猫 便秘 餌。 猫の便秘におすすめのフード5選!【口コミあり】|にゃんたんといっしょ~キャットフード~

猫餌の人気おすすめランキング15選【安全・安心を重視】

猫 便秘 餌

老猫が便秘になる事は珍しくありません。 内蔵の働きも衰えてくるため、消化する機能も腸の運動機能も低下します。 中には、高齢になり下痢をするようになった猫ちゃんもいるようです。 うちでは、スコティッシュフォールドのバニラが、老猫になってからの便秘が始まりました。 その時の事は、にも書いてあります。 バニラは20歳まで生きてくれました。 ただ、やはり17歳過ぎてからは心臓の音に雑音があると言われるようになったんですよ。 ほとんどの子は、15歳を過ぎれば心臓の機能も落ちてくるため、雑音はあるようですね。 ですので、うちの老猫たちは、毎月、獣医さんから心臓の負担を減らす「エナカルド錠」という錠剤をもらっていました。 これは苦味もニオイもない飲みやすいお薬なので、毎朝1回、で砕いて少量のウェットフードに混ぜれば食べてくれました。 ですが、徐々に始まったバニラの便秘には苦労しました。 老猫が便秘の時にすぐにできる解消法 猫の便秘は、以前に獣医さんにおからや、こんにゃくを刻んで餌に混ぜるといいと言われた事があったのでやってみたんですが・・・。 でそこで、ネットの口コミをキャットフードごとに、どんどん調べていたんですが、その前に、まずは 油で滑りを良くしてあげる事もしてみようと思ったんです。 油は、 猫の好きなバター 無塩 を小さじ半分ほど、なめさせました。 その後、家にあった 毛玉ケアのジェルを少しだけ多めにあげておきました。 これは、2~3日続けた方がいいかもしれません。 お腹のマッサージも嫌がらない程度にして、後は食事療法になります。 老猫の便秘の解消に効果があったキャットフード 便秘対策という名前のキャットフードはないため、楽天やAmazonなどでひとつひとつのメーカーや、いろいろな種類のキャットフードの口コミをチェックして便秘に効果がみられるものを探しました。 そこで、便秘が改善したというキャットフードが ロイヤルカナンの消化器サポートの「 可溶性繊維」。 消化器サポートは他にも種類があるので間違えないで、「 可溶性繊維」と書いてあるのを選んで下さいね。 これ、本当におすすめなんです。 うちのバニラはこのフードに変えてから、便秘がすっかり解消したんですよ。 あんなに、毎日吐くほどつらそうだったのに。 腎臓の数値が悪いと言われていた子もいたので、しばらくしてからは同じくロイヤルカナンの「腎臓サポート」を少しずつ混ぜて半々にしてみたら、それでも他の誰も便秘になる事はなくなりましたよ。 ロイヤルカナンと言えば、今年、 2017年に韓国工場が完成して、日本にも韓国製のものが流通するようになるという話もあったんですが。 このあたりは、韓国工場はまだ未完成で1年ほど遅れるそうです。 そして、日本からの批判も多かったせいか、韓国工場ができてからも、日本へはこれまで通り「フランス製」ものを販売されるとの事。 なので、これからも安心してロイヤルカナンを買う事ができますよ^^ 純血種だと寿命が短くなるなど言われる事もありますが。 我が家のスコティッシュたちは、最高齢21歳で、他の子も20歳、17歳と長生きしてくれたのも、ロイヤルカナンのおかげかなと思っています。 ただ、今いる猫たちは好き嫌いもあって、ピュリナなどにロイヤルカナンを混ぜてあげている感じです^^; 粒も大きめなので、体が小さめの子には食べにくいのかも?.

