和菓子屋 娘 殺人事件 その後。 《和菓子店娘殺害》近隣住民の証言で明らかになった、父の女グセと “娘との距離”

近所に住んでいた小倉智昭氏、和菓子店の木津いぶきさん殺害事件「父親の実子ではない話も…可愛がっていたと思う」

和菓子屋 娘 殺人事件 その後

木津いぶきさん 事件発生はいつ? いったい木津いぶきさんはいつ殺害されたのか・・・。 気になるポイントではないでしょうか。 NHKによると、 現場の和菓子店は飲食店や商店などが並ぶ通りに面していて、午前7時半の時点で店の正面にある出入り口のシャッターは閉まったままです。 店の前にはパトカーが1台止まっていて、シャッターには「都合によりしばらくお休み致します」と書かれた紙が貼られています。 nhk. html? いつからこの張り紙がしてあったのかがわかれば、父親が逃亡した日付は特定できそうです。 発見されたきっかけは、6日のことでした。 尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。 その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った」と電話があったという。 asahi. html) 木津いぶきさんからの通報だったそうです。 また、犯人は父親で間違いなさそうですね。 【岩崎隆一 従姉妹への嫉妬が動機!川崎殺傷事件の犯人の生い立ちがヤバイwwwエリート名門小狙いの引きこもりは宅間守?】 木津いぶきさん 家族構成は?遺体発見時の状況は? 続々と続報が入ってきました。 木津いぶきさんの弟から通報を受けた警察官が、遺体を発見した状況は以下の通りです。 捜査員が父親を探していたところ、和菓子店内の業務用冷蔵庫(縦73センチ、横140センチ、高さ85センチ)の中から木津さんを見つけた。 木津さんはひざを抱えるような態勢で、死亡が確認された。 首には絞められたような痕があったという。 asahi. html) 業務用冷蔵庫の中だったようです。 また、家族構成も調べてみました。 木津さんは両親と弟との4人暮らしで、6日朝は自宅にいたことが確認されているという。 asahi. html) 木津いぶきさんは、4人家族だったようです。 【芸能界が情報商材屋と闇営業…宮迫博之、キンコン西野、オリラジ中田…カラテカ入江は氷山の一角】.

次の

【画像】荒川区和菓子店の冷蔵庫に女子大学生遺体 父親自殺‥親子間の殺人について

和菓子屋 娘 殺人事件 その後

そのことを木津英喜さんは妻に電話。 18:30頃 「手首を切った 川で〇ぬ」と妻に電話 18:34頃 妻と一緒にいた息子が110番通報。 同時刻頃 父親の所在確認するために自宅近くの和菓子店『木津屋』に 貼り紙『都合によりしばらくお休みします』の貼り紙と 木津英喜さんが愛用しているバイクは店先から消えていることを確認 その後 妻は行方不明者届けを提出するために警察署へ 同じ頃 父親、木津英喜さんから息子に電話 『娘(いぶきさん)を切った。 〇にたい』 妻と息子と警察官で、和菓子店『木津屋』へ 開いていた脇の窓から警察官が和菓子店に侵入。 冷蔵庫内でいぶきさんを発見 謎の動機は娘とのトラブル? 謎が深まる娘、木津いぶきさんの死と 父親の木津英喜さんの死。 仲が良く、トラブルの話が聞こえてこない親子ですが 一部情報で、父親木津英喜さんが 娘に暴行をしていたという情報があります。 木津いぶきさんは、弟と二人兄弟。 父親の木津英喜さんはとても教育熱心で 小学校から兄弟は私立に通学していたという情報もあります。 そんな教育熱心な父親がゆえに 少しの娘の違和感や勉強への不真面目さが分かると 暴行していたのでしょうか。 スポンサーリンク 母親連れ子と微妙な関係だった? 嫁と結婚したのは15年前? 近隣住民は、仲の良い親子と木津親子のことを 証言していますが、実は一部情報で、 木津いぶきさんは、母親の連れ子ではないかと いう情報があります。 もし『母親の連れ子』という情報が真実であっても 結婚を決意したのであれば、実の父親と変わらない愛情で 妻と子供を迎え入れたと思います。 木津いぶきさんの弟の父親が 木津英喜さんなのかどうかは不明ですが、 穿った見方をすれば、 いぶきさんと父親が微妙な関係だったのでは? という 考え方も出来ます。 いぶきさんの小学校の時の同級生によれば 父親とはいまくいっていないようなことを いぶきさんが話していたという証言もありますが 小学生の頃の感情と、現在18歳の時の感情は 全く同じではないと思います。 むしろ思春期真っただ中の現在の方が、 とり複雑に父親と娘という親子関係の均衡を 保っていたのではないでしょうか。 真相はまだ明らかになっていません。 引き続き犯人は誰か。 注目が集まる事件です。 最後までお読みいただき有難うございます。

