長野 県 伊那 市 ゼロ 磁場。 分杭峠(気場):伊那市公式ホームページ

ゼロ磁場とは?その効果やゼロ磁場に集まる日本のパワースポットをまとめて紹介

長野 県 伊那 市 ゼロ 磁場

世界有数の「気場」として知られる「分杭峠」(ぶんぐいとうげ)とは 分杭峠は、 長野県伊那市にある、南アルプスの西側を走る伊那山脈の峠の一つで、標高1424mの地点にある。 この分杭峠の周辺が 「ゼロ磁場」という特異な空間であり、日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っているという理由から、エネルギーが凝縮しているゼロ磁場のパワースポットと呼ばれている。 平成7年(1995年)に、元極学という中国政府が公認する気の研究団体の創始者で、著名な気功師の張志祥氏を日本の研究団体が招いて調査したとき、張氏が発見したのが、この「分杭峠」である。 張氏は、中国で奇跡を起こす場所として有名な湖北省の「蓮花山(れんかざん)」を発見したが、氏は調査で訪れたこの「分杭峠」が、「蓮花山」にまさるとも劣らない良好な「気」が出ている場所だと明言したという。 (「蓮花山」もまた、ゼロ磁場であるという) 日本最古で最大、最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上に「分杭峠」は位置している。 この「中央構造線」は、九州中央部から四国北部、紀伊半島を通り、愛知県東部から北上して、諏訪湖付近でもう一つの巨大断層のフォッサマグナに分断され、さらに関東地方に続く、陸上部分だけで全長1,000kmにも及ぶ大断層である。 この巨大断層が、分杭峠に「ゼロ磁場」という特異な空間を形成し、そこに「気」を発生する「気場」ができていると考えられている。 また、不思議なことに、中央構造線上にはほかにも、国内最古の神社の一つである「諏訪大社」、日本三大稲荷の「豊川稲荷」、日本三大弁財天の「天河大弁財天」、「伊勢神宮」、弘法大師が開いた「高野山」、「石鎚山」、「幣立神宮」など、 古くから名高い「聖地」と呼ばれる場所が集中している。 古代の人々が、固有の場所で地球のエネルギーの存在を感じとっていたのではないかと思わせる事象であり、国譲り神話に関わる神々もこの線上に祀られている。 「ゼロ磁場」 と「気」 ゼロ磁場とは、地球のN極とS極の磁気が拮抗し打ち消し合っていて、磁場の低い状態を保っており、 免疫力が高まる、物が腐らないなどといった特殊な現象が生じている地点である。 地球は北極がS極、南極がN極の巨大な磁石であり、地表近くで+と-の力が押し合い、互いの力を打ち消し合っている地点に生じるのが、「ゼロ磁場」と言われている。 ここでのゼロというのは、 二つの力が拮抗した状態を指す。 ここに生じる強大な力が、「気場」を生み出しているという。 「気」は周知のとおり地球に流れるエネルギーの一つとして気功やヨガ、東洋医学などの概念として頻繁に用いられているが、こうしたゼロ磁場に身を置き「気」にあたることで病が回復したり、免疫力が高まったり、物が腐りにくくなるなどの特殊な現象が起こると言われている。 ゼロ磁場地点は、活断層が多い国や地域に存在するという。 中国では、病気が治るなど数々の奇跡を起こすという「蓮花山」が有名だ。 イギリスでも、太古からの聖地や遺跡が「レイライン」と呼ばれる線上に建ち並んでいることが発見されている。 これまで行われてきた研究から、「気」の発生源の1つは、『ゼロ磁場』ではないかと言われ、「分杭峠」は、まさに 「気」の生成している源泉の場所(パワースポット)ではないかと考えられている。 「分杭峠」の気の効果 気を強く感じることが出来る「気場」といい「分杭峠」の「気場」にいると、「気」を感じることができない人でも、とても気持ちがよいと感じ、 体が浄化されていくような不思議なリラックス効果があるといわれている。 また、分杭峠には水場という場所もあり、流れている水は「分杭峠」の気を転写しているという。 jalan. 伊那市長谷と下伊那郡大鹿村の境に位置し、海抜は1424mである。 「従是北高遠領」と刻まれた石柱が建てられ、昔は高遠藩に属し、現在は郡境になっている。 また、古くから火の神様を奉る遠州秋葉神社へ至る秋葉街道の峠のひとつであった。 fineup. 日本最大級の断層 「中央構造線」を学べる。 博物館学芸員である河本和朗は、日本の「中央構造線」研究の第一人者である。 「中央構造線」を中心に地質・地形の解説を聞き学習できるように、館内には 断層のはぎ取り標本や岩石標本が展示されている。 jalan. 【自動車】• 伊那I. Cから車で約50分(25km)• 小黒川スマートICから高遠長谷方面へ• 高遠町白山トンネルを通過し、R152(秋葉街道)を長谷方面に直進。 【公共交通機関】 JR飯田線. 伊那市駅=(路線JRバス「公園線」30分)=JRバス. 高遠駅=(路線JR場ス「長谷循環バス」50分)=粟沢駐車場. (1日2便) 【シャトルバス】• 峠頂上付近に、駐車スペースなし。 ふもとの「粟沢駐車場」からシャトルバスを利用のこと(片道約15分)• 峠頂上での路上駐車は厳禁。 シャトルバスを利用せずトレッキングで分杭峠氣場へ向かうことも可能だが、走行するシャトルバスに注意すること。 (粟沢駐車場~峠頂上 約5.5キロ 徒歩1時間30分超) パワースポットとしての人気の高まりにより峠付近の路上駐車が多くなってきたことから、渋滞対策と環境保護のため、2010年より峠ふもとの伊那市長谷市野瀬にある駐車場から峠までシャトルバスが運行されるようになっている。 峠にある駐車場はシャトルバスの転回用スペースとなっているため、一般車両は駐車できない。 また、峠周辺環境整備のための協力金として、入場の際に300円が求められる。 411• 327• 256• 218• 102•

