ディビジョン 2 タレント。 【ディビジョン2】攻略 装備・防具「ボディーアーマー タレント」パーフェクト/効果一覧・まとめ

【ディビジョン2】防具/ボディアーマー・タレント一覧

ディビジョン 2 タレント

— エクスプローシブ・ デリバリー スキルを投げると、着地から1. 5秒後に爆発し、半径5m以内の敵にダメージを与える。 スキルごとに発生する。 効果はスキルクラスによって増加する。 これは15回まで累積する。 このバフは有効時に武器を切り替えると、効果が5秒間失われる。 — キネティック モーメンタム 戦闘中にアクティブまたは非クールダウン中の場合、各スキルは累積する。 各スキルの最大累積数は15。 その敵に武器ダメージを与えると、マークが消えて有効化クールダウンが4秒短縮される。 4秒 タンパープルーフ 自分のハイヴ、タレット、リモートPulseの3m以内にいる敵をショック状態にする。 武装時間:5秒。 10秒 トラウマ 頭部に攻撃を受けた敵に視覚奪取を与える。 胸部に攻撃を受けた敵に出血を与える。 敵を倒すのに使われたグレネードは戻ってくる。 グレネードボタン長押しで投擲から起爆までの時間を短縮できるようになる。 — リアサインド 敵を倒すとサイドアームにランダムな特殊弾薬が1個追加される。 すでにスキルクラス6の場合は、オーバーチャージの効果を得る。 2秒ずつ短縮する。 — クリーピングデス ステータス効果を使用すると、ターゲットから5m以内の全ての敵も適用される。 5秒間増加する。 マークスマンライフルを使用した場合は5秒間となる。 — バーサトル メインとサブウェポンが異なり、それを切り替えると武器ダメージが10秒間増幅する。 敵の10m以内でのカバー間移動なら効果は2倍になる。 10秒.

次の

【ディビジョン2】ショットガン一覧|至近距離の絶大な一撃

ディビジョン 2 タレント

ボディーアーマー・タレント(24個) ロゴ タレント 効果 タッグチーム スキルでダメージを与えた最後の敵がマークされる。 その敵に武器ダメージを与えると、マークが消えて有効なクールダウンが6秒短縮される クールダウン:4秒 キネティックモーメンタム 戦闘にアクティブまたは非クールダウン中の場合、各スキルは累積する。 累積により、スキルダメージの合計が1%、スキル修復の合計が2%増加する。 各スキルの最大累積数は15 クールダウンで消失する スキルド スキルでキルすると、25%の確率でスキルのクールダウンをリセットする スポッター 武器とスキルダメージの合計がPulse状態の敵に対し15%増加する エクスポローシブ・デリバリー スキルを投げると、着地から1. 5秒後に爆発し、半径5m以内にいる全ての敵にダメージを与える。 与えるダメージは、コンカッショングレネードによるダメージの25~100%のスキルクラスに相当する。 スキルごとに1回まで発生する エンパシックリゾルブ 味方を修復すると、彼らの武器とスキルダメージの合計が3~15%増加する(20秒間)。 自身なら1~7%。 効果はスキルクラスによって増加する オーバーウォッチ 10秒間カバーに入っていた後、カバーに残るかカバー間移動をしている限り、自分と味方の武器とスキルダメージの合計が12%増加する (パーフェクト:8秒間) インティミデイト ボーナスアーマーを持っていると合計武器ダメージが35%、10m以内にいる敵に対して増加する (パーフェクト:40%) アンブレイカブル アーマーが消耗するとアーマーの95%を修復する クールダウン:60秒 (パーフェクト:100%、55秒、PvPでは55%、55秒に) バンガード シールドを使用すると5秒間無敵状態になり、他の味方全員にアーマーの45%をボーナスアーマーとして20秒間与える クールダウン:25秒 (パーフェクト:50%、PvPでは25%に) リロード・プロテクション リロード中に20%のボーナスアーマーを得る。 リロード中の味方全員がプレイヤーの コア特性に応じて、アーマーの0~18%をボーナスアーマーとして得る グラスキャノン 与えるダメージが全て25%増加する。 受けるダメージは全て50%増加する (パーフェクト:30%、60%) ガンスリンガー 武器を切り替えると合計武器ダメージが20%増加する(5秒間)。 このバフは有効時に武器を切り替えると効果が5秒間失われる フォーカス 倍率8x以上のスコープを使って狙っている間は毎秒、合計武器ダメージが5%、最大50%まで増加する 必要条件:倍率8x以上のスコープが必要。 これは15回まで累積する トラウマ 頭部に攻撃を受けた敵に視覚奪取を与える。 クールダウン:30秒 胸部に攻撃を受けた敵に出血を与える。 敵を倒すのに使われたグレネードは戻ってくる。 グレネードボタン長押しで投擲から起爆までの時間を短縮できるようになる。 グレネードの照準を合わせている間、ボーナスアーマーが15%増加する タンパープルーフ 自分のハイヴ、タレット、またはリモートPulseの3m以内にいる敵をショック状態にする 武装時間:5秒 スキルごとのクールダウン:10秒 エフィシャント アーマーキットを使っても、50%の確率でアーマーキットを消費しない。 スペシャリゼーションアーマーキットのボーナスが100%増加 エントレンチ アーマーが30%未満の場合、カバーからのヘッドショットでアーマーの20%が回復する クールダウン:3秒 TU10で追加された新タレント ヘッドハンター ヘッドショットで敵を倒すと、30秒以内の次の武器攻撃によるダメージに、敵を倒した際のダメージの125%が加算される。 ダメージは武器ダメージの800%を上限とする。 ヘッドショットダメージが150%より大きい場合、上限は1250%まで上昇する.

