どんな とき も wifi 槇原 敬之。 開発者は槇原敬之(笑)? どんなときもWiFiの実力とは?

【必見】どんなときもWiFiは自動車や新幹線の移動中でも使える

どんな とき も wifi 槇原 敬之

Contents• 縛りなしWiFi vs どんなときもWiFi [料金の比較] まず1年間および2年間継続使用した時の料金を計算してみます。 金額は全て税抜きでオプション抜きにします。 これから契約される場合は13ヶ月以降も月額は3300円固定になります。 26ヶ月目以降で解約する場合は手数料が別途9500円かかります。 金額面のみで考えると は相当優秀だと思います。 私は完全に料金重視で選びました。 初期費用がかからずに契約期間の縛りが無いのは良いですね。 詳しくはを参照ください。 [どんなときもWiFi] 1日、3日、月間などの通信量制限がありません。 つまり 完全な無制限です。 素晴らしすぎです。 これで確固たる地位を築いた感じがします。 縛りなしWiFi vs どんなときもWiFi [対応エリア] [縛りなしWiFi] SoftBankとWiMaxの2種類があり、私はSoftBankを使っています。 私の環境での通信速度は下記の状況です。 [どんなときもWiFi] au,docomo,SoftBankのトリプルキャリア対応です。 その場所によって安定しているシグナルを選ぶみたいですね。 クラウドWiFiという最新の技術を使っているのも良いですね。 使用するWiFiルータもU2sというものを使っているみたいです。 スペック的には下り150Mbps、上り50Mbpsと書いてあります。 持ち運びで使ったときにも適切な電波を選んでくれるのは安心だと思います。 縛りなしWiFi vs どんなときもWiFi [その他特記事項] どんなときもWiFiは海外でも使うことができます。 しかも事前申請や特別な契約をする必要が無く、 単にWiFiルータを現地に持っていって電源をONにすれば、 対応している地域で使用することができます。 更に良い所は 電源を一度も入れていない日の分は 海外での使用料金に含まれないところです。 海外に1週間いても使った日が3日のみなら、 払うのも3日分のみで大丈夫です。 私は外国へ行くときはイモトのWiFiを使っています。 通信品質には満足していますが、レンタルしている期間全ての金額を払う必要があるので使う日を選べる は外国へ行く人にとってはありがたいサービスだと思います。 縛りなしWiFi vs どんなときもWiFi [比較した結果] 私は今現在は料金重視なので 派です。 但し通信量が無制限で海外でも使える はもの凄く魅力的だと感じています。 どちらが良いかは使い方によって判断が分かれますね~。 2019年9月3日追記 本記事のリライトにもなる更新記事を出稿しました。 宜しければもご参照頂ければと思います。 もはやWiFi界隈では貫禄すら感じる存在。 2位 月額3450円で通信無制限。 どんなときもWiFiの牙城を崩せるか? 3位 通信無制限で驚愕の月額3280円から。 長期ユーザ向け 4位 契約期間の長期縛りが無く、たくさん通信できる。 5位 契約期間の縛りが無く、クレジット・銀行振り込み両方に対応 特別枠 Simだけレンタルは魅力! FYI:2020年4月24日追記 現在WiFiの端末の在庫不足により追加注文ができないサービスが多い状況です。 は現時点では最短で即日発送が可能な状況です。

次の

【必見】どんなときもWiFiは自動車や新幹線の移動中でも使える

どんな とき も wifi 槇原 敬之

田舎拠点のインターネット環境 二拠点生活といっても田舎拠点には月1,2回来る程度。 電話はNTT回線は契約せず、携帯のみ。 インターネット環境は楽天モバイルのデータSIMを契約して、モバイルルータと組み合わせて利用しています。 データSIMは月980円で3. 1GBできるプランです。 都会でノマドワークする程度なら楽天モバイルの3. 1GBのデータ量で十分。 通信速度も気にならないのですが、田舎拠点にモバイルルータを持ってきて1ヶ月ぶりにパソコンを使ったりすると、OSのアップデートなどで、あっと言う間に3. 1GBを使いきってしまうことが最近の悩みでした。 この問題を解決するために今年の夏にSoftBank Airという据え置き型のモバイルルーターを導入したのですが、これが全然速度がでず、クーリングオフしました。 どんなときもWiFiを安曇野で使う 安曇野で数時間使ってみました。 結論からいうと「 問題なく使える」です。 パソコンのOSのアップデート、Web閲覧、YouTube動画視聴など、普通にできました。 動画はさすがにもたつく感がありましたが、モバイルルーターだと思えば納得できるレベル。 夏にSoftBank Airを入れたときは、スマホでWeb閲覧すらしょっちゅうフリーズしていたことを思えば、メチャクチャ快適です。 ちなみに田舎拠点は安曇野のなかでも市街地ではなく、かと言って山の中でもない、国道沿いの家です。 安曇野の人は一つの目安ということで。 まとめ どんなときもWiFiのファーストインプレッションは「合格!」。 これは使えます。 都会拠点でも田舎拠点でも。 しばらく使ったら、別の感想がでるかもしれませんが、この値段で使い放題なら、この値段にお金払います。 機器はレンタルで返却が必要とか、2年すぎると価格があがるとかは注意事項はあります。 ただうまく使えば携帯のパケット上限値を下げたりもできそう。 結構生活変えそうなガジェットです。

