あういえお作文。 里 小1から楽しく書ける。作文、読解、国語の通信教育。Online作文教室 言葉の森

里 小1から楽しく書ける。作文、読解、国語の通信教育。Online作文教室 言葉の森

あういえお作文

はるか昔に高校生だった者です。 作文の書き出しは、たしかに苦労しますよね。 その時のことを思い出してみてください。 自分の過去の成功例を思い出して、それを再現するんです。 どうしてました? いろいろ情景を思い描いたり。 浮かんでくる文章の断片を、真っ白な紙に、つれづれに書いていったり・・・・なんてしてませんでしたか? (ちなみに、これはわたしの場合なんですが) ちょっと落ちついた場所で、ひとりでコーヒー飲んだり。 旅行中の写真があったら、眺めてみたり。 原稿用紙から、少し離れてみてはいかがでしょうか? 文章力そのものがある方だとお見受けしますので、端的に申し上げます。 あなたのお考えになっている出だしの文章の完成度の基準が、一般よりも高すぎることはないでしょうか? 書きたい内容が決まっているようですので、出だしは何でも良いと思います。 一番ポピュラーなものは、「これから……について書きます」のような単純なものでしょう。 お気に召さなければ、読み手に語りかける感じで、「……について、人はどう感じるだろうか?」のように、核心となる部分(お話の様子では優しさや人柄)について、謎をかけるようになさってはいかがでしょうか? でも、あまり不安がらずに、頭に浮かぶことをとにかく書き留めて、2~3回推敲なされば、標準以上の文章が完成すると思います。 私の文章の書き方ですが、 書き出しは淡々としてる事が多いです。 書き出しがタイトルみたいになってたりします。 高校の卒業文集の書き出しは、 「海へ行った」 そこから、なぜ行ったか?海の様子、そこで考えた事・・・などと続けていきました。 数年前まで同人誌でエッセイや小説を書いたりもしてましたが、やはり、書き出しは飾り気なく始める事が多かった。 ぽつりとした一言で始めると、その後が続け易いような気がして。 そこから話を膨らませて行くのが楽というか・・・。 または、疑問形で書き始めたり、対話形式から始めたり、心に残っている言葉・人に言われた言葉などを最初にぱっと出してみたり・・・なんてのも使いました。 参考になりますでしょうか? A ベストアンサー 読書感想文に近いとは思います。 生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。 部活は大丈夫だと思います。 1 あらまし 2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて 3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など 4 展望、まとめ というところでしょうか。 例文 1 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。 ふと部活動を続けて、意味があったのだろうかと考えることがあった。 2 私は小学校の頃からサッカークラブに入っていた。 もともとサッカーに興味があったのではなく、ちょうど親友に誘われて何となくはじめた。 しかし、じょじょにその魅力を知った。 ・・・ 3 引退後、すぐには自分がサッカーをしてきたことは時間の無駄だったのではないかと思った。 しかし、今その考えは間違いだと思っっている。 サッカー部だからといって、サッカーの技術だけを学んだわけではない。 1年のとき、友達と喧嘩した。 2年のとき、総体に敗北した時、先輩と共に涙をながした。 日々の練習はつらかったけれど、その一日一日につらさもあれば、笑いもあった。 ・・・ 4 サッカー部で、私はたくさん友達に恵まれた。 その友達とは部活にかぎらず、一緒に勉強することもあったし、いろんな悩みを相談しあうこともよくあった。 今、私はたくさんの価値あるものをもらったのだ。 ・・・ 適当に書きましたが、みたいな感じなのでしょうかね。 3はもっと具体的に、詳細に書けると思いますが、このあたりが一番大事でしょうね。 読書感想文に近いとは思います。 生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。 部活は大丈夫だと思います。 1 あらまし 2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて 3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など 4 展望、まとめ というところでしょうか。 例文 1 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。 ふと部活動を続け... A ベストアンサー こんにちは。 私の主張・・難しいですね。 自分が中学生の時も、夏休み明けには弁論大会があって、夏休み中にそこで発表する為の弁論文を書くのに四苦八苦しました。 経験から言えば、自分が実際に経験(体験)した事実から言える主張が書きやすいです。 例えば、携帯電話を使う上でのエチケットについて書くとします。 1 書き出し・・聞く人が興味を持ってくれる様に、少しインパクトのある書き方にするとよいです。 「うわぁ~マジマジ?最悪じゃん、そいつ!」 突然聞こえた大声に、私は内心ドキッとした。 