ウナ ケロちゃん 現在。 田中秀和(ケロ) 新日本プロレスを辞めた理由とは…現在の仕事他

田中秀和(ケロ) 新日本プロレスを辞めた理由とは…現在の仕事他

ウナ ケロちゃん 現在

あのリングアナとして一世を風靡した、田中秀和さんこと田中ケロさんですが、ほとんど見ることが無かったのですが、 何と田中秀和さんは新日本プロレスを退社されていたようなのです。 あのリングでの抑揚が本当に好きで、当時学校でもプロレスごっこのときに真似していた友達は非常に多かったのですが、田中秀和さんのリングアナの出来としては、私の記憶にあるのは前口上が長く、いつになっても選手のコールをしなかったことは思えていますね 笑 子供ながらにいつ選手は出てくるのだろうと思ったことがありますね。 時々、待ちくたびれる事のあったリングでのパフォーマンス、もう見ることが出来ないのかと思うと非常に残念なのですが、 やはり気になるのは新日本プロレスを退社、辞めた理由ですよね。 あれだけの大きな団体で、みちのくプロレスなどとは訳が違いますから、絶対に所属されていた方が活躍の場があったはずなのに、惜しまれつつの退社だったのか、それとも何か揉め事があったのか気になるところですよね。 今日は、田中秀和さんが新日本プロレスを辞めた理由や、現在されているお仕事のことなどを少しまとめて見たいと思います! Sponsored Link 田中秀和(ケロ)が新日本プロレスを辞めた理由とは?クビだったのか… 長く働いてきた会社を辞めると言うのは、本当に自分のやりたいことが見つかったか、それとも何か揉め事があってやめなければならなくなったのか、どちらかだと思いますが、 クビになった可能性というのはあるのでしょうか? 当時の時代背景を見て見ると、ちょうど藤波選手も辞めていた時期で、何よりアントニオ猪木さんからユークスへと変わった頃でしたから、 当時責任を取らされるような形もあったでしょうし、古株の存在を一新したかった時期かもしれませんね。 ちょうど大きめのリストラというのが正しいのでしょうかね、その荒波に田中秀和さんは飲み込まれたような印象ですよね、ただリングアナ以外のこともやらなければならなくなったとの話もあり、確かにリングアナ1本でやってきた人が、いきなりチケットを売ったり、電話番をしたりしていたのであれば、辞めようと思うかもしれませんね。 田中秀和(ケロ)の現在の仕事とは?勤務先の場所とは… 田中秀和さんが、新日本プロレスを退社されたのは、今から10年以上前なのですが、 その後一体どのような仕事をしていたのか気になりますよね? インディのリングアナなどを以前したこともあったので、恐らくそのような話で仕事もあったであろうと推察はできますが、 現在はリングアナの仕事からは遠ざかっているようですね。 会社を経営して一時は社長でもあったようですが、裏切りにもあい、リスタートを切られているとのことです。 そして 何と、現在は串揚げやさんに勤務しているようで、場所は 京阪京橋駅ということですから、大阪のようで京阪モール5階の串揚げやの串なえむらというお店にいらっしゃるようですね。 という事は、当時田中秀和さんのファンだった方は会いに行けるかもしれませんね 笑 Sponsored Link 田中秀和(ケロ)とアントニオ猪木との関係は?仲は良かったのか… 古株が一気に一掃され、その後新日本プロレスはどうなったかと言うと、やはり興行的に成功し今や当時の面影も無いほどに成長していますよね。 ということは、当時ユークスが買収したことは、新日本プロレスにとっては大成功だったわけですが、時系列的に言いますと、 田中秀和さんはアントニオ猪木さんよりも少し早く新日本プロレスを辞めていますよね。 その後、ユークスの買収に合い、アントニオ猪木さんも追放されているわけですが、ということは田中秀和さんはもしかすると、 アントニオ猪木さんとの仲は良くなかったのではないかと思うんですよね。 そこで少し調べますと、やはり田中秀和さんは、 当時アントニオ猪木さんの独裁に反発をしてしまい、そこで辞めることになっていたようですね。 ただ、プロレスファンの中では田中秀和さんの裏の顔を知っている人も多く、性格が良くはなかったなど否定的な意見も多くみられますが、今後リングアナとして1日でも戻れる日はあるのでしょうか? 個人的には、あの田中秀和さんの声をちょっと聞きたかったりはしますけどね! ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。 自称、WEB編集者の自動車マニアなわたくし土屋 みつるが、基本的には、皆様に役立つ自動車に関する裏話や色々な情報を発信してまいります。 小学校低学年からプラモデル、ミニ四駆の製作に没頭し、高学年になる頃には、両親の車の洗車やタイヤ交換をし始め、中学生になる頃には、車の軽整備なども、両親の影響ではじめました。 国産車や外国車についても、浅い所から深い所まで、精通しております。 最近の若人たちの車離れを、食い止めるべく、車の良さ、凄さなどを分かって頂きたいために、様々なエピソードやお役立ち情報など紹介してまいりたいと思います。 どうぞお楽しみください。

