プチ断食 果物。 野菜ジュースでプチ断食でマイナス3キロ!正しいやり方と効果とは

プチ断食ダイエットのやり方は?【胃腸を休めてデトックス効果も!】

プチ断食 果物

目次 野菜ジュースだけで1週間過ごす断食は危険 栄養不足により体調不良になる 野菜ジュースだけでの断食は十分な栄耀を摂取することができず、栄養不足に陥ってしまう危険性があります。 野菜ジュースが作られる過程では、美容効果の高いビタミンC、便秘改善やデトックスにも効果がある食物繊維、酵素なども失われてしまいがちです。 また、ビタミンB群は、もともと野菜ジュースにはほとんど含まれておらず、他の食材からの摂取が基本となりますので、なかなか野菜ジュースだけで必要な栄養素を補うということが難しいのです。 摂取カロリーの不足から筋肉が落ちる 野菜ジュースはもともと摂取できるカロリーがかなり低くなっています。 普段の食事にプラスして飲む分にはカロリーが少ない方がうれしいとは思いますが、野菜ジュースだけでの断食の際にはそれがかなり大きなリスクとなります。 生命活動に必要なカロリーを摂取できなければ、身体に異常をきたし、デトックスやダイエットなどといっている場合ではなくなってしまうのです。 つまり、栄養失調状態に陥り、最悪の場合、病院での治療も受けなければならなくなることもあると認識しておく必要があるでしょう。 リバウンドしやすくなる 野菜ジュースでの断食は、実施期間中に摂取できる栄養素やカロリーは野菜ジュースに含まれているもののみとなります。 断食をしている間は、一時的に体内の脂肪を燃焼し、足りないエネルギーを補うことができますが、断食後には、身体が生命活動を維持できるようにと、これまで以上に多くの栄養素やエネルギーを確保しようとします。 その時に、「断食のご褒美」などといって暴飲暴食やそれでなくとも普段の食事を続けているとあっという間にリバウンドをしてしまうのです。 断食後はその苛酷さから自分を甘やかしたくなりますが、そこがリバウンドを招いてしまう弱さになってしまうため、自分に必要な栄養素を見極めることも大切です。 日常生活に支障が生じる 野菜ジュースのみでの断食は、これまでお伝えしてきたように、十分な栄養やカロリーを摂取することができません。 そのため、脳を働かせるためのエネルギーとなる糖分なども少なくなり、意識がぼんやりしたり、思考力が低下したりといった症状が現われてきます。 また、ビタミン不足によって、脚気や壊血病などのリスクも高まりますし、身体的疲労もどんどんたまっていってしまいます。 そういった症状が出始めてくると日常生活にも支障が出てきてしまいますよね。 ダイエットやデトックスを目的に断食をしているのに、それによって体調が悪くなってしまっては元も子もありません。 体が健康であればこそ日々の生活を楽しむことができるので、身体や気持ちの変化には特に意識しておかなければなりません。 置き換えかプチ断食がおすすめ 野菜ジュースを活用した断食では、1日3食ある食事のうちの1食を置き換えるダイエットや週末を利用したプチ断食がおすすめです。 置き換えダイエットでは、1食を野菜ジュースに置き換えることによって、身体に必要な栄養素やカロリーをしっかりと摂取しつつ、野菜ジュースでカロリーを抑えることができ、適度にデトックスを行うことができます。 また、週末を利用したプチ断食では、身体に与えるダメージも少なく、断食の期間も短いため、大きなリスクはないでしょう。 老廃物の排出が促進される 体の中には、日々の生活の中で溜まってしまった老廃物をためこんでしまう性質があります。 通常の身体の生命維持機能としては「消化・吸収・排泄」の3つが大きな柱として働いており、消化や吸収については、排泄よりも多くのエネルギーが消費されていますが、なかなか排泄には注力されません。 しかし、排泄が滞ってしまうと、腸内だけでなく、体全体に老廃物から出される毒素が充満してしまい、それが体臭やニキビなどの吹き出物、便秘などの症状につながってしまうのです。 断食によって、消化・吸収をストップすることができれば、排泄に意識を集中することができます。 断食をすることで体の中に溜まった老廃物をしっかりと排出することができ、体臭や肌荒れなどのトラブルも解決できるんです。 