カマロ lt rs。 六代目シボレー・カマロの進化幅は想像以上! 2.0ℓターボを積んでいるのも意外だ!|オープンカー|MotorFan[モーターファン]

6代目カマロについて(新開発の直4 2.0Lターボエンジン。加速性能とデザインも)

カマロ lt rs

chevroletjapan. html アルミニウムを使用した軽量ボディ 日本には2017年に登場したばかりの6代目新型カマロ。 この 6代目の特徴として5代目モデルから約90㎏も軽量化したボディが挙げられます。 近年主流の高剛性、軽量化ボディとなりパフォーマンスの向上に大きく貢献しています。 ブレンボブレーキやマグネティックライドコントロール装備 6代目カマロではカマロ史上初となる マグネティックライドコントロールを採用。 これはシボレー独自の技術で、磁力で減衰力を制御するシステムです。 この磁性流体減衰力制御システムは1000分の1という速度で減衰力をコントロールすることを可能にしたシステムで、路面環境に即座に反応して車両に安定性をもたらします。 また ブレンボ社製のハイパフォーマンスブレーキシステムを搭載しました。 新型カマロSSのハイパワーなパフォーマンスを受け取るにはやはりブレンボ一択、ということでしょうか。 究極の制動力、そして耐久性を誇るブレンボが装備されているからこそ新型カマロSSもそのパワーを発揮できるというものでしょう。 chevroletjapan. html 2019年モデルではエクステリアのデザインが大きく変更されました。 まずフロントグリルが一新され、カマロのトレードマークである フロントグリル中央の「ボウタイ」はブラックになりグリルバーと一体化したスタイルに。 さらに中空化し、オープンボウタイへと変化しました。 この仕様変更によってエアフローが増加し、冷却水やエンジンオイルの温度を従来モデルより低減することがが可能に。 ただのデザイン変更ではなくパフォーマンスの向上も考慮された変更だということですね。 日本仕様では安全法規への対応の関係で全てのモデルで同じフロントフェイスが導入されるとアナウンスされています。 LEDヘッドライトも新しいデザインになりました。 LEDシグネチャーライトバーが追加され、夜間の視認性を向上させるとともにより精悍な印象をもたらしています。 LEDリアコンビランプもデザインも変更になり、 カマロ伝統のデュアルエレメントデザインが採用されました。 躍動感のある立体的なデザインとなり、後姿を強く印象づけるかのようにレンズ周囲がブラックアウトされている点もポイントです。 chevroletjapan. html この2モデルには 2. 0L直4ターボエンジンを搭載。 この2. 0Lエンジンは6代目で初めてカマロにラインナップされたエンジンです。 シボレー曰く「 カマロ史上最も高効率なエンジン」ということ。 最高出力275ps、最大トルク400Nmを発揮します。 組み合わされるトランスミッションは8速ATのみ。 フロントシートはヒートシーター&ベンチレーション機能付きのバケットレザーシート。 車内で贅沢に音楽を楽しめるノイズキャンセリング機能付きのBoseプレミアム9スピーカーオーディオシステム(コンバーチブルモデルはプレミアム7スピーカーオーディオシステム)が搭載されています。 chevroletjapan. html 最上級モデルであるSSには 最高出力453ps、最大トルク617Nmを発揮する6. 2LV8LT1エンジンを搭載。 新たに開発されたパドルシフト付きの10速ATトランスミッションはクロスレシオ化によって常時最適なエンジン回転を維持します。 SSには先に述べたマグネティックライドコントロールを採用したパフォーマンスサスペンション、4モードのドライバーモードセレクター、そしてフロントとリアの両方にブレンボ製のハイパフォーマンスブレーキシステムを標準装備しています。 その他にもユニークな機能としてSSにはスタート時のエンジン回転数やリアタイヤのスリップ率をコントロールできる カスタムローンチコントロールやバーンアウト時に必要になる ラインロック機能を搭載。 これは公道走行の際ではなくサーキット走行で使用したい機能ですね。 なかなかやんちゃな仕上がりになっているようです。 chevroletjapan. html また、今回の2019年モデルの発売を記念したローンチエディションが限定販売されます。 限定数はLT RSをベースにしたものが20台、SSをベースにしたものが30台の計50台。 