天気の子のエロ。 「君の名は。」と「天気の子」は同じ世界線?時系列をまとめてパラレルワールドを検証!

『天気の子』まさかの修正箇所に反響!新海監督「血の気が引きました」

天気の子のエロ

映画『天気の子』がつまらないと言われる理由 新海誠クラスの超メジャー監督であっても、いや、メジャーな監督であるからこそ、アンチやそれ以外からの毀誉褒貶にさらされるものである。 今回は、「何となく観てみようか」というモチベーションで『天気の子』を鑑賞した私がニュートラルな視点から、駄作と評される理由について考察していきたい。 ストーリーのスケールが小さい 隕石の落下、男女の入れ替わり、日本の伝統文化、思春期の葛藤と、良くも悪くもさまざまな要素を詰め込み、アニメーション作家としてのプライドを見せつけた前作『君の名は。 』に対し、『天気の子』ではストーリーの大半が東京都内で展開する流れとなっている。 そのうえ、メインに設定される目的が「晴れ女(陽菜)を悲壮な運命から救い出す」という点に集約されるため、後半に至るまでストーリーが散漫になることなく、冒頭で提示される基本線はぶれることがない。 好意的に解釈すれば、よけいな要素をあえて取りのぞくことによって観客にとっては見やすく、わかりやすい内容になっているとも言えるのだが、『君の名は。 』のような終盤にかけての大スペクタクルを期待していたファンにとっては、いささか物足りない展開だったと言えるかもしれない。 帆高がお子様すぎる 『天気の子』の主人公・森嶋帆高は離島から家出をして東京までやってきた高校生、という設定になっている。 そんな彼が東京という大都会で必死に自分の居場所を探す中で陽菜と出会い、彼女の悲壮な運命に巻き込まれていく……というのが『天気の子』の本筋なのだが、帆高の考え方や陽菜に対する言動がいちいち幼すぎるため、ひねくれたファンとしてはどうにも興ざめしてしまうのである。 これに関しては、声優を務めた醍醐虎太郎の声質も影響しているのかもしれないが、いくらなんでも、ごく普通の男子高校生が大都会で拳銃を拾うというのは、偶然にしてもできすぎではないのか。 結局、誰も救わない 前作『君の名は。 』では要素の詰め込みによってストーリーが複雑化しながらも、終盤では「三葉の住む世界が救われる」という大きなカタルシスが用意され、エンタメ作品として満足のいくエンディングになっていた。 一方、『天気の子』のほうはストーリーとしての起承転結や盛り上がりはあるものの、最終的には「陽菜は陽菜のままでいい!」という究極の現状肯定によってストーリーが閉じられるため、『君の名は。 』のようなわかりやすいエンディングを期待していた観客にしてみればやはり、肩透かしを食らったような感覚があるのだろう。 それにしても、降り続く雨によって沈みゆく世界に生きていながら、「世界は狂っていていい!」と爽やかに主張してしまえる帆高はどこまでも幼く、青臭い。 温暖化対策委員会の真っ青のリアリズムである。 『天気の子』のストーリーと声優陣の評判は? 一部では厳しい批判がありながらも、映画『天気の子』は大方の予想通り大ヒットを記録し、興行収入も現時点で及第点といえる水準まで達した、 実際に劇場で鑑賞した人の評判を総合すると、新海誠監督作品だけあって描画力がずば抜けていて最後まで飽きない、ヒロインの陽菜がとにかく可愛らしい、主役以外のキャラクターにもきちんと感情移入できるなど、好意的な評価が多く寄せられた。 声優陣についても、主役の穂高・陽菜を演じたふたりは声質もぴったりで、声優として違和感がない、という評価が多数を占めていた。 夏美訳の本田翼については公開前から声優としての実力が若干不安視されていたが、実際に映画を観てみると夏美のキャラクターに声質がマッチしていて、前評判ほどの違和感は見られなかった。 ただ、エロさという点ではいささか物足りないような気もするが……。 ストーリーについては、いわゆる「君の名は的なもの」を期待するファンにとっては全体的に小さくまとまった印象があったようだが、新海誠監督作品らしく伏線の回収はお手のもので、ありきたりなジュブナイルの範疇にはおさまらない仕上がりとなっていた。 駄作とは言わせない!映画『天気の子』は大ヒット公開中! 駄作である、つまらないとの酷評も多い映画『天気の子』だが、楽しみ方次第では『君の名は。 』以上に楽しめる仕上がりになっている。 熱気が冷めないうちに、ぜひとも劇場まで足を運んで御覧いただきたい。

次の

天気の子その後のストーリー話は?続編の漫画や小説の発売する可能性は?

