縮 毛 矯正 コテ。 川口・蕨|縮毛矯正・ストレートが得意なサロンの人気美容院・美容室・ヘアサロンの一覧|ホットペッパービューティー

縮毛矯正はやめることができる?やめたい大人の女性へ

縮 毛 矯正 コテ

必読人気記事まとめ はじめてのご予約&お問い合わせはこちら 予約状況の確認はこちら ご予約は4ヶ月先まで(数回分もOK)受付中です。 今すぐ埋まるわけではないですが、 引き続き次回予約・LINE からのご予約にご協力お願い致します。 守部指名のお客様専用LINE@ 新たに守部指名のお客様専用LINE を開始致しました。 まぁどんな失敗かと言うと 【毛先にワンカール】 を求めた結果、 「中間から毛先がチリチリになった。 」 「ボワボワにパーマがかかって髪が広がってしまった。 」 と言うのが圧倒的に多く、 更にそうなってしまったが故に、 「毎日ストレートアイロンで伸ばしてなんとかしています。 」 の悪循環に陥ってる方が多いです。 確かに縮毛矯正やデジタルパーマで毛先がチリチリやボワボワになってしまったら、 ストレートアイロンで伸ばさないと外にも出たくない気持ちになるのはわかりますが、 薬剤が残留しているその状態の髪に更に熱を毎日入れ続けるのは かなり危険です! 熱で炭化してチリチリになってしまった髪の修正が一番難しいですからね。 難しいというかなんとかなりにくいです。 もうそろそろ通っていただいて1年になりだいぶ良くなってきましたが、 まだチリチリした髪が部分的に残っています。 なんとかしようと毎日ストレートアイロンやくるくるドライヤーでやればやるほどに、 手遅れになってしまう場合があるんですね。 が、 一度傷んでしまった髪は元には戻らないので このような失敗をされないようにするのが一番です。 話を戻して、、、 縮毛矯正でボブの毛先を失敗せずに自然な内巻きワンカールにする方法ですが、 最も確実に失敗しないのは、 縮毛矯正で毛先内巻きワンカールを望まない これが一番確実に失敗されないです。 要は普通に根元のリタッチを縮毛矯正でして、 毛先はコテやアイロンで巻くのが一番チリチリやボワボワになる大失敗になりません。 ただ手で乾かしただけで毛先が自然な内巻きワンカールになるという ヘアスタイルやその手入れの楽さに憧れるのは当然だとは思うのですが、 それに対してのリスクが大き過ぎるとも思います。 縮毛矯正にもスタイリングにもオススメのストレートアイロン ちなみにボブからミディアムの髪の長さで毎日のようにストレートアイロンでワンカールスタイリングをするなら、 こちらのラディアントの28ミリのストレートアイロンがオススメです。 実際に僕も縮毛矯正やスタイリングに使用しているストレートアイロンです、 プレートがシルクプレートで滑りが良いのと温度の上昇スピードと安定感が他と違います。 最近はヘッドを着脱して持ち運びがしやすくなった最新のカールアイロンのラディアントlolが新しく発売されています。 26ミリと32ミリのヘッドと本体の着脱式になりますが、 ボブでカールアイロンを使用するとよく火傷をされる方がいらっしゃるのでストレートアイロンをオススメしています。 ただミディアムやロングで髪を巻く方には今現在一番オススメのカールアイロンです。 後はショートヘアからボブの髪の長さで襟足が短いなどもう少し小ぶりなストレートアイロンがいいという方には、 こちらのADSTレギュラーをオススメしています。 ADSTも縮毛矯正界隈とメンズスタイリングでは鉄板のストレートアイロンです。 温度の上昇スピードと温度の維持が特徴です。 ラディアントと比べると髪がプレートにかかりやすいので短い髪をアレンジするのにとても向いています。 縮毛矯正をしている髪も縮毛矯正をしていない髪もアイロンを使用するのであれば、 粗悪なプレートや温度の安定しなかったり温度が何度かわからないアイロンの使用は無駄に髪を傷めるリスクを負うので避けるべきだと考えます。 では話を戻して、 縮毛矯正で毛先の内巻きワンカールを目指した場合 【乾かすだけで毛先が自然なワンカールになったという成功】 【上手く毛先が曲がらなかったという失敗だけどまだやり直せるという失敗】 【毛先がワンカールになるどころかチリチリボワボワになってどうしようもない大失敗】 という結果が待っているのですが 全国的に考えても完全な成功ってかなり確率が低いと感じています。 