特別装備としてカマロの初代モデルなどに使用されたカマロの象徴ともいえる鮮烈なオレンジのエクステリアカラー、「クラッシュ」を用意。 エンジンフードに施されたブラックデカールも印象的です。 アルミホイールもブラックペイントされ一際クールな印象に。 インテリアはエクステリアの迫力ある雰囲気とマッチするジェットブラックで仕上げられました。 chevroletjapan. html 初代カマロ Z28 初代カマロはSS、RS、Z28の3グレーでが発売されましたが、その中でもこのカマロ Z28は レースに参戦することを前提に開発されたホットモデルでした。 この初代のカマロ Z28は日本では所ジョージさんが所有していることでもよく知られています。 環境規制に翻弄された2代目カマロZ28 カマロ初のフルモデルチェンジを受けて2代目カマロが登場したのは1970年のことでした。 プラットフォームも先代と同じものを使用し、エンジンなども大幅な変更はなかったので実質的には限りなくマイナーチェンジに近かった、という声もあります。 最上級グレードであるZ28も先代に引き続きラインナップされますが、 1974年、排ガス規制の影響によって一時的にラインナップから消える事態となりました。 そのまま姿を消してしまうかと思われましたが人気モデルであったZ28は無事1977年にはラインナップに復帰します。 3代目カマロZ28の高出力・サス強化版のIROC-Z 1982年に登場した3代目カマロは先代モデルからボディサイズが縮小しました。 先代から引き継いだ独創的なスタイルは保ちつつ、時代に合わせたシャープなスタイルへと進化し、車重も先代と比較して200㎏以上も軽量化しています。 3世代目には Z28のエンジンをさらに高出力化し、足回りを強化したハイパフォーマンスモデルであるIROC-Zが登場。 このモデルは1985年~1989年まで販売されました。 ラムエア過給仕様の4代目カマロSS 4代目のカマロは1993年に登場。 4代目には空気抵抗の力=ラム圧を利用した ラムエア過給エンジンを搭載したモデル、SSが登場しましたが残念ながらこのSSは日本に正規輸入されることはありませんでした。 この4世代目において一旦カマロは生産終了になります。 2リッターV8スーパーチャージャーエンジンを搭載した5代目カマロZL1 2002年に生産が中止されてカマロの歴史は終焉を迎えたかと思われましたが、2006年に初代カマロをリスペクトしたカマロ・コンセプトが公式に発表されました。 これによって5世代目となるカマロの登場が現実化し、ついに2009年に生産開始、2010年には販売が開始されます。 この5世代目のカマロは2007年に公開されたハリウッド映画「トランスフォーマー」に登場するオートボット、バンブルビーとして登場し人気を博したことも復活の大きなきっかけとなったようです。 2012年にはSSモデルを30%再設計し、スーパーチャージャーを搭載した6. 2リッターV8エンジンを使用したカマロZL1が登場。 579ps、754Nmを叩き出すモデルとなっています。 歴代最強モデルの6代目カマロZL1 6代目モデルには、日本には残念ながら導入されませんでしたが歴代最強モデルとなるZL1も存在します。 先代同様6. 2LのスーパーチャージドV8エンジンを搭載していますが、さらにパワーアップし最高出力は650psにまで達します。 ニュル北コースでは、なんと7分16秒というラップタイムを叩き出したハイスペックマシンです。 今回の2019年モデルも日本には今のところ導入予定はないようですがV8スパーチャージャーエンジンを搭載しているモデルもあるということ。 ローンチモデルやSSなどの登場も楽しみですが、将来的にはこのスーパーチャージャー搭載マシンも日本に登場してほしいですね。 関連記事: Advertisement 関連する記事• 2019. lincoln. 新型リンカーン[…]• 2015. 20 サイレンをけたたましく鳴らして疾駆する消防車。 子供の頃、あの赤い車に憧れた経験をお持ちの方も少なくないことでしょう。 その消防車を、実は買うことがで[…]• 2016. 18 2016年9月29日、ついにパリモーターショーにてアンヴェールされた「日産・マイクラGen5」。 マイクラとはマーチの輸出名で、来年3月よりヨーロッパ各[…]• 2019. thealviscarcompany. pdf 目次 1. アルヴィスとはどんな[…]• 2019. 01 ホンダのグローバルモデルとして重要な鍵を握るホンダ・アコードが、2020年に新型アコードとして生まれ変わるという情報を入手しました。 南[…].