次の

猫の便秘を改善する!おすすめキャットフードランキング

猫 便秘 餌

猫の初めての便秘には、「猫の便秘用フード(食事・餌)」が即効性がある 猫ちゃんが高齢になってくると、毎日出ていた「うんち」が出ないようになり、 便秘症状が深刻になってきます。 「グミにゃん」も7歳を超えると 便秘症になってきました。 初めの頃は、夏場の粗相から始まっていたのですが、その時は 「ネコの便秘」だとは気づかずにグミにゃんを叱ったりしていました…ゴメンナサイ。 特に、 夏場は猫ちゃんは便秘しやすいようです。 グミにゃんの便秘が判明してから 「猫の便秘」で、いろいろ調べました。 調べた結果は以下の通りです。 いつでも水分が取れるような環境を作る。 乳酸菌飲料を与える。 牛乳を飲ませる。 ビオフェルミンの錠剤を砕いて水に溶かして与える。 猫用のミルクを与える(キャットメンテナンスミルク)。 お尻にオリーブオイルを塗る。 お腹をマッサージする。 これらは確かに効果があり、数日に一回親指一つ分ほどの便が出るようになりました。 ですが、排便の量が少なすぎるので、お腹の中に「どんどん便がたまる状態」は 解消できませんでした。 結局、グミにゃんの 便秘症状を完全に 解消したのは 「便秘用の猫餌」でした。 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」という長い名前の 「便秘用の猫餌」(療法食)が発売されていたのです。 便秘が重症化すると、動物病院で便を取り出す処置を受けなければいけなくなります。 それは、猫ちゃんにとって肉体的、精神的に相当な苦痛となるので、ねこ茶は、なんとか他の方法で 便秘を 解消してあげたい…と必死で探して辿り着いたのが、この 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」です。 この 「便秘用の猫餌」を食べる以前、グミにゃんは、放って置くと4日間くらい便が出ず、息も便臭がするようになっていました。 1日30分くらいのお腹のマッサージをすると、なんとか「うんち」は出るのですが、出す時に相当痛いらしく、トイレから飛び出したり、、 嘔吐したりしていました。 便を出した後、お尻に 血が付いていたりもしました。 人間で言うと「切れ痔」です。 初めて 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」を与えたのは、いつものように 便秘をしてから3日目くらいです。 「便秘用の猫餌」は、店頭では売っていなかったので、インターネット通販で購入しました。 (最初は、効果があるかどうか確認するために500gだけ) 「便秘用の餌」を与えてからも2日間くらいは、いつもどおりの辛い排便でしたが、3日程経ってから、劇的に変わりました。 なんと、猫用トイレに 20~25cmくらいの長い長い「うんち」がありました。 グミにゃんも排便時に驚いたらしく、便がトイレから、はみ出していました。 それからは、毎日、快調に「うんち」を出すようになり、 便秘は解消されました。 猫の便秘解消法としては 「便秘用フード(エサ・食事)」を与えるのが最も簡単で、 即効性があるようです。 その後、3~4年間は 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」のおかげで 便秘はありませんでした。 「猫の便秘用フード」を与えてからもマッサージは続けましょう 初めて 便秘になった猫ちゃんであれば 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」を与えるだけで、すぐに 便秘は解消される可能性が高いです。 ですが、 便秘が解消された後も猫ちゃんの お腹のマッサージは続けましょう。 理由は、• 猫ちゃんにお腹のマッサージに慣れてもらう• 便秘用の猫餌を与えても、さらに高齢になると便秘が再発するようになる• 飼い主がマッサージに慣れると、お腹の便の溜まりが分かるようになる• お腹のマッサージは、猫ちゃんとの新たなスキンシップになる (グミにゃんが亡くなる直前は、1日に何度もマッサージをねだりました) からです。 猫ちゃんが高齢になると 排便する力が衰え、腸内細菌や酵素も減少してくるので、 便秘症の猫ちゃんは自力で排便するのが困難になってきます。 グミにゃんも、 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」を与えるようになってから3~4年後、再びトイレを失敗するようになってきました。 