何故ならのその技術が 美容師ならできて当たり前の技術ではないわけですし、 そこを探求している美容師さんが全体と比較すると圧倒的に少ないと思うからです。 更に仕上がりのクオリティを考えるとなお上手い人って少ないですね。 僕ですら僕がネ申と崇めている方に比べたらまだまだですからね。 薬剤知識や毛髪診断からの適正な薬剤の使用はもちろん、 アイロンの使用の仕方や熱の置き方や水分コントロール、 カットに至るまで全てが綿密に合わさって成せる技なんですね。 ただ毛先をアイロンでグリッと曲げるだけって思っている方も多いと思いますが それではダメなんですよ。 熟練の美容師でも難度が高い技術なわけです。 確かにそこに特化した理美容師さんなら簡単にできているように感じるかもしれませんが、 決して簡単な技術ではないと思うんですよね。 なので、 「毛先を内巻きワンカールにしたいんですけどできますか?」 って聞いて、 『あぁそれなら簡単ですよ。 』 って言っちゃうような人ほど信用しない方が良いと個人的には思っています。 僕もおいそれや簡単に、 『はい。 できますよ。 』 なんて軽々しくは言いませんからね。 なんらかしらの条件は割と付きものです。 毛先はカットしないと無理とか。 僕のお客様ならわかってらっしゃると思いますけど。 でもできると判断した時にはもちろんやらせていただきます。 ボブの毛先ワンカールの縮毛矯正実例 2回目のご来店のMさん。 BEFORE 初めてのご来店の時はカットとカラーのご予約で、 本当はバッサリとボブにしたかったけど何気に癖が強いのと 縮毛矯正をする時間がなかったので、 20センチくらいカットしてこのくらいです。 それでもMさんからすれば、 「すごく髪を乾かすのが楽になりました〜。 」 でもやっぱりボブにしたいってことで今回はバッサリとボブにカットしてからの縮毛矯正です。 この日までストレートアイロンで頑張って癖を伸ばしていたようで、 ようやく念願のボブに切れるのと縮毛矯正で毎日癖を伸ばさなくてもよくなるのを楽しみにしていたようです。 まずはカットです。 シンプルなワンレングスなんですが カットすると癖がブリンブリンに出てきましたね。 画像はありませんが。 そしてカット後に縮毛矯正です。 仕上げはダイソンと手で乾かしただけです。 AFTER 毛先が乾かすだけで内巻きに、 グッと入っていますね。 左サイドも、 毛先内巻きワンカール。 ちなみに縦でカットしているのでワックスを揉み込んだりスプレーで散らすと、 クシュクシュっとふんわりスタイリンングもできる仕様になっています。 Mさん今回もありがとうございました。 日焼け止めをしっかり塗るのと 別人に間違われないようにするのに気をつけてくださいね。 縮毛矯正で毛先をワンカールに曲げる方法 この記事を書いている最中にも、 「縮毛矯正でもっと上手く毛先を曲げたいんですけどどうしたらいいですか?」 とメッセをしてきた美容師の友人がいますが、 『曲げるのではなく曲がるのだよ。 』 と教えておきました。 曲げようと思っているうちは曲がらないですし、 曲がったとしても毛先への負担が大きかったりしますからね。 方法はいくつかありますがこれが真理です。 僕はアシスタントの頃から自然に毛先が内巻きになるような縮毛矯正を目指してやってきて、 今になってようやく仕上がりが安定して出せるようになった気がします。 だいぶ長い道のりでしたね。 そのぶんの経験値が無駄ではなかったですが。 なんでもそうですが成功には失敗というリスクを必ず伴います。 そのリスクをいかに排除できるかが失敗の可能性を減らします。 お客様側の美容師選びも重要ですし、 美容師側の技術の鍛錬も必要です。 どちらも無茶や無理はお互いの為にならないですよ。 お互いの協力関係や信頼関係が満足できる素敵なヘアスタイルを作ります。 というのを覚えておいてもらえたらなと、 この縮毛矯正で失敗されやすい時期に思います。 ご予約またはお問い合わせは下記の写心美容家の公式LINEまたはメールにてお願いしております。 電話はマンツーマン営業の都合上ほぼ出れませんのでご了承ください。 送ったメッセージを他の登録者に見られたりすることはもちろんありませんのでご安心下さい。 com カテゴリー• アーカイブ アーカイブ.