ちなみに、たまった老廃物が排出されるのは、個人差もあるとは思いますが、断食7~20日目くらいになるようです。 コレステロールが除去される コレステロールが多い方は、摂取するカロリーに比べて消費するカロリーが少ない場合、多く摂取したエネルギーを脂肪に変えて蓄積したり、過剰エネルギーが中性脂肪やコレステロールというカタチで血液中に蓄えられている状態になってしまっています。 断食によって、摂取するカロリーをなくすことで、身体が生命活動を維持するために、血中のコレステロールや蓄えた脂肪を燃焼し、エネルギーを作り出します。 そのため、コレステロール値も下げることができ、除去できるのです。 脂肪が燃焼され体重が減る コレステロールと同じように、体の中に蓄えられてしまった脂肪を、断食をすることによって燃焼させていきます。 通常の生活の中でも脂肪を燃焼してはいるものの、それよりも多くのエネルギーを摂取してしまっているために、どんどん脂肪が蓄えられてしまっているのです。 断食によって消費される脂肪の量は、個人差もありますが、1日当たり200g前後となります。 肌が綺麗になる 普段の食事を1日3食しっかりと摂っている方は、栄養素もしっかりと補給することができているかと思います。 しかし、それでは胃腸も1日中働きっぱなしで、胃腸のはたらきも弱くなってしまい、老廃物なども溜まりやすい状態になってしまうため、時には休ませてあげることも重要です。 断食をすることで胃腸を休ませることができ、胃腸に溜まった老廃物を排出することができ、胃腸内環境を整えることができます。 そうすることで、弱った胃腸のはたらきを改善し、より胃腸のはたらきを活発にして、より多くの栄養をしっかりと吸収することができるようになります。 美肌を手に入れるには、断食によるデトックスは有効です。 弱った内臓器官を休め修復できる 1日3食食事をすることは、身体に必要な栄養素を摂取するために必要なことですが、それだと常に内臓が働きづめになってしまいます。 特に、胃や腸などの消化器系は、食事を摂るたびに大量のエネルギーを消費しながら働いています。 働きづめの内臓も休ませてあげなければ疾病の原因になってしまいます。 断食をすることで消化器官に休息を与えることができ、それによって重大な疾病のつながるリスクを軽減することもできますし、胃に関する疾病は、断食によって改善するものも多くあります。 食事は私たちの身体にとってなくてはならない栄養補給元ではありますが、断食することによって得られる消化器官の休息もしっかりと確保してあげることが、体全体の健康維持にも役立ちます。 病気の回復を助ける 現代人の食生活は、昔と比べて多くの栄養素を豊富に摂取することができるようになっています。 そのため、塩分過多や高カロリー、高脂肪などの食事を多く摂りすぎることによって、さまざまな病気を発症するリスクが高いのです。 その主なものが生活習慣病でしょう。 断食はそれらの病気を改善することにも役立ちます。 食事を摂らないことによって、塩分過多になることもなく、高カロリーや高脂肪の食事をすることもないので、その分内臓器官を十分に休めることができ、私たちの身体が本来持っている自己回復力を極限まで高めることができます。 そのため、生活習慣病はもちろん、骨折や精神疾患などに至るまで、さまざまな病気の回復を図ることができるのです。 精神の安定を得られる 断食は精神状態の安定をも促してくれます。 精神を安定するためには、セロトニンという神経物質が正常に働いている必要がありますが、このセロトニンは主に腸内で作られる物質のため、腸内環境が悪化している状態では、このセロトニンも十分に分泌されているとは限りません。 うつ病などの精神疾患は、このセロトニンの生成や分泌が十分に機能していないために引き起こされてしまいます。 腸内環境を正常に保ち、精神の安定を促すセロトニンの生成・分泌を正常にする必要があります。 断食をすることによって、腸内環境の改善や内臓器官の休息を得られることで、精神安定物質であるセロトニンを正常に保つことができ、うつ病などの精神疾患にも効果が発揮されるのです。 断食で胃を傷つけない為に必ずすること 断食前には徐々に食事の量を減らす 断食をするには、その前段階として準備期間というものが設けられています。 この準備期間には、胃の容量を少しずつ少なくしていき、断食によって胃酸の出すぎを防ぎ、胃を保護するという観点からも必ず実施すべき項目のひとつです。 