オイル マッサージ 顔。 顔のマッサージいつのタイミングでするの?どの順番?疑問にお答え!

【ベビーオイルでマッサージ】顔や足、脚への効果的な使い方を紹介!

オイル マッサージ 顔

タグ 100均 DIY あいうえお作文 アイス アイデア アイテム アイロン アクセサリー アク抜き アレンジ アンティーク インコ・文鳥 インテリア ウォシュレット うさぎ エアコン エビ エプロン おかず おしゃれ おすすめ おにぎり おもちゃ おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お手入れ お玉 お神酒 お酢 お風呂 お風呂掃除 カーディガン カスタネット カニ カバー カバン カビ カビ臭い カリカリ カルキ カレー カレー鍋 キーキー音 キーホルダー キッチン キャベツ キンパ クーラー クエン酸 クッキー グッズ グッズ・アイテム グッピー・金魚・メダカ グラタン グリル グルーガン クロス ゲージ ケア ゴーグル コーデ コツ ゴミ箱 ゴミ袋 ゴロゴロ サーキュレーター サイズ サングラス シール シェービングフォーム しおり ジッパー シミ シミ取り じゃがいも シャンプー シュウマイ ジュニア シンプル シンプルライフ スエード スキー・スノーボード スキンシップ スタンド ズッキーニ ストレッチ スポーツ スポーツサングラス スポンジ スライダー スライム セスキ ソース タイミング ダニ タレ チーズ チーズソーズ チャック つくね つまみ テカリ テニス ドア・窓 トイレ トカゲ どのくらい トマト トマトソース トマト缶 トラブル トレーニング ナス ナット ニオイ ニット ネイル パウンド バスケ パスタ バスタオル バッテリー パテ パプリカ ハムスター バレエ パン ハンガー ハンドメイド パンプス ピーマン ひき肉 ピザ ブーケ ファスナー フィルター フライパン ブラインド プラスチック プラバン フラメンコ ブレーキ フレーム ベーキングパウダー ベーコン ペーパードライバー ヘアアクセサリー ヘアカラー ペイント ベランダ ヘルシー ペンキ ホーロー ポイント ホットケーキミックス ホットプレート ポリエステル ボルト マグカップ マスク マッサージ まっすぐ マナー マラソン・ランニング むね肉 メガネ メス メニュー メリット やかん やり方 やり方・手順 ヨーグルト ライト ラッピング リース リゾット リボン リメイク リュック ルール レース レザークラフト レシピ レモン レンジ ワッフル ワッペン ワンピース 一人 一人暮らし 上靴 下水 中学 丼 乾かす 乾燥 予防 予防方法 予防法 事前準備 交換 人気 人間関係 仕事 代用 会いたくない 体が硬い 体を柔らかくする方法 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 保存方法 修理 傷 充電 先生 入学式 共働き 具 具材 内容 再婚 冷凍 冷凍ご飯 冷蔵 出産・産卵 出窓 初心者 刺繍 効果 勉強 勘違い 卓球 原因 友達 収納 取り付け 取り方 同居 名付け 名前 和風 和食 喜ぶ 固定 圧力鍋 塗り方 塩唐揚げ 塩素 墨汁 変色 夏 夏休み 夕食 夕飯 外干し 夢 大切 大学 大根おろし 天日干し 夫婦・家族 女の子 女性 好き 姑 婚活 嫌い 子供 子供が喜ぶ 子連れ 季節 定番 家事 家族 家電 容器 密閉 寝室 対処 対処法 対策 寿命 小・中・高校 工夫 布 布団 干し忘れ 干し方 年下 幸せ 幼稚園・保育園 床 弁当 彼氏 後悔 意味 意識 戸建て・アパート 手作り 押し花 挨拶 掃除 掃除・洗濯 排水口 揚げ物 換気扇 支度が遅い 料理 新聞 新聞紙 方法 旅行 早く乾かす 時短 時間 景色 曇り止め 最強 有効活用 服 服・ファッション 服装 朝 朝ごはん 期間 