 4L DOHC :3. 9月3日登場。 パーソナルユース仕様には「スポーツピックアップ」と名づけられた。 この世代から(N180系)はベースに改められた。 エンジンはSOHC2000ガソリン()、SOHC2400ディーゼルターボ()、DOHC2700ガソリン(3RZ-FE)、DOHC3400ガソリン(5VZ-FE)(海外仕様車)SOHC3000ディーゼル()が設定された。 グレードは2WDダブルキャブ、2WDエクストラキャブ、4WDダブルキャブ(ワイドボディの設定あり)、4WDエクストラキャブが設定された。 当時の若者文化でのピックアップ改造ブームを反映して、ピックアップには珍しくテレビCMも放映され、TRDによるカスタマイズバージョンも用意された。 8月3日マイナーチェンジ。 スポーツピックアップはをから異型とし、とエンジンフードをボリュームを増した造形に変更される。 7月に日本国内での販売を一旦終了した。 仕様車には「タイガー」のサブネームが付加されて販売されていた。 同車をベースにかつて発売された「」のトラック版といえるTCピックアップが発売されており、こちらは台数限定はされておらずの特装車扱いだった。 JRA では6代目ハイラックスの仕様がスターター車として採用されている。 東京競馬場ではとの併用• 2012年型ハイラックス 2. 5 TD クルーキャブ のをベースとした単一を共有する世界戦略車「IMVシリーズ」としてピックアップトラック、SUV、ミニバンが設定され、このピックアップトラック車種がハイラックス7代目を継承した。 「IMVシリーズ」はパワーと低価格が重視される地域向けに、トラックを乗用としても使用する購買層に対し、従来のトラックに比べ乗用車風の高級感を持たせるつくりとし、さらにトヨタの安定した品質を提供することで販売増を狙うという、新興国向け世界戦略車として生み出されている。 世界中の多くの国で販売されるが、日本やが販売されるには導入されない。 7代目のタイ仕様車には「ヴィーゴ」 Vigo のサブネームが与えられた。 また、南太平洋地域では「ハイラックスIMV」の車名で販売されている。 生産はまずで開始された。 羽村工場のラインが一部移管され2004年8月から行われた。 羽村工場でも2005年6月末まで生産されていたが、IMVは日本国外以外の世界的規模でトヨタ生産方式を実現することが求められるプロジェクトであり、最終的にタイに完全に移管された。 一国生産のリスクを避けるためにタイ以外でも順次生産が開始され、(2005年2月)、(2005年4月)の3ヶ国がIMVシリーズピックアップ車の主要な輸出拠点となっている。 この3拠点から世界の新興諸国に向け輸出されるほか、や、などでは自国向けにされている。 エンジンは直列4気筒DOHC 2. 7 Lガソリンの2TR-FE、V型6気筒のDOHC 4. 0 Lガソリンの1GR-FE、直列4気筒DOHCディーゼルは3. 0 Lの1KD-FTV、2. 5 Lの2KD-FTVが設定されている。 日本の代表的なキャンピングカービルダーである社はHILUX VIGOをベース車としたテラ Terra を2006年から販売している。 トヨタタイ工場から仕入れたHILUX VIGOをバンテック社タイ工場で架装。 ベース車としてのHILUX VIGOは並行輸入扱いとなっている。 7月1日、大幅なフェイスリフトを受けた新型ハイラックスがメルボルンモーターショーに出展され 、13日にタイで新型とともに正式に発表・発売開始された。 欧州向けは10月にイギリスで発売が開始される。 8L 直4 直噴DOHCディーゼルターボ 型 直4 2. 7L DOHC 型 V6 4. 0L DOHC トヨタ・ハイラックス・レボ・スマート・キャブ Z-Edition GUN122R 、およびで発表し、同日タイ国内で発売を開始した。 オーストラリアでは10月から発売開始となる。 8代目のタイ仕様車には「レボ」 Revo のサブネームが付加されている。 なお、タイでは先代のヴィーゴも並行して継続販売される。 「道が人を鍛える。 人がクルマをつくる」という考えのもと、開発チームが世界中の様々な道を走り、使用環境を実際に体験して開発された。 フレームサイドレールの断面を拡大した新開発のフレームが採用され、安全性と耐久性を大幅に向上させた。 後軸のサスペンョンはリーフスプリングであるが、前軸にはダブルウィッシュボーンを採用。 サスペンションの仕様は、スタンダード(標準)仕様、高積載に対応するヘビーデューティー仕様、積載性を保ちつつ乗用車並みの乗り心地を実現したコンフォート仕様の3種類が設定される。 