2 体験談を書く。 近くに座っていた女子高生が、携帯電話で楽しそうに話したり笑ったりしている。 周りは学校帰りの学生、会社帰りの社会人でいっぱいだが、疲れているのか話している人は誰もいない。 中には目を閉じて眠っている人もいる。 そんな中でその女子高生は30分くらい大声で話し続けた。 電車の中での出来事である。 3 前に書いた体験談から感じた事を書く。 私はこの時、正直、「迷惑だな」と感じた。 同じように感じた人は、私の他にも車内にたくさんいたように思う。 しかし、同時に、「私も過去、気づかないうちに携帯電話で人に迷惑を掛けたことがあったかもしない」とも思った。 4 「主張」につなげる。 携帯電話が一般的に普及されるようになって、子供からお年寄りまで、携帯電話を使う人は年々増えている。 通話やウェブ、メールなどの機能を使うのは楽しいが、使う上ではやはり、「エチケット」や「マナー」を考えなくてはならない。 5 内容が薄ければ、別の体験談も挙げる。 こんな例もあった。 携帯電話は現在の生活にとってなくてはならない便利なものだ。 しかし、使う人皆が「エチケット」や「マナー」の部分まできちんと理解できているとは言えない。 気づかない内に人に迷惑を掛けている事も多々あるように思う。 それは私自身にとっても言える事だ。 だから、私は皆さんに言いたい。 携帯電話を使う上では「エチケット」を考えましょう。 もし私のエチケットが悪ければ注意して欲しい。 皆で注意し合い、気持ち良く携帯電話が使える社会にしましょう。 こんな感じでしょうか。 宿題がんばってくださいね。 こんにちは。 私の主張・・難しいですね。 自分が中学生の時も、夏休み明けには弁論大会があって、夏休み中にそこで発表する為の弁論文を書くのに四苦八苦しました。 経験から言えば、自分が実際に経験(体験)した事実から言える主張が書きやすいです。 例えば、携帯電話を使う上でのエチケットについて書くとします。 1 書き出し・・聞く人が興味を持ってくれる様に、少しインパクトのある書き方にするとよいです。 「うわぁ~マジマジ?最悪じゃん、そいつ!」 突然聞こえた大声に、... クラス対抗のスポーツ大会の作文だったら、試合開始の笛の音から始まるとか。 これが私の高校の目標です。 」のほうがいい、みたいな。 もしも、自分の夢を見つけるきっかけになった言葉があれば、その言葉をまず最初に書いてから始めるのがいいと思います。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろう。 」と思ったこともありました。 そこで、税金の使われ方について調べてみました。 すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、 私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。 また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。 と考えてみると、 私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、 私たちはこれから安心して暮らしていけません。 税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、 私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。 他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、 ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、 医療費は今よりも高くなります。 これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。 そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。 今まで、「税について知りたい! 」とか「税金は必要だ。 」と思ったことは 一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、 税金は必要だと思いました。 私たちは、いつも「勉強したくないなあ。 」と思いながら学校に通っていますが、 こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、 税金があるからできるのだと分かりました。 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。 税金によって、私たちは色々な面で支えられています。 日本全国の人々が、税金を払い、 その税金によって、私たちは支えられています。 だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、 他の人たちを支えたいと思います。 夏休みの社会の宿題で、 「税についての作文」というものがでました。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろ... A ベストアンサー 税についての詳しい知識は不要です。 身近にある税を考えてください。 スーパーやコンビニのレシートを見てください。 これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。 スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。 また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。 会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。 また、郵便貯金をされていませんか。 毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。 通帳で確認されます。 このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。 そして、その使い道を考えてください。 質問者様の学校は、公立の学校でしょうか? 授業料は無償ですね。 学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。 私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。 また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。 (小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。 しっかり勉強しろ。 」) ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。 税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。 そうすると文章が書けると思います。 また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。 これは、だれが返済するのでしょうか。 今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。 返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。 そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。 このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。 夏休みも、あと2週間! がんばってください。 税についての詳しい知識は不要です。 身近にある税を考えてください。 スーパーやコンビニのレシートを見てください。 これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。 スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。 また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。 会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい... A ベストアンサー 中学校で「主張文」と呼ばれているものが、高校以上で「小論文(自分の意見や主張を説得的に書く文)」と呼ばれているものにあたるのならば、以下の方法を参考にしてみてください。 違うな、と思ったら無視してください。 ただ、学校の先生に質問するというのが一番だと思います。 積極的な生徒だなと思われることはあっても、迷惑がられることはないと思うのですが・・・。 「主張」をするとき、一番の目的は、読む人に自分の言いたいことを納得してもらうことです。 ですから、基本構成としては「意見」とその「理由」を書くことになります。 簡単に言えば、「私は~だと思う。 なぜなら、~だからだ。 」という形を作ります。 文章を作る前に下のようにメモを作ると書きやすいです。 1,問題提起 これから自分が何について書くのかをまず書くといいと思います。 例)「私は最近の人の言葉遣いについて書きたいと思う。 」 2,意見 自分の主張を簡単に文章の最初の方に書いておくと、読む人がそのあとの「理由」を読みやすくなります。 例)「『雰囲気』を『ふんいき』と言ったり、『全然、出来ます。 』などと言うなど、最近の人は言葉や文法を間違っている人が多い。 」 ただ、これだとただ事実を書いているだけなので、このことについてあなたがどう考えているのかということを付け加えると、更に主張らしくなると思います。 良いことだとか悪いことだとか、それだけでも十分です。 例えば「今日マラソン大会があった。 」だけだと事実を言っているだけですが、「今日マラソン大会があった。 私は嫌だった。 」と言うと、「マラソン大会は嫌だ」という主張ができるわけです。 3,理由 なぜ2のように思ったのか、その理由を書きます。 具体例もここに書くといい場合もあります。 もし2で、言葉や文法を間違って使う人が多いことを「悪いこと」だと書いたのなら(おそらくそう思っていらっしゃるのだと思いますが)、ここでは、なぜ『雰囲気』を『ふいんき』と言ったり、『全然、出来ます。 』と言ったりすることは悪いことなのか、という理由を考えて書いて下さい。 4,まとめ もし余裕や余白があれば、もう一度主張を書くと、文章が締まります。 