ワンピース 962。 ワンピースネタバレ962話確定!九里大名になるおでんと家臣になる錦えもんたち

『ワンピース』第962話「大名と家臣」 イゾウと菊の丞の兄弟!おでん様と「赤鞘」メンバーがルフィの冒険縮図みたいだ

ワンピース 962

-------------------------------------------------- 九里への冒険 白舞の康イエの所にやってきていたおでん。 しかし 九里にアシュラ童子という怪物が住んでいる事を知った事で動き始めます。 康イエに言わせれば 九里はワノ国の癌。 犯罪者が逃げ込めばお上の手も届かないという無法地帯で、将軍であるスキヤキにさえ手を出せずにいるのだとか。 そんな康イエの言葉を聞いてもなお変わらないおでんの態度。 「 面白い!ちとワノ国を漫遊して参る!!」 おでんは危険なはずの九里へ向かう事を楽しそうにしているのでした。 おでんの暗躍 そしておでんが旅立った後に残されたのは、ボロボロになった部屋の様子。 ただ暮らしていただけでボロボロにされた事で康イエの部下は怒るも、 なんだかんだおでんに甘い康イエはそれを許します。 しかし問題はもう一つ。 金庫にしまっていたはずの金が失くなってしまっていました。 そこで口を挟んできたのが黒炭オロチ。 「 私見たんでごぜ-ます。 おでん様が・・・そっと懐に金を入れるとこ・・!」 そんな密告に康イエの部下はおでんへの怒りをあらわにしますが、康イエはその言葉に違和感を覚えます。 ( おでんなら堂々と持っていくぞ) 不審に感じた康イエは改めてオロチにその言葉が確かかどうかを尋ねますが、オロチは貼り付いたような表情で答えます。 「 すいやせん。 恐くて私、止める事もできやせんで・・・」 康イエはそんな答えをする自らの小間使いに対して、 少しだけ疑問を覚えるのでした。 -------------------------------------------------- 仲間達との出会い 白舞を後にしたおでんと錦えもんと傅ジロー。 「 おれ達あんたが大好きなんだ」 そう語る二人を嫌そうな顔で見るおでん。 おでんはそんな二人との旅を日誌につけていました。 海外の航海者達が毎日書くのだと。 その日誌にはその後の旅の一部が記されていました。 まず鈴後でおでんが出会ったのは二人の兄弟。 舞踊の家元の息子たちという 二人はの名前はイゾウと菊の丞。 父が罪人になった事で家族がバラバラになってしまった彼らは、何故かおでん達についてくる事に。 そして続いてやってきた希美の地で出会ったのは、人の髪の毛を切り奪っていく妖怪。 その正体は 希美の妖怪と呼ばれていたカン十郎で、彼は日銭稼ぎに筆を作って売る変態でした。 おでんの髪の毛を狙ったカン十郎を撃退した事で、何故か彼もついてくる事に。 その次にやってきたのは森深い兎丼の地。 悪名高い山賊の噂がそこにはありましたが、その正体は かつてくノ一にフラれて光月家の御庭番衆を辞めたという天才忍者の雷ぞう。 一人で隠れ住む事に限界を感じていた雷ぞうもおでんと行動を共にする事になるのでした。 -------------------------------------------------- 九里突入!! ワノ国を旅しながらも仲間を増やしていくおでん。 そんなおでんの情報は、 九里最強の怪物として君臨していたアシュラ童子の耳にも入っていました。 権力者を嫌うアシュラ童子は、 おでんの事を自ら殺したいと部下達に捕らえるよう命じるのでした。 一方で九里の近くで野宿していた錦えもん達。 前日からおでんの姿はないものの、きまぐれなおでんが1日2日いないのはよくある事だと気にもとめません。 しかし彼が向かったのが九里の方角だった事に気づくと皆は焦り始めます。 「 あの人に命を捧げると決めておきながら戦場に遅れをとるとは!!!」 刀を手に慌てた様子で駆け出す錦えもん。 悪い予感は当たり、 九里の地へと続く門はおでんによって破られていました。 -------------------------------------------------- クズ共の王 錦えもん達が動き出す前日、すでにおでんは無数の九里の荒くれ者達の前に立っていました。 そこは 死臭と血と暴力の匂いに満ちた別世界。 そこにある全ての殺意はおでんへと向けられていました。 入れはするが出る者は殺すというのが九里のルール。 しかしそんなルールを 窮屈だと感じたおでん。 「出るな」と言われる事はおでんにとって一番嫌いな事。 「 ボスに伝えろ。 侍が来たと」 目の前にいる無数の荒くれ者達に対して躊躇せずにおでんは突っ込んでいくのでした。 前日に一人で九里に突入したおでんに加勢しようと走る仲間達。 しかし彼らが目にしたのは、 血を流し、体に矢を受けながらもアシュラ童子を仕留めたおでんの姿。 「 さっさと殺せ・・・!どうせ見えすいた未来。 未練はねェ」 斬り伏せられながらも命乞いすることさえもないアシュラ童子の言葉をおでんはまるで無視します。 その代わりに九里の中にまでやってきた 錦えもん達に語りかけるおでん。 「 お前らの知恵と力を貸せ。 おれはこのどうしようもないクズ共の、王になる事にした!!」 ワノ国を漫遊していたおでんの瞳にはやるべきことを見つけたかのような決意が宿っていました。 おれの侍に 血生臭い地獄のようだった九里。 そんな 九里の地の荒くれ者達をまとめ上げ、そのあり余る力によって、地獄を人の生きる郷へと変貌させた。 おでんが起こした 信じられない奇蹟は瞬く間にワノ国全土へと伝わっていきます。 白舞の霜月康イエの所にも、鈴後の霜月牛マルの所にも、そして錦えもんの無事を願うお鶴の所にも。 そして当然 おでんの実の父親である光月スキヤキの所にもその情報は伝えられます。 今まで誰も成し得なかった偉業。 それを受けたスキヤキは、 おでんとの絶縁を解きおでんに九里大名の称号を与えるのでした。 おでんが九里大名になるという事で沸く九里の人々とおでんの仲間達。 そんな中でも 平和を見たことがなかったというアシュラ童子は、素直におでんに気持ちを伝えます。 「 ありがとう、おでん」と。 しかしそんな感謝の気持ちを「 やめろ、気色悪ィ!!」と一蹴するおでん。 おでんの興味は大名になった後の事に移っていました。 「 大名には家臣がつくが、どこぞの堅物を派遣されるより、おれはお前らがいい!!おれの侍になれ!!!」 身分も地位も何もない自分達にそんな事を言ってくれるおでん。 そんなおでんの言葉に、 錦えもん達は揃って涙するのでした。 -------------------------------------------------- 異形の化物達 おでんが九里を郷に変えてから6年後。 33年前の世界の海では大きな動きがありました。 壊滅した伝説のロックス海賊団。 その 残党達が新しい仲間を集めながら次第にその勢力を広げ、その名を上げていたのでした。 そしてその頃ワノ国では、九里ヶ浜に一隻の船が打ち上げられていました。 ボロボロになった船の近くには2人の生き物の姿が。 「 何だ??動物??毛深い人間??異形の化物か!?」 謎の生物に恐る恐る近づいていたのは 河童の河松。 自らも異形の姿をしていながらも、 2人の事を「気味が悪いな!!」とつぶやきながらも興味を示すのでした。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【ワンピース】962話ネタバレ!イゾウとお菊は兄弟で”おでん”の家臣だった

