人前 で 変 に 緊張 し なくなる すごい 方法。 人前で緊張しちゃう人が「5分で楽になる方法」を、吉本興業トレーナーが伝授

広島:人前で話すのが楽になる!!60分話しても全く緊張しない「声と表現力」のトレーニング実践セミナー / コミュニケーションセミナー

人前 で 変 に 緊張 し なくなる すごい 方法

【内容情報】(出版社より) 【3万人が効果を実感!】 【その緊張、演劇の手法で簡単にとれます!】 【人前でのイヤな緊張を撃退する、たった5分のすごい方法】 なぜ俳優は舞台で堂々と振る舞えるのか? 俳優が本番前に行っている「緊張のとり方」を一般向けにアレンジし、 仕事や人間関係にすぐ活かせる方法が満載です! 【こんな方は、ぜひ読んでみて下さい!】 ・緊張しやすい自分の性格・体質をなんとか変えたい ・プレゼンやスピーチで、いつも頭が真っ白に ・朝礼や会議で発言しなければならないのが苦痛 ・就活の面接でビビリすぎて、うまく自分を表現できない ・生活環境が変化すると、なかなか新しいグループに溶け込めない ・初対面の人、目上の人に会うときは、逃げ出したくなる ・自己紹介するのが苦手。 いつもうまくいかない ・好きな人にテンパらないで告白できたらいいのに ・日常的に、不安や緊張感を抱えて生きている… もう大丈夫。 この本が紹介する方法で あなたを悩ます「緊張」は必ずとることができます。 【著者からのメッセージ】 人生では公私にかかわらず、 緊張を余儀なくされる場面がたくさんありますよね。 「緊張しないぞ!」と意気込んでも、 「私は緊張していない!」と暗示をかけても、 まったく効果がなく、 それどころかますます緊張のドツボに。 その結果、本番や人間関係で大失敗ーー。 もしかしたら、そんな経験をお持ちかもしれません。 私自身も、もともと緊張しやすい性格でした。 俳優を志していた私は、緊張から肝心な場面でセリフが飛んでしまったり、 役柄になり切れなかったり、 正直いって思い出したくないシーンがいくつもあります。 そんな私だからこそ、 緊張に悩んでいるあなたのことが、 とても人ごとだとは思えないのです。 「緊張しやすい人」のつらさは、 そうではない人にはなかなか伝わらないものですから。 でも、もう安心してください。 この本でお伝えする「伊藤式・緊張撃退メソッド」を実践していただけば、 誰でも簡単に緊張がとれます。 このメソッドは、演技理論の『スタニフラフスキー・システム』をベースに、 緊張に悩んでいた私が考案した方法です。 この方法により、私はついに舞台上で緊張せず、堂々と演技できるようになりました。 「伊藤式・緊張撃退メソッド」は、 これまで3万人の俳優や俳優志望者の緊張をとることに成功しました。 昨今では、その効果が広く知られ、 ビジネスパーソンから学生、主婦の方々など、 一般の方も生活に取り入れはじめています。 不安になりやすい、ビビリやすい、あがりやすい、自分に自信がない、人前が怖い。 そんな悩みを抱えて、生きるのがどうにも窮屈だと感じている方は、 ぜひこのメソッドを試して、あなたの殻を突き破ってほしいと思います。 ダメダメだった私にもできたんだから、あなたにもきっとできるはずです。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) なぜ俳優は舞台でテンパらないのか。 演劇理論に基づいて一般向けに考案したたった5分でできる緊張撃退法! 【目次】(「BOOK」データベースより) はじめに/体験談 人前で話すのがとても楽になりました/第1章 緊張の正体を知る。 それだけで心は楽になる(どうしてあなたは大事な場面でテンパってしまうのか?/真面目で責任感の強い人ほど緊張しやすい ほか)/第2章 なぜ「伊藤式・緊張撃退メソッド」であなたの緊張はとれるのか?(心は直接操作できない。 けれど肉体的アプローチで変えられる!/「伊藤式メソッド」で脳を楽しませ、自分を壊し、緊張しない別人になろう! ほか)/第3章 緊急事態にもドギマギしない心の持ちようと対処法(本番に備えての練習では目標のハードルを低くして楽しもう/「自分なんかうまくいくわけない」というネガティブ思考が緊張しないためのコツ ほか)/第4章 緊張しない体質をつくり、仕事や人生を楽しもう(「いつも緊張しながら生きている」そんなあなたが楽になる方法がある/緊張から楽になるコツは、ポジティブ思考を捨てること ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 伊藤丈恭(イトウタケヤス) 演技トレーナー。 吉本興業沖縄ラフ&ピース専門学校演技コース講師。 メンサ会員。 1967年、大阪生まれ。 19歳より俳優・演出家を志し、故・吉沢京夫より演劇理論「スタニスラフスキー・システム」を学び、ゼン・ヒラノより「メソッド演技」を習得する。 その後20年以上にわたって、俳優や声優の演技指導を行い、参加者は3万人を超える。 現在、アイゼ演技ワークショップを東京渋谷近郊で開講中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