エンジンはディーゼルが新開発のファミリー(2. 4L、2. 8L)となる。 ガソリンは従来の型 直4 2. 7Lと型 4. 0L ガソリン(オセアニア向け)が引き続き採用される。 また、は新開発の6速ATが採用されている。 キャビンは5人乗りのダブルキャブ、2人乗りのシングルキャブ、シングルを若干延長して荷物置き場を設けたエクストラキャブの3つが組み合わされる。 また、8代目ではLEDヘッドランプや本革シート、防犯対策として要望の大きいオートドアロックなど最新の装備が数多く盛り込まれ、エクステリアにおいても大幅な質的向上を果たしている。 トヨタ・ハイラックス・レボ・ダブル・キャブ Z-Edition ラインナップ(タイ仕様) [ ]• スタンダードキャブ(最廉価グレード。 フロントバンパー無塗装)• プリランナー 日本仕様 [ ] 2017年9月12日に8代目の日本仕様が発売された。 日本市場への導入は13年ぶりとなるとともに、から日本に輸入される初のトヨタ車となった。 なお、製造事業者及び、車検証の車名がである為、正式車名は「トヨタ・ハイラックス」ではなく、『TMTハイラックス』である。 日本市場未導入となった先代7代目は、グローバル市場を見据えてボディサイズを大型化していたため、続く現行8代目も全長が5,335mm、全幅1,855mmとなり、全車が1ナンバー登録となる。 なお、日本市場向けのボディタイプは、4ドアの「ダブルキャブ」のみの設定。 エンジンは、国内初導入となる直列4気筒2. 4Lディーゼルターボ型を搭載。 DPR(排出ガス浄化装置)やなどの採用により、排出ガスをクリーン化。 トランミッションは、スーパーインテリジェント6速オートマチック(6 Super ECT)にシーケンシャルシフトマチックを採用している。 サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン式コイルスプリング、リヤは車軸式半楕円リーフスプリングを採用。 ダイヤル操作で駆動方式を選択できる「パートタイム4WDシステム」を装備。 また、ヒルスタートアシストコントロール(HAC)やアクティブトラクションコントロール(Zのみ)、ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御(Zのみ)を設定することで、様々な路面状況に応じて駆動力を制御。 オンロードからオフロードまで高い走行性能を実現している。 日本復活の経緯としては、2004年の6代目の国内販売終了後、主にので仕事にハイラックスを用いる顧客からの代替車の要望が相次いでいたことがある。 しかし同じく普通車サイズとなったタイ製の販売台数が6年間で1,800台という大失敗に終わっていたこともあり、トヨタは輸入に極めて慎重な姿勢を取りながら日本の法律への適合手続きを進め、10年近くをかけながら実現に漕ぎ着けた。 本来採算の取れない可能性もあるところ、やむなく掲げた2,000台の年間目標に対し、販売初月で2,300台の受注が得られた。 なおベースグレードでもダブルキャブ+クリーンディーゼル+4WDで高額となるため、実際には仕事用の乗り換え需要は極めて少なく、初期の受注では富裕な20〜30代の男性ユーザーがレジャー用に購入することがほとんどで、特に20代は6割を占めたという。 日本仕様 年表 [ ] 2017年9月12日 日本仕様を発売。 グレード構成は、「X」、「Z」の2タイプを設定する。 「X」は、ビジネスユースを見据えたシンプルな仕様となり、17インチタイヤ&スチールホイール(センターオーナメント付)を採用。 フロントグリル、ドアミラー、アウトサイドドアハンドル、ドアベルトモールディングはブラック塗装、リヤバンパーはグレー塗装、センターピラーはボディ同色となる。 上級グレードの「Z」は、17インチアルミホイールを履き、フロントグリル、ドアミラー、アウトサイドドアハンドル、リヤバンパーはメッキ加飾が施され、ドアベルトモールディングはステンレス、センターピラーはブラックアウトとなる(アティチュードブラックマイカを選択時、ボディ同色)。 ボディカラーは、「スーパーホワイトII」、「シルバーメタリック」、「アティチュードブラックマイカ」に加え、新色の「クリムゾンスパークレッドメタリック」、「ネビュラブルーメタリック」の5色を設定する。 2018年11月12日 誕生50周年記念特別仕様車「Z"Black Rally Edition"」を発表(12月17日発売)。 「Z」をベースに、外観はフロントグリルやバンパーをブラック塗装の専用意匠とし、タイヤ・アルミホイールは18インチにサイズアップの上、タイヤには文字に白色を記した「ホワイトレター」が、アルミホイールはブラック塗装の専用意匠がそれぞれ採用された。 