次の

【必見】どんなときもWiFiは自動車や新幹線の移動中でも使える

どんな とき も wifi 槇原 敬之

どんなときもWiFiのCMに佐藤二朗さん・今田美桜さんを起用 株式会社グッド・ラックは、どんなときも使えるWiFiルーター「どんなときもWifi」のアンバサダーとして、俳優の佐藤二朗さん・女優の今田美桜さんが就任し、新WEB-CM『どんなときも捜査官24時 無制限篇』・『どんなときも捜査官24時 海外篇』を2019年4月23日 火 より公開しました。 信州大学経済学部卒業。 既婚者であり、現在1児の父。 俳優・演劇ユニット「ちからわざ」主宰。 大学卒業後、新卒で大手広告代理店に 入社しましたが、入社式の雰囲気に違和感を覚え、入社日と同日に退職・帰郷しました。 その後、劇団附属の俳優養成所に入所。 その後いろいろあって劇団「自転車キンクリート」に入団しました。 その舞台を見た堤監督から『ブラック・ジャックII』に医者役で抜擢。 ワンシーンのみの出演だったが、この出演がきっかけで、主演・本木雅弘の事務所社長に声を掛けられ、現事務所に所属。 以降、映像作品への出演が続くようになりました。 CMに出たり、テレビ番組に出演したりと活動しているうちに、だんだん注目を集め、「福岡で一番かわいい女の子」というキャッチフレーズがつくまでになりました。 その後、現事務所の社長が、福岡でたまたま今田の載ったポスターを目にしたことからスカウトされ、2016年に上京しました。 両親は上京に反対だったらしいが、本人が「東京でお芝居がしたい」という気持ちをずっと伝え、さらに進路相談では学校の先生も両親の説得にまわってくれたことから、しぶしぶOKがでたといいます。 2017年以降は、多くの連続ドラマや映画に出演したり、「マクドナルド」や「洋服の青山」のCMに出たり、週刊誌のグラビアで水着姿を披露したりと、多方面で活躍を見せています。 どんなときもWiFiのCM第一弾 どんなときもWiFiのWEB-CM第1弾として放映する『どんなときも捜査官24時 無制限篇』・『どんなときも捜査官24時 海外篇』には、佐藤二朗さん・今田美桜さんが登場します。 お2人は、WiFiルーターが手放せない捜査官役として出演し、ちょっぴり頼りにならない先輩捜査官役の佐藤さんとフレッシュな新人捜査官の今田さんのやりとりがコミカルなストーリーになっています。 どんなときも使える「どんなときもWiFi」にちなんで、槇原敬之さんの「どんなときも。 」を楽曲に使用した耳に残るWEB-CMになっています。 今田さん扮する新人捜査官があきれながらも通信速度制限を心配するが、佐藤さんは余裕の表情。 佐藤さんの手には通信制限がかからない「どんなときもWiFi」が。 今田さんにどんなときもWiFiをおすすめするうちに、今田さんも欲しくなってしまい、最後は2人でどんなときもWiFiの取り合いに。 アドリブ炸裂の佐藤さんの演技に、今田さんがついつい出してしまったかわいい言い間違いシーンも本編に採用し、素顔が垣間見えるWEB-CMになっています。 どんなときもWiFiのCM第一弾『どんなときも捜査官24時 海外篇』動画 海外での捜査に向け空港で待ち合わせをしている先輩捜査官の佐藤さんと新人捜査官の今田さん。 しかし佐藤さんは「信号にひっかかった」(アドリブ)という理由で、なんと4時間も大遅刻。 もちろん空港で海外通信用のWiFiルーターをレンタルする時間もなく、今田さんは佐藤先輩に怒りをあらわに。 一方の佐藤さんは、「どんなときもWiFi」であれば海外でもそのまま利用可能であるから、レンタル不要であると、得意な ? 英語を使い「どんなときもWiFi」の魅力を今田さんに伝えます。 「海外でも頼りになるWiFi」にかけて「いつでも頼りになる先輩は?」と茶目っ気たっぷりに聞く佐藤さんと、そんな佐藤さんを無視して置いていく今田さんの表情にもぜひご注目ください。 「どんなときもWiFi」ウェブCMメーキング映像 どんなときもWiFiのCM感想.

次の