プリンペラン錠。 プリンペラン錠・細粒(メトクロプラミド)の効果と副作用【制吐薬】

吐き気止め薬プリンペラン(メトクロプラミド)の効果と副作用

プリンペラン錠

目次 プリンペランは主に吐き気止めとして使われる薬で、胃炎・腎炎などの消化器における様々な不調に対して効果を発揮する薬です。 子どもの吐き気止めとしても使われますが、錐体外路症状などがあらわれやすいため、注意が必要な薬でもあります。 この記事では、プリンペランについて添付文書を中心に解説しています。 プリンペランはどんな薬? プリンペラン錠5は、1965年の販売開始以来、広く使われている吐き気止めです。 胃や腸など消化管の運動を調整したり、脳の嘔吐中枢を抑える作用があり、吐き気や食欲不振、腹部膨満感、胸やけといった症状の治療や、X線検査の際にバリウムが消化管をスムーズに通過しやすくするためにも使われています。 適応疾患 プリンペランの適応疾患は、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆嚢・胆道疾患、腎炎、尿毒症、乳幼児嘔吐で、X線検査時のバリウムの通過促進や制がん剤などの投与をスムーズに行うために使用されることもあります。 市販薬 プリンペランは医師からの処方箋が必要な医療用医薬品で、現在市販薬は販売されていません。 ジェネリック医薬品 プリンペランのジェネリック医薬品は、主に「プラミール」という名称で販売されています。 先発品と同様に錠剤、細粒、シロップの3つの剤型があります。 作用機序 プリンペランの主成分メトクロプラミドの、弱った胃腸の働きを活発にして消化機能を改善する作用や、脳の嘔吐中枢の働きを抑える作用により吐き気などの症状を改善します。 特徴 プリンペランは、潰瘍などの炎症を起こしている部位だけでなく、脳にも作用することが特徴です。 脳の嘔吐中枢にはたらきかけるため、しっかりと吐き気抑制効果を発揮できます。 錠剤、細粒、シロップと多くの剤型があることも特徴としてあげられます。 効果・効能 プリンペランは、胃や腸など消化管の運動を調整したり、吐き気や食欲不振、腹部膨満感、胸やけといった症状の治療や、X線検査の際にバリウムが消化管をスムーズに通過しやすくするためにも使われます。 プリンペランのつわりへの効果は? プリンペランはつわり症状に特化した薬ではありませんが、つわりの吐き気がひどいときなどに実際に医師から処方される可能性があります。 妊娠中であっても自身の症状を伝えたうえで医師から処方されたのであれば、特別な注意は必要ないかと思われますが医師の指示にしたがって正しい服用を心がけてください。 プリンペランを服用しても症状の改善がみられないときや、効果に疑問を感じたときはすぐに医療機関を受診してください。 プリンペランの二日酔い・酔い止めの効果は? プリンペランは内耳や脳の嘔吐中枢へ作用することから、二日酔いにおける胃・消化器の炎症および車酔いなどによる吐き気止めとして副次的な効果が期待できます。 しかし、二日酔いなどの症状は、個人差が大きいため、医師の指示をあおいでください。 半減期から見る効果発現時間は? プリンペラン服用後、体内での薬の濃度が最高値に達するまでの時間は約1時間で、プリンペランの半減期は約4~5時間と言われています。 基本的に1日2~3回服用する必要のある薬ですから、1度の服用で5~8時間程度かけて薬の濃度が下がっていくと考えられます。 半減期は薬の効果(作用)時間をはかるための一つの基準となりますが、具体的な効果時間は個人差が大きいため、ご注意ください。 用法・用量 プリンペランの剤型ごとの飲み方を確認しておきましょう。 以下をご覧ください。 67~23. 04mg(塩酸メトクロプラミドとして10~30mg、2~6錠)を2~3回にわけて、食前に使用します。 なお、年齢や症状によって用量を調整します。 67~23. 04mg(塩酸メトクロプラミドとして10~30mg、細粒:0. 5~1. 5g)を2~3回にわけて、食前に服用します。 なお、年齢や症状によって用量を調整します。 67~23. 04mg(塩酸メトクロプラミドとして10~30mg、シロップ:10~30mL)を2~3回に分割し、食前に使用します。 小児は、1日0. 38~0. 5~0. 5~0. なお、年齢や症状によって用量を調整します。 メトクロプラミドとして、通常成人1日7. 67~23. 04mg(塩酸メトクロプラミドとして10~30mg、2~6錠)を2~3回に分割し、食前に経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 プリンペラン錠添付文書 用法・用量に関連する使用上の注意 小児は錐体外路症状が発現しやすいため、過量服用に注意する必要があります。 過剰に使用するとふるえや筋肉の硬直など錐体外路症状が起こりやすいため、副作用を未然にふせぐためにも、プリンペランを服用していて何か身体に異変を感じたら、すぐに医療機関を受診するようにしてください。 小児では錐体外路症状が発現しやすいため、過量投与にならないよう注意すること。 プリンペラン錠添付文書 剤型 プリンペランは内服として、錠剤、細粒、シロップの3つの剤型があります。 剤型のちがいによる効能・効果のちがいはありません。 頓服として処方されたときは? プリンペランは、医師の判断により頓服として処方されることがあります。 頓服として処方されたときは、症状がひどくないときの必要以上の服用は避けましょう。 具体的な服用量や服用のタイミングは、必ず自分自身の症状を理解している医師と相談したのちに決定した使用方法を守ってください。 プリンペランの服用間隔は何時間あけるべき? プリンペランの服用間隔について明確な時間は表記されていませんが、基本的に1日2~3回の通常通りの服用を続けることが望ましく、服用間隔においても同様で、できるだけ毎日同じくらいの時間の間隔で服用するのが良いでしょう。 