次の

シボレー | ヤナセ

カマロ lt rs

新たなベンチマークを打ち立てる第6世代新型「シボレー カマロ」。 「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げている。 ラインアップは、新開発の2Lターボエンジン搭載のクーペ「LT RS」と「コンバーチブル」、および6. 2L V8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「SS」の3モデル。 「LT RS」と「コンバーチブル」には8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッション、「SS」は、新開発パドルシフト付10速オートマチックトランスミッションが搭載され、DCTを凌駕する変速スピードながらDCTには無い走り出しと低速のスムーズな繋がりを実現。 限定車には、「LT RS」、「SS」をベースにネオンカラーの「LT RS ショックエディション」(限定20台)、「SS ショックエディション」(限定15台)、「SS」をベースに「SS スタイリング スポーツエディション」(限定20台)を設定。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 左ハンドルのみ設定。 「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げている。 ラインアップは、新開発の2Lターボエンジン搭載のクーペ「LT RS」と「コンバーチブル」、および6. 2L V8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「SS」の3モデル。 「LT RS」と「コンバーチブル」には8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッション、「SS」は、新開発パドルシフト付10速オートマチックトランスミッションが搭載され、DCTを凌駕する変速スピードながらDCTには無い走り出しと低速のスムーズな繋がりを実現。 限定車には、「LT RS」、「SS」をベースにネオンカラーの「LT RS ショックエディション」(限定20台)、「SS ショックエディション」(限定15台)を設定。 今回、「SS」をベースに、「SS スタイリング スポーツエディション」(限定20台)を設定。 特別装備として、インテリアにジェットブラックを採用し、落ち着いた色合いがクールで洗練されたカマロの魅力をさらに引き立てる。 また、レッドアウトラインストライプ付5スポークグロスブラックホイールを装備。 さらに、ドライバーのスポーツマインドを刺激するRECAROパフォーマンスシートを装備した。 ボディカラーには、新色「シャドーグレーメタリック」を用意。 左ハンドルのみ設定。 新たなベンチマークを打ち立てる第6世代新型「シボレー カマロ」。 「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げている。 ラインアップは、新開発の2Lターボエンジン搭載のクーペ「LT RS」と「コンバーチブル」、および6. 2L V8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「SS」の3モデル。 「LT RS」と「コンバーチブル」には8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッション、「カマロSS」は、新開発パドルシフト付10速オートマチックトランスミッションが搭載され、DCTを凌駕する変速スピードながらDCTには無い走り出しと低速のスムーズな繋がりを実現。 今回、「LT RS」、「SS」をベースにネオンカラーの限定車「LT RS ショックエディション」(限定20台)、「SS ショックエディション」(限定15台)を設定。 ファッションのトレンドともなっている鮮烈なネオンカラーは、「カマロ」に刺激的で圧倒的なインパクトを与え、ストリートの視線はクギづけに。 足元をスタイリッシュに引き締めるブラックホイール(SSのみ)や質感の高さとコントラストを強調するジェットブラックのインテリアがボディカラーを引き立て、「カマロ」独自の存在感と洗練度をひときわ高めている。 ボディカラーには、フレッシュさを醸し出す新色「ショック」を用意。 左ハンドルのみ設定。 新たなベンチマークを打ち立てる第6世代新型「シボレー カマロ」。 「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げている。 ラインアップは、新開発の2Lターボエンジン搭載のクーペ「LT RS」と「コンバーチブル」、および6. 2L V8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「SS」の3モデル。 