インフルエンザ カコナール。 インフルエンザでNGな解熱剤|カロナール、ロキソニンは?飲んでしまったら?

インフルエンザでNGな解熱剤|カロナール、ロキソニンは?飲んでしまったら?

インフルエンザ カコナール

インフルエンザには麻黄湯と葛根湯のどちらがいいの? 結論から言いますと、 インフルエンザには麻黄湯のほうが効果的です。 ただ、麻黄湯も葛根湯も風邪やインフルエンザのごく初期に服用すると効果的な薬ですが、その ごく初期においては風邪かインフルエンザかの区別がつきにくいですよね。 ですから、薬を飲むタイミングでは、風邪なのかインフルエンザなのかがわからない状況である場合が多いということになりますので、その時点では麻黄湯か葛根湯かの判断はしにくいことになります。 一方、インフルエンザの検査は、発症後24時間~48時間の間に検査をすると明確にわかりますが、その頃にはウィルスが体内で増殖している頃になりますので、そこまで待っていてはタイミングを逸してしまいます。 したがって、発症後、すぐに服用することが必要な麻黄湯や葛根湯は、 寒気がしてきてゾクッとしたタイミングでは、どちらを飲んでも正解ということになるでしょう。 そもそも、漢方では風邪とインフルエンザには区別がありませんので、同じように扱われます。 あとは自分の判断になりますが、直感的に、風邪だと思ったら、葛根湯でいいですし、インフルエンザだと思ったら麻黄湯がいいですね。 直感とは、今回の症状が、普段の風邪の症状に近いのであれば、風邪の可能性が高いですし、なにかいつもとは違う感じで重症化しそうな症状があるのであれば、インフルエンザの可能性が高いという意味あいです。 このような急激な症状が出たときは、インフルエンザの可能性が高いので麻黄湯がベターですね。 あえて症状から使い分けるのであれば、 寒気や悪寒が強い場合や咳が出ているときには、麻黄湯を選び、 頭痛や肩こりが強いときには、葛根湯を選ぶというのを、一つの目安として考えてもいいでしょう。 麻黄湯と葛根湯の違いとは? 麻黄湯は、麻黄(まおう)・桂枝(けいし)・杏仁(あんじん)・甘草(かんぞう)の 4つの生薬で構成されています。 この4種類というのがポイントです。 麻黄と桂枝は、身体を温め発汗を促す作用があり、利尿作用とあわせて熱を早く下げるのに有効です。 また、呼吸を楽にしたり、節々の痛みを緩和する効果もあります。 杏仁は、咳や痰を抑える効果があります。 甘草は、汗の出過ぎを抑える効果があります。 これらの成分はインフルエンザだけではなく、ひきはじめの全ての風邪によく効きます。 葛根湯は、葛根、麻黄、桂枝、芍薬、甘草、大棗(たいそう)、生姜(しょうきょう)の 7つの生薬で構成されています。 こちらは、麻黄湯の4種類よりも多い7種類になりますね。 葛根湯にも、麻黄湯と同じ成分の麻黄、桂枝、甘草が入っているので、7種類のうち3種は同じということになります。 異なる4種類の生薬の薬効は以下のとおりです。 葛根と生姜は、発汗や発散を促す作用があります。 芍薬は、痛みを和らげる効果があります。 大棗は、麻黄の強い働きを和らげる作用があります。 以上から、麻黄湯と葛根湯は、ほぼ同じ効用があることがわかりますね。 ただ、漢方薬では、 構成生薬が少ないほうが、作用が強く出るため、 麻黄湯のほうが発汗・解熱作用が強く出ることになります。 ですから、急激に高熱になるインフルエンザには麻黄湯のほうが適切ということになるんですね。

