エウレカ 周期天井。 『エウレカ3』設定差大!303G天井選択率、周期到達時の疑似連発生率

【周期抽選の詳細判明!!】パチスロ エウレカ3

エウレカ 周期天井

1 98. 6 98. 2 100. 5 104. 4 107. 5 111. BIGで255枚とれるのは嬉しいですね。 そしてBIG BOUNS終了後は、SP BATTLEへ発展します。 REG BONUSは通常時のみ• ベルの押し順を当てれば正解、さらにレア役ならその時点で正解です。 3回以上正解するとAT【コーラリアンモード】当選となります。 「EPBB」が発生した時点でAT当選濃厚となります。 「EPBB」は全部で9つのエピソードがある!• 「EPBB」が多く出現すると高設定の示唆かも!? やめどき ボーナス終了またはAT終了後、有利区間が再セットされたらやめどきです。

次の

『エウレカ3』設定差大!303G天井選択率、周期到達時の疑似連発生率

エウレカ 周期天井

1 98. 6 98. 2 100. 5 104. 4 107. 5 111. BIGで255枚とれるのは嬉しいですね。 そしてBIG BOUNS終了後は、SP BATTLEへ発展します。 REG BONUSは通常時のみ• ベルの押し順を当てれば正解、さらにレア役ならその時点で正解です。 3回以上正解するとAT【コーラリアンモード】当選となります。 「EPBB」が発生した時点でAT当選濃厚となります。 「EPBB」は全部で9つのエピソードがある!• 「EPBB」が多く出現すると高設定の示唆かも!? やめどき ボーナス終了またはAT終了後、有利区間が再セットされたらやめどきです。

次の

エウレカセブン3 スロット 新台

エウレカ 周期天井

この記事では、• 機種情報・導入日・導入台数• 設定判別・設定差・設定示唆• スペック・初当たり確率・機械割• 小役確率• BIG終了画面・サミートロフィー• REG中のキャラ紹介• ATレベルの設定差• 設定6 グラフ• ネット上の評価• 設定判別の考察 などを掲載しています。 エウレカ3はエピソードボーナスが超重要!! 高設定投入に期待できる人気機種なので、まずはこの記事で重要なポイントをおさらいしてください。 さらに2017年にリメイクされた「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」のテーマ曲Glory Daysもあります。 設定判別ポイント BIG終了画面で様々な示唆あり• 6 弱チェリー・弱スイカに設定差があり。 ボーナスに当選する周期に注目• 上記の表の、• Aの部分では疑似連演出が発生• Bの部分では疑似連演出が発生しない という特徴があります。 矛盾が発生した場合ボーナス確定となるので、 ボーナス非当選時のみA or Bの判別が出来ます! 3周期まで疑似連演出が無くボーナスに当選しなかった場合、 設定456濃厚パターンとなるので周りを含めチェックしたいですね。 周期終了時の昇格抽選 設定 昇格当選率 1 12. ATレベルそれぞれの恩恵は、• ATレベル1 期待枚数597枚 …恩恵なし• ATに当選しないとATレベルが優遇されているのかも分かりませんので、具体的に確認する方法はありません。 単発が少ない方がプラス要素ですが、他の要素の方がよっぽど重要なのでそちらを重点的に見てください。 奇数設定ほどエアリアルチャンス当選率が高いのが特徴です。 ステージによって当選率が異なり、• 遠距離ステージ…「低」• 近距離ステージ…「中」• ファイナルチャンス…「高」 となっています。 滞在率からみても遠距離ステージが低確示唆にあたると考えています。 AT中のボーナス確率の設定差も、エアリアルチャンスで成功するとBIGとなるのでその影響を受けています。 またファイナルチャンス中はレア役とベル・ベルこぼしでAC抽選が行われています。 *直前のコーラリアンモードの内部状態によって弱レア役でのAC抽選が変化 ベル・ベルこぼしでのAC抽選は初回は一律で抽選され、 2連目以降に高設定だと当選しにくくなっています。 まとめ やっと解析が出揃った感じですね。 設定差をまとめると、• 最もわかりやすいのは通常時エピソードBIG• AT中はエアリアルチャンス出現率をチェック• 設定示唆演出ももちろん要チェック• 弱チェリー・弱スイカはカウントする• 当選周期数• 303G仮天井でのボーナス当選• REG後半パートのpt数とAT当選率 という感じですね。 システムも好評でメイン機種として、長く設置されることが見込まれますが絆2やサラ番2の登場で… 若干客付きが悪くなってきてるな~と感じます。 解析も出揃って判別されやすくなってしまったので、店側も他の機種に設定配分を寄せることも考えられますね。 以上 「エウレカセブン3の設定差まとめ」記事でした。

次の