8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッションが搭載され、DCTを凌駕する変速スピードながらDCTには無い走り出しと低速のスムーズな繋がりを実現。 今回、フロント&リアを刷新し、より洗練されたエクステリアを採用。 エアロダイナミクスを細部まで追求したデザインによりパフォーマンスを向上するとともに、力強くエキサイティングなカマロの存在感をさらに際立たせた。 周囲をブラックアウトしたレンズがクールなリア外観を演出し、後続車両や街中の歩行者にカマロの存在感を強く印象付ける。 また、トップグレードの「カマロSS」は、新開発パドルシフト付10速オートマチックトランスミッションを搭載。 より洗練された走行性能を実現し、低速でも優れた加速性能を発揮する。 さらに、カマロのパフォーマンスを最大限に発揮する機能として、発進時のエンジン回転数やリアタイヤのスリップ率を選択できるカスタムローンチコントロールや駆動輪のグリップを最大化するバーンアウトに必要なラインロック機能を標準装備している。 より進化したテクノロジーとして、新採用のリアカメラミラーは新しいフレームレスデザインに変更し、ズーム/角度調整/明るさ調整の機能がボタン操作で可能な高機能型を搭載(SSのみ)。 さらに、ニューカマロ誕生を記念した限定モデル「ローンチエディション」を「LT RS」と「SS」に設定。 ヘリテージを象徴する鮮烈なオレンジのエクステリアカラー「クラッシュ」を採用。 ブラックカラーのセンターデカールやブラックペインテッドホイールを装備し、ひときわスポーティでパワフルな印象に仕立てている。 左ハンドルのみ設定。 「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトとし、先代よりひとまわり小さいながらワイド&ローが強調された筋肉質なボディ、「カマロ」のDNAを継承しながらさらに洗練度を高めたインテリア、「カマロ」初搭載のマグネティックライドコントロール(SS)、軽量かつ高剛性ボディに一新されたシャシーによる軽快な走り、コネクティビティ・インフォテイメントに投入した先端テクノロジー、そしてクーペSSにおいては「カマロ」史上最も力強いエンジンを搭載など、格段の進化を遂げている。 ラインアップは、新開発の2Lターボエンジン搭載のクーペ「LT RS」と「コンバーチブル」、および6. 2L V8エンジンを搭載したトップグレードのクーペ「SS」の3モデル。 新しく8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッションが搭載され、DCTを凌駕する変速スピードながらDCTには無い走り出しと低速のスムーズな繋がりを実現。 エクステリアは、初代のグリルにインスパイアされた低く、ワイドなスタンスを印象付けるフロントグリルや、一新した現代的なLEDシグネチャーランプ、新たに造形されたリアデザインなど、「カマロ」のアグレッシブなプロポーションを強く印象付けている。 さらに、先代よりも全長、全幅、全高、ホイールベースともにコンパクトながら、さらに力強く、ワイドでボリューム感のある、スポーティで彫刻的なスタイリングを実現。 インテリアは、主要部にタッチパネルコントロール、シートには豊かな質感をもつ上質なレザーを採用し、洗練度を一層高めた。 さらにクライメートコントロールを全て円型に一新したエアベントに統合。 独創的なメーターパネルやジェットエンジンを思わせるエアコンルーバーなど、随所に「カマロ」ならではのデザインを採用。 さらに、先進装備を満載した室内空間には、エンターテイメントを重視するシボレーが独自に開発したインフォテイメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」を標準装備。 ボディカラーは、「ブラック」を含む全5色を用意。 左ハンドルのみ設定。 アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 特別仕様車として、「LT RS」をベースに「スポーティブルー」(10台限定)、「スポーティブルーII」を設定(限定5台)。 今回、大幅改良された5世代目のシボレーカマロ「LT RS」をベースに、登場5周年を記念し、特別仕様車「カメマレイティブエディション(COMMEMORATIVE EDITION)」(限定30台)を設定。 5周年記念バッジ、アドレナリンレッドシートトリム/アクセントインテリア、ミディアムグレーメタリックペインテッド20インチアルミホイール、5周年記念専用ドアシルプレートなどの特別装備が施されており、今しか手に出来ない限定モデルとなっている。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 特別仕様車として、「LT RS」をベースに「スポーティブルー」を設定(10台限定)。 