断食をする前に、断食の期間と同程度の準備期間を設け、徐々に食事の量を減らしていきます。 こうすることで、胃や腸などの内臓器官に大きな負担をかけずに断食を実行することができます。 断食後は徐々に食事を戻す 断食後も準備期間と同じように、少しずつ食事の量を増やしていくことが重要です。 断食が終わったからといって、いきなり普段と同じくらいの量の食事を摂ると、胃や腸が突然の大量の消化物が到来したことにより、パニックを起こしてしまうのです。 それによって、必要以上に胃や腸の働きが活発になってしまったり、胃液などの分泌物が過剰に出されてしまい、消化不良や胃を痛めてしまう原因にもなります。 断食が終わった後には、消化吸収の良い食事を摂るようにし、その量も少しずつ増やしていくというステップを守りましょう。 週末の3日間かけておこなう はじめて断食を行う方におすすめなのが、週末の3日間を利用して行うプチ断食です。 プチ断食は準備期間1日、断食本番1日、回復のための1日の、計3日間にわたって行う断食になります。 また、断食本番の日には、食事はせず、飲み物だけで過ごすということも特徴です。 断食1日目は断食の準備をする 準備期間となる1日目は、徐々に食事の量を減らしていき、食事を摂らないくするということに対して、胃に負担をかけないようにするための期間となります。 朝食は通常通りに食べてかまいません。 しかし、昼食からは食事の量を通常の6~7分目に減らし、夕食はおかゆのみとします。 こうして準備期間を過ごすことで、胃液の分泌や胃腸の消化・吸収のはたらきを少しずつ落としていくことができるのです。 断食2日目が断食の本番 断食本番の2日目は、野菜ジュースのみで過ごします。 空腹を感じたら野菜ジュースを飲むような感覚で過ごしていただいて大丈夫ですが、水分はこまめに摂取することを心がけてください。 特に、夏場などの暑い時期にプチ断食を行うような場合には、脱水症状を引き起こす恐れがあるため、のどの渇きを覚える前に水分を摂取することを徹底しましょう。 断食3日目は回復食 プチ断食3日目は回復期間となります。 2日目の断食本番で休ませた胃腸のはたらきを十分に発揮させるためには、少量の食事から始めるようにしましょう。 朝食はおかゆや重湯などの軽い食事とし、昼食は普段の食事量の半分程度を食べるようにしましょう。 この時、普段の食事の内容と同じものではなく、胃腸にやさしい消化の良いものを徐々に食べるようにするといいですね。 消化の良いものと言っても漠然としていて回復食は結局何が良いのだろうと悩む人も多いのではないでしょうか。 以下の記事ではそんな回復食詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。 プチ断食の効果を上げるポイント 読書や散歩で気分転換をする プチ断食では、断食のことにばかり気持ちがいってしまい、なかなか食欲から気持をそらせることができなくなります。 プチ断食であれば軽い運動であれば問題なく行えるため、散歩などをして気分転換を図るといいでしょう。 ただし、脱水症状などの危険性があるため、水分の補給はしっかりと行う必要があります。 また、読書や映画鑑賞など、ご自分の趣味に興じることもおすすめです。 激しい運動はしない プチ断食中のやってはいけないことの最たるものが激しい運動です。 激しい運動による急激なエネルギーの消費は、内臓器官に多くの負担をかけますし、脱水症状などの症状を招く原因にもなります。 スポーツやジョギングなどの激しい運動は行わないように注意しましょう。 ただし、散歩程度の軽い運動であれば、水分補給をしっかりと行うことで可能となります。 炭酸水は満腹感がでるので効果的 プチ断食中の水分補給としておすすめなのが炭酸水です。 炭酸水にはカロリーがなく、その上胃の中で膨らむため、満腹感が得られやすいという特徴があります。 暑い夏などに行うプチ断食では、冷たい飲み物で体を冷やしたいという気持ちからキンキンに冷やした水や炭酸水を飲んでしまいがちですが、内臓器官にとって冷えは大敵です。 内臓器官のはたらきを弱め、せっかくのプチ断食でのデトックスも効果が薄れてしまいます。 