本 本場 材料 枚数 柑橘類 染み抜き 桜 梅雨 棚 植物 業者 正月 武士 歯磨き・歯ブラシ 歴史 残り 母 毎日 比較 毛玉 毛玉取り 気持ち・心理 水 水垢 水抜き栓 水槽 水泳 水漏れ 油汚れ 泡立て方 注意 注意点 洗い方 洗う 洗剤 洗剤投入口 洗浄 洗濯 洗濯槽 洗濯物 洗顔 浴室 海 海外 消す 消臭 消臭剤 湿気取り 準備 漂白剤 漢字 炒める 焼きおにぎり 焼き方 焼肉 煮浸し 片付け 片付け・収納 特徴 犬 猫 献立 理由 理由・原因 生乾き 生乾き臭 生地 男の子 男性 相場 石 秋刀魚 種類 窓拭き 窓掃除 管理 節約 簡単 米 紐 素材 紫外線 結婚 絵・イラスト 締め方 練習 練習メニュー 練習方法 繁殖 置き場 美味しい 習い事 肩こり 育て方 脱皮 自分 自分で 自宅 自己紹介 自転車 臭い 色 花 花束 茶渋 茶碗蒸し 菓子・デザート 菜箸 落とし方 落とす 虫 虫除け 衣類 裁断 裏技 裏返し 親 観光 言葉 試合時間 調味料 豆腐 豚ひき肉 豚挽き肉 豚肉 貴重品 費用 賞味期限 赤ちゃん 趣味 足の臭い 身長・体重 車 車・運転 車同士 近所 造花 道具 違い 違反 選び方 那須 部屋 部屋干し 酸性 酸素 酸素系漂白剤 重曹 野球 野菜 釣り 鍋 除湿剤 雑菌 離婚 雨 雨よけ 電圧低下 電子レンジ 韓国 頻度 風呂 風呂掃除 風呂釜 食事 食用 飲み物 飼い主 飼い方 飾る 餌 高所 髪型 鳴き声 鳴らし方 鶏肉 黒ずみ 黒豆 目次• 顔のオイルマッサージの基本的なやり方 オイルを使った顔のマッサージは、一気にたくさんやるといいということではありません。 習慣としてコツコツ行っていくことが大切です。 肌への栄養過多や刺激にもなるということから、週の半分くらいの回数に抑えましょう。 毎日する必要はありません。 まずは基本的なオイルマッサージのやり方を見ていきましょう。 おでこの中心から生え際やこめかみへ指を滑らせます。 おでこ全体をマッサージして、最後はこめかみをくるくるとマッサージしましょう。 目の骨のくぼみに沿って、優しくマッサージします。 目の周りの皮膚は薄いので、力を入れずに優しくということがポイントです。 最後は目尻からこめかみに指を滑らせ、くるくるマッサージします。 鼻筋からほうれい線を通って口角までマッサージします。 最後に口角をキュッと押しましょう。 頬骨の下から耳の下までマッサージします。 リンパの流れが良くなり、疲れや凝りが解消されます。 最後にあごの下から耳の下までマッサージします。 老廃物を流すようなイメージで、スッと指で押し撫でるようにします。 最後にベタつきが気になる場合は、軽く拭き取って終了です。 顔のオイルマッサージのやり方。 むくみ予防に効果的な方法 朝の寝起きの顔や、一日が終わってふと鏡を見たときに、顔のむくみが気になることはありませんか。 顔がむくんでいると、顔が大きく見えるだけでなく、目が小さく見えたり鼻が低く見えてしまうことがあります。 顔色も明るくなるので、むくみはすぐに解消したいですね。 顔の中でも頬骨の下は、特に老廃物が溜まりやすくリンパに流れが滞りやすい部分です。 老廃物の溜まりやリンパの滞りは、むくみに直結しているので、集中的にほぐしていきましょう。 手をグーにしてこぶしを作ります。 こぶしを頬骨の下に当てて、上に押し上げるようにします。 左右にこぶしを揺するようにして、刺激を与え凝りをほぐすようにします。 頬骨の下をグリグリするだけですが、凝りが強い方は少し痛みを感じるほど効果的です。 マッサージを終えるとスッキリ感が実感出来、効果が早い場合は一回でもむくみの改善を体感することが出来ますよ。 顔のオイルマッサージのやり方。 オイルは手のひらで温めてから 顔をオイルマッサージするとき、オイルが冷たい状態だと伸びが悪く肌に負担がかかります。 さらに冷たいオイルだと血行が悪くなってしまうので、必ず手の平で温めてからマッサージを始めるようにしましょう。 