次の

くすりの話 150 インフルエンザの薬

インフルエンザ カコナール

肩こり,頭痛,寒気 感冒以外でも ,結膜炎,角膜炎,中耳炎 扁桃腺炎,乳腺炎,リンパ節炎,神経痛,じんましん 他にも、あっと驚く疾患や症状にも効く場合があります。 また、感冒の際の葛根湯には驚くほどの即効性や他の症状への波及効果もあります。 奥が深い、葛根湯について説明します。 「葛根湯」の成分は 葛根湯は、2000年近く前にまとめられた漢方の原典とも言うべき、「傷寒論 しょうかんろん 」、「金匱要略 きんきようりゃく 」にも収載されている、最古の漢方薬の一つです。 「葛根湯」は、下記の7種類の生薬より構成されています。 葛根:体表の邪熱を発汗清熱する作用 麻黄:発汗解表 桂枝:シナモン。 発汗作用。 麻黄との組み合わせで発汗の相乗効果が見込める。 芍薬:筋肉の緊張の緩和。 過剰発汗を抑制する。 大棗:ナツメ。 脾胃を補う。 身体の緊張を緩和する。 生姜:ショウガ。 解表作用。 脾胃を補う。 嘔気を止める。 甘草:上記の生薬の調整を司る。 「葛根湯」が効く病態とは? 葛根湯は、どうやって効くかを、感冒時を例にとって説明します。 先ず、感冒を発症、すなわち風邪をひくとは、東洋医学的にはどう考えられているのかという所から説明します。 東洋医学的には、風邪とは、邪悪なるもの 外邪 が吹く風に乗ってやってきて、我々の首筋に取り付きます。 ここで言う外邪とは、具体的には、ウィルスだったり、寒さや雨に濡れたなどの環境要因だったりします。 この状態の事を、東洋医学では、「太陽病 たいようびょう 」もしくは太陽傷寒と言います。 冬型の感冒の初期症状を思い浮かべて頂けるとよく判ると思いますが、発熱と悪寒 おかん=寒気の事 を感じても、汗はかかない かけない。 だるさ、関節痛、頭痛、鼻水、咳、咽頭痛などがあり、ともかく全身の違和感がある。 こんな状態になります。 身体所見的には、体温の上昇があり、脈が速くなります。 東洋医学的には、脈の状態を主に見ます。 脈が「浮脈 ふみゃく 」というフワフワと浮いた状態の独特の脈となります。 「浮緊 ふきん の脈」と、より具体的に表現する場合もあります。 この様な太陽病の状態を呈している時は、葛根湯が効きやすい状態にあると思われます。 東洋医学的には、診断の手段として、他にも舌と腹を見る事があります。 太陽病など、表 ひょう に病態が限局している場合は、身体内部には大きな変化が生じていないため、舌には大きな変化はありません。 もっとも、他の病気が隠れていないか、葛根湯を安全に飲めるかなどを診るために、直接的には関係ない部位の診察も行うのは、東洋医学でも、通常の内科の診察でも同様であるため、舌診を行うのは重要な事です。 同様に、東洋医学的にお腹を見る腹診 ふくしん でも、普段と大きな差は出ません。 臍の直上に過敏な圧痛点を認める場合があり、葛根湯が効く良い鑑別点になると言っている先生もいらっしゃいますが、私には、その細かい所見までは良く判りません。 むしろ、腹診を行う意義としては、先ほどの舌診同様病態の見落としが無いかの確認と、葛根湯を安心して飲めるかの判断という面が大きいと思います。 感冒での内服など短期間であれば、体質【証】はあまり気にしなくても大丈夫ですが、長期間内服する場合や、極端に胃腸が弱い既往や所見がある場合は、葛根湯には成分として麻黄が含まれるため、胃痛などの症状を呈する事があります。 この場合は、桂枝湯や桂枝加葛根湯など、葛根湯以外の漢方を選択する方が良いかもしれません。 また、傷寒論の原文には、葛根湯の適応は以下となっています。 実際に、傷寒論の記述どおり、感冒はもちろん、首の寝違えや肩こりにも葛根湯はよく効きます。 「葛根湯」が効く仕組み 感冒の時は、外邪は、身体の表面から内部に侵入しようとします。 それを、外に押し出す事が出来れば、感冒は早く治す事が出来ます。 実際に、我々の身体は、自己治癒力でその方向へと誘導します。 西洋医学的には、感冒の初期というのは、ウィルスが身体に侵入してすぐの時期に、免疫系の緊急展開部隊であるナチュラルキラー細胞 NK細胞 がウィルスの怒涛の進撃のスピードを必死に抑えつつ、主力部隊であるキラーT細胞の到着を待つ状態に当たります。 この感冒の初期に著効する薬は、西洋薬には理論的にも実際上も存在しません。 しかし、葛根湯などの漢方薬は、この初期の状態の時にも確実に効果を発揮してくれます。 また、胃腸にも良い作用をもたらします。 胃腸の調子が思わしくない時に、葛湯を飲んで良くなった経験がある人もいると思います。 特に、胃腸型の感冒の時は、無益な下痢を止めるといった、嬉しい作用もあります。 