フィリピン ロックダウン。 東京封鎖(ロックダウン)とは?フィリピンのロックダウンから解説します!

[フィリピン]マニラのコロナウィルス・ロックダウンを5月15日まで延長

フィリピン ロックダウン

日本語の記事をお探しですか? 現在、GCQですがクラスターが多発すれば 戻る可能性は当然あります。 現地ニュース記事なら まにら新聞の本日の英文ニュース記事です。 This was after the Department of Health reported on Monday there were 331 fresh COVID-19 cases and 248 late cases. On Tuesday, the DOH said there were 280 fresh cases and 238 late cases, bringing the total COVID-19 cases to 22,992. In a virtual press briefing, Presidential Spokesperson Harry Roque said the Inter-Agency Task Force for the Management of Emerging Infectious Diseases is set to hold a meeting on Wednesday on what would happen on June 16. "All the decisions of IATF whether or not to graduate to the next regime, in the case of Metro Manila to MGCQ, is always dependent on data. We're looking into case-doubling rate and the critical care capacity," he said. "If the trend continues, either may be we will continue to GCQ or we revert to modified ECQ, because all classifications are flexible depending on the data," Roque explained. Metro Manila, along with a few other places, is under GCQ until June 15. Meanwhile, Roque said he was informed by Social Welfare and Development Secretary Rolando Bautista that by next week, they would be ready to distribute the second tranche of cash assistance under the Social Amelioration Program. "It will take them two days to distribute electronically and the rest with the assistance of the Armed Forces," he said. He also said that the Department of Transportation might also tap jeepneys for "delivery service. " Jeepneys are still barred from plying the streets in the country. Roque said there was no update yet on the plan to tap the displaced jeepney drivers as COVID-19 contact tracers.

次の

首都マニラがロックダウンされて2週間 フィリピン在住邦人の生活

フィリピン ロックダウン

フィリピンのコロナウィルス感染者統計 4月24日現在 フィリピンの感染者数合計は 6,981名。 その内死亡者数は462名。 感染からの回復者は722名。 世界規模の国別感染者数ランキングでは42位。 感染者が最も多い地域はマニラ北部ケソン市で約1,100名。 全体の7分の1を占めます。 延長にふくまれるセブは300人台と意外と少ないです。 ちなみに4月24日時点で日本は世界ランキング24位。 日本の感染者数は13,080名(その内死亡者数は381名)。 過去1週間のフィリピン感染者統計 こちらは過去1週間の間に確認されたフィリピンでのコロナウィルス感染者数です。 4月17日218名 4月18日209名 4月19日172名 4月20日200名 4月21日140名 4月22日111名 4月23日271名 ロックダウンの内容• 外国人を含む住民の外出禁止• バス、タクシー、電車など公共移動機関の運航停止• 食料、医療、日常生活用品に限り時間短縮営業が許可• それ以外の営利会社やお店は閉鎖• 一世帯に1枚発行されるパスを持ったもののみ短時間の外出が許される この1週間に起きた事件 ドゥテルテ大統領が戒厳令布告をほのめかす。 ケソン市の検閲所で尋問を受けた退役軍人が抵抗をしたため警察に射殺される。 マニラの病院で集団感染。 バギオのフィリピン留学生たち(日本人を含む)が許可なしに学校から外にでて散歩していたところ地方警察官にみつかり補導、連行。 その後釈放。 マニラのトンドで非合法に闘鶏ギャンブルを主催した関係者たちが逮捕される。

次の

現地レポ「フィリピン・マニラ」ロックダウン解除でどうなる?

フィリピン ロックダウン

フィリピンにてロックダウン解除が決まる まず初めに、現実のところをご紹介します。 これを元に話を進めていくので、誤解などがなきよう。 ということで、この対応がなされました。 そして私も気になったので直接、警備員さんに話を聞いてみました。 すると、今までは一家に1枚のパスがないと買い物などに出れなかったのが、 今後は誰でも 私でも 買い物はもちろん旅行にも出れるとのこと。 島内に限りますが。 もちろん私が大好きなお酒も解禁になりますので、リカーバンも終了になりますね。 しかし、だからと言って問題が解決したわけではありません。 ロックダウン 解除にも両手を上げて喜べない理由 さて、ロックダウンが解除になるとのことですが、次なる問題も降ってかかってきます。 それは、依然として島の境界が封鎖されているということです。 またより一層警備を強化するとのこと。 マニラをはじめ、セブなども依然コロナ患者が増えている以上、仕方のないことなのですが、 となると困るのが観光や留学などで来ている外国人です。 これを読むとフィリピンに帰国したフィリピン人は14日間高原などで完全隔離してから、 生活に戻るように明記されています。 しかし、依然こちらから出る人に対してのアナウンスがありません。 ということで、我々に出来ることは多くなくて、今の現状をキープしつつポジティブに時間を使うこと。 これは勉強やビジネスなどに。 そして、他の地域の患者数が減っていくことを願うこと。 これだけです。 出来ることをする...。 これが1番難しいんですよね、、。 ロックダウン終了を見据えて動くということとは? こんな状況で出来ることなんてないよ。 そう思われる方が大多数かと思います。 日本では早くも多くの人がネットにアクセスをすることが原因で電波障害がチラホラと見られるそう。 でもコレって完全にとある流れに誘導されています。 もう全てが予定調和として。。 ポイントは2024年の...。 うーん、、あまりネガティブなことをこのブログ上で書きたくないので、詳しく知りたい方は私のメルマガにご登録下さい。 そちらでお話します。 さて、そんな中、出来ることの一つに「勉強」と「ネット1つで自分で食っていく能力をつける」 と言うことが挙げられます。 勉強はそのままですが、自己投資ですね。 自分のスキルを高めるチャンスです。 私は今、英語を勉強しに留学に来ています...。 次に、ネットで食っていくと言うことですが、コレは今後どのような状態でも自分の力で稼いでいく力をつける、とも言えます。 私がこのネグロス島でもネットで収入を得ているように、 皆さんもその力を身につける時期にあるのではないでしょうか? 政府が助けてくれない、私の能力では何も出来ない。 果たしてコレで今後生き残っていけるでしょうか? 答えはNO です。 そこで私がオススメするのが、このネットを使って飯を食う能力です。 より具体的には、情報を受信する側から発信側に回るということです。 先程のネットアクセスが繋がりにくいっていう話にも繋がりますが、 この方法ならばこのネットアクセス問題をある程度クリア出来ます。 とにかく早く始めることが条件になりますが...。 今後、なにかしら動かない人は生き残れない、ということだけはお伝えしておきます。 先ずは私のメールマガジンでお伝えしている内容をご確認ください。 なお、このタイミングでメルマガ登録をしてくださった方には、10万円以上の価値がある3つの登録特典をご用意しております。 これだけで、10万円以上の価値があります。 お見逃しなく。 長々と書くと読む方も疲れると思いますので、サクッと読めるボリュームです。 お昼休みなどにサーーっとお読み下さい。 こちらで、質の高い情報を逐一発信しています。 日本ではわかり得ない情報、ブログでは書けない内容などを発信してますので、 早めに登録されるとその分お得になります。 また、さらにこのLINE@に登録してくださった方には、登録特典としまして 『今後の日本で賢く動く秘密』 をお伝えしてます。 ぜひ、メルマガ会員募集が打ち切りになる前にご登録を。

次の