オフィス 解約。 コロナ禍で加速するオフィス移転ニーズ スタートアップ・中小企業の契約・解約データに基づく傾向と分析

「絶対に必要」と信じたが、解約──コロナ禍で“さよならオフィス”は現実となるのか【#コロナとどう暮らす】(Yahoo!ニュース 特集)

オフィス 解約

4月から従業員約30人が自宅などでリモートワークを開始。 問題なく業務を進めることができたため、東京本社と大阪支社の解約を決めた。 その代わりネット上に新オフィスを開設。 仮想の会議室や食堂などで真面目な話から雑談まで気軽にできるような仕組みをつくった。 白潟敏朗社長は「生産性が上がった」と手応えを感じている。 名刺管理サービスのSansan(東京)は採用計画の見直しに伴いオフィスの一部を解約した。 サーバー管理などを展開するさくらインターネット(大阪市)も原則リモートワークの方針を継続。 田中邦裕社長は、雑談したり、社内外で勉強会や交流会を開いたりするのにオフィスは役立つとしつつ「集中するために来るのであれば意味がないし、物事を決めることもオンラインでできる」と断言する。 IT系企業などの仕事は、パソコンとインターネットがあればこなせるケースが多いため在宅勤務と相性が良く、高額な賃料を支払って感染リスクのあるオフィスを構える必要性は薄い。 日本総合研究所は東京都心で全就業者の1割が自宅などでの勤務を続けた場合、オフィス空室率は15%近くまで上昇すると予測する。 PR 業種や社風で温度差 一方、日立製作所や三菱電機など大手企業も働き方改革を加速しているが、オフィス解約の動きは目立っていない。 ある不動産関係者は「契約途中の解約は違約金が発生する。 リモートワークが機能するかどうかは業種や社風などに左右される側面もあり、二の足を踏む企業は少なくない」と分析する。 不動産サービス大手のCBRE(東京)の担当者は「室内の密集を避けるようなレイアウトが増えることで、全体として必要なオフィス面積はこれまでとそれほど変わらない可能性もある」と指摘。 オフィス仲介大手の三鬼商事(東京)が調べた5月末時点のオフィスの空室率は東京都心で1.64%、大阪市中心部で2.18%と低水準だった。

次の

さよならオフィス(下) 「解約やっぱりやめた」僕らがオフィスに戻るワケ

オフィス 解約

オフィスの敷金・保証金について知ろう 賃貸オフィス・事務所の敷金・保証金は、入居時に賃料の6~12ヶ月分を支払うのが相場と言われています。 賃料によって増減しますが、少なくない額といえます。 そして敷金・保証金はオフィス移転時に返還されるわけですが、 全額返ってくるわけではありません。 まず賃貸のオフィスや事務所の場合、住宅の賃貸と違い、 償却費というものを契約で定めている場合があります。 償却費とは、敷金・保証金から解約時に無条件に差し引かれる費用のことです。 それから、敷金・保証金は 原状回復費も差し引かれます。 注目していただきたいのは原状回復費です。 原状回復費は、坪数とオフィスビルのグレードで相場の金額が変わってきます。 200坪借りていれば、2,000万円程度費用がかかるという計算です。 工事内容によって坪の相場は変わってきますので、あくまで目安に過ぎませんが、 オフィス移転時の費用として、原状回復費の占める割合はかなり大きいということが分かると思います。 償却費は契約時に決定するものですので、退去することになってから増減することはありません。 したがって、 敷金・保証金の返還額の相場を考えた場合、 原状回復費次第ということになります。 返還される敷金・保証金は原状回復費に左右されるわけです。 読者の方がオフィス移転や、事務所の退去に直面している場合、まずは敷金・保証金をいくら支払ったのか、償却費や原状回復費がいくらぐらいかかるのか、上記の相場情報や見積もり、賃貸借契約書などを確認して調べてみてください。 そうすれば、先述の計算式を使って実際に計算でき、いくら敷金・保証金が返還されそうか、概算を出すことができます。 実は、 原状回復費というものは削減できる余地が大いにあります。 ですから、計算の結果、敷金・保証金の返還額がゼロになっていた、という場合でも諦めるのはまだ早いのです。 これは オフィスの原状回復費は適正な金額で見積もられていない、ということにほかなりません。 したがって退去時にプラマイゼロに設定されているような敷金や保証金の相場も適正な額とはいえないのです。 原状回復費の適正な見積もりが出てこない原因は、建築業界の重層請負構造(下請け、孫請け)など慣習も影響しているのですが、適正な見積もり金額で原状回復工事ができるように適切な交渉を行うことで、原状回復費を抑えられる可能性があります。 原状回復費の見積もりには建築業界の慣習など、業界の事情が盛り込まれてしまっています。 したがって、不動産や法律の知識がなければ、満足のいく交渉は難しいでしょう。 オフィスや事務所などの入居テナント側の担当者と、ビル管理会社の担当者レベルの交渉では、原状回復費を削減できたとしてもせいぜい「数%の値引き」止まりで、大きな減額は望めません。 敷金・保証金の返還額を大きくするには? オフィス移転の際には、できるだけ原状回復費を削減して敷金・保証金を回収し、新しい事務所などに投資したいところです。 しかし、不動産、法律の広範な知識に基づいたプロの力で原状回復費にメスを入れない限り、返還額を大きくすることは難しいと言わざるを得ません。 敷金・保証金をしっかり取り戻したいのであれば、原状回復の専門家に相談することがもっとも効率的かつ確実な手段といえるでしょう。

次の

Office365soloを解約する方法

オフィス 解約

4月から従業員約30人が自宅などでリモートワークを開始。 問題なく業務を進めることができたため、東京本社と大阪支社の解約を決めた。 その代わりネット上に新オフィスを開設。 仮想の会議室や食堂などで真面目な話から雑談まで気軽にできるような仕組みをつくった。 白潟敏朗社長は「生産性が上がった」と手応えを感じている。 名刺管理サービスのSansan(東京)は採用計画の見直しに伴いオフィスの一部を解約した。 サーバー管理などを展開するさくらインターネット(大阪市)も原則リモートワークの方針を継続。 田中邦裕社長は、雑談したり、社内外で勉強会や交流会を開いたりするのにオフィスは役立つとしつつ「集中するために来るのであれば意味がないし、物事を決めることもオンラインでできる」と断言する。 IT系企業などの仕事は、パソコンとインターネットがあればこなせるケースが多いため在宅勤務と相性が良く、高額な賃料を支払って感染リスクのあるオフィスを構える必要性は薄い。 日本総合研究所は東京都心で全就業者の1割が自宅などでの勤務を続けた場合、オフィス空室率は15%近くまで上昇すると予測する。 PR 業種や社風で温度差 一方、日立製作所や三菱電機など大手企業も働き方改革を加速しているが、オフィス解約の動きは目立っていない。 ある不動産関係者は「契約途中の解約は違約金が発生する。 リモートワークが機能するかどうかは業種や社風などに左右される側面もあり、二の足を踏む企業は少なくない」と分析する。 不動産サービス大手のCBRE(東京)の担当者は「室内の密集を避けるようなレイアウトが増えることで、全体として必要なオフィス面積はこれまでとそれほど変わらない可能性もある」と指摘。 オフィス仲介大手の三鬼商事(東京)が調べた5月末時点のオフィスの空室率は東京都心で1.64%、大阪市中心部で2.18%と低水準だった。

次の