ですから、プチ断食のときはもちろんですが、普段から冷たい飲み物ではなく、常温の水や炭酸水、水分を補給するようにしましょう。 野菜ジュースでプチ断食をする際の注意点 野菜ジュースは1日500mlを限度とする 野菜ジュースには思った以上に糖分が多く含まれているものです。 野菜や果物に含まれているショ糖が多いとは思いますが、市販の野菜ジュースを使用して行う場合には注意が必要です。 市販の野菜ジュースには果糖やオリゴ糖などの甘味料が含まれている場合が多く、それに加えて野菜や果物自身に含まれているショ糖も含まれているので、思っている以上に多くの糖分を摂取してしまうのです。 また、市販の野菜ジュースには添加剤や保存料などが含まれていることも多いので、1日当たり500mlを限度として飲むようにしましょう。 水分はこまめに摂る プチ断食中は食事を摂らない代わりにしっかりと水分を補給しなければなりません。 普段でも、飲み物を飲むことに加えて、食事からも多くの水分を補給しています。 しかし、断食中は食事を摂らなくなるので、その分の水分を補ってあげなければならないのです。 野菜ジュースだけではなく、水分補給をこまめに行うことで、身体に溜まった老廃物を体外に排出するはたらきを促し、脱水症状などを防ぐためにも、いつも以上に水分をこまめに摂取することを心がけましょう。 目安としては、1日当たり3~4Lの水分を摂るようにしてください。 味も匂いもしない水をたくさん飲むのは苦手という方はレモンを加えたり、無糖の炭酸水もおすすめです。 以下の記事ではデトックス効果の高い水を飲みやすくする方法について詳しく解説しています。 アルコールやタバコはNG プチ断食の本来の目的は、体の中に溜まった老廃物の排出と内臓器官の休息です。 そのため、アルコールやタバコなどの嗜好品の摂取はしないようにしましょう。 せっかくのプチ断食の効果がなくなってしまいますし、体調不良を引き起こす原因にもなりかねません。 珈琲や紅茶も飲まない アルコールなどの嗜好品と同様に、珈琲や紅茶も飲んではいけません。 これは、珈琲や紅茶にカフェインが多く含まれているためです。 カフェインは自律神経を活性化させ、精神を興奮状態へと導きます。 プチ断食中にカフェインによる作用があれば、しっかりと老廃物を排出できず、内臓器官を休ませてあげることもできません。 ただし、カフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどは、気持ちを落ち着けたり、水分補給として飲んでもかまいません。 間食はしない プチ断食中は食事はしません。 その理由は内臓器官を休ませ、その中にある老廃物を体外に排出得るためです。 そのため、当然のように間食もしません。 間食をしてしまうと、プチ断食を行う意味がなくなってしまい、デトックスの効果も期待できなくなるためです。 断食中は食事や間食はしないこと、それがポイントです。 野菜ジュースで断食をするメリット ビタミンやミネラルが補給できる 断食中は食事からの栄養素を補うことができません。 しかし、野菜ジュースを飲むことによって、野菜ジュースの中に含まれているビタミンやミネラルを補給することができます。 市販の野菜ジュースでは、製造過程で加熱処理がされ、十分な栄養を確保できない場合が多いのですが、ご自分で作る野菜ジュースであれば、野菜がもつ栄養素をそのまま体に摂りこむことができるのでおすすめです。 代謝に必要な酵素が摂れる プチ断食中に野菜ジュースを飲む最大のメリットは、野菜がもつ酵素を体内に摂りこむことができるという点です。 野菜ジュースに含まれる酵素を摂り入れることによって、私たちの体内で消費される酵素を少なくし、それだけ胃や腸などの内臓器官を休めることができるのです。 市販の野菜ジュースにも酵素はある程度含まれていますが、製造過程で消失してしまう酵素も多いので、自分で野菜ジュースを作ることをおすすめします。 野菜ジュースを作るのが面倒だけど酵素は取りたいという場合には酵素ドリンクもおすすめです。 酵素ドリンクについては以下の記事で詳しく解説しています。 市販の野菜ジュースで断食をするデメリット 製造過程により栄養素が減少している 市販の野菜ジュースをプチ断食で利用するのは手軽でいいのですが、その分私たちの体内に吸収できる野菜の栄養素は少なくなってしまいます。 