皇后 陛下 雅子 様。 雅子皇后の好調を支える「名女官長」と「上皇后さまからの解放」

新天皇陛下と新皇后雅子さまの身長差は?文仁親王も紹介

皇后 陛下 雅子 様

当時、皇太子は柏原芳恵のファンと報道されていました。 皇太子は雅子さまに一目惚れして熱烈に求婚。 雅子さまは外務経験を活かした皇室外交で活躍できると説得され、皇太子と結婚。 ちなみにブライダルチェックは拒否したそうです。 処女か不妊症か分からず。 結婚当時32才の雅子さまは、宮内庁等に海外公務より出産を優先するよう意見され、ストレスで適応障害。 後に自身で会見で「海外に行けなかったことが」と語っています。 それほど海外公務をしたくてたまらなかった。 不妊症のご夫妻だったために、なかなか妊娠しない・流産しやすい。 念願の第一子は女児。 当時38才、第二子は誰の目にも不可能。 そういったストレスによる適応障害を理由に、公務を休み続けました。 勉強(語学)は出来ても、感情のコントロールや我慢が出来ない人です。

次の

雅子様身長体重や身長差がヤバい?ティアラ紛失や値段&ヤフオク?

皇后 陛下 雅子 様

華やかで色鮮やかなドレスから洗練された印象へ 5月1日午前0時、元号が平成から令和に変わり、皇后陛下となられた雅子さま。 午前11時すぎに行われた即位後朝見の儀に出席される雅子さまは、どのような衣装で臨まれたのか。 長年にわたって皇室のファッションを研究している大東文化大学 特任准教授の青木淳子さんに解説していただいた。 まずは、雅子さまがこれまでに大きな行事でお召しになったドレスを年代順に振り返っていく。 【平成5年 ご成婚】 ファッションデザイナー・森英恵さんデザインのドレスで、花びらのような大きな襟が特徴的だ 【平成6年 バーレーンご訪問】 金の刺繍が入った赤い華やかなドレス 【平成14年 ニュージーランドご訪問】 艶やかなブルーに大ぶりのコサージュとフリルが付いたドレス 雅子さまはこの2年後の平成16年に適応障害と診断されてからしばらくの間、表舞台には登場されなかったが、平成25年、久々の海外公務でオランダを訪問された。 【平成25年 オランダ国王即位式】 肩や背中の露出が少ない立ち襟の「ローブ・モンタント」と呼ばれるドレスで、ベージュのシンプルなデザイン 【平成30年 講書始の儀】 露出の少ない長袖のローブ・モンタント 島田彩夏キャスター: 4月30日も同様の白いローブ・モンタントでお出ましになられましたが、年代順に追っていくと、雅子さまの装いに変化は見られましたか? 青木淳子さん: バーレーンご訪問の時は、赤いドレスで髪を下ろしていらして、よりナチュラルな印象で、ダイアナ妃を連想させるような華やかさがありますね。 また、ニュージーランドご訪問時のブルーのドレスもコサージュが付いていて、上背のある雅子さまだからこそ着こなせるドレスではないかと思います。 平成31年4月30日 島田彩夏キャスター: そして近年は、よりシンプルで高貴な装いになっているような気がしますね。 青木淳子さん: そうですね。 最近のご衣装は、華やかさはやや控えめで落ち着きがあり、洗練されている印象です。 島田彩夏キャスター: 皇后としての雅子さまは、どのような衣装で登場されると思いますか? 青木淳子さん: こちらは美智子さまが皇后になられた際にお召しになった衣装です。 基本は、襟元が開いていて袖も短い「ローブ・デコルテ」なのですが、それよりもより正式なかたちとしては、こちらの「マント・ド・クール」が明治時期に規定されました。 女性の最も正式な礼装で、トレーンという長い「引き裾」が特徴です。 「第一ティアラ」は明治から皇后に受け継がれる由緒あるもの 車の窓を開け、晴れやかな表情で沿道に集まった人々の歓声に応え、時折会釈をされながらおすまいの赤坂御所から皇居へ向かわれた雅子さま。 即位後朝見の儀 青木淳子さん: 「ローブ・デコルテ」 でしたね。 皇后さまが正式な場で着用される「第一ティアラ」をおつけになって、本当ににこやかに微笑まれている雅子さまを拝見して、まさに皇后雅子さまの誕生を、その装いからも実感しました。 雅子さまが着用されたティアラは、皇后陛下が持つ3つのティアラのうちの最も由緒のある「第一」と呼ばれるものだ。 青木淳子さん: 第一ティアラは、明治天皇の皇后である昭憲皇太后から約130年続いているものです。 島田彩夏キャスター: デザインが異なるように見えますが? 青木淳子さん: お代替わりをする際、着用しやすいように調整をされています。 上の飾りは取り外すことができるようになっていて、大粒のダイヤモンドが一番の特徴です。 (「Live News days」5月1日放送より).