オイルの量が少ないと、肌への摩擦が大きくなるので、たっぷりと指がスルスル滑るくらい使うようにして下さい。 たっぷりのオイルを温めたら、まずは顔全体に馴染ませていきます。 馴染ませたら指3本くらいで、顔の下から上へマッサージします。 あご 下から上へ持ち上げるように押します。 頬 頬骨に指を当てて、上へ持ち上げるように押します。 目の周り 目の周りは力を入れずに、目の周りの骨のくぼみに合わせて押します。 おでこ おでこの中心から生え際に向かってほぐします。 最後はこめかみも忘れずにほぐしましょう。 オイルを普段のお手入れに使う方法 オイルはマッサージをする以外にも、普段のお手入れとしても使うことが出来ます。 スキンケアの仕上げとして 化粧水と乳液、美容液を塗った後の最後のケアとして、オイルを使うことが出来ます。 オイルで肌を保護するので、保湿力がアップします。 洗顔後のケアとして 洗顔をした後、通常は化粧水を使うと思います。 そこを、化粧水の前にオイルを使います。 肌のごわつきをオイルがほぐしてくれて、肌が柔らかい状態になるので、化粧水やその後のスキンケアが肌に入りやすくなります。 化粧水の後に使う 化粧水・オイル・美容液の順番に使います。 化粧水の水分とオイルが混ざり、非常に浸透力がアップして馴染みも良くなります。 少し化粧水の水分が残っていることがポイントです。 化粧水や美容液と混ぜて使う 手の上で化粧水やオイルを、事前に混ぜてから使う方法です。 保湿力は高まりますが、オイル特有のベタつきをほとんど気にせずに使うことが出来る方法です。 どうしてもオイルのベタつき感が苦手、という方にはおすすめの方法です。 使いやすいおすすめ美容オイル マッサージにも使え、日頃の保湿力も高めてくれる美容オイルですが、使いやすいものでないと日常的に活用出来ませんよね。 女性が使いやすいと感じるオイルの条件としては• 手に入れることが困難ではない• 価格が高すぎない• 保存期間が短くない、保存方法が簡単 という点ではないでしょうか。 これらの条件を考慮しながら、使いやすい美容オイルを紹介していきます。 ホホバオイル ホホバオイルは顔だけではなく、体や頭皮のケアにも使うことが出来、全身に使える万能オイルです。 ホホバオイルを使って頭皮のマッサージをすると、髪にもツヤが生まれます。 さまざまな肌質の人が使うことが出来、自分の肌質を気にせず選ぶことが出来ます。 スクワランオイル 肌が柔らかくなり、ふっくらすると評判なのがスクワランオイルです。 スクワランという成分は、本来人間の肌にも含まれているものなので、自然な形で肌に馴染むことが出来、乾燥や紫外線という刺激から肌を守ってくれます。 乾燥だけでなく、シワや毛穴の対策にも効果的です。 マカダミアナッツオイル 保存の面で非常に優れているのが、マカダミアナッツオイルです。 酸化しにくいので、肌に負担をかけずに使うことが出来ます。 肌をなめらかにしてくれる効果が期待出来、価格もお手頃なのでたっぷり使っても惜しくないですね。 NGなマッサージの方法とは オイルを使ったマッサージで、日頃の顔の凝りやむくみを取ることが出来るということがわかりました。 しかし、ただなんとなくのマッサージでは、反対に逆効果になってしまうこともあります。 最後に、マッサージをするときに、絶対に気を付けたいポイントを紹介していきます。 クレンジングでマッサージをしない クレンジングでも程よい油分があり、指通りもなめらかなのでそのままマッサージ出来そうに感じてしまいます。 しかし、クレンジングの目的は、汚れを浮かして取り除くものです。 そのままマッサージしてしまうと、せっかくの浮かせた汚れを顔全体に長時間伸ばしてしまうことになります。 これでは毛穴の詰まりにつながってしまうので、クレンジングはあくまでも汚れを取るためのものだと認識しておきましょう。 オイルマッサージする時は力を入れないこと オイルを使うと、肌の表面がなめらかになるので、つい力を加えても気付きにくいですが、マッサージは優しくが鉄則です。 人差し指を使うと力が入りやすいので、中指、薬指、小指を使うようにして、力が入らないようにマッサージすることがおすすめです。 リンパはきちんと流す リンパに沿ってマッサージしたら、必ずリンパ節に流しましょう。 きちんと流さないと老廃物が留まってしまい、反対に肌荒れの原因にもなるので注意しましょう。