以上のことを今回の場合は、 「1」。 「2」。 なぜなら「3」。 こういった理由から「2」。 という風にまとめるといいかな、と思います。 最後の「2」はなくても大丈夫です。 では、長々とすみませんでした。 下の方も答えて下さっているので、参考までにどうぞ。 中学校で「主張文」と呼ばれているものが、高校以上で「小論文(自分の意見や主張を説得的に書く文)」と呼ばれているものにあたるのならば、以下の方法を参考にしてみてください。 違うな、と思ったら無視してください。 ただ、学校の先生に質問するというのが一番だと思います。 積極的な生徒だなと思われることはあっても、迷惑がられることはないと思うのですが・・・。 「主張」をするとき、一番の目的は、読む人に自分の言いたいことを納得してもらうことです。 ですから、基本構成としては「意見」... Q 添削をお願いします。 1週間以内に生活体験発表会があります。 6日後に生活体験発表会があるのですが、その作文の添削をお願いします。 テーマは「新しい自分」で「私は暗い性格でこれからどうしたいか」ということもとに、なぜ暗い性格になったのか、変わるためにどんな経験をしたのか、そして今どうしたいのか、といった流れで書いたつもりが「何か違う・・・」と思いまして、皆さまの意見やアドバイスを教えてほしいと思いました。 突然ですが、私はどんなことがあっても、死ぬまで私という人間です。 この事は誰でも当てはまることだと思いますし、当たり前のことです。 ですが私はこの当たり前のことがいやになることがあります。 自分が嫌いになり、「どこかに行ってしまいたい」、「生まれ変わりたい」と思うのです。 こんなことを聞くとほとんどの人は暗い人間だと思うでしょう。 事実、私は暗い人間で私の大きな悩みです。 中学生のころの私は「学校に行きたくない。 」と思いながら過ごしていたのを覚えています。 中学生になると思春期や反抗期などがあり、生徒の一人一人の考え方が変わっていきました。 今まで仲の良かった友達も会話が減り、一緒に行動することも少なくなっていきました。 私はみんなの心の変化についていけず、学校の中では孤立した存在になってしまいました。 私だけが取り残された気分になり、いつしか他人の目線や話し声に敏感になって行きました。 私の前を通りすぎるひと、私の方を見ながら会話をする人、「自分はおかしな事をしていない。 」そう思いこんでも、他人のことが気になり、日が立つにつれて、挙動不審になり引きこもりがちになりました。 それでも、一緒に話し合ったり、遊ぶことのできる友達も少なからずいてくれたので、なんとか学校には行き続けることができました。 しかし、対人関係の方は神経質になったままで、「周りのことなんて気にするな。 」、「うじうじしないでもっと明るくなれよ。 」自分自身に日々説教されます。 悩みに悩んだ末、「今の自分が嫌なら、自分の心を捨てて、新しい自分になればいい。 」そう思った瞬間、ほんの少しですが自分の中で心の整理がつきました。 ちょうどそのころが中学生を卒業して高校に入学する間の春休み、私にはタイミングがよく、自分が変わるチャンスだと思い。 」頑張ってみようと思ったのです。 高校の入学式が終わりまだクラス全体が馴染んでないころ、できるだけ多くの人と話そうとしました。 しかし、中学のこともあって思うように言葉が出ず、それでも何とかしようと思い、自分なりに声をかけ躓きながらも新しい友達を作ることができました。 私は簡単変われるものじゃないとわかっていましたが、こんなに大変だとは思いませんでした。 暗い人間ですから、暗い考えを根本的に変えていくのは何ともきついことで、全然前に進めないこともありました。 中学に比べると明るくなったと親や友達に言われたことがあります。 そう言われても心にある暗い心はなくなったわけではないので、落ち込む時は落ち込んでマイナスな考えをしてしまうので、まだまだなところも多くあります。 また、私は自分を変えること以外にも学校で集中して取り組めることをしようと考えていました。 私の高校では資格を多くとる機会が多かった事もあり、資格と勉強に力を入れるようにしました。 そして、中間テストや期末テスト、資格テストが近くなると勉強会がよくありました。 私はそういったことに励んでいたこともあり、クラスのみんなに問題の解き方を教えたりすることが多かったです。 それがきっかけで滅多に話さない人とも話すことができたので「自分にできることがあってよかった」そう思いました。 そのとき私は、たくさんのことを経験することで、人とのコミュニケーションが取りやすくなるきっかけになることに気がつきました。 高校生活を通して私はまだまだ自分変わりきれてないことを感じていました。 積極性になれないことや自信を持って行動できないことなどがあります。 しかし「きっと変わることができる。 」そう確信できるようになれたことが高校生活で一番大きな経験です。 )にいます。 学生のころとは違い厳しい訓練行事を行っています。 これからの人生も様々な出会いがあり、楽しいことやつらいことが数多くあります。 それを常に前向きに考え、何か新しいものを得るチャンスだと思い、自分を強く持って生きて行きたいと思います。 文章のつなぎや構成、「こんなふうにしたら、こんな言い方をすれば相手に伝わりやすい」といったことをアドバイスしてほしいです。 よろしくお願いします。 添削をお願いします。 1週間以内に生活体験発表会があります。 