それから毎日3分間くらいの 「お腹マッサージ」を続けましたが、慣れてくるとグミにゃんから 「お腹マッサージ」をねだるようになりました。 猫ちゃんが「マッサージ好き」になると結構大変で、毎日5分くらいのマッサージを何度もすることにになります。 ですが、マッサージを長期間続けていると、 猫の左わき腹(左足の股付近)に便の塊を感じられるようになり、その後は何処を押してあげれば便が出やすくなるのか分かるようになりました。 高齢になったグミにゃんは 「TBA菌酵素納豆菌」「善玉ドリンク」を同時に与えることで 再び便秘を解消できました。 もし高齢の猫ちゃんが再び 便秘になった時は のページを参考にしてください。 便秘症の猫ちゃんには「便秘用の食事」しか与えたらダメなの? 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」は、好き嫌いの激しいグミにゃんでも、すぐに食べてくれたので、多くの猫ちゃんに好まれる 「便秘用フード」だと思います。 ですが、どんな猫ちゃんの大好物であっても、毎日それだけ与え続けたら「飽きられてしまう」可能性は高いですよね。 飽きるだけなら良いのですが、全く食べなくなってしまったら大変です。 猫ちゃんは 「便秘に良い餌」なんて分かってませんから…。 グミにゃんの場合、 「便秘用の餌」だけでなく、「膀胱炎用の餌」も食べさせるように獣医さんに言われていたので、思い切ってブレンドして出すようにしたら、意外と好評でした(笑)。 その他にも、おやつとして、「シーバ」や「ビューティープロ」、「カニカマ」なども与えていました。 便秘用の餌は、毎日1食分だけでも与えるようにしていれば、十分に効果があり、 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」を与えてから3~4年間は、便秘にはなりませんでした。 (ただ、夏場だけは、便秘用の餌の比率を増やします。 また猫ちゃんが水分不足にならないように気を配り、新鮮な水を猫ちゃんの寝床周辺と、餌場近くに置くようにします。 ) 療法食は、他の餌に比べて高価なので継続的に与える場合、単価の安い大袋(2~4kg)を選ぶと思いますが、その場合、長期間、同じ袋の餌を与えることになるので、「ビン詰め」して与えた方が良いです。 袋の中の餌は、なるべく空気に触れさせないようにしておかないと、鮮度にうるさい猫ちゃんは、途中から食べてくれなくなります。 グミにゃんは、2kgで購入していましたが、一度も拒否されず、飽きられず、 「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート 可溶性繊維 ドライ 猫用」を食べてくれました。 グミにゃんは、2kgを約3ヶ月で食べ終えます。 ADVERTISEMENT 広告 ADVERTISEMENT 何処で猫ちゃんの「便秘用のフード・餌(療法食)」を購入するか? 尿結石用の療法食などと違い、 「便用の秘餌」は猫ちゃんに害があるようなことは殆ど無いので、ねこ茶も自分で勝手に判断して与えました。 飼い主さんの判断で与える場合は、amazonなどのショッピングモールの中から安いお店を探して買うのが一番お得です。 ですが、飼い主さんの中には自分の判断で与えるのは心配という方もいるでしょう。 その場合、下記のようなサービスを利用してみましょう。 本間アニマルメディカルサプライ獣医師無料問診サービス 動物病院の「本間アニマルメディカルサプライ」では、ネットで療法食・薬も販売していますが、購入したい商品に関する無料相談サービスも行っています。 獣医師無料問診サービスでは、購入予定の療法食、お薬が症状に合うかどうかを診断してくれます。 「本間アニマルメディカルサプライ」さんは、こういった無料サービスも行っているため最安値ではありませんが、飼い主さんの心配を解消してくれるのは大きなポイントです。 5点] 「消化器サポート(可溶性繊維) ドライ」の特長:• 健康的な腸内細菌バランスと腸管内輸送を維持するために、可溶性食物繊維(フラクトオリゴ糖)および不溶性食物繊維を配合。 健康的な腸管内輸送を維持するために、サイリウムなどの可溶性食物繊維を配合。 健康を維持するために、複数の抗活性酸素物質(ビタミンE、ビタミンC、タウリン、ルテイン)を配合。 尿のpHを弱酸性に保ち、また健康的な尿量および尿比重に維持するように設計され、ストルバイト(S)およびシュウ酸カルシウム(O)にも配慮しています。 飼い主さんへのお願い:• 「療法食」を与える前に、動物病院での診察を受け、先生に相談しましょう。 猫ちゃんの飼い方に関するページ一覧は下記のリンクへどうぞ.