西洋薬の総合感冒薬などを飲むと胃腸に負担がかかるため、胃腸型の感冒では、熱は下がったが、薬の副作用で胃腸症状を悪化させてしまうという事がしばしばありますが、葛根湯などの漢方薬では、その様な事態を避ける事が出来ます。 また、同じく成分の麻黄と桂枝のコンビが、発汗を促し、体の表面にある外邪を発散させます。 感冒の時に、大汗をかいて治るという状況を作る、もしくは自己治癒を早めるという仕組みです。 麻黄と桂枝のコンビによる発汗作用は強力なのですが、時として行き過ぎて体温を必要以上に低下させてしまう事もあるため、芍薬がバランサーとなって、過剰な発汗を抑制します。 大棗と生姜は、胃腸 東洋医学では脾胃 ひい と言います に効果を発揮し、栄養摂取や東洋医学的に見た生命エネルギーの摂取を助け、胃腸症状の緩和はもとより、自己治癒力 自然治癒力 の増強に寄与します。 甘草は、生薬相互の連携を強めると考えられています。 また、苦いと感じられる漢方薬に甘みを持たせる事で、飲みやすくするという面も持ち合わせています。 葛根湯は、外邪を初期に発散し、排除する事が出来れば極めて短時間で感冒を治す事が出来ます。 非常に即効性があるのです。 その即効性という点から見ると、葛根湯は飲むタイミングが極めて重要になってきます。 具体的に言うと、悪寒や熱、倦怠感、関節痛を自覚したら、すぐに葛根湯を飲む事、「早ければ早い程良い」のです。 漢方は食前服用が原則だから、それまで待とうという必要はありません。 すぐに飲む事が最重要です。 葛根湯は、医療機関でも各メーカーのものを処方可能です。 顆粒状の漢方が基本的な形ですが、錠剤のものも処方が可能です。 また、OTCという形で、薬局でも取扱いがありますが、医療用に較べて、配合されている生薬の量が少ないなどの問題もあり、できれば医療機関で処方してもらう事をお勧めします。 とにもかくにも、タイミングを逃さずなるべく早期に服用する事が、葛根湯のもつ即効性をいかんなく発揮する事につながります。 また、この感冒の初期のタイミングでは、市販のものを含めた西洋薬の総合感冒薬は、理論的にはまだ効かないので、悩まずに葛根湯を飲む事をお勧めします。 総合感冒薬を飲むと、副作用でボーっとしてしまう人も多いのではないかと思いますが、葛根湯はその点でも安心です。 眠くなる成分が一切入っていないために、葛根湯の副作用でボーっとしたり、眠くなったりする事は一切ありませんし、麻黄の効果として、適度な覚醒効果があるため、逆にシャキッとします。 感冒などではなくても、疲れたり冷えたりして体調が悪い時に葛根湯を飲むと、結構体調が良くなります。 もちろん西洋薬の感冒薬を感冒以外の時に頻繁に服用する事は良くないと考えますが、葛根湯に関しては、その様な心配は無用です。 もちろん、葛根湯などの漢方薬は副作用が少なく、気軽に内服できるという側面はありますが、医薬品である以上、医師に相談の上で適切に内服する事、副作用などの発現が無いかどうかの診察を行う事は重要と考えます。 また、循環器系の疾患を持っている方や、低カリウム血症を生じやすい方については、葛根湯の内服が適切ではない場合が有りますのでその点からも、医師の診断の上内服をする必要があると考えます。 「葛根湯」の温める効果について 感冒薬として葛根湯を使う場合のもう一つの利点として、体を温めるというものがあります。 感冒の時に熱が出るのには理由があります。 体の自然の防御機構として発熱が生じるのです。 熱を闇雲に下げるという事は、この自然の防御機構を阻害し、結果的に感冒の治癒を遅らせる事となります。 もちろん、過度の発熱は、病原体だけではなく、体にも被害を来しますので、その場合は消炎鎮痛剤などで適切に解熱するのは理にかなっています。 しかし、過度の発熱などが無い場合も含めて、全ての感冒に消炎鎮痛剤や総合感冒薬を内服するのは、感冒をいたずらに長引かせるだけで、お勧めできません。 感冒の治療は、原則的には葛根湯などの漢方薬を中心に、症状がひどい時には、消炎鎮痛剤を併用するのがベストであると考えます。 また、西洋薬の感冒薬は、基本的に冷やす性質を持っている薬ですが、これは上記の治癒力の低下以外にも悩ましい点があります。 胃腸に負担をかけるという側面です。 感冒の時には、状況にもよりますが、胃腸の不調を伴う事が少なくありません。 冷やす属性のものを摂取すれば、それが薬であろうが飲食物であろうが、胃腸には負担になります。 総合感冒薬などは、胃腸型の感冒の時などに内服すると、しばしば下痢や腹痛などの症状を悪化させます。 