今回、「LT RS」をベースに、特別仕様車「スポーティブルーII」を設定(限定5台)。 新たなボディカラーのブルーベルベットメタリックとブルーインテリアとのファッショナブルなコンビネーションにより、これまでのスポーティ感に、より強いインパクトを与える存在となった。 「スポーティブルー」同様、ブルーインテリア/ブルーレザーシートを採用し、スポーティ志向に仕上げられた内外装は、シボレーカマロを個性的に乗りこなしたいドライバーにぴったりなものとなっている。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 今回、「LT RS」をベースに、特別仕様車「スポーティブルー」を設定(10台限定)。 エクステリアには、サミットホワイトにシルバーのラリーストライプを採用。 スポーティ志向に仕上げられたインテリアには、ブルーインテリアアクセントパッケージ/ブルーレザーシートを特別装備。 安全装備では、スタビリトラック(車両安定制御システム)、TCS(トラクションコントロールシステム)を採用。 ボディカラーは、「サミットホワイト」を用意。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 今回マイナーチェンジを行い、レースサーキットで学んだことを活かし、エクステリアを一新。 より広く、低く、進化したデザインとなった。 具体的には、フロントバンパー下の開口部を大きく広くデザインしたフェイシアは、エンジンの冷却性を上げ、空気抵抗を少なくするためのもの。 両サイドに特徴的なプロジェクタータイプのフォグランプを配置。 また、高速走行時に、フロントのリフトを減らし、走りの安定性を向上させるために、ボンネット上に新しい形状のエアスクープを追加。 一方、アッパーグリルのデザインは小型化し、さらに、一新されたリアは、より良いエアロダイナミックのバランスを実現させ、また、テールランプはLEDを組み込んだ新しい形状となっている。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 特別仕様車では、「LT RS ジオバンナエディション」、「SS RS ジオバンナエディション」を期間限定で設定。 今回、特別限定車「ホットウィール スペシャル エディション」を設定(限定10台)。 「ホットウィール スペシャル エディション」は、玩具メーカーのミニカーブランドである「Hot Wheels(ホットウィール)」とシボレーがコラボレーションし、実際のクルマとして創り上げた特別限定車となる。 外装は、専用デカールストライプ、専用リアスポイラーを採用。 内装は、前席レザーシート(HOT WHEELS刺繍入り)、エンジンカバー(ブラック ペイント)、プレミアム フロアマットを装備。 ボディカラーは、「キネティック ブルー メタリック」を採用。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 アメリカを象徴するシボレーブランドのアイコンカー「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 シボレーブランドの特徴であるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)を持ち合わせたシボレーブランドの特徴を訴求した。 今回、特別仕様車「LT RS ジオバンナエディション」、「SS RS ジオバンナエディション」を期間限定で設定。 エクステリアは、ボディーストライプ(オリジナルGTデカール)、フロントエンブレムに「SS」または「RS」を採用。 インテリアには、ヘッドレスト、ドアシルプレートに、ジオバンナエディション ロゴを刺繍(L&R)。 アルミホイールには、ジオバンナ ホイール20インチホイールを使用。 ボディカラーは「シルバーアイス(メタリック)」を含む全4色を用意。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 6L V型6気筒DOHCエンジンと、6. 2L V型8気筒OHVエンジンの2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載の「SS RS」、初代カマロの伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持つ、スポーツモデル「コンバーチブル」の3タイプ。 シボレーブランドの特徴であるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)を持ち合わせたシボレーブランドの特徴を訴求した。 今回、「LT RS」、「コンバーチブル」に搭載される、3. 