おりもの 白い塊。 白いおりものは病気?白い塊が生理前に出るのはなぜ?

妊娠初期におりものが白い塊!

おりもの 白い塊

女性にとっておりものというのは、時には下着を汚すこともあり、時にはおりものシートを使わなければならないほどベタベタに大量に出ることもあって、ちょっと面倒くさい存在ですよね。 しかし、おりものは、不潔になりがちなデリケートゾーンの清潔を保ち、時には妊娠や婦人科系の深刻な病気のサインを伝えてくれることもある、女性の健康にとってはなくてはならないものです。 そんなおりものは、生理周期や体調の変化によって状態が大きく変化するものです。 そんなおりものの変化の中には、白い塊のようなおりものがベタベタと出ることがあります。 白い塊のようなおりものが出るのは、一体どのようなことを意味しているのでしょうか。 この記事では、白い塊のようなおりものについていろいろとまとめてみました。 ときに、ベタベタした白い塊が出ることもあるおりものですが、そもそもおりものとはどういうものなのでしょうか。 おりものと聞くと、洋服の生地などの「織物」という漢字を思い浮かべますが、女性のデリケートゾーンに潤いを与えてくれるおりものは漢字で書くと「下り物」と書きます。 布地の織物と混同してしまう人もいるかもしれませんが、感じは全く違うので、全く違う意味の言葉なんですね。 「下り物」というのは、「女性の体の内部の子宮や膣から下りてくるもの」という意味の言葉になります。 時には下着をベタベタと汚すこともあり、面倒くさいおりものですが、実は女性の健康を守るためにとても大切な役割を持っているものなのです。 おりものには自浄作用があり、不潔になりがちなデリケートゾーンや膣の中に潤いを与えて、清潔を保つ役割があります。 また、排卵期には射精された精子が移動しやすいようにする潤滑油の役割も果たし、妊娠を手助けする役割もあるのです。 おりものは、ただ下着を汚すだけのものではなくて、女性の体にとって、とても大切なものなのですね。 ところで、このおりものは、生理周期のそれぞれの時期によって大きく状態が変わります。 正常なおりものはどのような状態なのか、おりものに白い塊が出る時期はあるのか、ここからみていきましょう。 卵子が卵巣から卵管へ排卵されて、受精の準備ができる排卵期には、妊娠しやすいようにおりものの状態も大きく変化します。 排卵期の少し前から、おりものの量が増えて行き、粘りのある生卵の卵白のようなドロっとした感じのゼリー状のおりものが大量に出るようになります。 色は透明から若干白っぽい色が付いている感じですが、白い塊という感じではなく、卵白のような透明な粘りのあるゼリー状というのが近い状態になります。 通常は膣の中は清潔を保つために弱酸性に保たれているので、おりものの臭いは若干酸っぱい感じがするものです。 しかし精子は酸性の中では死んでしまいます。 そのために排卵期には精子を受け入れるために、おりものがアルカリ性になります。 そのため、排卵期のおりものには臭いはほとんどありません。 生理周期の中で、正常な状態であれば、排卵期が終わって少し日数が経った頃から生理の前まで、白い塊状の粘りのあるベタベタしたおりものが増えていきます。 この他の時期にはあまり白いおりものは見られないことが普通ですが、おりものの状態というのは、ちょっとした健康状態に大きく左右されるものです。 というのは、女性の健康を司るホルモンバランスというのは、自律神経の影響を大きく受けるからです。 自律神経はちょっとしたストレスや疲れによって乱されやすく、ホルモンバランスも簡単に崩れてしまうからです。 ホルモンバランスが崩れたことで、おりものの成分や、膣の中の善玉菌のバランスが崩れて、おりものの量や粘りなどの状態に変化が起こることはよくあることです。 排卵後に妊娠が成立していないと、いったんおりものの量が減って、生理が近づくにつれておりものが徐々に粘りのある白くてドロッとしたベタベタした状態になっていきます。 しかし、排卵期に受精して妊娠していると、おりものの量が減らずに、白いベタベタしたおりものが大量に出るようになります。 色も妊娠していなければ、生理の前にならなければに白く濁って来ないのですが、妊娠していると、排卵期が終わってすぐに白く変化することがよくあります。 おりものの状態というのは、ちょっとした体調の変化の影響を大きく受けるものなので、妊娠しているかどうかをおりものの量や色だけで判断するのはちょっと難しいのです。 いつもの生理周期と比べると、排卵期の後のおりものの量が減らない、大量のおりものが透明から白っぽくベタベタした感じにすぐに変化した、と感じるようなら、妊娠している可能性があります。 排卵期に妊娠すると、どうして白い塊のおりものが増えるのでしょうか。 