野菜ジュースの製造過程で加熱や殺菌などの処理がされるため、それらによって栄養素が失われてしまうのです。 手づくりの野菜ジュースであれば、作ったその場で飲むことができるので、野菜に含まれている栄養素を十分に取り入れることができます。 製造過程により酵素が失われている 栄養素と同様に、野菜や果物に含まれる酵素は、加熱処理や殺菌処理などの製造工程の中で死滅してしまうことが多く、市販の野菜ジュースでは十分な酵素を得ることはできません。 やはり手づくりの野菜ジュースがプチ断食にはおすすめです。 費用がかかる 市販の野菜ジュースで行うプチ断食は、その都度野菜ジュースを購入しなければならず、自分で作るよりも、さらには、食事を作るよりも多くの費用がかかる場合があります。 商品によっても価格に差はありますが、良質な栄養素や酵素が入った野菜ユースとなると、やはり価格が高いものが多いでしょう。 ニンジン、リンゴは皮つきのまま、一口大に切っておく 2. ミキサーやジューサーに入れ撹拌して完成! 作るときのポイント ミキサーやジューサーの大きさに合わせて皮ごとジュースにすることで、皮と身の間にある豊富な栄養素を余すところなく取り入れることができます。 また、お好みでレモンを絞ってくわえることで、さわやかな酸味と酸化防止になります。 野菜や果物を皮付きのまま、一口大の大きさに切る 2. 切った野菜や果物をミキサーやジューサーに入れ、ヨーグルトを加えて混ぜる 3. グラスに注いで完成 作るときのポイント 野菜や果物は皮がついたまま調理すること、甘みが少ない時にはモモやマンゴーなどを加えるとよりおいしく飲むことができますし、その時の旬の野菜や果物を使用することで、野菜や果物に含まれている栄養素を最大限摂りいれることができます。 コールドプレス製法(低温低圧圧縮方式)を用いて作られた野菜ジュースで、野菜や果物に含まれている栄養素や酵素などを壊すことなく摂ることができます。 このコールドプレス製法で作られた野菜ジュースは価格が高いものが多いのですが、MUSTは1本あたり約600gもの野菜や果物を使用し、1コインで購入することができるので、かなりコスパがいいということがわかります。 ラインナップも豊富で、1日1本飲んだとしても飽きないようにと、7種類のフレーバーが販売されています。 砂糖や添加物は一切使用せず、オーガニックの野菜や果物を厳選して使用しているため、安全で手軽に飲むことができます。 ピカイチ野菜くん にんじんりんごレモンジュース 無理しないプチ断食で健康的な身体になろう 野菜ジュースを用いたプチ断食は、準備期間・断食本番・回復期を含めても3日間で取り組める手軽さが人気です。 また、デトックス効果やダイエット効果を期待して始める方も多いでしょう。 しかし、しっかりとした知識がなければ体調不良や脱水症状などの症状を誘発することになりかねません。 また、プチ断食のやり方や注意点などをしっかりと把握しているからこそ、安全でより高い効果が期待できるのです。 正しい知識とやり方を理解し、より健康的にデトックスを行うことで、断食後の体調の回復も順調に進みますし、少しの体調不良や肌荒れなどの症状は回復する可能性も多くあります。 週末を利用した手軽なデトックスであるプチ断食は、健康的に老廃物を排出できる有効な方法です。 当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

次の

プチ断食は良いぞ!2日間断食(ファスティング)のレポとやり方

プチ断食 果物

週末断食 おすすめの人 平日は付き合いが多いので断食するなら週末 週末断食でからだスッキリ! やり方 土曜日 果物ジュースは飲んでOK! ただし、果物ジュースと水の割合は、1(果物ジュース):3(水) 果物ジュースをこまめに飲むことで低血糖を防ぐことができる。 なるべく平日からカフェインを断った方が週末断食を安全に行える。 69歳女性の結果 3週間でマイナス4. 9キロ減量に成功! 体重:71. 4キロ(4. 9キロ減) ウエスト:90. 6センチ(11. やり方 1日8時間の間は食事OK! たとえば 午前10時~18時は食事OK! 断食時間は18時~10時。 60歳女性の結果 3週間でマイナス2. 1キロ減量に成功! 体重:59. 4キロ(2. 1キロ減) ウエスト:95.