天気の子のエロ

大ヒットを記録した『天気の子』 - C 2019「天気の子」製作委員会 2019年邦画興行収入の上位10作品が文化通信社より発表され、興収140億2,000万円(12月8日時点)を記録した監督のアニメーション映画『』が年間ナンバーワンを獲得。 洋画別でトップを記録した『』121億6,000万円を抑え、洋邦合わせた年間総合ランキングでも1位を獲得した(文中の興収は一部推定)。 興収250億3,000万円を記録し、日本の歴代興収4位を記録するなど社会現象と化した『』の新海監督待望の次回作として注目された『天気の子』。 7月19日に全国448スクリーンで公開され、週末3日間で動員115万9,020人、興収16億4,380万9,400円を記録し、初登場首位。 その後13週連続でベストテン入し、公開から34日目で興収100億円を突破した。 新海アニメらしい精緻なビジュアルや、前作に引き続きタッグを組んだの音楽、そして叙情的な物語世界などもあり、多くのリピーターを獲得。 性別・年齢を問わず多くの層が映画館に足を運んだ。 結果、『君の名は。 』以来3年ぶりとなる日本映画の興収100億突破作品となった。 [PR] 2位には大ヒットアニメの劇場版第23弾『』が93億7,000万円を記録。 4月12日から公開3日間で動員145万8,263人、18億8,629万2,700円を記録。 9週連続でベストテン入りを果たした。 8月23日から4Dアトラクション上映がスタートし、3日間で興収5,770万円を記録。 公開から136日目で動員716万4,729人、興収91億8,270万2,500円となり、7年連続でシリーズ歴代最高興収を更新した。 今年は原作きっての人気キャラクター・怪盗キッドと劇場版初出演となる京極真の熱いバトルや、劇場版初となる海外・シンガポールが舞台ということも話題になり、幅広い層が劇場へ詰め掛けた。 今年はアニメが6本、実写が4本という内訳。 興収50億円超えの作品が上位5本を占めたが、そのうち実写作品は『』1本にとどまった。 配給別では東宝が7本(『キングダム』はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとの共同配給)を占める中、東映が3本(『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』『』『』)と健闘した。 [PR] 昨年は『』が大ヒットしたフジテレビ関連の作品が5本(『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』『』『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』『翔んで埼玉』『』)ランクイン。 アニメだけでなく、実写もバランス良くランクインするなど、存在感を見せつけている。 その他、日本テレビが関連する作品も『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』『キングダム』がランクインしている。 2020年は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『』『』といったアニメの強力作が目白押し。 そこに『』や『』『』といった実写映画がどう絡んでいくか。 そこも見どころとなるだろう。 (取材・文:壬生智裕) 【2019年邦画作品別興収 上位10本】(最終興収の数字は一部推定。 12月上旬集計時のもの) 1『天気の子』140億2,000万円(12月8日時点) 2『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』93億7,000万円 3『キングダム』57億3,000万円 4『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』55億3,000万円 5『』50億1,000万円 6『マスカレード・ホテル』46億4,000万円 7『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』40億円 8『翔んで埼玉』37億6,000万円 9『記憶にございません!』36億円(12月8日時点) 10『』29億8,000万円.

次の

『天気の子』まさかの修正箇所に反響!新海監督「血の気が引きました」

天気の子のエロ

【ストーリー】 『君の名は。 』が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年と少女の姿を描いた長編アニメーション。 離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。 生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。 そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。 ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。 ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、不思議な能力があった。 「ねぇ、今から晴れるよ」。 少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。 そう、陽菜の不思議な能力とは、祈るだけで、空を晴れに出来ることだった。 【スタッフ】• 監督:新海誠• 脚本:新海誠• 撮影:津田涼介 【キャスト】• 醍醐虎汰朗• 森七菜• 本田翼• 吉柳咲良• 平泉成• 梶裕貴• 倍賞千恵子• 小栗旬 【情報】• 製作:日本• 上映時間:112分• 公開日: 2019年7月19日.

次の