次の

毎日の”顔のマッサージ”に!顔に使える「マッサージオイル」7選

オイル マッサージ 顔

疲れやむくみがあるから、マッサージをしたい……そう思ったときに使うのがマッサージオイルです。 肌につける化粧用オイルは数多くありますが、そのなかでマッサージに適しているものはどれなのでしょうか? マッサージオイルが欲しい!と考える方のために最新のランキングをご用意しました。 選ぶポイントやマッサージのコツ、正しい使い方も徹底解説していきます。 マッサージオイルとは? 肌に使う化粧用のオイルはさまざまな種類がありますが、保湿メインのオイルとマッサージ用にどんな違いがあるのでしょうか? マッサージ用のオイルは一般的に浸透がゆっくりで、肌の上に残りやすい性質をしています。 吸収が早いオイルだとすぐに浸透してしまい潤滑油としての働きが低いためです。 こってりして浸透が遅いオリーブ油、アーモンド油などがマッサージオイルに配合されていることがよくあります。 ボディ用のマッサージオイルはこのような重めのテクスチャーがオーソドックス。 反対に顔のマッサージには浸透がよくサラサラしたホホバ油、などが使われることがあります。 顔から分泌される皮脂に近い構造のオイルだとベタベタしにくく、感覚がするどい顔に使っても不快感がないため軽いオイルが好まれるのです。 マッサージオイルは使うパーツによって適しているものが違い、目的や好みにあわせると快適に使用することが可能。 【こちらもCHECK】マッサージオイルとしても使えるの記事はこちら マッサージオイルを選ぶ3個のポイント 全身をリフレッシュさせるマッサージオイルを使いたい、それなら目的に合うオイルに出会うためのポイントを押さえておきましょう。 お気に入りの1本を見つける3つの選び方のコツを解説していきます。 体に使いたいのか、それとも顔に使いたいのかを先に決めておきましょう! 顔に使うならベタベタしないもの、体に使うなら疲れた部分をしっかりほぐせるように重めのテクスチャーのオイルを選ぶのが正解です。 体・顔どちらにも使えるタイプならパーツを気にせず使って構いません。 ただし、顔周辺の皮膚が敏感な方は香料成分で肌が荒れないように注意が必要。 体用のマッサージオイルにはリラックス効果を与えるため香料が入っていることがあります。 天然由来の香料成分であっても刺激を受ける可能性があるため、顔のマッサージに使うならなるべく無香料のものを選ぶのがベスト。 マッサージは疲れやむくみをリフレッシュさせるだけでなく、気持ちにも働きかけるもの。 香りがあるとマッサージ効果が高まるため、アロマ成分にこだわって選んでみましょう。 ランキング部分では香りの系統、香りの効果を紹介します。 血行をよくする、筋肉の疲れを癒す、肌のキメを整えるなど配合されている成分によって効果に違いがあることを理解しておきましょう。 マッサージしながらどんな悩みがあるのか思い浮かべることが、お気に入りのオイルに出会えるコツのひとつ。 マッサージオイルおすすめ人気ランキングTOP15 ここまではマッサージオイルの選び方のポイントを解説しました。 効果や香りなど選び方の基準が分かったら、最新のランキングをチェックしていきましょう! 総合ランキングのあとには、15種類のオイルの中からプチプラに焦点を当てたランキングもご用意しました。 お気に入りのマッサージオイル探しを楽しんでみましょう! 