ラプンツェル ネタバレ。 ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」あらすじ&ネタバレ・原作・登場人物

映画「塔の上のラプンツェル」あらすじ・登場人物・見どころを紹介!!(ネタバレあり) | 8ラボ(はちらぼ)

ラプンツェル ネタバレ

そんなとある国に王様とお妃様がいました。 お妃様は子供を授かりましたが、病気になってしまい病に倒れてしまいます。 そこで、国の人々はお妃様の病気を治すために魔法の花を手分けして探し出します。 人々は若さを保つためゴーテルが独り占めしていた魔法の花を発見し、その花を煎じてお妃様に飲ませます。 すると、魔法の花の効果によってみるみるうちにお妃様は回復していきました。 やがて美しい女の子を無事出産しました。 その娘には「ラプンツェル」という名前を付けたのです。 しかし、ゴーテルは魔法の花の力が欲しくなりラプンツェルを誘拐してしまうのです。 王様とお妃様、国の人々はラプンツェルがいなくなってしまいとても悲しみました。 そして、ラプンツェルの誕生日になると毎年たくさんの灯火を空に飛ばすことにしたのです。 ラプンツェルとフリンの出会い なぜゴーテルがラプンツェルを誘拐したかというと、ラプンツェルの髪は歌うと傷を癒す魔法の髪を持っていたからでした。 しかし、その髪を切ってしまうと魔法の力は使えなくなってしまいます。 ゴーテルは若さの魔法を独り占めするためにラプンツェルを森の奥の塔の上に閉じ込めてしまいました。 ラプンツェルには自分が本当の親ということにして…。 ラプンツェルは、毎年自分の誕生日に空に浮かぶ無数の光の正体が気になり、だんだんと外の世界に興味を抱き始めます。 そんなある時、お城から盗みを働いたとして指名手配中のフリン・ライダーとスタビントン兄弟が逃走。 フリンはスタビントン兄弟を裏切って1人ラプンツェルの塔へ逃げてきました。 外出中のゴーテルの目を盗み、ラプンツェルはフリンにあの謎の光を見せて欲しいとお願いします。 そして2人の冒険がスタートします。 惹かれあうラプンツェルとフリン 初めて外の世界へ降りたラプンツェルにとって、何もかもが新しく新鮮なものでした。 指名手配中のフリンは途中で、お城の兵隊に追いかけられピンチになったり、2人にとって慌ただしい冒険となりました。 旅の途中、ラプンツェルはフリンに自分の髪の秘密を打ち明けます。 また、フリンも自分の本当の名前をユージーンフィッツハーバートだと打ち明けます。 それによって、2人の距離がどんどん近づいていくことに。 フリンはラプンツェルに約束した通り街で上がる謎の光を見せます。 ところが、塔から逃げ出したラプンツェルを取り戻すため、手を組んだゴーテルとスタビントンにより、フリンは牢屋の中に幽閉され、ラプンツェルは塔に戻されてしまいました。 そこで、ラプンツェルは自分の本当の正体と、これまでウソをつき続けてきたゴーテルに怒りを覚えたのでした。 ゴーテルの最期と2人の未来 なんとかフリンはフックハンド達の助けで牢屋を脱出し、ラプンツェルを救いに塔へと向かいます。 しかし、ゴーテルによってフリンはナイフで刺されてしまいます。 ラプンツェルはフリンを救うため、一生ゴーテルの元にいることを条件に、髪の力を使おうとします。 しかし、フリンはラプンツェルを思い髪を切り落としてしまいます。 すると魔法の力が切れたゴーテルはそのまま塔から落ちて消滅しました。 ラプンツェルは、フリンを救えないかと涙を流しながら歌うと、ラプンツェルの涙がフリンに落ち、最後の魔法の力でフリンの傷は完全に癒えたのです。 2人はお城へ戻って結婚し末永く幸せに暮らしました。 本当は怖い塔の上のラプンツェルの原作 ディズニー映画では様々なキャラクターがカメオ出演していることで話題ですが、塔の上のラプンツェルにも密かに登場しているんです。 ラプンツェルのドキドキハラハラな行動や、フリンがラプンツェルを通して改心して行くシーンなど目が離せないストーリーとなっています。 改めて細かな設定を知って見てみると、また違った楽しみ方があるかもしれませんね。 ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」.

次の

『塔の上のラプンツェル』評価は?ネタバレ感想考察/髪の魔法とは?閉じこめられた理由は?

