エクセル2016 プルダウン。 【エクセル2013】プルダウンリストを解除するには?

セルに設定したプルダウンを全て表示させるには、どうしたらよいでし...

エクセル2016 プルダウン

リストを作成したら、次に1段階のプルダウンリストを作成しましょう。 1段階のプルダウンリストを作成 1段階のプルダウンリストを作成します。 1.「A2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 入力値の種類 A :リスト 元の値 S :A社,B社,C社 2.入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。 3.「A2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。 コピーした行までプルダウンリストが作成されます。 リストを作成した範囲を選択してから、データの入力規則をクリックして、設定してもいいです。 2つ目のリストの範囲に名前をつける 2つ目の絞込み選択リストの範囲に、「名前の定義」で名前をつけていきましょう。 2.「名前の定義」をクリックします。 「新しい名前」ダイアログボックスに次のように入力しましょう。 または、「B2:D2」の範囲を選択してから「名前の定義」をクリックすると、自動で範囲が入力されます。 同様に、他2つの項目にも名前をつけていきましょう。 名前ボックスから名前をつける方法 数式バーの左にある「名前ボックス」に、直接「名前」を入力しても、名前を定義できます。 例えば、セル範囲「B2:D2」に「名前ボックス」から名前をつけてみましょう。 1.セル範囲「B2:D2」を選択します。 2.名前ボックスに「A社」と入力してEnterキーで確定します。 3.セル範囲「B2:D2」を選択すると名前ボックスに「A社」と表示されるのを確認しましょう。 こちらの記事もご覧ください。 「B2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 入力後「OK」で確定した時、次のようなメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。 「B2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。 コピーした行までプルダウンリストが作成されます。 リストを作成した範囲を選択してから、データの入力規則をクリックして、設定してもいいです。 3つ目のリストの範囲に名前をつける 3つ目の絞込み選択リストの範囲に、名前をつけていきましょう。 1段階目の項目名と2つ目の項目名を結合させた名前をつける 1.3つ目のリストの範囲に「リスト」シートから名前をつけていきます。 2.「名前の定義」をクリックします。 または、名前ボックスからセルの範囲を選択して、名前をつけていきます。 2つ目の絞込み選択リストの範囲に、「名前の定義」から名前をつけた要領と同じです。 次のように名前をつけていきましょう。 セル範囲「B3:B5」:「A社アメリカ」 「C3:C5」:「A社カナダ」 「D3:D5」:「A社イタリア」 セル範囲「F3:F5」:「B社メキシコ」 「G3:G5」:「B社アメリカ」 「H3:H5」:「B社インド」 セル範囲「J3:J5」:「C社カナダ」 「K3:K5」:「C社フィリピン」 「L3:L5」:「C社アメリカ」 名前は必ず、1段階目と連動する2つ目の項目名を結合させてつけましょう。 データの入力規則で3段階のプルダウンリストを作成 1.「C2」のセルを選択して、データの入力規則をクリックします。 データの入力規則に、次のように入力しましょう。 3.「B2」をプルダウンリストを作成したい行までコピーします。 コピーした行までプルダウンリストが作成されます。 4.以上で、3段階のリストを連動させるリストが完成しました!お疲れ様でした。 関数の説明 INDIRECT関数 指定した文字列が表す参照を返します。 INDIRECT関数の書式 INDIRECT 参照文字列, [参照形式] 参照文字列:セルの参照を表す文字列を指定します。 A3のセルはB3です。 B3を参照します。 「10」を返します。 B2は「1」です。 「3」を返します。 エクセル、3段階のリストを連動させる方法は他にもあります 3段階のリストを連動させる方法は、他にもあります。 2つ目のリスト項目に重複がない場合です。 セル範囲につける名前が違いってきます。 それによって「データの入力規則」に設定するINDIRECT関数の式も違ってきます。 ここで紹介した方法より簡略化できます。 2つ目のリスト項目に重複がない場合この方法をお試しください。 こちらの記事もご覧ください。

次の

【エクセル2013】プルダウンリストを解除するには?