6L 直噴V6エンジンが、新設計のシリンダーヘッドなどにより、約10kg軽量化されたうえに、エンジンの最高出力は227kW(308馬力)から241kW(327馬力)に向上。 また、インストルメントパネルやステアリングホイールのデザインが一新されたほか、パークアシストセンサー付リアビューカメラ、リアビューモニター付自動防眩ルームミラーの新採用、助手席へのパワーシートの装備、さらに、パフォーマンス・サスペンションの導入(V8モデル)など、パフォーマンスと実用性の両面で大幅な改良が施された。 同時に、シボレーカマロ生誕45周年を記念とした限定車は、、シボレー カマロ クーペLT RS(V6)、およびシボレー カマロ クーペSS RS(V8)、さらに、シボレー カマロ コンバーチブル(V6)のすべてのモデルを設定。 カーボンフラッシュメタリックの専用ボディカラー、レッド/チャコールの専用ストライプ、20インチ ディープシルバーペインテッドアルミホイール、45周年記念刺繍入りレザーシート、専用ステッチ入りシート、ヘッドレスト、ステアリングホイール、シフトノブ、専用エンブレム等を用意。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 6L V型6気筒DOHCエンジン(308馬力)と、6. 2L V型8気筒OHVエンジン(405馬力)の2機種、ともに6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載し、フロントグリル・エアスクープ・リアディフューザーなど専用パーツを装備する「SS RS」の2タイプ。 今回、初代「カマロ」の伝統的なデザインを引き継ぎ、大胆なフォルムを持ち、かつ、シボレーブランドの特徴であるクール(かっこいい)、ファン(楽しい)、フリーダム(自由な)を持ち合わせた現代のグローバルアメリカンブランドを代表するスポーツモデル「コンバーチブル」を新たに設定。 高い完成度とともにクーペに遜色のないドライビングダイナミクスを備え、より強化されたボディ構造は不快な振動の発生を許さず、どんな走行条件においても正確で安定した操縦性をもつ。 また、アルミニウムではなく複合材のフレームを採用し、ステッチを改良することによって、流れるようなルーフラインを持つ引き締まったソフトトップは、厚く丈夫なキャンバス製で、吸音性の高いライナーが挟み込まれているため、クーペ同様の静粛性を実現。 ストラットタワーバー、トランスミッションサポート、ドライブシャフトトンネルブレースなどの補強を追加し、サスペンションはクーペと同一のチューニングで仕上げることが可能となり、高いロードホールディングや加速性能を実現。 さらにAピラーに内蔵されたハイドロフォーム製法によるチューブ、ウィンドスクリーンフレームの強化部材などによって振動や騒音の発生を抑える。 リアウィンドウはガラス製で、デフォッガーも備わり、また折り畳み式のトノカバーは標準装備。 高級レザーを使用したバケットシート、セパレートタイプの大径の速度計と回転計、ヴィンテージ・デザインの4連メーター、スタビリトラック(車両安定性制御システム)、可倒式電動リモコン ドアミラー(ヒーター付)などを採用する。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 2009年、7年ぶりに待望の復活を果たした「シボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)」。 6L V型6気筒DOHCエンジン(308馬力)と、6. ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と、6. 2Lを搭載し、フロントグリル・エアスクープ・リアディフューザーなど専用パーツを装備する「SS RS」の2タイプ。 今回2011年型として、ドライバーの視線を変えることなく主要計器(速度、外気温、シフトインジケーター、ターンシグナル等を表示)を視認できるヘッドアップディスプレイを装備する他、ボディカラーに新色のレッドジュエル、インペリアルブルーの2色用意するなど変更された。 同時に、特別仕様車として「スタイリング・スペシャル」をラインアップ。 それぞれのモデルに、ラリーストライプ、フロントグリル、ドアシルプレートといったアイテムを追加装備した。 電動サンルーフはオプション設定(120,750円高)、ハンドルは左ハンドルのみ。 アメリカンスポーツクーペの象徴たるシボレーカマロ(CHEVROLET CAMARO)。 エンジンは3. 6L V型6気筒DOHCエンジン(308馬力)と、6. 2L V型8気筒OHVエンジン(405馬力)の2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と6. 2Lエンジンを搭載し、専用フロントグリル・エアスクープ・リアディフューザーなどを装備する「SS RS」の2タイプ。 