次の

医学的半日断食、プチ断食の方法と注意点

プチ断食 果物

このような視点に立って考えてみると、「どうすれば痩せるのか」という視点から「食べる量を減らすにはどうすればいいのか」という発想でダイエットを捉え直すことができるようになります。 そもそも、ダイエットをしなくてはならない状況に追い込まれた人の多くは、食生活の乱れ、つまり「食べ過ぎ(摂取カロリー過多)」の問題を日頃から抱えているのが大半です。 そこで今回のテーマは「プチ断食ダイエット」です。 これは文字通り、断食状態を維持する生活を継続することで、摂取カロリーや脂肪の蓄積を抑える合理的なダイエットです。 おそらく、「 プチ断食って難しそう……」と思われる方もおられるでしょう。 しかし、方法はじつはそんなに難しくないんです。 では、気になる「プチ断食」の方法とは? さっそくみていきましょう! 目次• 「プチ断食」は文字通り 短い時間(プチ)限定で、水分以外は口に入れないというダイエット法です。 1日間• 16時間• 8時間 などさまざまです。 ダイエットをせざるを得なくなった人の大半は、「食べ過ぎた結果太ってしまった」わけですから、耳に痛いはずです。 試しにふだんの食事を抑えめにして、ちょっとまだ食べ足りないかもと思う程度にしてみてください。 つまり 「腹八分目」くらいの感覚です。 みなさんもよくおわかりいただけるかと思いますが、 人間誰しも「働き続ける」とオーバーワークでへとへとになってしまいますよね?そうなると、本来の力を発揮できずにどんな仕事も運動も効率が落ちていくことになります。 この状態が続くと、次第に胃腸の「消化吸収」という大事な仕事の効率も落ちていってしまいます。 そしてそれが結果的に「痩せにくい身体」をつくりあげてしまうことにつながり、肥満のリスクを高めてしまうのです。 ダイエットと内臓の働きは非常に密接な関係にあります。 胃腸(消化吸収能力&腸内環境)の状態が悪ければ肥満のリスクが高まり、脂肪燃焼効率が低くなると言われています。 というのも、消化吸収の力が弱ければ、効率的にエネルギーを変換させることができなくなり、無駄に脂肪を体に溜めこむことになってしまうからです。 つまり、消費(燃焼)と蓄積のバランスが釣り合っていないということです。 お金の出費(消費)よりも貯金(蓄積)が上回る状態はたいへんありがたい話ですが、 ダイエットの世界では、貯めこむことよりも消費(燃焼)が上回るか釣り合っている状態が望ましいのです。 だから、「代謝」すなわち「脂肪を燃焼する能力」が悪ければ、エネルギー消費効率が悪いために脂肪燃焼がいっこうに進まないことになってしまうのです。 消化吸収機能がほとんど停止した状態になりますので、胃腸のオーバーワークを防止できるわけです。 胃腸が休まるようになると、代謝が改善されるので、消化不良のリスクが減るだけでなく、消化吸収効率や脂肪燃焼効率が改善され、「痩せやすい身体」へと体質を変えていくことができるようになります。 「冷え性」や「便秘」も改善 便秘の原因は「食物繊維」の不足と捉えられがちですが、けっしてそれだけではありません。 胃腸を酷使しすぎて働きが弱まっているような場合にも、便秘が起こってしまうものです。 ダイエットの大敵は便秘です。 便秘が美容健康に悪影響を及ぼすだけでなく、それが肥満にもつながるということは、いまやダイエットの常識です。 しかもそれだけではなく、こんな状況で焦ってダイエットを始めると、ますます健康と美容を害することになるでしょう。 腸内環境が整っておらず、エネルギー代謝の落ちているタイミングでダイエットをすれば、食欲不振・肌荒れ・睡眠不足を引き起こし、さらに健康美容状態が悪化するだけです。 これでは、ダイエットどころではありませんよね? 便通が良くなれば不要な老廃物が排出されやすくなり、肌荒れを防ぐとともにデトックス効果でむくみも解消されていきます。 女性のなかには、ダイエットを始めると腸内環境が荒れてしまい、かえって体調を崩してしまう方が多く見受けられます。 