15位 エルバビーバ ストレッチマークオイル 妊娠線を意識した万能オイル エルビーバはオーガニックコスメブランドのジョンマスターオーガニックが取り扱っています。 こちらは名前の通り妊娠線を意識して作られていますが、性別・年齢を問わずに使える体用オイル。 アーモンド油がベースになっていて吸収はやや遅めですが、肌に浸透するとサラッとしてベタつきません。 美肌効果が高いローズヒップ油が配合されていて、マッサージしながら乾燥やのケアができるのがポイント。 バラとラベンダーの香りで疲れた心をゆっくりほぐしてくれるため、夜寝る前にゆっくりマッサージすると安眠効果を得ることができます。 Amazonの情報を掲載しています スキンケアに取り入れたいサラッとしたオイル 食べ物のイメージがあるマカダミアナッツは、実はオイルが美容に使える!と話題になっています。 美肌成分として知られているパルミトレイン酸を豊富に含んでおり、保湿効果にも優れていてスキンケア・ヘアケアに適しています。 サラッとしてベタつきが残りにくく、合成香料を使用していないためフェイスマッサージオイルとしておすすめ。 保湿ケアしながらマッサージができるオイル。 顔だけでなくもちろん体に使用してもOK。 浸透がよいため吸収が遅いマッサージオイルとブレンドして体に使うとよいでしょう。 マカダミアナッツオイルは手荒れに悩む方のハンドマッサージオイルとしても人気。 手指の乾燥が気になるなら、寝る前に手にやさしくすりこむようにマカダミアナッツオイルでマッサージするとつるつるになります! Amazonの情報を掲載しています 下半身のむくみケアに特化したボディ用オイル デパートコスメブランドとして知られているクラランスは、マッサージオイルに定評があります。 こちらの「アンティオー」は下半身にたまってしまったむくみに悩んでいる方に人気のボディ用オイル。 サラサラしているのに浸透がゆっくりなオイルで、疲れた脚をしっかりほぐすのに適しています。 利尿作用があるレモン、リンパの流れをスムーズにするビターオレンジを配合しており体にたまった余計な水分を外に排出するのを手伝う効果があります。 マッサージをする前に脚のストレッチをすればさらに期待度アップ。 同じ姿勢でいることが多く下半身のリンパの流れがとどこおっている方におすすめです。 かんきつ系の香りは途切れてしまった集中力を呼び覚まし、頭をリフレッシュさせてくれます。 考えすぎて疲れてしまったときの心のケアにもぴったり。 Amazonの情報を掲載しています コメヌカから作られたお手ごろな美肌オイル 美容効果にすぐれたコメヌカから抽出されたオイルがこちら。 ビタミンEやポリフェノールを含んでおり、乾燥や毛穴対策ができる美肌オイルとして人気があります。 フェイスケア・ヘアケア・ネイルケア・ボディケアなど全身に使うのはもちろん、小さいお子さまの保湿ケアとしても使ってOK! 防腐剤や合成香料、石油系界面活性剤を含んでいないためこだわりがある方にもおすすめ。 香りがついていないため顔周りのマッサージに適しています。 ボディ用として使うなら、好きなアロマオイルをブレンドしてマッサージするとよいでしょう。 肌のキメを整えたい・乾燥や毛穴の開きが気になるなどの肌悩みがある方にぴったりです。 Amazonの情報を掲載しています 完熟したホホバで作られたぜいたくな美容オイル は肌になじみやすい構造をしており、フェイスマッサージに良く使われるものです。 サラッとしてべたつきにくく、肌のキメを整え保湿する効果が高いことで知られています。 こちらはホホバオイル本来の美容成分を残した未精製タイプで、精製タイプよりも美肌効果を実感できるのが特徴。 顔や首を保湿しながらむくみや表情筋の疲れをケアするのに適しています。 浸透性に優れていてボディケアに使うとすぐ吸収されてしまうため、顔周りのマッサージをするのにおすすめ。 ボディマッサージに使いたい場合は、オリーブ油やアーモンド油ベースのマッサージオイルと一緒に使うとよいでしょう。 