2010年型シボレー・カマロの限定モデルとして、映画「トランスフォーマー/リベンジ」に登場した「トランスフォーマー仕様限定車」を導入。 ボディカラーは「ラリーイエロー」で黒のスポーティーなストライプを装着、そのほか特別ロゴを随所に装着しトランスフォーマー仕様限定車ならではの装備となる。 6L V6「LT RS」と6. 2L V8「SS RS」に設定、ハンドルは左ハンドルのみ。 アメリカンスポーツクーペの象徴たるシボレーカマロ。 2002年の生産終了後、約7年ぶりとなる2010年モデルを発売。 エンジンは3. 6L V型6気筒DOHCエンジン(308馬力)と、6. 2L V型8気筒OHVエンジン(405馬力)の2機種で、6速ATが組み合わされる。 ラインアップは3. 6Lエンジンを搭載する「LT RS」と6. 2Lエンジンを搭載し、専用フロントグリル・エアスクープ・リアディフューザーなどを装備する「SS RS」の2タイプ。 HIDキセノンヘッドランプ、20インチアルミホイール、ブレンボ社製ブレーキシステムやリアスポイラーを装備する。 また、電動サンルーフもオプション設定する。 ハンドルは左ハンドルのみの設定。 アメリカンスポーツカーのなかではエントリーモデルに位置づけられるスペシャルティがカマロ。 クーペとコンバーチブルの2タイプのボディを用意し、着脱式の強化ガラス製Tトップ・ルーフパネルはクーペにオプション設定。 コンバーチブルは電動で開閉するガラス製リアウインドウのソフトトップを備える。 8L V6OHV。 トランスミッションにフロア式4ATが組み合わされ、後輪を駆動する。 フロントシートは6ウェイパワー機構付きバケットシート、リアは可倒式のシートバックとする。 乗車定員は4名。 安全装備としてデュアルエアバッグ、ABSを標準で装着。 左ハンドルのみの導入となる。 また、V8 5. 7L搭載のカマロZ28クーペをベースにした35周年記念限定車、Z28 35thアニバーサリーもラインアップされる。 アメリカンスポーツカーのなかではエントリーモデルに位置づけられるスペシャルティがカマロ。 193馬力の3. 8L V6を搭載するスポーツシリーズと288馬力の5. 7L V8を搭載するZ28シリーズの2シリーズをラインアップ。 スポーツシリーズはクーペとコンバーチブルの2タイプのボディを用意。 タルガトップのTトップはクーペのオプション扱いとなる。 Z28はクーペボディのみを設定する。 トランスミッションは全タイプフロア式4AT。 2001年モデルからはショックアブソーバがファインチューニングされ、NVHが低減している。 乗車定員はすべて4名。 また、オーバーヒート兆候が現れたときに、V8エンジンのバンクごとにそれぞれ2気筒ずつを休止させオーバーヒートを抑制するリムホームモードも装備される。 安全装備としてデュアルエアバッグ、トラクションコントロール、ABSを標準で装着。 全車、左ハンドルのみの導入となる。 シボレーブランドのカマロは、アメリカンスポーツカーのなかではエントリーモデルという位置づけ。 8Lの193馬力V6を搭載するスポーツシリーズと288馬力の5. 7L・V8を搭載するZ28シリーズの2シリーズをラインアップ。 スポーツシリーズはクーペとコンバーチブルの2タイプのボディを用意。 タルガトップのTトップはクーペのオプション扱いとなる。 Z28はクーペボディのみが用意される。 ミッションは全タイプ4AT、サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リヤがマルチリンクとなる。 乗車定員はすべて4名。 また、オーバーヒート兆候が現れたときに、V8エンジンのバンクごとにそれぞれ2気筒ずつを休止させオーバーヒートを抑制するリムホームモードも装備される。 全車左ハンドルのみの設定。 GMシボレーブランドのCAMARO(カマロ)は、アメリカを代表するスペシャリティクーペ。 9mのビックサイズボディに、1320mmの低い全高とする。 1999年型モデルは、エミッションシステムが変更され、V6は最高出力が、V8は最高出力&トルクが抑えられた。 ミッションはフロアシフト4速AT、後輪を駆動する。 燃料タンクをプラスチック製に変更したことにより、タンク容量が64Lへ拡大された。 全車、左ハンドルのみの設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 クーペ・スポーツ・スペシャリティ GF-CF43A 3787cc 3 4AT FR 4名 8. カマラード(仲間、同士)がネーミングの由来となる。 フェイスリフトが行われた約4. 9mのビックサイズボディに、1320mmの低い全高とする。 ミッションはフロアシフト4速AT、後輪を駆動する。 デュアルエアバッグ、ABS、LSDを標準装備する。 