もちろん、最初から胃腸型の感冒と判れば、総合感冒薬を避けるという選択も出来ますが、感冒は初日から全ての症状が出る訳ではありませんので、特に感冒の初期に飲む薬は、胃腸に影響しない薬が望ましいと考えます。 その点、葛根湯などの漢方薬の内服は最適と考えます。 感冒に伴う胃腸症状の一部は、葛根湯の温める作用のみでも治癒してしまう事も有ります。 そういった面でも、体を温める葛根湯などの漢方は良いですね。 ただし、体質によっては、葛根湯の成分の麻黄が、胃腸の不調をきたす人もいますので、その点はあらかじめ医師に診断してもらって、葛根湯の服用が最適かどうか診てもらうことが望まし良いと考えます。 消炎鎮痛剤や総合感冒薬には、上記の冷やすという属性による胃腸の被害に加えて、胃粘膜を直接障害するという副作用もあります。 そのために、食後に内服する様に指示される訳ですが、食事をするまで薬を飲めないというのは、感冒の薬としては、やや悩ましいものになります。 副作用の胃粘膜の障害を懸念して、総合感冒薬や消炎鎮痛剤と胃薬を合わせて処方する場合もしばしばあります。 これによって、副作用の胃腸症状が減ったという患者さんもいらっしゃいます。 しかし、西洋薬の消炎鎮痛剤と胃薬を併用しても、副作用で胃潰瘍になる確率は全く減らないというデータもあります。 いずれにしても、西洋薬の感冒薬を飲むという事は、胃腸の事を考えると、あまり好ましくは無いと言えますね。 「葛根湯」の驚きの効果 ~落語「葛根湯医者」で考える~ 江戸時代のヤブ医者の事を題材にした「葛根湯医者」という落語があります。 面白いのでここに載せますが、葛根湯に関しては、面白くて驚きの見方もできます。 〈落語・葛根湯医者〉 江戸時代は、医師免許なんざぁ無かった時代でして。 葛根湯医者というのがございまして、何でも葛根湯を飲ませたがる。 「お前さんはどこが悪いんだ?」 「先生、どうも頭が痛くてしょうがないんですがね。 」 「そりゃあ、頭痛だな。 葛根湯やるから飲みな。 次の人は?」 「腹がしくしく痛むんでさぁ。 」 「腹痛てえんでぇ、そりゃ。 葛根湯やるからお飲み。 そっちの方は?」 「どうも足が痛くって、しょうがねえんでさぁ。 」 「足痛 そくつう ってんだ、そりゃ。 葛根湯やるから、一生懸命お飲み。 次は?」 「あっしは目が悪くってねぇ。 」 「ん、そりゃいけねえなぁ。 葛根湯やるからせいぜいお飲み。 そのお隣は?」 「いや、兄貴が目が悪いから一緒に付いて来たんで。 」 「そりゃあご苦労だなあ。 退屈だったろう。 葛根湯やるけど、飲むか?」 お後がよろしい様で。 とまあ、何でも葛根湯を飲ます葛根湯医者でした。 これは、葛根湯しか出さない 出せない 医者を揶揄した落語ですが、実はこの葛根湯医、 一概にやぶ医者とは言えないかもしれないのです。 「葛根湯」の効く病気はこんなに多い 龍野一雄著の「新撰類聚方」によると、葛根湯は以下の病態にも良く効くとなっています。 以下に抜粋します。 体質的には実証で、腹部に変化無きもの。 ただし、下痢の証 体質 のないもの。 また西洋薬の感冒薬や消炎鎮痛剤が、薬の副作用として眠くなったりボーっとしたりするのに対して、葛根湯の場合は、成分の麻黄の効果で覚醒効果があります。 そのため、例え風邪では無い時でも、疲れた時、寝不足や退屈した時などに飲むと、少しシャキッとするのです。 学校などの試験の当日に風邪をひいたときなどは、総合感冒薬を服用すると、熱や頭痛は抑えられますが、脳の機能は低下します。 その点、葛根湯は、内服によって脳の機能が上昇する可能性すらあります。 こんな時にも葛根湯は便利ですね。 先ほどの落語の葛根湯医者、頭痛にも、急性の腹痛にも、目の炎症疾患にも、足の筋肉痛にも、病人の付き添いで疲れてボーっとしている人にまで葛根湯を飲ませていました。 しかし、これらの症状のいずれにも葛根湯が効くという、落語家もビックリの幅広い効果があるのです。 葛根湯、実に奥の深い漢方ですね。 しかし、何でも葛根湯を処方すれば良いという訳ではありません。 漢方は、同じ感冒でも、証 体質 の違いや、感冒の初期か中期かなどの病期によっても、最適な漢方薬は異なってくるなど、西洋薬とは違った面でのきめ細かな診断が重要になってきます。 当、代官山パークサイドクリニックでは、葛根湯の処方はもちろん、患者一人一人に最適な漢方を心がけております。 ぜひ、気軽にご相談ください。 さて、葛根湯の奥の深い世界をご理解頂けたと思います。 えっ、パソコンで細かい字を見て、いろいろ漢方の事を考えてたら目がしょぼしょぼして頭は重いし疲れてきちまったって。 「そいつぁ、いけねえ。 葛根湯あげるから、是非ともお飲み。 」 お後がよろしいようで。