ラプンツェル ネタバレ

そんなとある国に王様とお妃様がいました。 お妃様は子供を授かりましたが、病気になってしまい病に倒れてしまいます。 そこで、国の人々はお妃様の病気を治すために魔法の花を手分けして探し出します。 人々は若さを保つためゴーテルが独り占めしていた魔法の花を発見し、その花を煎じてお妃様に飲ませます。 すると、魔法の花の効果によってみるみるうちにお妃様は回復していきました。 やがて美しい女の子を無事出産しました。 その娘には「ラプンツェル」という名前を付けたのです。 しかし、ゴーテルは魔法の花の力が欲しくなりラプンツェルを誘拐してしまうのです。 王様とお妃様、国の人々はラプンツェルがいなくなってしまいとても悲しみました。 そして、ラプンツェルの誕生日になると毎年たくさんの灯火を空に飛ばすことにしたのです。 ラプンツェルとフリンの出会い なぜゴーテルがラプンツェルを誘拐したかというと、ラプンツェルの髪は歌うと傷を癒す魔法の髪を持っていたからでした。 しかし、その髪を切ってしまうと魔法の力は使えなくなってしまいます。 ゴーテルは若さの魔法を独り占めするためにラプンツェルを森の奥の塔の上に閉じ込めてしまいました。 ラプンツェルには自分が本当の親ということにして…。 ラプンツェルは、毎年自分の誕生日に空に浮かぶ無数の光の正体が気になり、だんだんと外の世界に興味を抱き始めます。 そんなある時、お城から盗みを働いたとして指名手配中のフリン・ライダーとスタビントン兄弟が逃走。 フリンはスタビントン兄弟を裏切って1人ラプンツェルの塔へ逃げてきました。 外出中のゴーテルの目を盗み、ラプンツェルはフリンにあの謎の光を見せて欲しいとお願いします。 そして2人の冒険がスタートします。 惹かれあうラプンツェルとフリン 初めて外の世界へ降りたラプンツェルにとって、何もかもが新しく新鮮なものでした。 指名手配中のフリンは途中で、お城の兵隊に追いかけられピンチになったり、2人にとって慌ただしい冒険となりました。 旅の途中、ラプンツェルはフリンに自分の髪の秘密を打ち明けます。 また、フリンも自分の本当の名前をユージーンフィッツハーバートだと打ち明けます。 それによって、2人の距離がどんどん近づいていくことに。 フリンはラプンツェルに約束した通り街で上がる謎の光を見せます。 ところが、塔から逃げ出したラプンツェルを取り戻すため、手を組んだゴーテルとスタビントンにより、フリンは牢屋の中に幽閉され、ラプンツェルは塔に戻されてしまいました。 そこで、ラプンツェルは自分の本当の正体と、これまでウソをつき続けてきたゴーテルに怒りを覚えたのでした。 ゴーテルの最期と2人の未来 なんとかフリンはフックハンド達の助けで牢屋を脱出し、ラプンツェルを救いに塔へと向かいます。 しかし、ゴーテルによってフリンはナイフで刺されてしまいます。 ラプンツェルはフリンを救うため、一生ゴーテルの元にいることを条件に、髪の力を使おうとします。 しかし、フリンはラプンツェルを思い髪を切り落としてしまいます。 すると魔法の力が切れたゴーテルはそのまま塔から落ちて消滅しました。 ラプンツェルは、フリンを救えないかと涙を流しながら歌うと、ラプンツェルの涙がフリンに落ち、最後の魔法の力でフリンの傷は完全に癒えたのです。 2人はお城へ戻って結婚し末永く幸せに暮らしました。 本当は怖い塔の上のラプンツェルの原作 ディズニー映画では様々なキャラクターがカメオ出演していることで話題ですが、塔の上のラプンツェルにも密かに登場しているんです。 ラプンツェルのドキドキハラハラな行動や、フリンがラプンツェルを通して改心して行くシーンなど目が離せないストーリーとなっています。 改めて細かな設定を知って見てみると、また違った楽しみ方があるかもしれませんね。 ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」.

次の

『塔の上のラプンツェル』ゴーテルはいい人じゃないし、愛情もない!?