広島:人前で話すのが楽になる!!60分話しても全く緊張しない「声と表現力」のトレーニング実践セミナー / コミュニケーションセミナー

人前 で 変 に 緊張 し なくなる すごい 方法

【3万人が効果を実感! 】 【その緊張、演劇の手法で簡単にとれます! 】 【人前でのイヤな緊張を撃退する、たった5分のすごい方法】 なぜ俳優は舞台で堂々と振る舞えるのか? 俳優が本番前に行っている「緊張のとり方」を一般向けにアレンジし、 仕事や人間関係にすぐ活かせる方法が満載です! 【こんな方は、ぜひ読んでみて下さい! 】 ・緊張しやすい自分の性格・体質をなんとか変えたい ・プレゼンやスピーチで、いつも頭が真っ白に ・朝礼や会議で発言しなければならないのが苦痛 ・就活の面接でビビリすぎて、うまく自分を表現できない ・生活環境が変化すると、なかなか新しいグループに溶け込めない ・初対面の人、目上の人に会うときは、逃げ出したくなる ・自己紹介するのが苦手。 いつもうまくいかない ・好きな人にテンパらないで告白できたらいいのに ・日常的に、不安や緊張感を抱えて生きている… もう大丈夫。 この本が紹介する方法で あなたを悩ます「緊張」は必ずとることができます。 【著者からのメッセージ】 人生では公私にかかわらず、 緊張を余儀なくされる場面がたくさんありますよね。 「緊張しないぞ! 」と意気込んでも、「私は緊張していない! 」と暗示をかけても、 まったく効果がなく、 それどころかますます緊張のドツボに。 もしかしたら、そんな経験をお持ちかもしれません。 私自身も、もともと緊張しやすい性格でした。 俳優を志していた私は、緊張から肝心な場面でセリフが飛んでしまったり、 役柄になり切れなかったり、 正直いって思い出したくないシーンがいくつもあります。 そんな私だからこそ、 緊張に悩んでいるあなたのことが、 とても人ごとだとは思えないのです。 「緊張しやすい人」のつらさは 、そうではない人にはなかなか伝わらないものですから。 でも、もう安心してください。 この本でお伝えする「伊藤式・緊張撃退メソッド」を実践していただけば、 誰でも簡単に緊張がとれます。 このメソッドは、演技理論の『スタニフラフスキー・システム』をベースに、 緊張に悩んでいた私が考案した方法です。 この方法により、私はついに舞台上で緊張せず、堂々と演技できるようになりました。 「伊藤式・緊張撃退メソッド」は、 これまで3万人の俳優や俳優志望者の緊張をとることに成功しました。 昨今では、その効果が広く知られ、 ビジネスパーソンから学生、主婦の方々など、 一般の方も生活に取り入れはじめています。 不安になりやすい、ビビリやすい、あがりやすい、自分に自信がない、人前が怖い。 そんな悩みを抱えて、生きるのがどうにも窮屈だと感じている方は、 ぜひこのメソッドを試して、あなたの殻を突き破ってほしいと思います。 ダメダメだった私にもできたんだから、あなたにもきっとできるはずです。 演技トレーナー。 メンサ会員。 1967年、大阪生まれ。 19歳より俳優・演出家を志し、故吉沢京夫より演劇理論「スタニスラフスキー・システム」を、ゼン・ヒラノ氏よりロバート・デ・ニーロも学んだ「メソッド演技」を習得する。 その後20年以上にわたって、俳優や声優の演技指導を行い、参加者はのべ10万人を超える。 舞台俳優が本番で緊張をとるための方法を紹介した著書『緊張をとる』 芸術新聞社 は、俳優以外の読者からも話題を呼び、異例のヒットを記録した。 現在、アイゼ・アクティング・ワークショップを東京渋谷近郊で開講中。 俳優以外の一般クラスも開講し、ビジネスパーソンから主婦、学生などが参加。 演劇理論に基づいた、仕事や生活の支えになる緊張のとり方をレッスンしている。 --このテキストは、版に関連付けられています。

