政府 共通 プラットフォーム。 [独自記事]政府が共通プラットフォームにAWSを採用へ、来秋稼働

政府共通プラットフォームでのAWS採用の衝撃:Mostly Harmless:オルタナティブ・ブログ

政府 共通 プラットフォーム

業務・システムの最適化 政府は、簡素で効率的な政府の実現に向けて、各府省の業務・システムについて、1. 業務の制度面・運用面からの見直し、2. 事務処理の電子化・共通化、3. システムの一元化・集中化等により、業務・システムを効率化・合理化する取組を進めています。 また、政府情報システムの更なる全体最適化を推進すべく、その在るべき将来像を明確化するとともに、政府情報システムの統合・集約化やデータ連携の基盤となる共通プラットフォームの整備の課題、方向性等について「」を開催して検討を進め、2013年(平成25年)3月18日、「」を整備し、その運用を開始しました。 さらに、「世界最先端IT国家創造宣言」(2013年(平成25年)6月14日閣議決定。 2017年(平成29年)5月30日廃止)及び「政府情報システム改革ロードマップ」(2013年(平成25年)12月26日CIO連絡会議決定。 2015年(平成27年)3月4日CIO連絡会議改定)に基づき、2018年度(平成30年度)までに、2012年度(平成24年度)と比較して政府情報システム数の半減を目標とした政府情報システム改革を推進しているところである())。 また、政府は、IT国家創造宣言に基づき、政府におけるITガバナンス強化のため、情報システム調達やプロジェクト管理に関する共通ルールとして「」 平成26年12月3日各府省情報化統括責任者 CIO)連絡会議決定。 英語名:IT Governance and Management Guideline for Government Information Systems。 以下「標準ガイドライン」という。 )を策定しました(平成27年4月1日から施行)。 これにあわせ、標準ガイドラインの内容を解説する「」(以下「実務手引書」という。 )を作成しました。 標準ガイドライン及び実務手引書について詳しくはをご覧ください。 ただし、「電子政府構築計画」(2003年(平成15年)7月17日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)に基づき策定された87分野の業務・システム最適化計画に関する業務に関し、契約変更を伴わない内容については、本ガイドラインを優先的に適用するものとします。 なお、最適化計画完了までの間、「」(2014年(平成26年)4月1日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)3のとおり、その実施状況について、引き続きフォローアップを行うとともに、計画に記載する内容を変更する場合においては、内閣官房及び総務省が示す要領に基づき当該計画を改定するものとします。

次の

スマートシティ官民連携プラットフォーム

政府 共通 プラットフォーム

業務・システムの最適化 政府は、簡素で効率的な政府の実現に向けて、各府省の業務・システムについて、1. 業務の制度面・運用面からの見直し、2. 事務処理の電子化・共通化、3. システムの一元化・集中化等により、業務・システムを効率化・合理化する取組を進めています。 また、政府情報システムの更なる全体最適化を推進すべく、その在るべき将来像を明確化するとともに、政府情報システムの統合・集約化やデータ連携の基盤となる共通プラットフォームの整備の課題、方向性等について「」を開催して検討を進め、2013年(平成25年)3月18日、「」を整備し、その運用を開始しました。 さらに、「世界最先端IT国家創造宣言」(2013年(平成25年)6月14日閣議決定。 2017年(平成29年)5月30日廃止)及び「政府情報システム改革ロードマップ」(2013年(平成25年)12月26日CIO連絡会議決定。 2015年(平成27年)3月4日CIO連絡会議改定)に基づき、2018年度(平成30年度)までに、2012年度(平成24年度)と比較して政府情報システム数の半減を目標とした政府情報システム改革を推進しているところである())。 また、政府は、IT国家創造宣言に基づき、政府におけるITガバナンス強化のため、情報システム調達やプロジェクト管理に関する共通ルールとして「」 平成26年12月3日各府省情報化統括責任者 CIO)連絡会議決定。 英語名:IT Governance and Management Guideline for Government Information Systems。 以下「標準ガイドライン」という。 )を策定しました(平成27年4月1日から施行)。 これにあわせ、標準ガイドラインの内容を解説する「」(以下「実務手引書」という。 )を作成しました。 標準ガイドライン及び実務手引書について詳しくはをご覧ください。 ただし、「電子政府構築計画」(2003年(平成15年)7月17日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)に基づき策定された87分野の業務・システム最適化計画に関する業務に関し、契約変更を伴わない内容については、本ガイドラインを優先的に適用するものとします。 なお、最適化計画完了までの間、「」(2014年(平成26年)4月1日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)3のとおり、その実施状況について、引き続きフォローアップを行うとともに、計画に記載する内容を変更する場合においては、内閣官房及び総務省が示す要領に基づき当該計画を改定するものとします。

次の

スマートシティ官民連携プラットフォーム

政府 共通 プラットフォーム

内容の正確性は保証されません。 正確な情報が知りたい場合はを参照してください。 公示種別:意見招請• 調達件名:• 調達機関:• 所在地番号:13 東京都• 調達機関番号:012 総務省• 品目分類番号:71 電子計算機サービス及び関連のサービス• 品目分類番号:27 コンピュータ・サービス• 交付期間:令和2年1月29日から令和2年2月18日まで 意見招請に関する公示 次のとおり調達物品の仕様書案の作成が完了したので、仕様書案に対する意見を招請します。

次の