排卵期におりものが増えるのは、排卵期の少し前からエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増えることが関係しています。 排卵期に受精しないと、エストロゲンの分泌量が減るので、おりものの量も減ってしまいます。 しかし、排卵期に受精すると、エストロゲンの分泌量がさらに増えるので、白い塊のようなおりものの分泌量が増えるのです。 また、白い塊のようなおりものではなく、水っぽいおりものが増えるという人もいれば、着床出血によって、茶色やピンクのおりものになるという人もいます。 妊娠していても、おりものの状態には個人差が大きいので、おりものの状態はあくまでも参考程度に考えて、妊娠5週も待って妊娠検査薬を使うまで、妊娠したかどうかの判断は待つようにしましょう。 特に病気ではなくても、粘りのある白い塊のおりものが大量に出て困ることがありますよね。 サラリとしているおりものであれば、それほど下着を汚すことはありませんが、病的なものではなくても、粘りのある白い塊のようなおりものが大量に出ると、下着を汚してこまることがあります。 臭いも気になるので、臭いを消す消臭効果が高いおりものシートを使うなどの対策を取ることもできますが、臭いが気になる粘りのある白い塊のようなおりものが沢山出ることを予防することは出来ないのでしょうか。 生理周期の中で、生理の前というのは、どうしても臭いが気になる粘りのある白いおりものが沢山出る時期になるので、それは防ぎようがないことです。 しかし、他の時期に、白い粘りのあるおりものが増える場合には、膣や下着の中に雑菌が繁殖していることも考えられます。 白い粘りのあるおりものを予防するためには、デリケートゾーンの清潔を保つことが大切になります。 毎日の入浴で、水やお湯でデリケートゾーンを軽く流して清潔を保つとともに、通気性の良い清潔な下着を身に着けるなどして、デリケートゾーンを清潔に保つ工夫をしましょう。 あまり、白いおりものが増えることが気になる時には、薬局などで販売している膣洗浄剤やデリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのもお勧めです。 普通の石鹸やボディソープでゴシゴシ洗うと、かえっておりものの状態を悪くするので、清潔にしたいときには、デリケートゾーン専用の商品を使うようにしましょう。 カンジタ膣炎は、カンジタ菌という私たちの体にいつもいる常在菌のカビの一種が、膣の中で異常増殖して発症する病気で、おりものの異常とかゆみが特徴的な症状となります。 性感染症と勘違いしている人も多いようですが、かゆみなどの原因となるカンジタ菌は常在菌で、体調不良によるホルモンバランスの崩れなどが原因になる病気なので、外陰部のかゆみやおりものの異常があっても、性感染症ではありません。 カンジダ膣炎になると、かゆみとともにカッテージチーズやヨーグルトのような白くてぼそぼそとした感じのおりものが大量に出ます。 生理前の白くてドロッとベタベタとするようなおりものの状態とは明らかに状態が違うのと、かゆみが強いのが特徴です。 かゆみが強いカンジタ膣炎は、治療法はカビを退治する抗真菌剤を使って治療をします。 塗り薬か膣剤か、内服薬を使うのかは、その時の医師の判断によって変わります。 かゆみが強いからといって、市販のデリケートゾーンのかゆみ止めを使うと症状が悪化します。 自分で治療したり、自然治癒することはないので、白くてぼそぼそとした感じのおりものがかゆみとともに出た時には、市販のかゆみ止めを使わずに必ず病院へ行くようにしましょう。 白いおりものが大量に出る病気には、子宮膣部びらんがあります。 びらんというのは、ただれのことで、子宮膣部びらんは、子宮膣部が女性ホルモンのエストロゲンの影響で、ただれてしまうことをいいます。 痛みなどの自覚症状はありませんが、びらんでただれている面積が大きくなればなるほど、白から黄色っぽいおりものの量が増えていくのが特徴です。 また、びらんの部分は皮が薄くなり、血管が透けて見える状態になっていることから、性交や排尿、排便といった少しの刺激で出血しやすいのも特徴です。 正人女性の8割は持っていると言われ、特に病的なモノが強いものではないので、治療はせずに経過観察することが多いのですが、不正出血などの症状がひどい時には、レーザーメスなどで焼いて治療することもあります。 子宮頸管というのは、子宮の下にあり、膣とつながっている細い管になります。 子宮頸管炎というのは、この子宮頚管に何らかの細菌が感染することで起こる感染症です。 クラミジアや淋病、性器ヘルペスなどの性感染症によって発症することも多いのですが、タンポンやコンドームなどの異物が長期間膣の中に入っていることでも、発症することがあります。 