次の

田中秀和(ケロ) 新日本プロレスを辞めた理由とは…現在の仕事他

ウナ ケロちゃん 現在

ウナちゃんマンは、「大衆酒場うな」というお店を経営しています。 しかしながら、現在はどうやらお店の経営状態は不定期なようです。 ニコ生で沢山のファンを獲得していたウナちゃんマンといえども、お店を経営していくには、ニコ生の配信者としての人気だけでなく、料理人としての腕と経営者としての能力が必要なようです。 開店の経緯としては、どうやら自費ではなく、スポンサーとなるファンによる出資によるものであるようです。 そして、プロの料理人としての経験の無いウナちゃんマンが、頑張って料理を研究、練習している様子はニコ生でも配信されていたようです。 肝心のお店の料理は、やはりプロの料理店と比べると、格は落ちるというのがネットユーザーによる評価であるようです。 確かに、ウナちゃんマンのアンチがあえてお店の悪口を言っているという事も考えられますが、あまりの批判の多さからも、実際に不手際等があったことは否めない部分はあったと考えられるのではないでしょうか。 ウナちゃんマンは、同じニコ生配信者であるケロという女性と交際していました。 ウナちゃんマンが言うには、ケロの母親は、ケロが子供の頃に目の前で刺されて亡くなり、父親はそれを機に精神を病んで病院へいくことになったニコ生で語っていました。 しかし、ウナちゃんマンは度々嘘をつく癖があるので、どこまでが本当なのかは分かりません。 また、ウナちゃんマンとケロの関係は健全なものではなかったようです。 ニコ生の配信内で、ケロは「殴られ、捕まえられ、お金も持たせてもらえず逃げられない。 就職も蹴らされて、あんたのせいで人生ボロボロだ」と涙ながらにウナちゃんマンに訴えかけていました。 ケロとウナちゃんマンの関係は、ウナちゃんマンがケロ対してかなり支配的であったことが伺えます。 ウナちゃんマンの交際相手であったゲルゲもまた、ニコ生の配信者でした。 ケロと比べてみると、年上の女性であるようです。 また、ウナちゃんマンとの交際中には、ウナちゃんマンの経営していたお店「大衆酒場うな」を手伝ったりしていたようです。 また、他の女性の常連客がウナちゃんマンに絡もうとした際に、嫉妬心を見せるようなところもありました。 また、ウナちゃんマンはゲルゲと同棲していたようです。 しかし、別れ際になると、あることで揉めるようになりました。 というのも、どうやらウナちゃんマンは家賃をゲルゲに支払わせていたようで、ゲルゲのリスナーからも「何故家賃を全部支払うの?」といった声も上がっていたようです。 最終的に、ウナちゃんマンはゲルゲ宅を立ち退く事になるのですが、その際も、あくまでもニコ生の配信上でやり取りをするなど、険悪な別れ方だったようです。 また、ゲルゲはその後もウナちゃんマンに対して嫌悪を露骨に露わにした態度をとっており、ウナちゃんマンは恨まれるような別れ方をしたようです。