次の

令和時代の新天皇誕生日、御年齢、ご家族雅子皇后陛下と愛子内親王殿下について

皇后 陛下 雅子 様

来歴 [ ] 生い立ち [ ] ()、職員であった、優美子夫妻の長女として(現:)にあるにて誕生。 出生時は一家での外務省官舎に居住していた。 父の恆が一等書記官に就任したため、一家で渡露し1歳数か月から・で過ごす。 2歳の終わりごろから同国のモスクワ市立ジェツキサートNo. 1127保育園に通園した。 当初は慣れない言語や集団生活で泣き出すこともあったが、もすぐに上達し、妹たちにロシア語で話し掛けたり、寝言もロシア語で言うほどだったという。 このとき、モスクワ市の ()で過ごした。 (昭和41年)7月、一家で渡瑞し・で過ごす。 同地で妹としてとのが誕生。 後年、母の優美子と生後直後の両者はのに滞在したため、恒と雅子だけモスクワに戻り家政婦と3人での生活を送った。 (昭和43年)5月から、父が一等書記官に就任したため、のに一家で渡りの ()という郊外で過ごした。 この頃から区内のに家族と引っ越し、同年9月から1年間、ニューヨーク市立第81パブリックスクール(P. )付属幼稚園(キンダガーデン)に通園する。 9月、市立第81パブリックスクール(P. 81-Robert J. Christen School)に入学。 この頃からを習得し始め、またこのアメリカ滞在期間中は日本語を忘れないよう ()に通学していた。 (昭和46年)3月、父が事務取扱(前任は第87代内閣総理大臣)に就任したため一家は日本に帰国しの国家公務員官舎に居住を移転する。 第1学年に編入し、5月には第2学年に編入する。 第67代次男・横手征夫一家と毎年冬になると1、2週間スキー旅行をしていた。 義母のがに通園していた当時の担任教師が開設した塾に通い、編入学試験の勉強を一年する。 (昭和47年)4月、・の3年生に編入学する。 部に所属し卒業文集に「将来はになりたい」と記した。 この頃から宅(目黒区南)にて同居をはじめる。 (昭和50年)4月、に進学し自ら部を結成し活動した。 (昭和53年)4月、に進学。 (昭和54年)7月から父が公使に就任したため、(昭和60年)6月までの6年間米国のへ一家で移住する。 (昭和54年)より、ボストン市郊外のにあるへ11年生(日本の高校2年生に相当)として転入学し2年間通学し、ソフトボール部とクラブに所属した。 High Honor student 最優等学生)と認められ、が米国全体の上位5%の生徒に贈る「ナショナル・オーナー・ソサイティー」National Honor Society(NHS)を受賞し在学中、地元紙が年に数回掲載する「成績優秀者」の欄に常に登場していた。 また、科において、運営のドイツ総領事賞及び(Goethe-Institut)を受賞するなど、語学活動にも熱心だった。 この期間、高校(12年生)から大学1年にかけてがアメリカで編集製作していた『 ()』(英語版日本百科事典)の編集を手伝う(編集責任者・)。 (昭和56年)、同ハイスクールを卒業する。 同年、経済学部に入学。 ハーバード大学のほか、などを受験したが、「日本で就職するには名前の通った大学がいい」と考え進学した。 恒がに就任したため雅子1人を残し、一家はのモスクワに引越す。 在学中は、の運動指導 やのサークルに参加した。 また、1学次時に日本文化クラブ(ジャパニーズ・カルチャー・ソサエティー)を自ら創立し、1年次の時に書記を担当、2年次で副会長、3年次には会長を務める。 同大学の教授などの著名人を招待しての講演会、やの紹介、監督作品などの上映、習字・の紹介、の試食会、ダンスパーティーなどを紹介するイベントを企画していた。 さらに学生評議会の広報担当もし教授の助手として日本現代史関係の資料研究を手がける。 1年次の夏休みにはのゲーテ・インスティチュートで2か月滞在しの特訓をし 、2年の夏休みにはフランスのの夏期講座に参加するなど外国語の活動も活発だった。 雅子が日本で教育を受けた期間は計9年4か月であり、海外で教育を受けた期間は計9年と、若干多くを受けたこととなる。 また、・(小学校1学年3学期 — 高等学校1学年1学期)は日本で生活しを受けているため、厳密な意味でのではない。 外務省職員時代 [ ] (昭和60年)6月、を卒業する。 専攻は。 『External Adjustment to Import Price Shocks : Oil in Japanese Trade(輸入価格ショックに対する外的調節:日本の貿易における石油)』(・・協力)。 成績優秀な学生に贈られる「Magna Cum Laude(マグナ・クム・ラウデ、優等賞)」を受賞した。 1985年の卒業生は大学全体で1681人であり、「マグナ・クム・ラウデ」を受賞した学生は全学年を合わせて55人、雅子が在籍した経済学部では3人だった。 卒業論文の指導教官だった(理論経済学者)は、「卒論のテーマは、との後の日本の貿易政策で、輸出を増やし石油を輸入した日本のやり方を分析した。 彼女のコンピューター分析は、特に学部生としては高度なものだった。 