次の

縮毛矯正をキレイに長持ちさせる方法 絶対にやってはいけない注意点

縮 毛 矯正 コテ

ボワっと広がる・ふくらむ、まとまりが無い、ストレートアイロンを使っても さらツヤ髪にならない… 直毛が多いと言われている日本人ですが、 頑固なクセ毛に日々悩む方や 湿気の影響で扱いにくい髪に、困っている方も少なくありません。 そんな方々の救世主と言っても良いのが 「縮毛矯正」。 でも、髪へのダメージが気になったり、施術の時間が長いことや、高価格帯のメニューのため なかなか試せない方も多いのではないのでしょうか? 今回は クセ毛の要因を徹底解説すると共に、 縮毛矯正の仕組み・縮毛矯正をかけることによるメリット・デメリットをご紹介して参ります! 髪の毛は 8割以上がタンパク質で出来ています。 このタンパク質達は、 髪内部でハシゴの様に結びつくことで 髪のしなやかさやコシを生み出しています。 この「タンパク質達の結びつきの違い」は、 毛穴のゆがみから発生しているため 非常に強いクセとなって現れます。 髪が濡れている状態でも、クセが取れることはほとんどありません。 オルソコルテックスとパラコルテックス この2種類のコルテックスは、 ホルモンバランスや栄養状態、加齢といった様々な要因から そのバランスを崩します。 バランスが悪いと うねりが強い髪となってしまい、ドライヤーによるブローや、ストレートアイロンで髪を伸ばすことで 多少は改善されますが… やはり髪内部のタンパク質が要因となっているため、 湿気や汗によりクセが戻ってしまいがちです。 ・・・・・ 2. 縮毛矯正の仕組みとは? ストレートパーマとは違うの? 先ほどからの「髪内部のタンパク質達の結びつき」を、専用の薬剤で切り 髪をまっすぐにさせた状態で再度結びつかせることで、髪のクセを矯正することが叶います! この 「髪をまっすぐにさせた状態」が、縮毛矯正の仕上がりにとても重要で、ストレートアイロンを用いてしっかりと髪を伸ばす作業が必要になります。 ストレートパーマ ストパー も縮毛矯正と同様に、「髪内部のタンパク質達の結びつき」を変えていくものなのですが、こちらはストレートアイロンを使用しません。 また、 ストレートパーマはクセ毛にかけるものではなく パーマのかかった髪を元に戻すためのものになります。 「縮毛矯正もストレートパーマも、同じように髪をまっすぐにするものじゃないの? 」と、誤解を招きがちですが このように 施術の目的やストレートの持ちなど大きく異なって参ります! ・・・・・ 3. 縮毛矯正のメリットとデメリットとは? 髪の内部からクセを正すことの出来る 魅力ある縮毛矯正ですが、ここでメリットとデメリットをそれぞれ挙げてみますね。 縮毛矯正をかけると、そんなお悩みからも解放されますよ! 一度、縮毛矯正をかけた部分は半永久的に維持できますので 2度目以降は根元部分のみ縮毛矯正を行うなど、 髪の健康を考えたお付き合いが必要となって参ります。 また、もともとの髪のダメージが目立つ場合は 美容師さんの方から縮毛矯正をお断りされることも! いざ縮毛矯正をかけみたのは良いものの、 あまり伸びずに 結局毎日アイロンを使うことに… なんて、本末転倒な上に 髪への余計なダメージにも繋がりますので、担当の美容師さんとよく相談し 再度施術して貰う方がベターかと思います。 髪の内部から変えてしまう縮毛矯正は、 かける事によってコテ巻きのカールが持たなくなることがあります。 「クセを抑えて、巻き髪も楽しみたい」といった場合は、クセが出やすい根元から中間部分にかけてのみ縮毛矯正をかけるなど、 ライフスタイルに合わせて施術して貰いましょう! また、髪全体に縮毛矯正をかけた場合でも、 巻き髪がキープできないからといって極端に高温・長時間コテを当てるのは厳禁です! スタイリング剤などを用いて、カールをキープすることをオススメします。 ・・・・・ 4. 髪のクセ別! 縮毛矯正をかけ直す期間・頻度 ここで、髪のクセごとに分けた縮毛矯正をかけ直す目安の期間・おおよその頻度について、説明して参ります! 3ヶ月前後で縮毛矯正をかける髪とは? 根元から強くうねっている髪の場合、アイロン ストレートアイロン で伸ばすのも一苦労…。 3ヶ月に1回の頻度で、縮毛矯正をかけるのが良いでしょう。 髪をすいても変に膨らんだり、湿気でうねる髪の場合は 半年に一度くらいのペースで縮毛矯正をして貰うのがベターです。 毎日のアイロンが面倒、ドライヤーだけでキレイ髪に仕上げたい! といった方は、季節や髪のダメージ具合を見つつ 年に1回ほどで十分だと思います。 過度に縮毛矯正をしてしまうと、余計なヘアダメージに繋がりますので ご注意を! ・・・・・ クセ毛の要因から、縮毛矯正の仕組みとメリット・デメリットについて解説いたしました。 根元や髪全体はもちろん、 うねりやすい・崩れやすい前髪にだけ縮毛矯正をかけるなど、部分的な施術に対応してくれる美容室さんがほとんどです。 髪の状態やお悩みをもとに、行きつけの美容室へ相談してみるのも良いかと思います。 【関連コラムのご紹介】.