次の

【画像】荒川区和菓子店の冷蔵庫に女子大学生遺体 父親自殺‥親子間の殺人について

和菓子屋 娘 殺人事件 その後

和菓子店の冷蔵庫に娘の遺体 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の 和菓子店「木津屋」で、冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体があるのを、通報を受けて訪れた警視庁の捜査員が発見しました。 警視庁は、この店の経営者で木津さんの父親が事情を知っているとみて捜していましたが、7日早朝、さいたま市内で首をつって死亡しているのが見つかりました。 木津いぶきさんの弟が110番通報 最初に110番通報をしたのは、店主の息子で亡くなった木津いぶきさんの弟。 通報の内容は、遺体が見つかった、ということではなくて、「父が自殺しようとしている」との110番通報でした。 いぶきさんが18歳ですので、それより年下ということになれば、大学生か高校生であると思われます。 弟さんのその後も心配です。 「娘を菓子店で切った」との電話 いぶきさんは、昼にはアルバイト先に行くはずでしたが、姿を見せなかったということで、その間に自宅でトラブルにあったのかもしれません。 父親の方もその後バイクで外出、6日の夜になって、自宅に「娘を菓子店で切った。 死にたい」と電話があったといいます。 冷蔵庫から木津いぶきさんの遺体 捜査員が父親の捜索で、自宅と店内も捜索。 その際に、店内の大型の業務用冷蔵庫の中から娘さんの木津さんの遺体を発見。 木津さんはひざを抱えるような体勢で、首に絞められたような痕があり、目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったといいます。 首の痕は素手で圧迫したものと見られています。 和菓子店主父の「切った」との相違 「娘を菓子店で切った」との電話の内容とは一致しておらず、なぜ「切った」と告げたのかはわかっていません。 和菓子店主の父親が自殺 7日午前4時45分ごろ、さいたま市岩槻区の河川敷で木に首をつった状態で見つかりました。 捜査では、自殺とみられています。 また、娘いぶきさんの携帯電話が見つかっておらず、同じく父親の携帯電話と財布も見つかっていない状態だということで、その捜索も続いています。 木津いぶきさん父親は「いい人」 よく菓子店を訪れるという70代の女性は、6日午前にもあんみつなどを買ったという。 「店主の男性が『雨だから気をつけて』と言ってくれた。 変わった様子はなかった」 また別な近所の女性は「大変いい人」と店主のことを話しており、評判の悪いようなところはまったくなかったようです。 木津いぶきさんは虐待や暴力を受けていた? しかし、娘いぶきさんの小学校時代の同級生がテレビのインタビューを受けて、「転んだのではない、あざが体についていた」ということを話しています。 「亡くなった女子大生の小学校の同級生を取材し、小学3年ごろから体や顔に傷やあざを作って登校し、父親から暴力を受けていると聞いた」(「直撃LIVEグッディ!」) との報道で、安藤裕子キャスターは.

次の