夜遅くまでコンピューターにかかりきりだった姿は忘れません」といった評価をした。 また、指導した教授(『』著者)は、「彼女は非常にプロフェッショナルな意識が強い女性で、よく勉強しました」と評している。 (昭和61年)、米国から帰国後の4月に第3類(コース) の3学年に外部する。 100名中3名の合格であった。 雅子は皇太子徳仁親王(当時)との婚約内定後にこの事を振り返り、「米国に残ったら根無し草になってしまうような気がして日本に帰りたかった」と語っている。 東大在学中の学友にはなどがいる。 駐・の娘が外交官になったことに刺激を受けて外交官を志し 、同年10月に(外交官試験)に合格し、入省が決まる。 合格者は28名でうち女性は3名であった。 の公務員官舎に居住し始める。 (昭和62年)にを中途退学し、に入省。 「経済局国際機関第二課」に配属された。 この頃からにある小和田・江頭両家の二世帯住宅に居住し始める。 (昭和63年)から外務省の研修留学として、に留学 (付)。 を専攻し学部長のアダム・ロバーツ教授の研究室で、日本の国防産業(軍需産業)や次期支援戦闘機選定問題(FS-X問題)についてよく語っていた。 ホリウェル・マナー寮にはほとんど滞在せず・の両親宅(邸)にいた。 その頃より、皇太子妃候補と報道され、大学にまで日本からのが押しかける騒ぎとなった。 同年7月9日から11日に(G7サミット)のの問題担当のの一人として小和田恆とともに父子で米国に出張。 (平成2年)6月に研修留学から帰国、7月1日付で「北米局北米二課」に配属された。 経済局国際機関第二課配属・OECD()の担当をしたのは1年4か月、北米局北米第2課勤務は2年8か月。 総計して、外務省での職歴は5年10か月(留学期間を省くと4年)である。 配属の2日目は徹夜で業務をこなし、その後も徹夜は無いが週に3日は帰宅が午前様になるなど激務であった。 (平成3年)3月には、スウェーデン首相の歓迎夕食会に通訳で出席。 同月11日に港区外務省飯倉公館で行われたと当時の外務大臣、、の会談の通訳など、語学力を生かして幅広く活躍した。 皇太子徳仁親王との婚約・結婚の儀 [ ] お印に選ばれたハマナス 当時、皇太子徳仁親王の配偶者選考は大きく三種類のルートによって行われた。 一つ目は、「(現・上皇)の成婚時に名前の挙がったお妃候補のリストをもとにその娘について追跡調査する」というもの、二つ目は「明仁天皇の時代以来の学友グループ・を中心にその子女を考査する」というもの、最後の三つ目は「皇太子自身の交友範囲、個人的な交友関係・友人知人および親戚などの知り合いから好ましい女性を探す」というものだった。 雅子は最後のルートから浮上し、(昭和61年)10月18日に来日した国王の長女、の歓迎レセプションに出席した時に徳仁親王と知り合う。 このパーティーは小和田条約局長令嬢として参加したにすぎなかった。 同年11月にが名誉総裁を務めていた主催のパーティーで顔合わせをする。 同年12月に、東宮御所で催された内輪の茶会(年越し会)に一家で招かれる。 出席者は外務省関係者やハーバード大学教授・同夫人など学者家族と、と、皇孫徳仁親王(いずれも当時)を囲み約2時間歓談した。 (昭和62年)4月上旬、日英協会のパーティーで徳仁親王と再会する。 4月下旬、の宮務官から電話で招待され 、高円宮邸の茶会に雅子ほか数名のお妃候補が招かれた。 高円宮同妃と徳仁親王と歓談、夕食を共にした。 同年10月24日、東宮御所で夜の茶会が催され、徳仁親王、徳仁親王の学友で・の賀陽正憲と3時間ほど歓談した。 同年12月9日、24歳の誕生日に皇太子からの花束が東宮事務官を通じて小和田邸に届けられる。 (3年)9月、で開かれたのチャリティーコンサートの打ち上げの席に、高円宮家が雅子と母の優美子を招待する。 (平成4年)8月16日、すでに皇太子になっていた徳仁親王と宅にて5年ぶりに再会する。 平成5年の誕生日記者会見で、「警備なしという極めて無防備な状態ではあったわけですけれども、それをする価値は十分にあったという、このことに関してはそういうふうに思っています」と述べている。 「での」も話題になった。 柳谷が再説得に乗り出すとともに、皇太子徳仁親王から電話での説得が行われており、11月中旬、悩みから外務省を体調不良で10日ほど休む。 同年10月20日には、「(雅子の)気持ちが決まらない」という趣旨で小和田家サイドから断りの返事がされるが 、同年12月12日に皇太子徳仁親王からの求婚を受諾している。 その他の有力候補には今上天皇の学友で元・のの長女がおり、(昭和63年)秋ののダブル婚約の動きがあったが明石家の辞退でこの話は立ち消えた。 その後最も有力といわれた妃の候補にはでの長女(の大姪)がおり、数回見合いをして電話やのやり取りを重ね前年にはも当人も了承し内定寸前まで話が進んだが、皇太子自身が小和田雅子への思いを捨てきれず結局は破談となった。 (平成5年)、にて「皇太子徳仁親王妃」に内定し、記者会見を行う。 「ハーバード大卒で外交官」といういわゆる「キャリアウーマン」であること等が世間の注目を受けた。 