こちらは直接肌に塗ってマッサージできるブレンドタイプで、生理前のイライラや憂鬱をケアするのにぴったりです。 PMS症状をおだやかにするローズオットー・ジャスミンをベースにした温かい香りは、トゲトゲした気持ちを抑えてくれます。 ホホバ油とスクワランがベースになっていてサラッとしており、デコルテや首周辺に使ってもベタつきません。 首周りをこのマッサージオイルでやさしくほぐしてからベッドに入れば落ち着いて眠りにつき、エネルギーを充電できます。 ホルモンバランスの変化がイライラにつながりやすい方、PMSで悩んでいる方におすすめ。 生理前のイライラ対策のほか、女性らしさをアップさせ魅力を高めたい方にも適しています。 Amazonの情報を掲載しています 肌をうるおしながら香りでリラックス! ボディスクラブが人気のサボンは、ボディ用のオイルも密かに注目を集めています。 サボンならではの香りの良さを楽しみながら美容効果の高い植物由来オイルが肌をなめらかに整えるのが特徴。 アーモンド、ボラージ、アサイーオイルをベースにしていて美肌効果はバッチリ。 日本産のボディオイルでは見ることができない珍しい植物由来オイルが配合されているのは必見です! サボンはイスラエル発のコスメブランドで、乾燥する気候のため保湿効果が高い製品が多いのが特徴。 体の乾燥をケアしつつマッサージでリラックスしたいなら、サボンのオイルで決まりです! 香りはバニラ・パチュリラベンダーバニラ・ムスクの3種類から選べます。 スプレータイプで使いやすく、キャップをはずして容器を落として中身をこぼしてしまった……という経験がある方にも人気。 デザイン・香り・使い勝手良しのパーフェクトなマッサージオイルです。 Amazonの情報を掲載しています オイルインのミルクタイプ!浸透がゆっくりでマッサージしやすい 肌の乾燥ケアとマッサージができるミルク状のオイルエッセンスが7位。 水分と油分をバランスよく補給できるためカサカサが気になる肌のケアに適しています。 重めのテクスチャーで浸透は遅く、ゆっくり時間をかけてマッサージするのにぴったりです。 化粧品のわざとらしい香りが苦手……という方にも人気の無香料タイプで、香料まけしてしまう肌にいいですね。 アロマ効果が欲しいならお気に入りの精油をプラスしてマッサージしてもOK。 大容量でリーズナブル、シンプルな製品を求めている方によいオイルエッセンスです。 微細化したアルガンオイル、ローズヒップオイル、オリーブオイル、ホホバオイル配合で肌をうるおしながらマッサージすることができます。 カレンドラは古代から肌のケアに使われているキク科の植物で、肌荒れ・乾燥対策におすすめの成分。 軽くマッサージしながら乾燥するボディになじませるように使うオイル。 デリケートな肌にも使えるので赤ちゃんの肌ケア・マッサージにも適しています。 もちろん大人の肌にも美容効果を発揮。 デトックス効果が期待されるゴマ油配合で、滞った老廃物を排出するサポートをしつつ保湿ケアができます。 Amazonの情報を掲載しています 筋肉疲労をケアするならアルニカが最適 座り仕事で肩がこる、立ち仕事で足が疲れる、スポーツのあとで筋肉に疲れがたまっている……そのような筋肉の疲労をケアしたい方におすすめなのがヴェレダのアルニカマッサージオイル。 疲労回復をサポートするアルニカオイルは、アスリートの愛用者が多いことで知られています。 ベタつかないサラッとしたテクスチャーが特徴で、季節を問わず1年中使えるのがうれしいポイント。 慢性的な筋肉の疲れがあるなら常備しておきたいマッサージオイルです。 香りはリラックス効果が高いラベンダーを配合。 体が重くて疲れが取れない、首や肩が張って深く眠れない悩みを持つ方にもおすすめです。 Amazonの情報を掲載しています 万能薬として使えるティーツリー原液オイル!希釈して使うタイプ 4位は万能薬として古くから使われているティツリーのピュアオイル。 