お腹の調子が肌に出やすい人は、ダイエットを始めてすぐに大人ニキビや肌荒れを引き起こして悩んでしまうことも……。 腸内環境は、美容・健康・ダイエットの命運を左右する非常に重要な場所です。 腸の具合がカギを握っているわけですから、 プチ断食ダイエットで胃腸を休めることは、お通じの調子が悪いダイエッターには最善の選択だと言えるでしょう。 ようするにプチ断食で、身体を休めてデトックス効果を図ることができるわけです。 便秘や肌荒れに悩んでいる人は、ぜひプチ断食を検討してみてはいかがでしょうか? やり方は? プチ断食の断食時間は様々ですが、どの長さが良いのでしょうか? 断食は必要な栄養素を全て断つストイックなダイエット法なので、無理は禁物です。 理想の断食は8時間 プチ断食は、単純に三食を抜いたストイックな生活を送ればそれでOKというわけではありません。 間違った知識に基づいて実践すれば、必ず体調の異常や身体サイクルの崩れとして悪影響がでてしまいます。 くれぐれも、「数日間断食すればいいんでしょ?」という軽いノリで実践するのは、絶対にやめてくださいね。 というのであれば、プチ断食ダイエットは専門知識を身につけなければならない、ハードルの高いメソッドなのでしょうか? いいえ、じつはそうではないんです。 今回みなさんにオススメするプチ断食ダイエットのお手本例を紹介します。 その名も「8時間ダイエット」です。 みなさんは、8時間ダイエットをご存じでしょうか?海外で爆発的に広まったこのメソッドは、食事だけに目のいきがちだった昨今のダイエットの在り方を見直して、 「食べる時間」という視点でより健康的・合理的に痩身効果を得ようとする方法です。 端的に言えば8時間ダイエットは、一日のうちの 「連続8時間以内」に食事を済ませる方法のことです。 「米国発の「8時間ダイエット」がテレビの健康番組などで取り上げられ、大注目されている。 この「8時間ダイエット」を自ら実践し、高血圧や糖尿病患者などにも提案して効果を挙げている「かたやま脳外科内科クリニック」(北九州市)の片山成二院長が言う。 「2年ほど前、このダイエット法をやって、約10キロの減量に成功しました。 ただし、私が提唱するのは『8・16ダイエット法』です。 すると、そこから8時間ぶん時計の針を進めていくと、15時になりますよね?この15時は、一日の「最後の食事」と捉えるタイムリミットです。 このように、8時間ダイエットは、仮に朝7時スタートの場合、7時~15時のあいだにとられる都合二度の食事を「一日の食事」と考えるのです。 だから当然、15時以降に食事をしてはなりません。 そう、 まさに「15時以降の食事をしない」ことがプチ断食に他ならないのです。 つまり、ここでいうプチ断食ダイエットとは、「15時~翌朝7時」の断食状態をキープした生活を送ることを意味するのです。 「実を言うとわたしたちはみんな、知らずに毎日断食しているんです。 普通は夜に食べて、次の日の朝まで食べませんよね、これはちょっとした断食です。 だから英語では朝食のことを『断食を破る』という意味のブレックファストというんです。 この断食は食べる時間にもよりますが、普通は8~9時間。 いろんなダイエットがこの方法を組みこむようにもなって、もはや主流になりつつあるんです」 引用: これなら、極端な断食をする必要はありませんし、 栄養不足に陥るリスクを回避しつつ、健康的に「プチ断食」ができるはずです。 注意点 プチ断食による効果を最大限に期待しようとするのであれば、 断食後の食生活が大切です。 断食終了後は特にお腹が空いて食べたくなります。 その時に空腹感を満たそうと欲望のおもむくまま食べてしまうと、断食した意味がありません。 食事も一気にもとの量に戻してしまうと胃腸もびっくりしてかえって負担がかかってしまいます。 胃腸は健康の要、ダイエットと健康状態の改善が一度にできる素晴らしいダイエット法ですね!.

次の