同年2月をもって外務省を退職。 同年の(婚約)を経て、同年に「」が執り行われた。 「結婚の儀」のテレビ中継の最高視聴率は77. ・関東地区調べ、とを合わせた総世帯視聴率) を記録した。 成婚パレードには沿道に19万人の市民が集まり、テレビ中継放送の最高視聴率は79. ビデオリサーチ・関東地区調べ、NHK総合と民放を合わせた総世帯視聴率) (資料によっては79. に皇太子妃雅子の名がに登録された。 ((平成5年)頃)に皇太子妃になる小和田雅子の愛車がであると報道され、販売台数が爆発的に増加した。 皇太子妃時代の雅子(2002年・平成14年) (平成6年)11月に、、、、そして(平成7年)1月に、、における皇太子徳仁親王の公式訪問に同行した。 (平成8年)5月、米国の誌が「日本の雅子皇太子妃は、伝統の中で能力を発揮できない」という主旨の記事を掲載する。 同年12月の誕生日記者会見には単独で応じ、以後(平成14年)まで6回、単独会見を開いている。 (平成11年)、が朝刊一面で皇太子妃雅子の懐妊の兆候をスクープ報道する。 および同東宮職は複数回に亘り、過熱報道の自粛を要請した。 皇太子妃雅子はの一般参賀には出席したが、その後にの手術を受けたと発表された。 古川清・川口政行東宮侍医長・医師のが記者会見を開き、懐妊が早期から大々的に報道され雅子妃に心労を与えたことを批判する一方、海外訪問 との因果関係については否定した。 また、過度の報道に対して徳仁親王は遺憾の意を表明した。 (平成12年)2月から、公務に復帰する。 (平成13年)に懐妊の可能性が発表された。 同年に懐妊が正式に発表された。 同年に第一皇女子・が誕生。 のプレッシャーがかかる中、結婚から8年余りでの第一子誕生だった。 (平成14年)12月、皇太子徳仁親王とともに夫妻で、と両国を公式に親善訪問した。 (平成15年)12月3日にを発症し、公務を休み療養した。 (平成16年)5月、夫の徳仁親王が訪欧を前にした記者会見で「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言。 海外育ちで国際派と見られていた皇太子妃雅子と、伝統と慣習に厳格なとの間で不和があることをうかがわせた。 この発言は「」と呼ばれ、大きな反響を呼んだ。 同年6月、の医師の診断を受け、療養に入る。 (平成18年)8月17日から31日まで、オランダ王室の女王(当時)の好意で、療養のためへ夫の皇太子徳仁親王と長女の敬宮愛子内親王(当時4歳)と共に一家で旅行し海外静養した。 をはじめやのと交流した。 (平成22年)3月以降、で長女の敬宮愛子内親王を母親として気遣って登下校に付き添うようになり 、外出の機会が一時期増加した。 (平成25年)4月28日、皇太子同妃は政府からの招待を受け同国の公式訪問が実現し、30日に同国首都にある新教会で国王の即位式に出席した。 海外公式訪問は、夫妻で2002年(平成14年)にとを訪問して以来約11年ぶり。 同年10月12日、の開会式に10年ぶりに出席した。 (平成26年)7月15日、に12年ぶりに参拝、7月29日にに20年ぶりに参拝した。 8月3日にはに12年ぶりに出席、皇太子一家で競技を観戦した。 同年10月29日オランダ国王夫妻歓迎行事に出席 5年ぶり。 宮中晩餐会には11年ぶりに出席した。 (平成27年)7月2日-6日、を公式訪問し、4日に国王のに参列した。 続く昼食会では、ウルカララ王太子同妃夫妻らトンガ王族と交流を持った。 5日には在留邦人らとの懇談の場に参加した。 同年11月12日、赤坂御苑で開かれた秋のに出席した。 12年ぶり。 2017年(平成29年)6月16日、公布、同年12月1日開催の(議長:内閣総理大臣)及び開催のの定例閣議で同法施行期日を規定する政令が閣議決定され、夫の皇太子徳仁親王(当時)が2019年5月1日に皇位を継承して第126代天皇に即位し、となる義母の皇后美智子(当時)に代わって自身が立后する日程が確定した。 皇后時代 [ ] 即位の日の天皇徳仁と皇后雅子 (平成31年)、に基づく代替わりで義父の第125代天皇・明仁がする。 翌(元年)に夫の皇太子徳仁親王がして第126代天皇にした。 これに伴い、義母のがとなり、自身は立后し 、同日の皇居正殿・松の間での「」に皇后として出席した。 同年、ので開催された「令和元年全国赤十字大会」に新名誉総裁として、同名誉副総裁の(皇嗣妃)、、、と共に出席した。 皇后雅子は同役職を、退任した上皇后美智子から引継いだ。 同年8月7日、東京都のにて行われた「第47回フローレンス・ナイチンゲール記章授与式」に名誉総裁として、名誉副総裁の(皇嗣妃)、、、と共に臨席し、2名の同記章受章者への記章授与を行った。 世界に目を向けても、内戦や紛争の影響が、特に子供を始めとする弱い立場の人々に大きく及んでいる現状を深く憂慮しております」と述べ、新型コロナ流行の影響が経済的に深刻化してきた2020年4月、天皇陛下は「子供の未来応援基金」に「お手元金」と呼ばれる、天皇家の私的財産から出された5000万円を寄付した。 