次の

blogs.redeyechicago.com: 人前で変に緊張しなくなるすごい方法 eBook: 伊藤 丈恭: Kindleストア

人前 で 変 に 緊張 し なくなる すごい 方法

image via shutterstock プレゼンで頭が真っ白、会議で発言ができない、初対面が憂うつなど、人生には公私にかかわらず緊張を余儀なくされる場面がつきもの。 そんなときに使える、 「誰でも簡単に緊張がとれる方法がある」と、演技トレーナーの伊藤丈恭(いとうたけやす)さんは言います。 俳優への指導はもちろん、ビジネスパーソンや主婦、学生を対象に、演劇理論に基づいた仕事や生活の支えになる緊張の取り方をレッスンしている伊藤さん。 実は自身ももともと緊張しやすい性格で、俳優を志していた頃は出演した舞台やオーディションなどで何度となく失敗してきたのだそう。 その経験から編み出したのが、 演技理論の「スタニスラフスキー・システム」をベースにした「伊藤式・緊張撃退メソッド」。 これまで3万人もの緊張をとることに成功してきたメソッドとは、どんなものなのでしょうか? 伊藤さんの著書、『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』(アスコム)から紹介します。 image via shutterstock そもそも緊張とは、医学的には、 脳内ホルモンの一種であるノルアドレナリンが過剰に分泌されている状態。 交感神経が活発になりすぎて、自律神経のバランスが崩れてしまいます。 その結果、動悸や冷や汗、声の震え、赤面などさまざまな症状が出るのだそう。 緊張しやすい人の特徴は、まじめで責任感の強い人、と伊藤さんは言います。 「責任を果たさなければ」と思えば思うほど、プレゼンで言うべきことを忘れてしまったり、商談でうまく話せなくて取引が成立しなかったり……。 「自分に与えられた役割をきっちりと果たしたいと考えているまじめで責任感の強い人こそ、そんな思いにとらわれてしまう」と伊藤さん。 さらに、「私は緊張していない」と言い聞かせたり、「役になりきれ」と暗示をかけたりすると、 かえって緊張が高めてしまってドツボにはまることも。 これは心を操作しようとして、少しでも無理強いするとフリーズしてしまうのだそう。 スタニスラフスキー・システムには、「心は直接操作できない」という教えがあります。 感情をこめろ、役になり切れ、勇気を持て、などと心を直接操作しようとしても、それは無理強いであり、かえって緊張はひどくなり、頭の中が真っ白になるだけだというのです。 『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』85ページより引用 その一方で、「心は間接的には誘導ができる」、つまり 身体を使うことで心に影響を与えられると言います。 好きな歌を口ずさんでいたら気持ちが明るくなった、という経験をしたことがある人も多いと思いますが、まさに、この理論が当てはまります。 スタニスラフスキー・システムをベースに伊藤さんが編み出した緊張をほどく方法は、 「素の自分」から「別の自分」に自動的に切り替えてしまうことで、「緊張しない自分」を目指そうというもの。 思考を停止し、緊張している人が絶対にしない行動をすることで、心を楽しませるのがポイントに。 「 考えるより先に行動すること。 そうすることで、心は勝手に誘導されます」と伊藤さんは言います。 脳を楽しくさせる「笑い」トレ 大事なイベントの日に自宅でやっておくといいのが、 「笑い方7変化」という動き。 image via shutterstock 基本的には自宅を出る前に行う「伊藤式・緊張撃退メソッド」で、緊張とは無縁で本番を迎えられると伊藤さん。 ただ、世の中なにが起こるかわかりません。 そこで 現場のシメとして、会場に到着したら「その場ダッシュ」をするのがおすすめ。 その場で駆け足をしているつもりでモモ上げダッシュを行なってください。 体に意識を向け、心が緊張に向かわないようにします。 『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』26ページより引用 近くの公園や人通りの少ない廊下、トイレなどどこでやってかまわないそう。 疲れて息が上がるくらいに行うと効果的。 身体が疲れると、緊張している場合ではなくなるのですね。 このほか、「全身グッ・パー」や「肩ストン」など、万が一、本番中に緊張してわけがわからなくなってしまったときのための4つのお守りも本書で紹介されています。 緊張撃退メソッドを実践し、人前での変な緊張から解放され、どんな場面でもリラックスして物事にあたれるようになりたいですね。

次の