内装はステアリングホイールの一部やなどにブラックメタリック加飾が施され、専用オプティトロンメーターも装備された。 2019年6月4日 一部改良が発表された(6月24日発売)。 「Z」に装備されている安全装備が強化され、プリクラッシュセーフティは夜間の歩行者と昼間の運転者にも対応。 レーンディパーチャーアラートは警報に加えて逸脱抑制を行うヨーアシスト機能を追加。 さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行を行うレーダー(ブレーキ制御付)、をディスプレイ上に表示して見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方車両の発進を知らせる先行車発進告知機能が装備された。 悪路走破性を高めるためリアデフロックは設定が拡大され、全車標準装備となった。 なお、特別仕様車「Z"Black Rally Edition"」はベースグレードの改良を受け継続販売される。 2020年5月1日 を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、、を除く、・ネッツトヨタ東都を除くでの販売を開始。 自動車番組『トップ・ギア』における扱いと本車の耐久性 [ ] 水陸両用に改造された「Toybota」。 の自動車番組で、ハイラックスの耐久実験が行われたことがある。 この企画は放送時点の13年前に生産された4代目ハイラックスのイギリス向け仕様車両を中古で購入し、初めに階段を下らせ木に衝突させた後、海中に車体を5時間沈め、解体用の鉄球で衝撃を与え、小屋に体当たりさせ、高層建築物の屋上にハイラックスを置き爆破解体工事を行うなど、かなり手荒な方法で破壊が試みられたが、車は基本的な工具のみで修理をしただけで、自走してスタジオに到着した。 そのハイラックスは2017年からイングランドハンプシャー州ビューリー国立自動車博物館のWorld of Top Gearエリアで展示されている。 このハイラックスは、司会のの提案で、以後収録スタジオに展示されることとなった。 またSeries08 Episode3の別な企画では水陸両用車「 Toybota」のベースに使用。 また、7代目ハイラックスをベースにした改造車でに到達した。 さらに、このチャレンジで使用された撮影クルー用の車両が、が氷河の火山に接近するチャレンジにも使用された。 構造は基本仕様だが、飛んでくる高熱の噴石から車体を守るためルーフ上に板を載せ、タイヤが熱で溶けないように冷却水をタイヤに落とす装置を追加している。 これは、を起こす前のロケで、番組中でもことがSeries15 Episode1で触れられた。 また、この時の写真はトヨタ自動車の資料にも使われている。 以上のように耐久力や汎用性について評価は高いが、ジェレミーは自身の自動車コラム記事「 Jeremy's Review」において、近年のハイラックスやランドクルーザーが開発および製造費用の削減や過剰な電子装備によって、耐久力に疑問符が付いていることを指摘している。 他にも、撮影のため車体改造を担当した現地業者の話として、かつてはほぼ無改造で極地の走行ができたが、現行モデルでは多数の補強が必要になっているという。 戦争とハイラックス [ ] タリバンの襲撃が続くの政府軍のハイラックス。 (2009年) の過酷なテストが示すように、ハイラックスは高い耐久力を誇るであり、と共に、機関やNGOが過酷な環境下での支援活動に使用している。 しかし耐久性を有しながら民生品として販売されているため、中東・アフリカで武装勢力のにされることが一般的になっている。 また政府軍に対して欧米が提供した車両が鹵獲・流出するパターンも多い。 この状態は初代ハイラックスが登場した頃から続いているため、部品の流通ルートが確立している上、整備ノウハウも蓄積されており、中東の紛争が続く限りトヨタ車が武装勢力に愛用されるという事態も当面続くと見られる。 このためなどでは国連機関であってもとして改造したハイラックスやランドクルーザーの国外搬出に制限をかけている。 「トヨタ戦争」(チャド内戦) では、同国の政府軍がフランスから供与されたなどを製のピックアップトラックに搭載し、反政府軍を支援していたの部隊を迎え撃つことに成功した。 この戦争の報道写真で、ピックアップトラックの荷台後部に大きく書かれた『TOYOTA』のロゴが目立ったことから、ではこの戦いに『』という呼び名がつけられた。 