自己判断による過量服用などは、思わぬ副作用を引き起こす可能性もあるため、避けるべきです。 もしプリンペランを服用していても吐き気がおさまらなかったり、効果に疑問を感じることがあるときは処方した医師または薬剤師に相談することをおすすめします。 プリンペランを服用してはいけない人 プリンペランの成分メトクロプラミドに過敏症を起こしたことのある人、褐色細胞腫の疑いのある人、消化管に出血、穿孔又は器質的閉塞のある人(イレウスなど)は、重大な副作用や症状悪化を引き起こす危険性があるため、プリンペランを使用することはできません。 禁忌(次の患者には投与しないこと) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2. 褐色細胞腫の疑いのある患者[急激な昇圧発作を起こすおそれがある。 ] 3. 消化管に出血、穿孔又は器質的閉塞のある患者[本剤には消化管運動の亢進作用があるため、症状を悪化させるおそれがある。 ] プリンペラン錠添付文書 プリンペランを服用する際に注意が必要な人 小児、高齢者、腎機能障害のある人、脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある人は、副作用の発現や症状悪化の危険性があるため、プリンペランの服用には注意が必要です。 慎重投与(次の患者には慎重に投与すること) 1. 小児 2. 高齢者 3. 腎障害のある患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。 ] 4. 脱水・栄養不良状態等を伴う身体的疲弊のある患者[悪性症候群(Syndrome malin)が起こりやすい。 妊娠中に使用できる? 妊娠中のプリンペランの使用はできるだけ避けるべきとされていますが、医師の判断により処方されることがあり、やむを得ず服用する場合は必要最小限の範囲で用います。 妊娠中または妊娠の可能性のある人は事前に医師に伝えてください。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 授乳中に使用できる? プリンペランの授乳中の使用は避けるべきとされていますが、医師の判断によって処方されることがあります。 やむを得ず使用するときには授乳を避けてください。 授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせること。 [母乳中に移行することが報告されている。 〕 プリンペラン錠添付文書 高齢者は使用できる? プリンペランの高齢者の使用は可能ではありますが、高齢者は腎機能が低下していることが多いため、副作用の発現などの注意して慎重に使用する必要があります。 本剤は、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多く、高い血中濃度が持続するおそれがあるので、副作用(錐体外路症状等)の発現に注意し、用量並びに投与間隔に留意するなど慎重に投与すること。 プリンペラン錠添付文書 子どもは使用できる? 子どものプリンペランの使用は可能ですが、錐体外路症状が発現しやすいため過量服用にならないよう注意し、経過をよくみながら慎重に服用する必要があります。 錐体外路症状が発現しやすいため、過量投与にならないよう注意すること。 とくに脱水状態、発熱時等には注意すること。 プリンペラン錠添付文書 プリンペラン錠5は、脳の嘔吐中枢に直接作用する薬なので、中枢系(脳や脊髄)の異常としてふるえや筋肉の硬直、めまいなど、またホルモン系の異常として無月経、乳汁分泌などの異常が起こることがあります。 重大な副作用の発現を防ぐためにも、何か身体に異変を感じたらできるだけ早く医療機関を受診するようにしてください。 眠気・めまいの副作用に注意! プリンペラン服用時、眠気やめまいなどの副作用があらわれることがあります。 症状が軽い場合は経過を観察してもよいですが、眠気がひどいときや心配な時は処方した医師や薬剤師に相談してみましょう。 眠気やめまいによる二次災害を防ぐためにも、プリンペラン服用中は車の運転などの危険をともなう機械の操作は避けてください。 重大な副作用:ショック、意識障害、痙攣など プリンペラン服用時、まれに重大な副作用として以下のような症状があらわれるおそれがありますので、ご注意ください。 身体に異変が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。 ・ショック、アナフィラキシー ・悪性症候群(Syndrome malin) ・意識障害 ・痙攣 ・遅発性ジスキネジア その他の副作用:錐体外路症状、消化器、精神神経系など プリンペラン服用時、その他の副作用として以下のような症状があらわれるおそれがありますので、ご注意ください。 その他 めまい、倦怠感 プリンペランの薬価 プリンペランの薬価は以下のとおりです。 名称 薬価 プリンペラン錠5 6. 名称 薬価 プラミール錠5 5. プリンペランの個人輸入に注意! プリンペランは医師の処方箋が必要な薬です。 しかし、個人輸入等により市販され、通販サイトなどで流通しているものも一部存在します。 個人輸入で手に入れた薬は全て副作用救済制度が受けられず、万が一体に異変が生じた場合の対処法の選択肢を狭めてしまう行為です。 プリンペランを服用するときは、正しい効果を得るためにも医師から薬の用量や飲み方についてのアドバイスを受け、服用していきましょう。 プリンペランは胃・十二指腸潰瘍をはじめとする消化器の不調や吐き気の抑制に効果的な薬です。 それほど副作用の多い薬ではありませんが、用法用量を守った正しい服用を心がけてください。 もし効果に疑問を感じたときは、漫然と使用をつづけるのではなく、医師や薬剤師に相談してみましょう。