ニキビケア製品に配合されることが多いティーツリーは、肌の炎症を落ち着かせすーっとした香りで心もケアします。 気になる部分にスポット使用するなら直接肌に塗ってもOKですが、マッサージに使うならほかのオイルで希釈して使いましょう。 原液をたっぷり肌に塗らないよう注意しましょう。 ブレンドオイルを作ってボディケアするのはもちろん、顔のマッサージにプラスして使うのもおすすめ。 マッサージだけでなくボディソープに数滴混ぜて使えば肌荒れケアソープにアレンジできます。 Amazonの情報を掲載しています 肌の調子を整えながら全身マッサージできる美容オイル ヒマと呼ばれる植物から抽出されるひまし油は、はちみつのようにトロッとしたこってりしたテクスチャーが特徴のオイルです。 保湿効果が高く肌の調子を整えることができ、顔・体どちらにも使うことができます。 ネイルケアにも使ってもOKで、頑固な乾燥をどうにかしたい!と悩む方におすすめ。 軽いオイルではすぐに吸収されてゆっくりマッサージできない……と感じる方は、ひまし油のようなこってりしたテクスチャーのオイルが向いています。 ホホバオイルなどのサラッとしたオイルとブレンドすればテクスチャーを調節でき、用途や使う場所にあわせてアレンジするのにもぴったり。 乾燥ケアしながらオイルマッサージを楽しむなら、ひまし油に1度チャレンジしてみましょう! Amazonの情報を掲載しています たっぷり300mlでコスパ最強!美容効果も高く1度は使ってみたい名品 リーズナブルに全身ぜいたくにオイルマッサージをしたい、という願いを叶えるなら1度は使いたいのがマカダミ屋のひまし油。 こってりして肌に残りやすいのでゆっくりマッサージをするのに向いていて、コスパに優れています。 浸透が早いオイルをボディに使うと何度も付け足さないとマッサージできませんが、ひまし油なら肌の上でオイルがしっかり潤滑油の働きをしてくれます。 美肌効果が高い上に値段が安く、大容量なのにプチプラな価格が評価されているオイルです。 費用対効果を求めるならこのひまし油がパーフェクト! 無香料のため、ほかのオイルとブレンドして使ってもOKなのもうれしいポイント。 マッサージオイルの使用上の3個の注意点 美容効果が期待できるマッサージオイルは、正しい使い方をしてこそ効果を実感できます。 ボディ専用のものを顔に使うと香料などによる刺激を受けてしまう可能性があるため、パッケージに記載されている以外の使い方はやめておきましょう。 特に顔のマッサージをする場合は注意しましょう。 皮膚をひっぱるような圧をかけてしまうと、たるみを助長しフェイスラインが崩れてしまう原因になります。 体に使う場合も同様で、力の入れすぎには細心の注意を払いましょう。 筋肉や血管を傷つけてもみ返し・あざなどの原因となってしまいます。 マッサージは強ければ強いほどいいというものではありません。 痛みを感じない程度にやさしく行いましょう。 顔周辺はさする程度のやさしいマッサージでも充分効果を得られることができます。 表面をさすって毛細血管を開くだけでもマッサージ効果を生み出すことができるため、皮膚が薄い顔周辺は圧をあまりかけないように意識してマッサージしてください。 いくら肌によいとされるオイルでも、必要以上の量を長時間肌につけるのはよくありません。 特にフェイスマッサージをする場合は注意しましょう。 余分なオイルを放置しておくと毛穴を詰まらせる原因となってしまいます。 油分の過剰補給はトラブルにつながってしまうため、マッサージ後肌表面を触って浸透していないオイルが残っている場合はホットタオルなどで拭き取ってください。 Amazon&楽天のマッサージオイル人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の

フェイスマッサージオイルのおすすめ紹介!小顔になれる効果的な使い方は?