次の

猫の便秘を治す 3つの方法

猫 便秘 餌

目次 監修/佐藤貴紀先生 獣医循環器学会認定医 軽く考えてはいけない猫の便秘 猫の便秘の原因はさまざまですが、なかには腎臓病や腫瘍による腸閉塞、場合によっては命に関わる重篤な病気が原因となっていることもあるため、軽く考えてはいけません。 猫が便秘になるのは他の病気の症状の現れかも 以下のような病気にかかっている場合、その症状のひとつとして便秘になることがあります。 そして、脱水により水分が不足し、ウンチが固くなることで排出しにくくなり、便秘になるのです。 また、腸内管に分布する神経の異常も原因として考えられるでしょう。 なお、上記のような病気を疑って全身の検査をしても異常が見つからない場合には、次のようなことが関係していると考えられます。 水分の摂取量が足りていない• フードが猫に合っていない• ウンチを我慢している• 運動不足• トイレが汚れている 慢性的な便秘は命に関わる危険も! 猫の便秘を軽く考えてはいけない理由のひとつに、 慢性的な便秘から派生する『巨大結腸症』という病気があります。 巨大結腸症とは、硬いウンチが結腸(直腸から肛門へとつながる手前の部分)に大量にたまることで、結腸が異常に広がる病気です。 この病気になると手術が必要になる場合もあり、対応が遅れてしまうと敗血症で命に関わることも。 そのため、「たかが便秘」と侮ってはいけません。 病院での治療法は? 猫の便秘の治療は、基本的には人と同じように、内服薬で便を柔らかくする治療や、浣腸などの処置が中心です。 それでも自力で排便をすることが難しい場合には、獣医師が手を使って排便を助ける『摘便』という方法をとります。 しかし、重度の便秘になると摘便でも手に負えなくなるため、大腸を切除する手術を行うこともあります。 また、たとえウンチが出ていても、ウンチの状態や排泄時の猫の様子によっては便秘の可能性があるため、以下のような点に思い当たることがあれば、獣医師に相談をするとよいでしょう。 出たウンチでチェック 健康な猫のウンチは、大人の人差し指以上の長さがあります。 水分を充分に含んでいるためツヤがあり、色は普段食べているフードによって変わります。 一方で、便秘が疑われるウンチは長さが短く、硬くてコロコロとしています。 水分不足のため、表面は乾燥気味です。 猫の様子でチェック 排便時に鳴いていたり、いつもより長く踏ん張っていたりするときは便秘を疑いましょう。 また、ウンチが終わってもまだ出しきれていない様子が見られるなど、ウンチの切れが悪いときや、ウンチをしたあとに嘔吐をするようなときも要注意です。 なお、生まれつきしっぽが短い『マンクス』という猫種や、筋力の低下がみられる高齢猫は、ほかの猫に比べて便秘になりやすいといわれています。 また、冬場は夏場に比べて水分の摂取量が少なくなり、便秘になりやすい季節でもあるため、特に注意してあげましょう。 猫の便秘を解消!腸マッサージ 愛猫に便秘の傾向が見られたら、なるべく早い段階で改善してあげることが大切です。 猫の腸マッサージのやり方は? 1.まずは猫をリラックスさせよう 猫がくつろいでいるときに、頭などをなでてリラックスさせましょう。 手を前後に動かしながら、お腹のあたりを全体的に揉むのがポイントです。 強い力をかけると猫が嫌がるので注意してください。 猫にツボ押しして腸にアプローチ! 人と同様に、猫にもツボがあります。 そのなかから、便秘解消に効果があると言われているツボをご紹介します。 人差し指で5回ほど押すのを2~3セット行いましょう。 前足のポコッと出た部分のそばにある、少し押すと凹む部分が神門です。 小さなツボなので、30秒程度なでるように優しく力をかけましょう。 猫が便秘のときに与えて良いもの&ダメなもの 人が便秘のときには食物繊維を多くとるのが良いといわれますが、猫が便秘の場合、与えると効果的なものや、逆に与えてしまうと便秘を促進させてしまうものがあります。 与える場合は、ビオフェルミンなどの人用のものではなくペット用のものに限り、用量を守って与えましょう。 猫の体質にも関係するため、与える際は必ず獣医師に相談してください。 不溶性繊維は腸を刺激して働きを促す一方で、ウンチを硬く大きくしてしまう作用があります。 逆効果になることもあるため、与えてはいけません。 水分を充分にとらせよう! 猫は犬や他の動物と比べると水を飲む量が少なめです。 しかし、必要な水分がきちんととれていないと、便秘のほかにも泌尿器の病気になりやすくなるため、ふだんから愛猫が飲んでいる水の量を観察するようにしてください。 飲水量が少ないようであれば、水入れを置く場所を増やしたり、水を入れ替える回数を増やしたり、水分量の多いフードやおやつを与えるなどの工夫をしましょう。 愛猫に合ったフードを選ぼう! ひとくちに便秘といってもタイプはさまざまです。 そのため、便秘対策用のフードも、水に溶ける可溶性繊維が豊富なものや、水に溶けない不溶性繊維が豊富なものなど、猫の便秘のタイプに合わせたものが多数販売されています。 フードを選ぶときは便秘のタイプに合ったものを正しく選ぶ必要があるため、愛猫が便秘しがちな場合は、一度獣医師に相談してみると良いでしょう。 愛猫好みのトイレを用意して清潔に保とう! 猫がウンチを我慢する理由としては、「トイレが汚れている」「トイレの容器や砂が好みではない」「人の目に触れて落ち着かない」などがあります。 ウンチを我慢していると、やがては便秘の原因になることがあるため、愛猫が気持ちよく排泄できるよう、清潔で整ったトイレ環境を用意してあげることが大切です。 毎日適度に運動させよう! 猫も人と同じように、あまり体を動かさないでいると腸の動きが弱まり、便秘につながりやすくなるため、適度に運動させましょう。 あまり動かないタイプの猫であれば、飼い主さんがおもちゃなどを使って、1日5分程度でも良いので遊んであげてください。 冒頭でもお伝えした通り、猫の便秘はさまざまな病気の症状として表れている可能性があります。 しかし、便秘の兆候に気づくためには、ふだんから愛猫の様子をよく観察しておかなければなりません。 少しでも気になる点があるときは、自己判断せず獣医師に相談を。 便秘がきっかけとなり、病気の早期発見につながることもありますよ。 監修/佐藤貴紀先生 獣医循環器学会認定医。 麻布大学獣医学部卒業後、西荻動物病院、dogdays東京ミッドタウンクリニック副院長に就任。 2008年白金高輪動物病院を開業。 中央アニマルクリニックを附属病院として設立し、総院長に就任(現在は顧問獣医師)。 動物病院のグループ化を進めるJVCC動物病院グループ株式会社CEO。 東京都目黒に開院したJVCCグループ二次動物医療センター目黒病院のセンター長であり、自身の専門である「循環器」科を担当。

次の