症状が出ないことも多いのですが、おりものが大量に増えることが主な症状となります。 炎症がそれほど進んでいない時には、白っぽいおりものが沢山出ることがありますが、炎症が進んでしまうと黄色っぽいおりものや膿のようなおりものが出てくることがあります。 白っぽいおりものが大量に出る病気には、トリコモナス膣炎もあります。 トリコモナス膣炎というのは、トリコモナス原虫が性交渉によって感染して、膣の中で増殖して発症する性感染症になります。 白い塊のようなおりものの他に、かゆみなどの症状があります。 トリコモナス原虫に感染しても、女性の半数以上にはなかなか症状が出ない、ちょっと厄介な病気なのですが、パートナーが発症したり、おりものの異常やデリケートゾーンのかゆみなどの異常を感じた時には、早期に病院で検査を受けましょう。 トリコモナス膣炎にかかった時のおりものの変化は、白っぽい感じから黄色か灰色のようなおりものが、泡だって悪臭を放つことが特徴になります。 また排尿痛や性交痛、デリケートゾーンのかゆみや腫れ、ただれといった症状が出ることがあります。 白いおりものが増えたりかゆみが出たりするトリコモナス膣炎の治療はトリコモナス原虫を退治する飲み薬を服用することが基本となります。 パートナー間でピンポン感染をすることが多いので、パートナーと一緒に治療を進めることが大切です。 膣の中というのは、通常は善玉菌である乳酸菌がたくさんいて、弱酸性に保つことで、膣の中やデリケートゾーンの清潔を保ってくれています。 そのために、健康な状態のおりものというのは、少しつんとするような酸っぱい臭いがするものです。 ところが、体調に異常があると酸っぱい臭いがきつくなりすぎたり、なんらかの感染症になると、魚が腐ったような悪臭がすることがあります。 酸っぱい臭いがきつくなり過ぎる時には、ストレスや疲れがたまりすぎていて、ホルモンバランスが崩れていることが考えられます。 魚が腐ったような悪臭がするときには、トリコモナス膣炎の他に、細菌性膣炎や淋病が考えられます。 これらの病気の中には、悪臭の他に、かゆみが強くなることもあります。 おりものからかゆみを伴う悪臭がする時には、自分では治療することはできないので、早めに病院へ行くようにしましょう。 健康な状態のおりものというのは、透明から白っぽい感じ、もしくは淡いクリーム色です。 排卵出血や生理前生理後、着床出血などで多少の出血がある場合には、血液が混じって若干ピンクや茶色になることもあります。 しかし、排卵出血や、生理前生理後、着床出血といった理由がないのに、おりものの色がピンクや茶色になる時には、何らかの原因で不正出血が起こっていることが考えられます。 また、感染症にかかると、膣や子宮の中で起こる炎症によって、クリーム色とは言えないような、黄色や黄緑色のおりものが出ることがあります。 出血する心当たりがないのに、おりものの色が茶色やピンクになるときや、黄色や黄緑などの色の変化がおりものになった時には、病院でその原因を特定して、治療をすることが必要になります。 おりものの量というのは、生理周期によって変化するものです。 排卵期が一番多くて、次に生理の前後が多い時になります。 そして、生理の後から排卵期までと、排卵期から生理が始まるまでの間には、いったんおりものの量が減る時期があります。 しかし、生理周期を通しておりものの量が減らずに、大量のおりものが出続けることがあります。 ピンクや茶色の水っぽいおりものが、大量に出続けるようなら、クラミジア感染症にかかっている可能性があります。 クラミジア感染症は早めに治療しないと、不妊症になってしまう可能性も高く、また、感染力がとても強いのでパートナーに何度も移してしまう可能性もあります。 おりもののように異常を感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。 ここまで、白い塊のようなおりものが出る原因と、その対策、おりものの異常なのに着いていろいろと見てきましたがいかがでしたか。 白い塊のようなおりものが、正常な生理周期の中で起こるものなのか、それとも、病気や異常が原因で起こるのか、自分で判断するためには、白い塊のようなおりものが出る時期に注意する必要があります。 生理前か、妊娠超初期に白い塊のようなおりものが増える子とは正常なおりものの状態になりますが、そうでない時には、体を中に何らかの異常があることで白いおりものが増えていることを意味しています。 疲れやストレスがたまっているとが原因の場合もありますが、病気であればかゆみなどの症状を伴うこともあり、必ず治療する必要がありますよね。 白い塊のようなおりものが出る時期に注意して、かゆみなどもあり治療が必要な場合には、早めに病院へ行くようにしましょう。