ワンピース 962

ワンピース 961 山の神事件 終 3. 傳ジローはどこに? 週刊少年ジャンプより引用 現在の傳ジローはどこにいるのか ここは気になるところです。 以前、 ワノ国編と空島編がリンクしているという話をさせていただきました。 ワノ国では、 猪が山の神と崇められ 空島では、 蛇がカシ神様と崇められています。 空島編では、 カシ神の腹の中に遺跡の跡があり、ルフィ達が探検する流れがありましたよね。 空島編を思い出せ という、ワンピース作者の尾田栄一郎さんのメッセージなのかもしれません。 ルフィ達が成長した山の神にまた喰われ、 先に喰われていた傳ジローと遭遇する なんて展開もありそうです。 ただ、現在のワノ国では食料が枯渇しており、 現 山の神が生きているかどうかは怪しいところです。 傳ジローが山の神に喰われたとするなら、 ・山の神は40年経てば巨大な姿になる ・胃液とかない という説が前提になければなりませんね。 薄い可能性だろうと考察します。

次の

ワンピースネタバレ962話確定!九里大名になるおでんと家臣になる錦えもんたち

ワンピース 962

【スポンサーリンク】 962話に繋がる謎と伏線、これまでの考察整理! 今週のワンピースでほぼ確定的になったのは、やはり 「誤ったブランディング」という概念だろう。 バトワンも錦えもんがクソであることを認めたくない気持ちが働いたことで、これに気付くのに時間がかかった。 そのトップに立つ9人の侍こそが赤鞘九人男…。 そういうイメージで彼らを見ていたのにも関わらず、彼らはひたすらウジウジメソメソ涙を流し、作戦は他人任せの方針を貫いた。 前提のハードルが高くなっていたせいで 「なんだよ赤鞘九人男、大したことないじゃんか」という雰囲気に呑まれたのだと思う。 しかし、彼らが 「5の実力しかないのに20〜30の実力を期待するべく誘導されていた」とするのならば、全ての状況に納得がいくところだ。 「精神的にも肉体的にも強い侍」という前提だから期待はずれだっただけで、一般人の水準からしたら彼らの涙も他人任せも納得がいくところ。 暗愚の将軍として描かれているオロチだけれども、回想の当時から野心を温めていたとすれば相当だよね? 現在の将軍の地位が狙ってのものなのか、あるいは運が味方してのモノなのかにもよるけど、前者だったとしたら光月一族は 「敗れるべくして破れた」といえるかもしれない! 以下のオロチの振る舞いがこれから何年もに渡る野心の魁ならば、錦えもんの作戦立案能力よりも綿密で執念深いような気がするよね! ワンピース961話より引用 オロチの野心が気になるところだ! 961話の展開は、主に光月おでん様の活躍がメインとなるストーリー運びだった。 回想編は(どんな作品でも)長くなるとダラダラっとしてしまう傾向があるから、尾田先生としては手早くまとめたいに違いない。 そうなってくると、次回はオロチが中心に描かれてくる可能性がけっこう高いんじゃないかな! この辺りの展開についても期待しつつ、来週のジャンプ発売日に期待したい!!.

次の