次の

タミフルとカロナールの飲み合わせ、インフルエンザ頭痛で併用可能?

インフルエンザ カコナール

カロナール錠500に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 片頭痛(偏頭痛) 急性気管支炎 かぜ(急性上気道炎) 変形性関節症 腰椎捻挫(ぎっくり腰) 足関節捻挫 変形性腰椎症 カロナール錠500の主な効果と作用• 熱を下げたり痛みをやわらげたりするお薬です。 皮膚の血管をひろげて熱を放散させる働きや、痛みの感受性を低下させる働きがあります。 カロナール錠500の用途• の解熱• の鎮痛• 筋肉痛の鎮痛• 月経痛の鎮痛• 耳痛の鎮痛• 症候性神経痛の鎮痛• 頭痛の鎮痛• 打撲痛の鎮痛• 捻挫痛の鎮痛• 歯痛の鎮痛• の鎮痛• の鎮痛• の鎮痛• 小児科領域の解熱• 小児科領域の鎮痛• を伴うの解熱• を伴うの鎮痛• 歯科治療後の 疼痛の鎮痛• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1.頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症の鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300~1000mgを経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする• なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 2.急性上気道炎の解熱・鎮痛の場合:アセトアミノフェンとして、1回300~500mgを頓用する• なお、年齢、症状により適宜増減する• 但し、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい• 3.小児科領域における解熱・鎮痛の場合:幼児及び小児にはアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10~15mgを経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする• 但し、成人の用量を超えない• また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい カロナール錠500の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作• 肝障害• 感染症• 気管支喘息• 血液異常• 出血傾向• 心機能異常• 腎障害• 脱水症状• アルコール多量常飲• グルタチオン欠乏• 消耗性疾患 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 長期間投与されている女性• 高熱を伴う高齢者 65歳〜• 高熱を伴う小児 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳 カロナール錠500の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 アセトアミノフェン 重篤な肝障害 リチウム製剤 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でリチウムの血中濃度が上昇しリチウム中毒 炭酸リチウム 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でリチウムの血中濃度が上昇しリチウム中毒 チアジド系薬剤 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でチアジド系利尿剤の作用を減弱 ヒドロクロロチアジド 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤でチアジド系利尿剤の作用を減弱 エタノール摂取 肝不全 クマリン系抗凝血剤 作用を増強 ワルファリンカリウム 作用を増強 カルバマゼピン 肝障害 フェノバルビタール 肝障害 フェニトイン 肝障害 プリミドン 肝障害 リファンピシン類 肝障害 イソニアジド 肝障害 抗生物質 過度の体温下降 抗菌剤 過度の体温下降 飲食物との組み合わせ注意• アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>.

次の