ラプンツェル ネタバレ

映画『塔の上のラプンツェル』のオススメ度は? 3. 0 星 3 つです 毒親登場 誘拐・監禁はひどい 18年間です STAY HOME です 頑張れば希望は見えます 映画『塔の上のラプンツェル』の作品情報・概要 『塔の上のラプンツェル』原題『 Tangled 』 2010 年のアメリカ合衆国のアニメ映画。 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第 50 作目。 原作のグリム童話『ラプンツェル(髪長姫)』をモチーフに製作。 映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじ・ネタバレ はるか昔、太陽の光が生み出した不思議な花があった。 ゴーテルという老女がその花を独占していた。 若さを保つために。 時は流れコロナ王国の王様と女王様に子供ができた。 しかし女王様が重篤な病気になり、命を救うと言い伝えのある不思議な花を国中で探した。 それがゴーテルが大切にしていた花だった。 女王は命が助かったが、花を失ったゴーテルが生まれた子供を誘拐し己の子供として育てる。 18年間監禁、 STAY HOME で、、、。 映画『塔の上のラプンツェル』の感想・評価・内容・結末 みなさんこんにちは、ラッキーマスクマン3号です。 ラッキージェンダーさんは新作映画が観られないのでスネてます。 よってアニメにちょっと詳しいわたくし 3 号が今日は記事を書きます。 さあ、本日ご紹介するのはディズニー映画『塔の上のラプンツェル』です。 もう大ヒットしましたね。 なんと今夜金曜ロードショで放送されます。 みなさんはすでに既にお気付きかと思います。 タイトルにも書いています。 ラプンツェルが生まれた国の名称は『コロナ王国』です。 そうです。 いま、世界中の人々を恐怖のどん底に陥れているウイルス、そうです、『コロナウイルス』と同じなのです。 もちろん映画の内容とはまったく関係ありませんが、微妙にリンクしています。 本当に偶然です。 奇しくもこの時期にテレビ放送されるというのは何とも言えない気がします。 緊急事態宣言が発令されて約一ヶ月です。 というのは ラプンツェルは18年間、監禁され、外出制限されていたのです。 耐えたのです。 そして自由を獲得したのです。 それがすごいのです。 わたしたちはたったの一ヶ月です。 ここでラプンツェルを見習えば勇気100倍です。 (ちなみに世界では COVID - 19 (コビッド・ナインティーン)と呼ばれています) さてさて、ラプンツェルは小さい時にゴーテル(本作のヴィランです)という魔女のような老女に誘拐され監禁されました。 塔の上で一切の外出制限の中暮らしています。 STAY HOME 状態を 18 年過ごしました。 ゴーテルは典型的な毒親です。 誘拐したばかりか、監禁してラプンツェルの心を支配します。 毒親には色んなタイプがあります。 ラプンツェルの長い金髪の毛には不思議な力があり、伸び続けている限りゴーテルは若くいられるのです。 そもそもこの髪の毛の由来はある花から来ています。 そこに花が咲いたのです。 ゴーテルはいち早くその花を見つけ花に歌い掛けることで若さを保ってきたのです。 時は流れてその地はコロナ王国が収められ、王様と女王様に子どもができます。 しかし女王様が重篤な病気に陥ってしまいます。 ゴーテルが大切にしていた花です。 そして遂に花を見つけて花のエキスを女王に飲ませると、女王は奇跡的に助かります。 そして ラプンツェルが無事生まれるのです。 ゴーテルは花のことが忘れられません。 お城に忍び込んでラプンツェルの金髪を切ります。 しかし切った髪は金髪から栗色に変わってしまいます。 そうなると不思議な力は失われることがわかりました。 若さが欲しいゴーテルはラプンツェルを誘拐するのです。 そしてゴーテルは大切に育てていたのですよ。 特に悪用はしてなかったのです。 自分の若さのためだけに使っていたのです。 それがある日、盗まれてしまったのです。 良いですか、ゴーテルが大切に育てていた花を盗まれたのですよ。 それってありでしょうか。 大事な花が盗まれてしまったからゴーテルが取り返したくなるのは当たり前ですよね。 もっと端的にいうと 「花を盗んだからこんな悲惨なことになった」のです。 