その他、夫天皇との夫妻での公務等の活動歴については、主に「」を参照。 年譜 [ ] 雅子の留学時に滞在していた同大学の学生寮。 (昭和38年)、のにて誕生。 (昭和41年)9月(2歳)、・市立ジェツキサートNo. 1127保育園入園• (昭和43年)9月(4歳)、・市立第81パブリックスクール付属キンダガーデン入園• (昭和44年)9月(5歳)、米国・ニューヨーク市立第81パブリックスクール(P. 81-Robert J. Christen School)入学• (昭和46年)3月(7歳)、東京都・目黒区立原町小学校1年に編入• 1971年(昭和46年)4月、東京都・新宿区立富久小学校2年に編入• (昭和47年)4月(8歳)、3年に編入• (昭和51年)4月(12歳)、入学• (昭和54年)4月(15歳)、入学• (昭和54年)9月(15歳)、立ベルモント・ハイスクールに編入• (昭和60年)6月(21歳)、経済学部卒業• (昭和61年)4月(22歳)、第3類(コース)に。 3年に• (昭和62年)4月(23歳)、入省。 国際機関第二課に配属(担当)• (昭和63年)(24歳)、に外務省の研修で留学。 (平成2年)(26歳)、北米二課に配属• 同年、(東京都・小和田邸)• 同年、(・)• 同日付で冊立• 同日付でを受章• (平成16年)、と医師が診断• (平成31年)、が。 翌日、元年(2019年)に夫の皇太子徳仁親王によると第126代天皇即位に伴い、となる(立后)。。 同年、。 同年、「」• 同年、祝賀御列の儀。 同年・、。 皇子女 [ ] (今上天皇、第126代天皇)との間に出産した子女、1女(1人)がいる。 (、第125代天皇)との皇孫にあたる。 幼年期から、である。 語学 [ ] 複数国・地域での海外滞在や外交官という経歴もあって、のみならず、、、に堪能であり、高校時代には(朝鮮語)の学習にも取り組んだ。 発言 [ ] 結婚以前 [ ]• 「勉強にも差し障るので、本当にやめていただきたいんですけれども。 」 1989年(平成元年)、皇太子徳仁親王(当時)の妃候補への日本人記者からのインタビューに応じる、外務省職員研修生として英留学中だった小和田雅子(当時)の発言。 「殿下からは私の心を打つようなお言葉はいくつかいただきました。 『皇室に入られるということには色々な不安や心配はおありでしょうけれども、雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから』というふうにおっしゃって下さいました。 」 (平成5年)、皇太子徳仁親王(当時、以下同)と小和田雅子の婚約内定記者会見において。 皇太子妃時代 [ ]• (皇太子徳仁親王)「『のご機嫌に任せて』とあの時申しました気持ちは今も変わっておりません。 ただ,あまり周りで波風が立ちますと,コウノトリのご機嫌を損ねるのではないかというふうに思います。 今回,風邪をひいたことが思わぬ方向に発展しまして大きな騒ぎになっておりますので,私としては正直言ってびっくりしております。 (同妃雅子:当時、以下同)「私も殿下のお考えと同じでございます。 一言付け加えるといたしましたら,依然としては考えておりませんということでございましょうか。 」 1994年(平成6年)2月9日、婚姻に関する皇室会議終了後の記者会見から1年を経ったことにあたっての皇太子徳仁親王と同妃雅子の記者会見にて。 「多分、今のいろいろなことが多様化してきている日本の社会においては、女性の在り方とか、女性の役割といったものについても様々な考え方があると思います。 そのような中で、伝統的な皇太子妃の在り方というものと、それから自分らしさというものを、どのように調和なり、バランスの良い接点というものを見いだしていくかということについては、その時々で苦心もいたしますけれども、私がとても現代的なのかもしくは保守的なのかということは、2つに1つということなどではなくて、(中略)古いものでも良いものは大切にしながら、そして新しい時代の要請というものも考慮に入れていくことが大切なのではないかというふうに考えています。 」 1996年(平成8年)12月6日、皇太子妃雅子の33歳の誕生日に際しての単独での記者会見にて。 「いろいろなことが変化する時代の中にあって、大変難しい境遇に置かれる人々に対しても心を寄せていきたいというふうに思っています。 (中略)できるだけ多くの人がその人その人の幸せなり、可能性といったものを見いだしていくことのできる社会であることを、常に願っています。 」 1997年(平成9年)12月5日、皇太子妃雅子の34歳の誕生日に際しての単独での記者会見にて。 「夫婦喧嘩につきましては、ご期待にそえないかも知れませんが、仲直りが必要なような喧嘩には余りなりません。 ただ、相手に不快な思いをさせてしまったかしらと思うときには、素直に謝るということが大切なのかもしれないと思っております。 それから、今、犬がおりますけれども、この、犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。 