オイル マッサージ 顔

1.リンパマッサージの魅力とは リンパマッサージを自分で顔に行う方法をお伝えする前に、リンパマッサージの魅力を3つご紹介します。 体に不要になった老廃物や余分な水分、二酸化炭素は静脈のリンパ管が回収すると考えられています。 そのため、リンパの流れが滞ると、顔のむくみやコリの原因の1つになることがあるので、リンパマッサージは定期的に行うことがおすすめです。 また、代謝が良いと肌リズムをすこやかに保つことができるとされているので、ハリのあるを目指したいという方もリンパマッサージを顔に行うことがおすすめです。 リンパマッサージを全身に行うことで血行や代謝を良くすることが期待できるようです。 代謝が良い体は、などで脂肪が燃焼しやすい傾向にあると言われています。 ダイエットのサポートとして、リンパマッサージを意識的に行ってみましょう。 2.自分で顔のリンパマッサージ!肌らぶ編集部おすすめ方法8選 自分でリンパマッサージを顔にする場合のやり方をパーツごとに8つご紹介しましょう。 顔のリンパマッサージは簡単な動作のものが多いので、リンパマッサージ初心者さんでも自分で気軽に行うことができると思います。 自分でリンパマッサージを顔に行う場合は、最初にご紹介する基本のリンパマッサージを部分マッサージの前後に行いましょう。 もちろん全パーツ通しでリンパマッサージを行ってみても良いですね。 また、体調が悪い場合にもマッサージを行うことは控えた方が良いでしょう。 3.顔リンパマッサージの魅力をより感じやすくするポイント せっかく自分でリンパマッサージを顔に行うのなら、「マッサージの魅力をより感じやすくするポイントが知りたい」と思う方は多いですよね。 リンパマッサージを顔に行う際に、併せて行うと良いと言われているポイントを3つご紹介します。 リンパマッサージは肌を擦りながら皮膚の下のリンパを流していきます。 このときどうしても肌を擦るので摩擦による影響を与えてしまいがちですが、クリームやオイルを使用することで肌をある程度保護することができると考えられているのです。 また、指のすべりも良くなるので、リンパマッサージが行いやすくなりますよ。 リンパマッサージ前に水を飲むことによって、リンパの流れを良くするサポートができると言われています。 水を飲むことで体内の水分が不足し、リンパが流れにくくなることを防ぐことが期待できるそうです。 気持ちや時間に余裕のある状態で、丁寧にリンパマッサージを行うことが大切です。 焦ってリンパマッサージを行ってしまうと、肌を擦ってしまったり力を入れてマッサージを行ってしまったりすることがありますよね。 こういったことを避けるためにも、ゆったりタイムにリンパマッサージを行うことを心掛けましょう。 さらに入浴後であれば、化粧水や、クリームを付けた後にそのまま顔にリンパマッサージを行うこともできますよ! 4.顔リンパマッサージおすすめアイテム リンパマッサージを顔に行う際、アイテムを使うことで楽に行いやすくなると言われています。 顔も含めリンパマッサージは継続的に行うことが理想的だとされています。 リンパマッサージで日頃からめぐりが良い状態を保つことが大切なのです。 毎日続けてリンパマッサージを顔に行えるように、マッサージを楽にしやすくするアイテムも把握しておきましょう。 それでは、顔のリンパマッサージを行う際に肌らぶ編集部がおすすめしたいアイテムを3つご紹介します。 単純な動作で使用できるものがほとんどなので、テレビや雑誌を見ながら気軽にリンパマッサージを行うことができます。 最近ではいろいろな種類の小顔ローラーが販売されているため、自分の好みや用途にあったローラーが探しやすい点もポイントです。 小顔ローラーは、顔専用だけではなく腕や足専用、顔も体も両方使えるものがあり、価格帯も幅広いのでお好みで選べますよ。 ネイルをしていて顔のリンパマッサージが行いにくいというときなどに、かっさプレートを活用してみましょう。 かっさプレートとは中国で長い間使われてきた美容アイテムの1つだと言われています。 もともとリンパや血行を促す目的で作られたアイテムだとされているので、かっさは1つで全身に使用することができます。 かっさプレートの素材の種類は、「牛角」「天然石」「陶磁器」「木」「ステンレス」「プラスチック」などさまざまあり、お好みの素材や形で選ぶことができますよ! ただ、硬い素材が多いので顔のリンパマッサージで使用する際は、強い力で肌に押し付けすぎないように気を付けましょう。 リンパマッサージを行う際のポイントでご紹介している通り、マッサージオイルを使用することで肌に摩擦による影響を与えにくくすることが期待できます。 肌への摩擦による影響を与えにくくするためだけではなく、オイルを使用することでケアも併せて行うことができます。 顔以外にもダイエット目的で腕や足、体全体にリンパマッサージを行う際にも、マッサージ用オイルを使用してみることがおすすめです。 また、マッサージオイルは、顔用、体用、顔も体も使えるものなどさまざまなタイプがあるので、好みや用途に合わせてオイルを選ぶことができます。 5.まとめ リンパマッサージを顔で行うやり方や魅力などについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 顔へのリンパマッサージと聞くとフェイシャルエステなどプロにしてもらうことをイメージする方もいらしゃったかと思います。

次の