全車、左ハンドルのみの設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 クーペ・スポーツ・スペシャリティ E-CF43A 3787cc 3 4AT FR 4名 7. フロントからの大きく傾斜したウインドウシールドに、リアは大型スポイラーを装着、約4. 9mのビックサイズに、1320mmの低い全高とする。 ミッションはフロアシフト4速AT、後輪を駆動する。 今回、エアロパーツを装着した3. 8L搭載「RSパッケージ」を設定した。 GMシボレーブランドのCAMARO(カマロ)は、アメリカを代表するスペシャリティクーペ。 フロントからの大きく傾斜したウインドウシールドに、リアは大型スポイラーを装着、約4. 9mのビックサイズに、1320mmの低い全高とする。 ミッションはフロアシフト4速AT、後輪を駆動する。 今回、Z28をベースとし、フロント&リアスポイラーを装着した「F1パッケージ」を設定した。 GMシボレーブランドのCAMARO(カマロ)は、アメリカを代表するスペシャリティクーペ。 カマラード(仲間、同士)がネーミングの由来となる。 フロントからの大きく傾斜したウインドウシールドに、リアは大型スポイラーを装着、約4. 9mのビックサイズに、1320mmの低い全高とする。 ミッションはフロアシフト4速AT、後輪を駆動する。 1997年モデルはアルミホイールのデザイン変更、全車ベンチレーテッドディスクブレーキ(ABS付き)が装着される。 左ハンドルのみの設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 クーペ・スポーツ・スペシャリティ E-CF43A 3787cc 3 4AT FR 4名 7. フロントからの大きく傾斜したウインドウシールド、リア大型スポイラーが特徴的。 9mのビックサイズに、1320mmの低いボディ。 排気量アップした3. また、オプション扱いだったハッチルーフ仕様車を「スポーツクーペTトップ」とした。 ミッションは4速AT、後輪を駆動する。 デュアルエアバッグ、ABS、LSDを標準装備する。 全車、左ハンドルのみの設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 クーペ・スポーツ・スペシャリティ E-CF43A 3787cc 3 4AT FR 4名 7.

次の

シボレー・カマロ

カマロ lt rs

V型8気筒 直列4シリンダー2組がV字様に配置されている形式。 多気筒レシプロエンジンとして広く用いられるエンジン形式の一つで、特に 排気量の多いアメリカ合衆国で多く使われてきました。 直列4気筒 シリンダーが1列に4列配置されている形式。 主に 排気量1L~2. 5Lの車両に搭載されることが多いです。 シボレーカマロのグレード カマロ SS 引用: SSはスーパースポーツの略で、最新のカマロ SSは V8 LT1 6. 2L エンジンが搭載されています。 このエンジンは10速オートマチックトランスミッションとの組み合わせにより、 わずか4. 0秒で時速約96. 5kmにまで到達します。 カマロ SSの特徴• 10速オートマチックトランスミッション• カスタムローンチコントロール/ラインロック• パフォーマンスサスペンション マグネティックライドコントロール• ドライバーモードセレクター(4モード)• リアカメラミラー• 8エアバッグ• Boseプレミアム9スピーカーオーディオシステム• 5スポークシルバーペインテッドアルミホイール• また、20インチアルミホイールによりエクステリアに力強い印象を与えています。 カマロ LT RSの特徴• 8速オートマチックトランスミッション• スポーツサスペンション• ドライバーモードセレクター(3モード)• レーンチェンジアラート/サイドブラインドゾーンアラート• 8エアバッグ• Brembo社製ハイパフォーマンスブレーキシステム(フロント)• Boseプレミアム9スピーカーオーディオシステム• 5スプリットスポークブライトシルバーペインテッドアルミホイール• カマロ コンバーチブルの特徴• 8速オートマチックトランスミッション• スポーツサスペンション• ドライバーモードセレクター(3モード)• レーンチェンジアラート/サイドブラインドゾーンアラート• 6エアバッグ• Brembo社製ハイパフォーマンスブレーキシステム(フロント)• 電動ソフトトップ• Boseプレミアム7スピーカーオーディオシステム• 5スプリットスポークブライトシルバーペインテッドアルミホイール• 今の時代にそんな車は少ないからね。 フロント&サイドエアバッグ(助手席乗員センサー付)/ フロントニーエアバッグ/ヘッドカーテンサイドエアバッグ… LT RS, SS• Bose プレミアム9スピーカーオーディオシステム… LT RS, SS• Bose プレミアム7スピーカーオーディオシステム… コンバーチブル.

次の