盗まなきゃ騒動は起きなかったのです。 無論、女王様は亡くなったかもしれませんが、ラプンツェルは生まれた可能性は高いのです。 すみません、ちょっと熱くなってしまいました。 さて、先にも書きましたがラプンツェルの生まれ故郷はコロナ王国です。 これはディズニーのサイトにも書いてあります。 ラプンツェルの原作はグリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』から来ています。 このグリム童話はとても恐ろしい話が多いです。 ラプンツェルは結構性的な描写があります。 ですから子供向けにかなりの手を加えています。 ただしグリム童話のラプンツェルも誘拐され監禁されていますから、そこは映画と同じです。 少し話は逸れますが、いま世界中を恐怖のどん底に陥れている「コロナウイルス」がなぜそう呼ばれるのかご存知でしょうか。 「太陽大気の最外層」に由来するそうです。 「コロナ」はラテン語で「王冠」(ギリシャ語ではコロネ)を意味します。 太陽の最外層の名前にもなっています。 ではなぜ、新型ウイルスが「コロナウイルス」と呼ばれているのかというと、ウイルスの形状にあるのです。 コロナウイルスの表面にたくさんの突起が特徴です。 その形状が王冠(コロナ)に似ているため、コロナウイルスと呼ばれるようになったのです。 良いですか、映画の中で太陽のマークたくさん出てきませんか。 街中にもあるし、ラプンツェルが見つめるハンカチにも「コロナ」マークがあります。 これは偶然でしょうか。 ラプンツェルはあの太陽のマークを見て自分が誘拐されていたと言う事実に気がつきます。 しかもコロナウィルスは太陽の光とか暖かいものに弱いと言われています。 このまま季節が夏に進めばおそらくコロナウィルスも収束するのでははないかと期待できます。 毒を以て毒を制すではありませんが、太陽から発せられる光や熱によって「コロナウイルス」が消滅するのであれば、いま巷に溢れている消毒剤などはなんら意味が持たないと言えます。 「コロナはコロナで制す」を期待しましょう。 再び映画の話も 戻ります。 ラプンツェルは生まれた時に誘拐されて、ゴーテルに育てられます。 監禁されます。 外出禁止です。 しかも「お前のような弱い人間は外では生きてはいけない」「外には恐ろしい動物がいる」「強盗、ギャング、毒虫、牙のある男がいる」と教え込まれています。 18 年間です。 その間ラプンツェルは部屋の掃除をしたりギターを弾いたり絵を描いて過ごします。 母が外出して帰ってくるたびに髪の毛を地上に下ろし母を持ち上げます。 結構な運動です(あれだけ毎日母を持ち上げていたのに、それほど筋肉質ではありません) そしてコロナ王国はラプンツェルがいなくなった悲しみを癒すために、ラプンツェルの誕生日に毎年光の灯籠を打ち上げます。 それはどこかにいる ラプンツェルへ向けての光です。 ラプンツェルは自分がプリンセスだと無論知りません。 でも光を近くで見ることが夢になります。 自分はゴーテルの娘だと信じ切っていますから。 でもさすがに 18 年と言う月日は長い。 ラプンツェルも思春期ですから、外に出たかったんでしょ。 そこへ、フリン・ライダーが忍び込んできます。 彼はこそ泥です。 卑しい人間です。 指名手配されています。 ラプンツェルにとって初めて会う人間です。 しかも男の人です。 当社はフライパンで殴って縛り付けて距離を置きますか、すぐに親しくなってしまいます。 18 年間誰とも喋ったことなない女性が、いきなり人と、しかも男性と話せるのか不思議です。 ついでに書きますがラプンツェルは酒場へ行っても街へ行っても、すぐに人と仲良くなり、歌ったり踊ったりしています。 そこがすごいです。 さすがプリンセスです。 18 年間ですよ、 18 年間人と会ったことのない人間がいきなり久しくなってしまうのは、まさにプリンセスの素養のなせる技なのです。 人の心つかむ能力が生まれながらに備わっていることを表しています。 さらにラプンツェル初めて降りた地上を裸足で走り回ります。 草原も森も、水の中も酒場もです。 わたし、観ていて不安になりました。 いま世界中は人々は汚いものに対して嫌悪感を持っています。 清潔に清潔に、さらには除菌、除菌と口を酸っぱくしていっています。 