次の

カナダ(ケロウナ)と日本(東京)の時差について

ウナ ケロちゃん 現在

ウナちゃんマンは配信中に毎回缶ビールを飲みます。 その際、ウナちゃんマンの「あんた達いくわよ、いいわね。 KP(乾杯の意味)」という合図でリスナーが一斉にKPとコメントするのがお決まりとなっています。 ウナちゃんマンはリスナーとの一体感を感じさせ、リスナーの心を掴むのがうまい配信者なのです。 ウナちゃんマンは生配信中に時々ケンカをするなど、短気でカッとなりやすく好戦的な性格のようです。 べらんめえ口調で口が悪く、配信中に他の配信者とトラブルを起こすこともしばしばでした。 ですが、自然体そのものの姿に人間らしさや情を感じ、親近感を持ったリスナーも多いのではないでしょうか。 ウナちゃんマンの話はどこまが本当でどこからが嘘なのか、半信半疑なところもあります。 リスナーにとってはそんなところもウナちゃんマンの魅力の一つだったようです。 ウナちゃんマンの実家はうなぎ屋を経営しているようです。 ウナちゃんマンというハンドルネームも、それが由来です。 実家がうなぎ屋だったためか、ウナちゃんマンはかなりの食通で食に対しての強いこだわりがあり、自分で料理を作ることも得意です。 配信中にお酒のアテを自分で作ってリスナーに披露する姿もたびたび見られました。 リスナーはウナちゃんマンが作る料理はどんなにおいしいのだろうか、という妄想を膨らませながら配信を見ていました。 ウナちゃんマンはとある事情で住まいを東京から大阪に移すのですが、支援者から開店資金を募り、得意な料理の腕を生かして大阪で居酒屋をオープンします。 お店は現在も開店しているようですが、出店に至った経緯について元カノとのエピソードを交えながら説明していきます。 ウナちゃんマンはケロという女性と10年以上同棲し、内縁関係にありました。 ケロは優しい雰囲気を持つ美人で、リスナーの間でも美しいと評判でした。 ケロはウナちゃんマンとの間に子どもができたことがありますが、堕胎しています。 ウナちゃんマンはケロと付き合う時、ケロとは入籍はしないと断言していました。 ウナちゃんマンは自分は働かずに家で配信をし、ケロを自身が経営する店で働かせていました。 ケロはウナちゃんマンとの生活に疲れて出ていこうとしたことがありました。 しかしケロは、ウナちゃんマンに殴られ捕まえられ、お金も持たせてもらえず逃げることができませんでした。 ケロの人生はウナちゃんマンに完全に支配されていました。 ゲルゲ(grgとも表記される)は、ウナちゃんマンがケロと同棲しているときに愛人状態だった女性です。 くっきりした二重の美人です。 ウナちゃんマンは、ケロという長年自分を支えてくれた女性を置いて、ある女性と入籍すると配信で宣言して大阪に移住しました。 そのお相手がゲルゲでした。 ですが、入籍の話はゲルゲの親からの反対を受け、結局実現しませんでした。 ゲルゲの家は相当なお金持ちだそうで、ゲルゲの両親からしてみれば4度の逮捕歴がある上、働きもせず他人からお金をもらって暮らしている男性との結婚を認める心境にはなれなかったのでしょう。 1度の逮捕歴でもマイナスイメージが強いのに4度の逮捕となると、年頃の若い娘の親から結婚を認めてもらうのはなかなか難しいものです。 ケロはリスナーから好意的に受け入れられていましたが、対照的にゲルゲはアンチが多くいました。 ケロには裏方に徹して支える奥ゆかしさがありました。 ゲルゲは略奪のイメージがある上、嫉妬深さやあざとさも見受けられました。 ゲルゲ自身も配信者であるため、自己アピールが強く、自己中心的なゲルゲの言動に反感を持つリスナーも多数いました。 ゲルゲもケロ同様、ウナちゃんマンと同棲していたマンションの家賃を全額支払っていました。 ウナちゃんマンの寂しがりで女性に対して甘え上手なところに、ケロやゲルゲは母性本能をくすぐられて、ウナちゃんマンを支えたいという感情を強く持っていたのではないでしょうか。 ウナちゃんマンは移住先の大阪で「大衆酒場うな」を開店し、料理人・佐野智則として始動しました。 ゲルゲも店を手伝っていました。 ウナちゃんマンはこの店で、料理人・佐野智則であると同時にウナちゃんマンとして店内から配信を行っていました。 そして、お店の様子をリスナーにアピールしていました。 ネット上で閉店したとの情報もありましたが、現在お店は土日に営業しているようです。 リスナーやアンチの人たちがお店を訪れ、ネット上で口コミを書いています。 お店で提供しているメニューや、実際のお料理の写真なども出ていましたので、興味のある方は検索してみてください。 ゲルゲは現在も配信を続けており、またTwitterでもゲルゲの現在の様子を知ることができます。 しかし、やはりゲルゲにはアンチが多く、残念ながらゲルゲに対する好意的なコメントはあまり見られません。 ゲルゲはどうも自分本位で自分勝手なところが目立つようです。 2人が別れた後もウナちゃんマンはゲルゲ名義で借りているマンションに住み続けますが、家賃が払えず取り立てがゲルゲのところに来るため、ゲルゲは精神的に参っていきます。 その件に関しては、ゲルゲとウナちゃんマンとの間で個人的に話が付いていました。 しかしゲルゲは、ウナちゃんマンに対して腹の虫がおさまらなかったようで、ウナちゃんマンが口外してほしくなかった情報を配信で暴露していまいます。 売られたケンカは買うとばかりにウナちゃんマンも反撃に出ます。 ゲルゲのプライバシーに関わる情報を、配信やTwitterで暴露し始めたのです。 水掛け論的にヒートアップしていき、最後にはウナちゃんマンもほとほと疲れ果ててしまったようです。 現在、ゲルゲとはすっぱり縁が切れたようです。 ウナちゃんマンは一般人とはかけ離れた感覚で、自分らしく生きています。 そんな様子が男女問わず良くも悪くもリスナーの気を引くのでしょう。 自由な生き方をうらやましく思う人もいれば、出る杭が気に入らなくて打とうとする人もいます。 ウナちゃんマンの言葉を借りれば、ある意味それも佐野ラブです。 ウナちゃんマンに興味があり、気になるからこそ文句を言いながらもつい配信を見てしまうのです。 ウナちゃんマンは持ち前のバイタリティでたくましくこの世を渡ってきました。 これからも配信を続けながら、のらりくらりと生きていくことでしょう。 逮捕やバール事件などの騒動はこのくらいでストップして、この先引退などせず元気に配信を続けていって欲しいものです。

次の