次の

妊娠初期におりものが白い塊!

おりもの 白い塊

おりものとは「帯下」とも言い、腟や子宮からの分泌物が腟外に流れ出してくるものの総称です。 プレッシャーを感じたときや病気のとき、抗生物質を服用しているときなどには、分泌量が増えることもありますが、これらは正常なおりものなので心配ありません。 また、排卵期に卵の白身のような状態になって増加するのも、体が妊娠しやすい状態になっている証拠で、ごく当たり前の生理現象です。 月経前や妊娠中もおりものの量が増えますが、病気ではありません。 正常なおりものの色は、個人差はありますが、透明に近いか白っぽい色。 下着などに付いて乾くと薄黄色に変色します。 臭いは微かに甘酸っぱさがあることも。 この臭いの元はデーデルライン桿菌という善玉の乳酸菌です。 おりものの量は心身の状態によって増減しますが、正常な状態では卵白のようにツーッと伸びて、ポタッと落ちます。 おりものは腟の中を酸性にして適度に潤すことで、腟からの外敵の侵入を阻んだり、性交渉の準備をしたり、妊娠しやすい状態を作ったりする大切なもの。 これを腟の自浄作用と呼んでいます。 白色 おりものが酒粕状、クリーム状、チーズ状、豆腐のカスのようにぼろぼろとしている場合は、カンジダ腟炎、頚管炎などが疑われます。 カンジダ腟炎の場合には、腟内部や外陰部にかゆみを伴うことがあります。 おりものの量が増え、発熱や下腹部痛を伴う場合には、子宮内膜炎や卵管炎の疑いがあります。 膿性黄白色・黄色・緑色 白血球や細菌が多く混入しているために、膿性黄白色・黄色・緑色になります。 腐ったような悪臭を伴う黄色っぽいおりものが増え、外陰部が痒い時にはトリコモナス腟炎の疑いがあります。 これはトリコモナス原虫という寄生虫の一種によるもので、多くは性交で感染します。 症状が進むと緑色っぽくなったり、泡が混じったりし、痛みを伴うようになります。 黄色で、おりものの量が増え、発熱や下腹部痛を伴う場合には、子宮内膜炎や卵管炎の疑いがあります。 緑色をしていて、下腹部に痛みがある場合には、クラミジア感染症の可能性があります。 これは性感染症のひとつで、初期にはほとんど自覚症状がありませんので注意しましょう。 茶褐色 茶褐色や赤っぽい場合には、おりものに血が混じっている可能性があります。 悪臭がする、増加したなどの症状が重なっている場合には、子宮頸部がん、子宮体部がんなども疑われます。 また、老人性腟炎の場合にもおりものに血液が混じることがあります。 これら以外に タンポンを入れたまま取り出すのを忘れたり、性交渉の際、コンドームが腟の中に残ったまま放置したりすると、悪臭を伴った茶褐色や黄色のおりものがみられますので注意しましょう。 ここには日頃から注意するためのひとつの目安として、代表的な症状と病名を示しました。 「おりものがいつもと違う」と感じたら、自己判断せず早めに受診しましょう。 おりものの変化は、病気を疑うことだけではなく、健康のバロメーターとしての役目でもあるのです。 水っぽくて白い、さらさらしていて量が多いといった場合は、胃腸が弱り、体がむくんでいる結果です。 おりものに透明感がなく、足腰がだるい時は、腎臓が弱っている証拠。 黄色でねばねばとしていて、臭いやかゆみがあるのは、免疫力が弱り雑菌が増殖しているから。 赤っぽく、若干臭うのはストレス。 水気がなく、量が極端に少ないときは、体内の水分量が足りないせい、などなど。 しかし、おりものが気になるからと言って、腟内をビデなどで頻回に洗浄し過ぎてはいけません。 腟の中を守っている大切なデーデルライン桿菌まで洗い流してしまい、かえって雑菌の繁殖を促す結果となってしまい、炎症や病気を招いてしまうからです。 日頃から、入浴時などに腟を清潔に保ち、おりものの状態をチェックするのは大切ですが、洗い過ぎて逆効果になってしまった!? ということがないようにしてくださいね。