次の

【ディビジョン2】初心者は死ななければ十分!防御重視の「忍耐力」タレントを利用してみよう

ディビジョン 2 タレント

ディビジョン2での再調整のやり方や再調整ステーションの解放条件などの情報をまとめました。 ギアスコアが上限に達した場合に、再調整は重要な要素で銃うや防具といった装備品の特性をアップ・変更させたり、タレントを付け替えて自分の思い通りの装備に強化することが可能です。 是非とも再調整のやり方をマスターし、最強の装備品を作成してみましょう。 再調整ステーションの解放条件 再調整ステーションはメインミッションを進めていくことにより解放されます。 キャンパスコミュニティのエマ・リチャールズをホワイトハウスに召集することで解放されます。 再調整とは 再調整とは、銃や防具に備わっているステータスや特性タレントを変更することが可能で、装備品の強化や自分好みの装備品にカスタマイズできる機能のことです。 再調整の仕組み・ルール 再調整には仕組み・ルールがあり、しっかりと覚えておかないとうまく装備品が強化できない・・・また、あとで『後悔した~』なんてことにもなりかねないので、再調整のやり方を覚える前に仕組み・ルールをしっかりと覚えておきましょう。 再調整は同系統の銃・防具のみ 再調整を行える条件として、同系統の銃・防具でのみという条件があります。 すなわち、アサルトライフルのタレントの変更を行うためには素材としてアサルトライフルが必要になり、防具のマスクの特性を変更するのであれば同じマスクが素材として必要になります。 タレント・特性の変更は同系統のみ タレントや特性についての変更も同系統のみ変更可能となります。 特性については銃器・防御・電子の3種類ありますが、銃器から銃器といった同系統の変更は可能ですが、防御から電子といったような変更はできません。 ちなみにタレントの種類にはアクティブ、パッシブ、スペシャルの3種類があります。 これはアイコンで判断可能です。 タレントの下にマークがついています。 左が武器タレント、右が防具タレントになります。 分かりづらいのでもう一つの画像を見てみましょう。 タレントにはタイプがあり、同じ種類のタレントどうしでしか変更することができません。 アクティブタレントをスペシャルに変更するといったことはできません。 必ず同じ種類のタレントどうしの変更しかできないことを覚えておきましょう。 お金と素材が必要 再調整にはまずお金と素材が必要になります。 特にお金は結構な額を使用しなくてはならないので、注意が必要です。 ギアスコア450で再調整を行うと3000~5000のお金が必要になります。 結構お金を使いますので、不要な武器は積極的に売却等をして再調整のためにお金を増やしておきましょう。 再調整の元装備品は無くなる 再調整には2つの装備品が必要になります。 元となる銃・防具は再調整後無くなりますので、特性・タレントを転送する際には注意をしましょう。 再調整できるのは1か所のみ 一つの装備品に特性・タレントと複数個所ありますが、再調整可能なのは1か所のみになります。 すなわち特性とタレントを同時に変更することができず、全部で1か所になるのでここも注意が必要です。 模造品(レプリカ)は再調整できない クラフトで生成した銃・防具については、再調整できませんしまた再調整の素材とはなりません。 不要になった場合には、保管庫などに残す必要はなく売却などして処分しましょう。 再調整のやり方 では字際に再調整のやり方を説明します。 具体的には以下の3ステップになります。 特性やタレントを変更したい銃または防具を選択(付与される装備品)• 特性やタレントを吸い上げたい銃または防具を選択(破棄される装備品)• 始めに変更したい武器・防具を選択します。 変更したい箇所(特性・タレント)を選択します。 素材となる防具を選択し、変更したい部分を選択します。 (例では電子のクールダウン率をアップさせる) 特性の場合は同系統であれば、特性の付け替えは可能です。 転送には数秒かかりますので、間違った場合にはボタンを放せば転送を取りやめることが可能です。 再調整が完了すると画像のように『改良済み』となり、そのほかの箇所は再調整できなくなります。 改良済みになった部分については再調整が可能です。 再調整はどんな時におこなえばよい? 武器や防具を見てみると上のように発動しないタレントってありますよね?そんな時には再調整で発動できるタレントやもっと強いタレントを付けると良いでしょう。 またタレントは発動しているけど、スキルパワーが足りなくてスキルMODが発動しない・・・そんな時は特性を変更して死んでいるMODなどを活かすようにするだけで強化できますので、スキル強化=プレイヤー強化といったことにつながりますので、再調整をうまく活用すると良いでしょう。 また序盤ではすぐに銃・防具が変更になりますので、できることならギアスコアをカンストした際に行うと変更の必要があまりなくなります。 最低限エンドゲームに突入して、ギアスコア上限で行うと効果的だと思います。

次の