よく『夫婦喧嘩は犬も食わぬ』と申しますけれども、喧嘩の種は割とよく拾って食べてくれるような気がいたします。 」 1998年(平成10年)12月4日、皇太子妃雅子の35歳の誕生日に際しての単独での記者会見にて。 「無事に出産できましたときには、ほっといたしますと同時に、初めて私の胸元に連れてこられる生まれたての子供の姿を見て、本当に生まれてきてありがとうという気持ちで一杯になりました。 今でも、その光景は、はっきりと目に焼き付いております。 生命の誕生、初めておなかの中に小さな生命が宿って、育まれて、そして時が満ちると持てるだけの力を持って誕生してくる、そして、外の世界での営みを始めるということは、なんて神秘的で素晴らしいことなのかということを実感いたしました。 」 2002年(平成14年)4月2日、長女の誕生につき皇太子徳仁親王と同妃雅子の記者会見にて。 「正直を申しまして私にとりまして、結婚以前の生活では私の育ってくる過程、そしてまた結婚前の生活の上でも、外国に参りますことが、頻繁にございまして、そういったことが私の生活の一部となっておりましたことから、6年間の間、外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は、正直申しまして私自身その状況に適応することになかなか大きな努力が要ったということがございます。 」 2002年(平成14年)12月5日、皇太子徳仁親王と同妃雅子の及び両国訪問(日程:同年12月11日~12月19日)に際しての記者会見にて。 「の御代最後となる年の暮れが近づきます中、私にとりましては、平成5年(1993年)に皇室に上がりましてから26回目となる今年の誕生日を、平成最後の誕生日として、深い感慨とともに、ある種の寂しさを感じながら迎えようとしております。 「(中略)この先の日々に思いを馳せますと、私がどれ程のお役に立てますのか心許ない気持ちも致しますが、これまで両陛下(現・上皇上皇后、以下同)のなさりようをお側で拝見させていただくことができました幸せを心の糧としながら、これからも両陛下のお導きを仰ぎつつ、少しでも皇太子殿下(現・天皇、以下同)のお力になれますよう、そして国民の幸せのために力を尽くしていくことができますよう、研鑽を積みながら努めてまいりたいと思っております。 「(中略)私たち一人一人がお互いを思いやり、広い心を持って違いを乗り越え、力を合わせることによって、社会的に弱い立場にある人々を含め、全ての人が安心して暮らすことのできる社会を実現していくことや、このかけがえのない地球を健全な形で将来の世代に引き継いでいくために、私たちが何をすべきなのか、それぞれが真剣に考えていくことが必要な時代になっているのではないかと感じます。 「(中略)また、この一年も、皇太子殿下を始め、色々な方のお力添えをいただきながら、体調の快復に努め、少しずつ果たせる務めが増えてきましたことをうれしく思っております。 (中略)今後とも、引き続き体調の快復に努めながら、できる限りの公務に力を尽くすことができますよう、努力を続けてまいりたいと思っております。 国民の皆様から日頃よりお寄せいただいている温かいお気持ちに、この機会に重ねてお礼を申し上げます。 」 2018年(平成30年)12月9日、自身の皇太子妃として迎える最後の誕生日(55歳)に際しての感想。 皇后時代 [ ]• 「(中略)5月1日ののご即位以降、ご即位に伴う一連の行事を陛下がご無事にお済ませになり、私も、陛下のお力添えを頂きながら、一つ一つの行事に無事にご一緒させていただくことができましたことに安堵し、嬉しく思っております。 両陛下には、ご在位中から、陛下のご即位関連行事を始め、お代替わりが円滑に進むようにとのお心遣いとお導きを賜りましたことに深く感謝申し上げます。 また、様々な行事の準備にご尽力いただいた方々に厚く御礼を申し上げます。 「天皇陛下のご即位以来、5月の皇居での一般参賀や、11月の国民祭典、祝賀御列の儀などの折に、多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております。 また、この7か月の間に、地方への訪問、都内での行事などを通して、国民の皆様と接する中で、多くの方々から温かいお気持ちを寄せていただいたことを嬉しく、またありがたく思いながら過ごしてまいりました。 日本国内各地で出会った沢山の笑顔は、私にとりましてかけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるものと思います。 「同時に、このような国民の皆様の温かいお気持ちは、の御代の間、上皇上皇后両陛下が国民と苦楽を共にされながら、長きにわたって国民に寄り添われ、ご立派にお務めを果たされたことによるところが大きいものと深く感謝しております。 そして、これからの日々、陛下とご一緒に、国民の皆様の幸せを常に願いながら、寄り添っていくことができましたらという思いを新たにしてまいりました。 「(中略)天皇陛下には、ご即位されて以来、皇居宮殿での儀式などにとてもお忙しい毎日をお過ごしでいらっしゃいます。 