次の

縮毛矯正を自宅で自分で!セルフでも失敗しないやり方・コツ・注意点

縮 毛 矯正 コテ

自然な印象の縮毛矯正はもちろん、 持続力に優れた縮毛矯正できれいなストレートヘア、毛先を自然に動くようにすることも可能です。 あなたの髪質をしっかりと見極めて、縮毛矯正がはじめてのお客様でも安心して施術が出来るように 丁寧なカウンセリングを心がけてます。 あなたの、理想ヘアが実現できるようにサポートさせて頂いてます。 部分的な縮毛矯正について 1 前髪のみポイントでかける 2 前回の縮毛矯正から髪が伸びて根元の部分だけかける。 3 顔周りの見える部分を縮毛矯正をする。 4 髪のボリュームが減らないように表面のみ縮毛矯正をかけてツヤ感をアップさせたい。 5 前髪は自然な感じで仕上げて、後ろはしっかりと縮毛矯正をかけたい。 などなど。 クセ毛で悩んでるお客様はバリエーションは様々です。 担当スタイリストと相談しながら、 あなただけの縮毛矯正のオーダーメイドで仕上げます。 表参道、銀座の両店にて前髪縮毛矯正、根元縮毛矯正、毛先のみ縮毛矯正、内側のみ縮毛矯正など部分的な縮毛矯正も対応可能です。 料金は下記に記載してますが、ご不明点がございましたら、気軽にお問い合わせ下さい。 人気美容師があたなの理想にあわせて縮毛矯正に致します。 一本一本の髪の毛(縮毛・クセ毛)から、やさしく丁寧にクセを取り除く方法ですので、 毛髪の傷みを最小限で施術することができます。 髪の成分と同じ高品質のたんぱく質を補給してからドライヤーの熱で潤いを閉じ込めます。 さらに、縮毛矯正ブローの際に縮毛矯正専用ブラシでブローを行うので、 縮毛矯正後の弾力や艶がでて髪がきれいに見えます。 表参道、銀座の両店とも同様の薬剤を使用しています。 トリートメントの種類について トリートメント無しのコースもございますが、髪を保護するための最低限の行程は必ずついてますのでご安心下さい。 ダメージがきになるあなたに、オススメのヘアケアは 【ラクリストリートメント】です。 【ラクリストリートメント】とは、髪の内部栄養補給を重要視したスペシャルケアです。 3ステップの行程であなたの髪に栄養を与えていきます。 熱との相性も抜群に良いため、普段からストレートアイロンを使用してる方や、毛先のみコテをしようしてる方など特に相性が良いです。 縮毛矯正はダメージを最小限に抑えるように施術させて頂きますが、ダメージが0ということはございません。 髪のコンデジションが良い状態をキープされる場合は、トリートメントがオススメです。 *無理にトリートメントをオススメすることはございませんのでご安心下さい。 日本人の髪質は7割〜8割くせ毛だとも言われています。 なかなか自分のお手入れではどうにもできない、クセ毛のせいで素敵な髪型にできないと思っている方もいらっしゃるんではないでしょうか?日本人はクセ毛が多いということは困ってる方が日本には多いいはず!!一人でも多く理想のスタイルになれればと思っております。 relianのコンセプトはデザイン&ケアです。 縮毛矯正はあくまでもただ伸ばせばいいというものではありません。 髪型【デザイン】の部分で融合していかなければなりません。 あなただけの縮毛矯正のオーダーメイドで仕上げていくことによって今までになかった縮毛矯正が仕上げられます。 今まではツンツン、ピンピンな縮毛矯正のイメージがあったと思います。 relianではナチュラル、自然な縮毛矯正にこだわっています。 縮毛矯正をかけてないかのようなストレートが実現できます。 縮毛矯正は善し悪しがはっきり出る施術でもあります。 たくさんの縮毛矯正のお客様を担当してきた 知識と技術で皆様のお力になれるよう日々研究しています。 縮毛矯正で気になっていること、困っていることなどあればご相談ください。 縮毛矯正で今まで大変だったことも改善していきましょう!!.

次の