次の

プリンペラン錠・細粒(メトクロプラミド)の効果と副作用【制吐薬】

プリンペラン錠

フェノチアジン系薬剤 プロクロルペラジン クロルプロマジン チエチルペラジン 等 ブチロフェノン系薬剤 ハロペリドール 等 ラウオルフィアアルカロイド薬剤 レセルピン 等 ベンザミド系薬剤 スルピリド チアプリド 等 内分泌機能異常、錐体外路症状が発現しやすくなる。 本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強くあらわれる。 ジギタリス剤 ジゴキシン ジギトキシン 等 ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐、食欲不振症状を不顕性化するおそれがある。 本剤の制吐作用による。 カルバマゼピン カルバマゼピンの中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、眩暈等)があらわれることがある。 機序不明 抗コリン剤 アトロピン硫酸塩水和物 ブチルスコポラミン臭化物 等 相互に消化管における作用を減弱するおそれがある。 本剤は消化管運動を亢進するため、抗コリン剤の消化管運動抑制作用と拮抗する。 副作用. Graffner,C. et al. , Brit. Clin. Pharmacol. , 8 5 , 469, 1979. Teng,L. et al. , J. Pharm. Sci. , 66 11 , 1615, 1977. Kauppila,A. et al. , Eur. Clin. Pharmacol. , 25 6 , 819, 1983. 福原 武 他, 日本平滑筋学会雑誌, 2 1 , 15, 1966. 熊田重敦 他, 薬学研究, 39 2 , 44, 1968. 楢林和之 他, 第2回新薬物治療研究会講演内容集, 55, 1965. 斎藤達雄 他, 第2回新薬物治療研究会講演内容集, 65, 1965. 佐藤巳代吉 他, 第2回新薬物治療研究会講演内容集, 217, 1965. Jacoby,H. et al. , Gastroenterology, 52 4 , 676, 1967. Justin Besancon,L. et al. , C. Soc. Biol. Paris, 158 4 , 723, 1964. 小林龍男 他, 第3回新薬物治療研究会講演内容集, 41, 1966. 岩瀬善彦 他, 第4回新薬物治療研究会講演内容集, 39, 1967. Laville,C. , Path. et Biol. , 12 9-10 , 577, 1964. 島本暉朗 他, 第3回新薬物治療研究会講演内容集, 18, 1966 作業情報.

次の

同効薬リスト(後発品) & 薬価

プリンペラン錠

犬に処方されるプリンペランは制吐薬 犬に薬を処方されるとき「薬品名」か「効能名」を薬袋に書いて渡す動物病院もあれば、そもそもどちらも記載せず口頭のみの説明で渡す動物病院もあります。 どちらの場合でも事前にどのような薬を出すかの説明はありますが、どの時聞いても家に帰るとどの薬が何の効果があったのか忘れてしまうこともありますよね。 そして、プリンペランは犬に処方することが多い薬のひとつです。 それは、プリンペランの効果が制吐薬であり症状の一つとして多いため、結果としてプリンペランの処方が多くなります。 もし嘔吐の症状があってプリンペランと書かれたお薬を処方されたら、それは制吐薬の薬だと認識しておきましょう。 犬の吐き気が治まったらプリンペランも飲まなくていい? プリンペランは制吐薬、つまり吐き気止めとして使われることが多いので、もしあまりにも吐き気がひどくおうちでも飲めない場合は、注射もあるので注射にしてもらったり、また、薬を処方してもらったタイミングが次の食事の時間まで間があったとしても、その時間まで投薬を待つ必要はありません。 そして、プリンペランを飲ませると吐き気が治まっていきますが、最初の数日は処方されたとおりに投薬していても、本格的に吐気が落ち着いてきたら処方されたプリンペランはもう飲ませなくてもいいのかな?と思って来ると思います。 薬は症状を抑えるためのものなので、吐き気が治まってきたらもう投薬をやめても大丈夫なのでは?と考えるのもわかるのですが、基本的に処方された分は全て飲ませきるようにしましょう。 見た目には落ち着いていても本人はムカムカが残っているかも知れませんし、単純に薬のおかげで吐いていないだけの可能性もあります。 しかし、嘔吐がなければ止めてもいいという指示が出る場合もあるため、薬の中止は自己判断ではなく必ず獣医師の指示に従いましょう。

次の