次の

白や白濁したおりものが出る原因|正常か病気かはどう分かる?|おりものケアサイト

おりもの 白い塊

[目次]• おりものに血が混じる原因とは 人間の身体は、なんらかの不調を抱えているとき、それを伝えるためにSOSサインを出します。 分泌物や排泄物に血が混ざるというケースもそのひとつです。 おりものの場合も、 血が混ざっているときには重大なサインである可能性があります。 正常時のおりものは透明か乳白色をしています。 おりものに血が混ざった場合、ピンク色や茶褐色となって出てきます。 おりものの色が茶色やピンク色で考えられる病気とは おりものに血が混ざると、色はピンク色や茶色となります。 重要なのは、その出血が正常な範囲内のものなのか、それとも病気によるものなのかという点です。 血が混ざる要因はさまざまあり、健康上の心配がいらないケースもあるにはありますが、重大な病気が隠されているという場合もあります。 おりものに混ざる血が不正出血であれば要注意 血が混ざったおりものの要因のひとつとして考えられるのが、 不正出血です。 不正出血とは、 周期的な生理時以外の時に性器から出血することをいいます。 ホルモンバランスの乱れや性交時に膣の一部に傷がついてしまい出血することもありますが、なかには、なんらかの病気によって起こる不正出血もあります。 20~30代女性に多いといわれる子宮頸がん 不正出血が起こる病気として有名なもののひとつに、 子宮頸がんがあります。 子宮頸がんは、近年 20代後半~30代といった若い年齢層で増加傾向にあります。 早期に発見できれば比較的、治療しやすいがんですが、進行すると治療が難しくなります。 出血の他に腹痛などを感じるクラミジア性子宮頸管炎 他の可能性として、 クラミジア性子宮頚管炎もあげられます。 これはクラミジアが子宮頚部に感染し炎症を起こすもので、 不正出血の他、腹痛や性交時の痛みを感じる場合もあります。 不妊の原因になることもある病気ですので、やはり対処は早め早めが基本です。 いつもと違う色のおりものがあったら婦人科へ 血が混ざったおりものが出ることで上記のような病気の可能性が考えられますが、おりものだけでは確実な診断はできません。 おりものがいつもと違う、と感じたら 早めに婦人科の診察を受けるようにしましょう。 生理前後のおりものに血が混ざるのは問題なし 反対に、健康上問題のない出血もあります。 代表的なケースでは、 生理が終わった直後のおりものに血が混ざっていたという場合です。 これは、 残っていた経血がおりものと一緒に出てきただけですので問題ありません。 また、排卵期のおりものや生理直前のおりものにも、少量の血が混ざることが多々あります。 これらは 生理現象の範囲なので、特に身構えることはありません。

次の