6日後に生活体験発表会があるのですが、その作文の添削をお願いします。 テーマは「新しい自分」で「私は暗い性格でこれからどうしたいか」ということもとに、なぜ暗い性格になったのか、変わるためにどんな経験をしたのか、そして今どうしたいのか、といった流れで書いたつもりが「何か違う・・・」と思いまして、皆さまの意見やアドバイスを教えてほしいと思いました。 突然ですが、私はどんなことがあっても、死ぬまで私という人間です。 A ベストアンサー No. 2,3です。 お礼をありがとうございます。 >よろしければこの作文の感想をしていただけないでしょうか。 では、私の文章は棚上げにして、遠慮無く率直な感想を書かせていただきます。 どうか、お気を悪くされませんように。 まず文体ですが、作文を最初に拝読したときは、ご自身の日常会話をそのままで書いていらっしゃる様な印象を持ちました。 その例を以下に幾つか挙げました。 先ず、第一段落の出だしの「突然ですが」は、例え断りを入れられても本当に唐突に感じられるし、「この事は~当たり前のことです」は、頭の中で整理が着かないまま、その場で誰かと会話したのを、そのまま書き起こした様な文章になっています。 次に、第二段落の「他人の目線」という表現にも違和感があります。 「目線」というと「目線を同じくする」とか、積極的に自ら進んで相手の心境を感じ取るとか、姿勢を倣うなどのニュアンスで使われる言葉だから、ここは、「他人の視線」でないと違和感があります。 同じ第二段落の、 「自分はおかしな事をしていない。 」 そう「思いこんでも」も筆者である貴方自身に対して使うことに違和感を持ちました。 だって、本当におかしな事はしていないと貴方は解っていたときもあったんですよね? ここでハッキリ事実と言えるのは、当時の貴方は疑心暗鬼になっていて、自分も同級生も誰も信じられなくなっていたということだけではありませんか? おかしくなっていたのは貴方の行動よりも、心理状態の方にあったのではないですか? 「思い込む」というと「錯誤していること」になってしまいますから、この場合は「そう自分に言い聞かせても」とした方が自然だと思います。 また、第三段落の「自分自身に日々説教されます」ですが、これも言いたいことは解りますが、やはり文章にしたときに違和感があります。 このとき貴方が自分に掛けていた言葉は、寧ろ「叱咤激励」にあたると思います。 ですからこの部分は「自分自身に発破を掛けていました」と手直しさせていただきました。 作文内容に関しての印象は、日記のように思えました。 まさに、回顧録なのですが、絵画で言えばスケッチのようです。 でも、そう思えたのも質問者さんが、 >実のところをいうと、作文を書くときは経験上のことを書いていっただけなので、「この文を読んでこう感じてほしい」って思って書いてはないんですよね・・・ と仰っているので、「私が感じた違和感の原因はこれだったんだな」と思いました。 反省や不安は事細かに書かれているのに、主題の筈のメッセージ性が弱いのです。 悩みの部分は良く伝わってくるのに、だからどうしたいのかが、原文からは、あまり伝わってきません。 「私」が表現し切れていない。 そんな印象を受けました。 そうなってしまったのは、事実をめいっぱい書き起こそうとするあまり、スケッチのように平坦になってしまい、作文全体のテーマというべき焦点が、ぼやけて拡散してしまったからだと思います。 全体に、「何故そうなって何故そう感じたのか」の部分の表現が、やや甘く感じました。 日記であれば、省いても書いた本人には解るけれど、そこの部分が掘り下げて書かれていないと、読み手には原因と結果という繋がりや、その時々の感情がどう変化していったのかが伝わりにくくなります。 事実の羅列だけだと感情が生き生きと伝わらず、報告文のようになってしまいます。 それは、テレビの画面を見ないで音声だけ聞いていて状況が解らなくなったり、今ひとつ主人公の感情が掴めないのと似ています。 一番気になったのは、貴方の心を支えてくれた中学時代の数少ない友人のエピソードです。 事実、貴方にとって大きな存在であったはずなのに、今ひとつ扱いが希薄です。 最後の段落の職場の仲間の話にも感じられたのですが、どちらの存在も、時間の流れを追うためだけに登場している様な平坦な表現になっているのが惜しいと思いました。 私の添削文では、二つの存在を絡めて書きましたが、どうでしょう? 質問者さんの中では二つの存在は繋がらないのでしょうか? 正直それは有り得ないのなら、私の添削文は無視して練り直してください。 原文にある真摯な持ち味が損なわれてしまいますから。 >失望してしまいましたらごめんなさい。 こちらこそ不躾なことを書いて申し訳ないです。 遠慮無く添削文のおかしな所はどんどん直して、要らないところも省いて、貴方らしい作文に仕上げて下さい。 発表会、頑張って下さいね。 2,3です。 お礼をありがとうございます。 >よろしければこの作文の感想をしていただけないでしょうか。 では、私の文章は棚上げにして、遠慮無く率直な感想を書かせていただきます。 どうか、お気を悪くされませんように。 まず文体ですが、作文を最初に拝読したときは、ご自身の日常会話をそのままで書いていらっしゃる様な印象を持ちました。 その例を以下に幾つか挙げました。 先ず、第一段落の出だしの「突然ですが」は、例え断りを入れられても本当に唐突に感じられるし、「この事は~当たり前の...