顧みますと、上皇陛下には、80代半ばを迎えられていた今年4月まで、このように重いご公務を毎年欠かさずお務めになっていらっしゃいましたことに深い敬意の念を新たにいたします。 また、上皇后陛下には、平成の御代の間、皇后としてのお務めを果たされながら、上皇陛下を常にお傍でお助けになり、上皇陛下のお力になってこられました。 上皇后陛下には、今年ご手術をお受けになり、ご案じ申し上げましたが、上皇上皇后両陛下には、これからもくれぐれもお体を大切になさり、永くお元気にお過ごしになりますよう、心よりお祈り申し上げます。 そして、ご譲位後も私たちの歩みを温かくお見守りいただいてきましたことに深く感謝申し上げます。 「天皇陛下には、お忙しい中でもいつも私の体調をお気遣い下さいますことに心より感謝申し上げます。 私も、天皇陛下のお務めの重さを常に心にとどめ、陛下をお傍でお助けできますように健康の一層の快復に努めながら、皇后としての務めを果たし、陛下とご一緒に、国民の幸せに力を尽くしていくことができますよう努力してまいりたいと思っております。 この機会に、特に今年、国民の皆様からお寄せいただいた格別の温かい祝福のお気持ちに、重ねまして厚く御礼申し上げます。 」 2019年(元年)12月9日、自身の皇后として迎える初めての誕生日(:56歳)に際しての感想。 生家・小和田家 [ ]• 曾祖父: - 、軍務局長、海軍省人事局長、・・。 曾祖父: - 、司令長官、、勲一等。 祖父: - 会長、(現:)常務取締役、名誉学園長。 祖母: 江頭寿々子 - 山屋他人の五女。 豊と寿々子の仲人は・(海軍大将)。 祖父: 小和田毅夫 - 教員(立高校長 )。 教育委員長。 父: - 、国際法学者。 第22代(ICJ)所長、、。 母: 小和田優美子 - 江頭豊の長女。 妹: -。 (UNICEF)駐日事務所副代表。 妹: - 者、。 親族 [ ]• 伯父: -。 親戚: -。 教授ほか。 小和田優美子の従兄弟。 「」および「」も参照 小和田家の古文書における初出は中期の(5年)であり、 の小和田貞左衛門(貞右衛門)の子二人が早世し、城下ので「釈入信」、「釈敬信」という法名を与えられた。 細工町の本悟寺も小和田家ゆかりの寺院である。 墓碑は新潟市泉性寺、1993年(平成5年)4月17日に、小和田恆・優美子夫妻と雅子が墓参。 によれば、「雅子妃の実家の小和田家であるが、そのルーツは現在の新潟県を治めていた五万石の下級とされる」。 小和田家を含め村上藩史は以来の3度にわたる火災で重要資料が焼失しているため調査が困難であったが 、の調査によれば、「・新六匡安(しんろくただやす)の子で郡方懸りの道助匡春(〈5年〉11月11日64歳没)という人物がおり 、その兄弟・兵五郎が分家し 、兵五郎の嫡男・道蔵匡利(〈7年〉7月28日没)の三男が金吉である」と推測している。 の取材によると、小和田家は下級武士であったためか、金吉の父も含め、金吉氏以前の系譜は判然としない。 村上市の西真寺の過去帳には「小和田兵五郎」の名もあるが、小和田兵五郎と小和田金吉の関係は不明としている。 なお、金吉の長男である毅夫の代までは、旧村上藩士が権利を持っていたの漁業権収入を相続していた。 敬宮愛子内親王の系譜 イザベラ・カトリック勲章員としての紋章 日本 [ ]• (現在のに相当) - 外国 [ ]• : オーストリア共和国勲章 -• : レオポルド勲章 -• : 救い主勲章 -• :ナッサウ家金獅子勲章 -• : ラム・クラウン勲章 -• : ハンガリー共和国功労勲章 -• : クラウン勲章 -• : -• : -• : イザベラ・カトリック勲章 -• : サローテ・トゥポウ3世勲章 - 名誉役職 [ ]• 名誉総裁 外務省同期 [ ] 以下、年表記は西暦下2桁のみ。 (18年:総領事)• (19年:公使)• (19年:長)• (19年:総領事、17年:政策立案参事官、15年:大使)• (19年:、18年:外務副報道官、14年:大使)• (19年:長)• (19年:)• (18年:総領事)• (16年:代表部参事官)• (18年:総領事)• (18年:公使、15年:代表部公使)• (19年:大使)• (19年:審議官)• (、)• (18年:理事)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 第二十三条第一項「天皇、、及びの敬称は、陛下とする。 2019年(令和元年)5月1日内閣告示第3号「天皇皇后両陛下の御在所が定められた件」• 『歴代皇后人物系譜総覧』292頁• 上野緑子(幼児教育ガイダー) 2001年12月25日. 2015年12月16日閲覧。 『美智子さま雅子さま涙の日、深まる絆』(・)107頁• 『歴代皇后人物系譜総覧』293頁中段• 『雅子さま 殿下の愛に守られて』(・)• 『歴代皇后人物系譜総覧』293頁下段• 『』2006年10月号、。 『素顔の雅子さま』主婦と生活社• 『』1994年7月号23頁• 『皇太子さま雅子さまご成婚記念写真集 平成の華燭』、京都新聞社、1993年。 