エクセル2016 プルダウン

エクセルのプルダウンリスト作成方法 エクセルのプルダウンリストはどういった点が便利なのか、その作成・解除・編集方法についてお伝えします。 プルダウンリストとは? プルダウンリストとは、エクセルで設定できる入力規則の一種で、あらかじめ設定した入力候補の中から1つを選択してデータ入力ができる機能です。 プルダウンリストの使用には、以下のメリットがあります。 ・入力ミスがなくなる あらかじめ設定したリストから選択できるようになるため、入力ミスをなくすことができます。 ただし、リストを作成する段階でミスをしないことが重要です。 ・入力作業を効率化できる セル上のプルダウンリストから選択するだけで入力できるため、手入力の時間を短縮することができます。 繰り返し入力するキーワードを覚えておく必要もありません。 ・表記の統一ができる 送り仮名やカタカナ・平仮名表記、半角・全角などの表記を統一することができます。 表記が統一されることによって集計作業もしやすくなります。 プルダウンリストの作成・解除 プルダウンリストの作成・解除の方法をそれぞれ説明します。 ・参照リストを使わないプルダウンリストの作成方法 参照リストを使わないプルダウンリストの作成は、以下の手順で行います。 ・参照リストを使ったプルダウンリストの作成方法 「元の値」の欄に手入力するのではなく、あらかじめプルダウンリストの項目を用意してから作成する方法を説明します。 エクセルのプルダウンリストの編集方法 一度作成したプルダウンリストの項目を増やしたり、削除したくなるケースはよくあります。 そこで、プルダウンリストの編集方法・手順をお伝えします。 リストの追加・削除 リストの追加・削除の方法について、プルダウンリストの作成パターン別に説明します。 削除したい場合は該当キーワードをバックキーで削除(このとき「同じ入力規則が設定されたすべてのセルに変更を適用する」にチェックを入れると、手順「1」で同じ入力規則が設定されたセルをすべて選択していなかった場合でも、すべてのセルに変更が適用されます) 4)「OK」ボタンをクリックして完了。 ・参照リストを使ったプルダウンリストの場合 1)項目を追加したい場合は参照しているリストの最後にキーワードを追加入力。 ここでは、「東京」という項目が選択された場合に、セルの色を変更する手順を記載します。 このように複数のプルダウンリストを連動させる方法をご紹介します。 例として、大項目で都道府県を選択させ、その都道府県に該当する市区町村のみを小項目としてプルダウンリストに表示されるように設定する方法を説明します。 複数のプルダウンリストを連動 名前定義を使って複数のプルダウンリストを連動させる方法を説明します。 [表の作成] 例として、A列で都道府県を選択させ、B列で市区町村を選択させる表を作成します。 今回は大項目をA15に設定しているため、A15と入力します。 8)エラーメッセージが出ますが、そのままOKをクリック 名前定義を使わずに連動 名前定義を使わない場合、「元の値」の欄にoffset関数とmatch関数を組み合わせた計算式を入力することで複数のプルダウンリストを連動させることができます。 ・表の作成 名前定義を使う場合と同様の表を作成する場合で説明します。 その横に小項目としてそれぞれの都道府県に該当する市区町村を行ごとに入力していきます。 今回は小項目のプルダウンリストを適用しようとしているセルがB15のため、大項目を選択するセルは左隣のA15 になり、match A15… となります。 6)入力規則を設定したセルをコピーし、同列のほかのセルに貼り付ける =offset の後ろには大項目の基準となるセルを指定することで、プルダウンで大項目が選択された際にmatch関数によって基準セルから何行下の値が設定されたのかを判断できます。 最後の「1,1,50」の引数については、最初の1が基準セルから見て1つ右の列(説明上、B2セルとする)が小項目のプルダウンリストの先頭であることを示し、その次の1,50はB2セルから見て1行50列分がプルダウンリストに設定したいセル範囲だということを示しています。 エクセルのプルダウンリストでミスなく正確な資料作りを! エクセルを使って作成した資料は、後々データを集計・分析したり、社内で共有して使われるケースがよくあります。 そのため、エクセル上でのデータの扱い方は非常に重要です。 それぞれが好き勝手にデータを手入力した資料は表記のズレも発生しやすく、見づらくて正確な集計も難しくなります。 プルダウンリストの機能を使えば、格段に見やすく、集計しやすい資料に仕上がります。 エクセルの便利機能は積極的に活用してワンランク上の資料作りを目指しましょう!.

次の

【エクセル】プルダウンリストで特定の文字のみを入力する方法と応用

エクセル2016 プルダウン

これが一番簡単なリストの作り方です。 ただし、この方法には次のような欠点があります。 多くの「選択肢」が入れにくい (例えば、勘定科目を20個入れようとしたら大変ですよね?)• 「選択肢」が変更しにくい (入力規則画面から変更をしないといけないので大変です。 例えば、20個ある勘定科目の19個目を変更しようとしたら大変ですよね?)• 「選択肢」が追加しにくい (変更と同様に、入力規則画面から変更をしないといけないので大変です) 逆にいうと、 選択肢が多くなく、メンテナンスもほとんど不要なのであれば、 この方法が、一番楽です。 例えば、 次のような選択肢をリストで作るのであれば、 この方法が適していると思います。 「男」「女」のいずれかを選択• 「給与」「賞与」のいずれかを選択• 「社会保険あり」「社会保険なし」のいずれかを選択• 「労働保険加入」「労働保険未加入」のいずれかを選択 2.別途、選択肢を表にまとめておき、入力規則から表を参照する方法 あらかじめ、次のような表をつくっておきます。

次の