「マスク、手洗い、うがい」はもちろんのこと、何かに触ったらアルコール消毒を推奨される毎日です。 でもラプンツェルは全く気にしていません。 長い髪の毛を振り乱すわ、色んなものを触っても手も洗いません。 これは全く世間を知らない 18年間の STAY HOME 状態の悲劇なのかもしれません。 映画はお約束通りハッピーエンドで終わります。 ラプンツェルが王国に戻り、王国の平和に尽くします。 しかもコソ泥のフリン・ライダーと結婚します。 ここは無理があります。 いくら ディズニーが従来の女性の生き方や立場を世間一般的に合わせようと躍起になるのはわかりますが、やっぱりプリンセスとコソ泥は合いません。 なんか違和感を覚えます。 それと演出的にわからないのはフリン・ライダーがゴーテルに刺されて死んでしまいますが、ラプンツェルの涙で蘇ります。 この意味がわからないのです。 不思議な力があるということでしょうか。 さてもう一度確認します ラプンツェルは 18 年間 STAY HOME 状態でした。 わたしたちはまだ、たかが 1 ヵ月。 ラプンツェルのように STAY HOME 状態でも何か趣味を見つけて頑張りましょう。 信じましょう。 乗り越えましょう。 必ず自由に外出できる日がきます。 思いっきり笑える日がきます。 金曜ロードショーがこの映画をいまこの時期に放送したと言うことが非常に有意義に感じます。 映画『塔の上のラプンツェル』のキャストについて ラプンツェル(日本語吹き替え)中川翔子 フリン・ライダー/ユージーン・フィッツハーバート(日本語吹き替え)畠中洋 ゴーテル(日本語吹き替え)剣幸 スタビントン兄弟(日本語吹き替え)飯島肇 警護隊長(日本語吹き替え)佐藤陽規 ビッグノーズ(日本語吹き替え)石原慎一 フックハンド(日本語吹き替え)岡田誠 ショーティー(日本語吹き替え)多田野曜平 まとめ 映画『塔の上のラプンツェル』一言で言うと! 「信じましょう。 絶対希望の光はやってきます」 世界はいま長い長いトンネルの中を走っているような気がします。 でも一筋の光が見えてきました。 わたしたちは STAY HOMEで頑張っています。 コロナウイルスも消滅へと向かっていると思います。 わたしたちの努力の賜物です。 もうすぐです。 もうすぐわたしたちは自由になれます。 頑張りましょう。 信じましょう。 合わせて観たい映画 【】 映画『塔の上のラプンツェル』の作品情報 スタッフ・キャスト 監督 ネイサン・グレノ バイロン・ハワード 製作 ロイ・コンリ 製作総指揮 ジョン・ラセター グレン・キーン 原作 ヤーコプ・グリム ビルヘルム・グリム 脚本 ダン・フォーゲルマン 編集 ティム・マーテンス 音楽 アラン・メンケン 作詞 グレン・スレイター エグゼクティブ音楽プロデューサー クリス・モンタン 音楽監修 トム・マクドゥガル 視覚効果監修 スティーブ・ゴールドバーグ ラプンツェル(マンディ・ムーア) フリン・ライダー/ユージーン・フィッツハーバート(ザカリー・リーバイ) ゴーテル(ドナ・マーフィ) スタビントン兄弟(ロン・パールマン) 警護隊長M・C・ゲイニー ビッグノーズ(ジェフリー・タンバー) フックハンド(ブラッド・ギャレット) ショーティー(ポール・F・トンプキンス) リチャード・キール デラニー・ローズ・ステイン ネイサン・グレノ バイロン・ハワード ティム・マーテンス ラプンツェル(日本語吹き替え)中川翔子 フリン・ライダー/ユージーン・フィッツハーバート(日本語吹き替え)畠中洋 ゴーテル(日本語吹き替え)剣幸 スタビントン兄弟(日本語吹き替え)飯島肇 警護隊長(日本語吹き替え)佐藤陽規 ビッグノーズ(日本語吹き替え)石原慎一 フックハンド(日本語吹き替え)岡田誠 ショーティー(日本語吹き替え)多田野曜平 (日本語吹き替え)諸星すみれ (日本語吹き替え)飯田汐音 (日本語吹き替え)根本泰彦 (日本語吹き替え)IKKAN (日本語吹き替え)田中英樹 (日本語吹き替え)小西のりゆき (日本語吹き替え)村上勧次朗 (日本語吹き替え)KUMA (日本語吹き替え)菅原さおり (日本語吹き替え)落合佑介 (日本語吹き替え)宮崎亜友美 (日本語吹き替え)さとう優衣 (日本語吹き替え)鶴岡瑛梨 (日本語吹き替え)遠藤純平 2010年製作/92分/G/アメリカ 原題:Tangled 配給:ディズニー.

次の