「」のハイラックスとランクル 2015年(平成27年)にが公開した宣伝ビデオに登場する自動車が、比較的年式の新しいトヨタ自動車の「ハイラックス」と「」であったことから、テロ対策局はに対し、自動車の入手経路等の説明を求めた。 しかし実際にはからへ救援物資として贈られたハイラックス・ランドクルーザーが自由シリア軍の活動中にのISILの武装組織に襲撃・略奪されてISILの手に渡っていたことが後に判明している。 またトルコ・ヨルダン・イラクなど周辺国からの調達ルートも存在しているとされる。 同様のことは以前からあり、でもカナダ政府が中東支援のために提供したハイラックスが強奪されて・ゲリラに渡っていたことがある。 モータースポーツ [ ] トヨタ・ハイラックス ハイラックス EVO 5. チーム名は SA(TGRSA) であったが、2020年からSAが取れてワークス体制であることが明確にされた。 ダカールではオーバードライブ・レーシングもGAZOO Racingとは別に、独自にハイラックスを参戦させている他、同マシンのプライベーターチームへの販売も請け負っている。 なお2017年にはモデルも開発したが、投入直前でお蔵入りとなっている。 TGRSAはで幾度もの表彰台を獲得した後、参戦8年目でハイラックス生誕50周年の2019年にが、二駆・四駆合わせて8台体制を敷いてきたのワークス勢を破り、トヨタ史上初の総合優勝を達成した。 またダカールに並行してFIAにも参戦、こちらもアル=アティヤが2016年と2017年に連覇している。 2020年のダカールではF1王者のもTGRの一員として参戦し、ステージ2位を獲得するなど話題を呼んだ。 では日本とタイのが協力して、製ハイラックスをベースに「ハイラックスREVO」を開発しワークス参戦している他、プライベーターにも供給されている。 この他タイのTOYOTA GAZOO Racingは、ハイラックスREVOによるワンメイクのサーキットレースも開催している。 フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 2018年4月9日• 日本国内と、東南アジアやアフリカなどのでは、のが「トヨタ・トラック」の車名を使っている。 廉価版は1988年まで。 CarAdvice 2011年6月27日. 2011年7月18日閲覧。 2011年7月14日. 2011年7月18日閲覧。 CarAdvice 2011年7月15日. 2011年7月18日閲覧。 日本仕様車の車両型式• 2015年5月21日. 2015年6月20日閲覧。 トヨタ自動車オーストラリア 2015年5月22日. 2015年6月20日閲覧。 トヨタ自動車、2017年9月ハイラックス主要諸元表• - on line(2017年11月20日 06時30分 公開)2018年3月1日閲覧• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2017年9月12日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2018年11月12日 ,• プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2019年6月4日 ,• National Motor Museum, Beaulieu 2017-08-07 , , 2019年2月23日閲覧。 「IMVの使われ方」の写真を参照。 谷川 潔 2012年4月6日. Car Watch. 2017年5月14日閲覧。 2016年3月25日閲覧。 - NHKドキュメンタリー -• Victor Reklaitis 2015年10月9日. 2016年3月25日閲覧。 ラビ・ソマイヤ 2010年10月19日. 2016年3月25日閲覧。 派生車 [ ]• ハイラックス• 設計、生産はとトヨタの共同。 3代目(180系)以降は(90系以降)とシャーシの多くを共用。 に生産終了し、日本国内ではハイラックスの名が一時的に消えた。 日野製。 日野製。 日野製。 インドネシア、製。 プラットフォーム• ハイラックスヴィーゴ(ハイラックスIMV)• ミニバン。 インドネシアではキジャン/タマラオの後継車キジャンイノーバとして販売されている。 その他ではトヨタ・イノーバ。 インドネシアで生産開始され、トヨタアストラモーター/などでも生産されている。 (南米ではハイラックスSW4)。 トヨタ・タイランド、アルゼンチン・トヨタ、トヨタ南アフリカなどで生産されている。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の