次の

分杭峠でオーブを撮る!長野のゼロ磁場には何がある?アクセスは?

長野 県 伊那 市 ゼロ 磁場

【年末の御挨拶】 今年は多くのお客様にお越しいた だき、たくさんのご縁をいただけ ましたこと、本当にうれしく思っ ています。 また、何回かTVでも 取材&放映いただき、取り上げて いただくことができました。 これ も、みなさんが応援して下さって いるおかげと、心より感謝してお ります。 一方、多くのご来客を願いながら も、現場での不備や対応力不足で ご迷惑をおかけしてしまった事も あったかと思います。 来年も、皆様に気持ちよく美味し いお水と、パワースポット第3の 氣場として気持ちよい時間のご提 供とを心がけていきたいと思って おりますので、是非こちらのFa cebookページなどを通じて お気づきの点やご要望などお寄せ... 【プラーナ零磁場は冬期も営業! 】 分杭峠への「峠道は冬期通行止め 」ですが、弊社プラーナ零磁場は 、冬期間も営業しております。 「 パワースポット」と呼ばれる場所 は、分杭峠のてっぺんだけではあ りません。 弊社のある峠道への入口もまた、 パワースポットの1つ。 峠にお越しになったお客様の中に は、 「エネルギーはこの周辺のほうが 峠より感じられます」 とおっしゃる方もいるくらい。 「分杭峠の山全体」がパワースポ ットなので、山全体の色々な場所 から「氣」が発生しています。 なので、峠のてっぺんは冬期休業 ですが、分杭峠を支える大地から 汲み上げたお水と、大地の奥から わき上がってくるゼロ磁場パワー...