『女性セブン別冊 皇太子さま・雅子様〜華麗平成絵巻〜』(1993年)、小学館。 『週刊現代』2004年9月25日号p. 八幡哲郎『さらば霞が関』PHP• 1986年10月17日号「外交官に「清原級」ルーキー ハーバード出身小和田雅子さんの完全無欠」1986年12月6日 (夕刊)• 「麗しき外交官の卵」1986年10月6日 (夕刊)• 週刊文春2012年10月25日号• 1993年3月号「新皇太子妃物語」• 『』2012年10月25日号「ザ・プリンセス雅子妃物語」、。 『』1993年1月21日号「『皇太子妃内定』巻談」• 宮内庁. 2015年12月18日閲覧。 光文社『FLASH』1993年1月26日号• 『美智子さまから雅子さまへ-プリンセスへの道』(河原敏明・1993年)• 『』1993年1月26日• (のキャッシュ)• MSN産経ニュース 産業経済新聞社. 2008年6月8日. の2010年6月24日時点におけるアーカイブ。 2013年10月19日閲覧。 1996年5月27日 読売新聞「「雅子妃は伝統の壁の中にこもってしまった」 米誌が特集記事」• 1999年12月10日 朝日新聞「雅子さま、懐妊の兆候 近く詳細な検査」• 12月3日 - 12月7日、訪問(王太子の結婚式に出席のため)なお、滞在中ヒール靴を履いたり等、妊娠を予感させる素振りは見せなかった(『』1999年12月24日号)• 『読売新聞』1999年12月31日「雅子さま流産 医師らの祈り届かず」• 宮内庁. 2013年10月19日閲覧。 宮内庁. 2013年10月20日閲覧。 2006年8月18日朝刊• 2010年12月9日 読売新聞「雅子さま47歳 体調 着実に快復」• 2019年5月24日. 2020年5月8日閲覧。 2019年8月7日. 2020年5月8日閲覧。 NEWSポストセブン 2020年6月14日. 2020年6月14日閲覧。 NEWSポストセブン 2020年6月14日. 2020年6月14日閲覧。 2001年12月1日. 2011年11月16日閲覧。 French, Howard W. 2001年12月8日. 2011年11月16日閲覧。 『小和田雅子さん 素顔の29年』 永井雄一・1993年、データハウス)pp. 118-121• , p. 399• , pp. 18-19• 66-73• , pp. 171-177• , pp. 135-139• 1299. 2012年11月28日閲覧。 2012年6月13日閲覧。 2012年6月13日閲覧。 2012年6月13日閲覧。 presidencia. 2012年6月13日閲覧。 参考文献 [ ]• 『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』〈〉、2002年、394-401頁。 『遥かなる村上藩 雅子妃のふるさと』、1993年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - 今上天皇皇后雅子夫妻の略歴と愛子内親王の紹介• (・浅岡敬史による)• (おしゃぎり会館・新潟県村上市郷土資料館)• - 日本放送協会(NHK)• (783 - 790)• (806贈)• (815 - 823)• (823贈)• (827 - 833)• (923 - 931)• (958 - 964)• (967 - 973)• (973 - 979)• (982 - 1000)• (990 - 1000)• (1000 - 1012)• (1012 - 1018)• (1012 - 1025)• (1018 - 1036)• (1037 - 1051)• (1037 - 1039)• (1046 - 1068)• (1051 - 1069)• (1068 - 1074)• (1069 - 1093)• (1074 - 1084)• (1091 - 1093)• (1093 - 1114)• (1107 - 1134)• (1118 - 1124)• (1130 - 1141)• (1134 - 1139)• (1141 - 1149)• (1150 - 1156)• (1150 - 1158)• (1156 - 1172)• (1158 - 1159)• (1159 - 1162)• (1162 - 1172)• (1172 - 1181)• (1190 - 1200)• (1198 - 1206)• (1205 - 1210)• (1208 - 1209)• (1211 - 1222)• (1222 - 1224)• (1223 - 1227)• (1226 - 1229)• (1230 - 1233)• (1233 - 1239)• (1242 - 1246)• (1248 - 1251)• (1257 - 1259)• (1261 - 1272)• (1261 - 1267)• (1285 - 1291)• (1288 - 1298)• (1303 - 1308)• (1319)• (1319 - 1333)• (1333 - 1336).

次の