次の

あういえお/コメントログ

あういえお作文

学習ポスターの定番、あいうえお表です。 豊富なカラーとデザインの中からお好きなものを選んで下さい。 書体は「教科書体フォント」と「なぞり書きフォント」から選べます。 「どっちが良いのか分からない」という方は を一読して下さい。 ひらがなは小学1年生の初期に習います。 夏休みの作文コンクールの影響?でひらがなの授業は夏休みまでの4ヶ月間で終わります。 授業ペースとしては結構早いです。 その間に や 等のつまずきやすい所もマスターしておかなければなりませんので早め早めの取り組みが鍵になります。 市販品でも、ここまで作り込んでる物はほとんどありません。 正しい日本語に準拠 「ぢゃぢゅぢょ」などの拗音は子供でも理解できる単語が極端に少ないので、例えば 「ぢゅ」は「せかい"ぢゅ"う」など多少強引な感じになってます。 一応私なりに調べましたが「せかいじゅう」「せかいぢゅう」どちらでも間違いでは無いそうです。 ですので少し強引であっても日本語的に間違いでは無いように制作しております。 教える方も覚える方も「みかんの"み"」とか「りんごの"り"」とか、 イラストと1セットにした方が絶対に分かりやすいし覚えやすいと思います。 ですので上記のように強引さよりも覚えやすさ優先で制作しました。 も 配布しています(イラストもカタカナに合わせて一新しています)ので、こちらも併せてどうぞ。 初めてのひらがな練習に が人気です。 普通のもありますよ! 注意!! 家庭内での個人利用以外はを一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

次の

新定番!「あいうえお作文」で作る、誓いの言葉文例集【五十音全見本付き】

あういえお作文

ペアワークも豊富。 目次 Stage 1 Learning About a Paragraph 1 パラグラフは「段落」じゃない 2 主題文で要点を宣言 3 支持文で強力にサポート 4 結論文で念押し The Process of Paragraph Writing Stage 2 Writing in a Paragraph Format 5 自分の性格、好きですか? 6 大学生活は大変? それとも楽チン? 7 歩きスマホやめてくれない? 8 ネットショッピング詐欺に引っかからないために 9 似て非なるもの:パブと居酒屋 10 説明しよう、日本の文化 11 データにみる世界の現状 12 AI によって職が奪われるのか 掲載情報 著者紹介• 靜 哲人 大東文化大学教授。 専門は英語授業実践学・言語テスト論。 著書に『日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの作り方がいちばんよくわかる発音の教科書』、『英語授業の心・技・体』、『英語授業の大技・小技』、『英語授業作成の達人マニュアル』、『English あいうえお』、DVD『英語発音の達人トレーニング English あういえお』など多数。 関連書籍•

次の