次の

パワースポット!ゼロ磁場という特異な空間の「分杭峠」とは

長野 県 伊那 市 ゼロ 磁場

スポンサードリンク 長野県分杭峠のゼロ磁場を体験しようと思った訳 分杭峠のゼロ磁場へ行ってみようと思ったのは、ここ最近以前から悩まされてきたアトピー性皮膚炎が酷くなっていたからです。 私は23歳の時にアトピー性皮膚炎を発症してから今もアトピーに悩まされています。 3年くらい前からかなり良くなって楽になっていたのですが今年に入ってからまた悪くなってしまったのです。 そんな時にあるテレビ番組で分杭峠の特集をやっていたのを見て、「そういえばここには行ったことがなかったなあ。 1時間ちょっとで行けるところだしちょっと行ってみるか」ということで分杭峠に行くことにしました。 分杭峠まで行ってみたけれど… 平日の昼間に車で分杭峠へ向かいました。 家を出たのは13:30頃。 大鹿村の152号線から分杭峠へ向かいました。 前もって何も調べず分杭峠で車を止めてチャチャッと行けばいいと思っていたのですがこれが間違いでした。 分杭峠のゼロ磁場の気場には駐車場は無いんです。 行ってみて知りました。 シャトルバス乗り場はあるのですがそこには車を停めることは出来ません。 仕方がないので停留所にいたおじさんにどうすれば良いのか聞いたら「シャトルバス乗り場に行ってシャトルバスに乗ってください。 」とのこと。 この時点で午後3時ちょっと前、シャトルバス乗り場に行って分杭峠のゼロ磁場から帰りのシャトルバスの最終は午後4時ということであまり時間がない状態でした。 どうしようかなと迷いましたがせっかく来たので行ってみることにしました。 シャトルバス乗り場まで行って、そこからシャトルバスで再びゼロ磁場地帯へ。 結局ゼロ磁場へついたのは午後3時半頃になりました。 最終バスは午後4時なので30分ほどしかいられません。 急いで停留所から気場まで歩いて行きました。 分杭峠のゼロ磁場で不思議な感覚に 停留所から気場まで歩いている途中で不思議な感覚を覚えました。 どんな感覚なのか言葉にするのは難しいのですがジェットコースターで上から下に落下する時におなかにふわっとくるあの感覚に近いという感じです。 「おおっ、なんだこれは」と思いましたがその感覚はそれほど長くは続きませんでした。 でも歩いている時にあんな感覚になったことはなかったので「おおっ、すげえ」って思いましたね。 ゼロ磁場には1時間くらいいるのが良いということだったのですが、最終バスの関係で30分足らずしかいられませんでした。 ここに来て何か起こったのかと言ったらあの不思議な感覚くらいでした。 もちろんこれでアトピーが楽になったなんてことはまだありませんが1回行ったくらいでしかも短い滞在では効果はなかなか感じられないでしょうから次はもっと時間を掛けて滞在できるようにしたいと思っています。 もうどういった状況なのかが把握できたので次は大丈夫でしょうw 分杭峠へのアクセス、シャトルバス情報 分杭峠のゼロ磁場地帯周辺には駐車場はありませんので、マイカーで直接行けません。 (通りすぎることは出来ます。 )自分の車で行く場合には、シャトルバス乗り場の分杭峠ふもと粟沢駐車場に行ってシャトルバスで行ってください。 シャトルバス情報 運行区間 分杭峠ふもと粟沢駐車場~分杭峠(15分くらい) 運行時間 分杭峠ふもと粟沢駐車場 始発 午前8時 終発 午後3時 (30分から1時間間隔で運行されています。 ) 料金 往復 650円(座席を利用しない乳幼児は50円) 10リットル以上の水用タンクは1名分の料金が必要。 分杭峠ふもと粟沢駐車場 収容台数 普通車100台 大型車3台 駐車場料金は無料 分杭峠への電車、バスでのアクセス 基本的なルートは JR飯田線「伊那市駅」から路線バスで「高遠駅」へ 「高遠駅」から路線バスで「分杭峠ふもと粟沢駐車場」へ 「分杭峠ふもと粟沢駐車場」からシャトルバスで分杭峠へ となります。 JR飯田線「伊那市駅」へ行くには、電車よりも高速バスを利用したほうが便利です。 新宿・横浜・名古屋・京都・大阪・長野・松本・中部国際空港などから高速バスで「伊那市」停留所(伊那バスターミナル)まで行くとJR飯田線「伊那市駅」は徒歩で5分ほどで行けます。 この近くで宿泊される場合には、ゼロ磁場の宿「入野谷」.

次の