八雲藍 ロストワード。 【東方ロストワード】スキルレベル10の効果一覧

東方LostWordとは (トウホウロストワードとは) [単語記事]

八雲藍 ロストワード

ショット 八雲藍のショットを紹介します。 八雲藍のショットの特徴としては、拡散集中ともに 全体攻撃だということです。 拡散ショット. テイルスピナー 尖弾で陽気寄りの全体ショットです。 1段階目のブーストによる伸び幅が一番多い、というのが特徴です。 集中ショット. 弧竜昇天 レーザー弾で陽気寄りの全体弾です。 ブーストで追加される功徳レーザーは、妖怪に対して威力が増します。 拡散ショットと同様、1段階目のブーストで火力が伸びやすいです。 スペカ 八雲藍のスペカを紹介します。 スペカ1. 式神「橙」 肉弾で 陽気のみの単体スペカです。 ショットと同様、1段階のブーストで弾が増えるのでかなり使いやすいです。 また、2段階目、3段階目で追加される弾には妖精特攻がついています。 ただし、各弾1発ずつしか追加されないので、あまり実感はないかもしれません。 さらに、このスペカの注目すべき点として、攻撃前に味方全体の 命中を1段階アップさせるという効果があります。 通常の命中が75%であることから、命中アップは攻撃力アップとほぼ同じ意味です。 その能力アップが 味方全体にかかるため、かなり有用な能力といえます。 スペカ2. 式神「前鬼後鬼の守護」 光弾で陽気寄りの単体スペカです。 これまでのショットやスペカと違い、1段階目のブーストの伸びは少なめです。 3段階目までブーストをすることで追加される2種類の弾は、特別な効果を持っています。 攻撃力や防御力が強化された敵へのクリティカル率が上昇するというものです。 3段階目までブーストする必要があるため、ボス戦などが使いどころでしょうか。 ラストワード. 那須と三高田の殺生石 土属性の質量弾で、陽気のみの全体攻撃です。 1段階で伸びる火力、火力が十分安定する弾数、最大ブーストで土弱点の結界を4枚割れる、など 最強クラスのラストワードです。 さらにこのラストワードは、 陽攻2段階アップの特殊効果付きです。 これによりさらに火力が伸びるため、本当にただただ強いの一言です。 また、無属性の攻撃には毒霧を相手に付与するという効果があります。 気質 八雲藍の気質は「狐の嫁入り」です。 火と星に弱く、土と日に耐性を持つ 金、月属性です 能力 八雲藍の能力は、グレイズを使うだけで陽攻が1段階上がるというものです。 簡単に攻撃力を上げられる、優秀な能力です。 八雲藍の攻撃はすべて陽攻によっているので、グレイズ後にどの攻撃をしても能力の恩恵が受けられます。 スキル 八雲藍のスキルは、攻撃力やクリティカル率を上げるという攻撃式らしいスキルになっています。 スキル1. 式神使役 自身の陽攻を2段階アップします。 持続ターンが1ターンと短めですが、手軽に攻撃力が上げられるため非常に優秀なスキルです。 スキル2. 九尾狐の蠱物 自身の陽攻を1段階アップします。 スキル1と違い上昇幅は少ないですが、その分持続ターンは3ターンもあります。 Pを貯めたい序盤に有効なスキルといえそうです。 妖力集中 自身のクリティカル命中を1段階上げ、チャージを付与します。 このチャージは、自分の行動順を一番最後にする、といった効果があります。 実際にプレイしていて、行動順が逆ならなーという場面はそこそこあります。 そういったときに、行動順をいじれるスキルは優秀だと思われます。 特性 八雲藍の特性は、攻撃されたときに発生するもののみです。 相手の攻撃対象はランダムのため、狙って発動させるのは難しく、使い勝手は悪そうです。 特性1. 九字護身法 攻撃されたとき、妖怪からのダメージを20%減らします。 発生率も100%なので、あって困る特性ではありません。 特性2. 賢者の式 攻撃されたときに、自身の陽攻を1段階アップします。 攻撃されたときという条件が使いにくいですが、グレイズ中などに攻撃をもらうことができれば活用できます。 ただ、積極的にこの特性を発生させるのは難しいですね。 特性3. 妖狐の直感 攻撃されたときに、自身の命中を1段階アップします。 こちらも特性2の賢者の式同様、攻撃を受けたとき、という発動条件がネックです。 なので、無理にランク5まで昇格させる必要はないかと思います。 連携 連携はアタック連携です。 後列のキャラと交代するだけで、交代先のキャラの攻撃力を上げれるのは魅力的です。 強い点1. 拡散、集中ともにショットが全体攻撃 八雲藍のショット(通常攻撃)は、拡散、集中ともに全体攻撃です。 この性能により、 オート周回で大活躍してくれることが予想されます。 また、ラストワードも全体攻撃のため、現状最上位ランクの魂魄妖夢と同じぐらい活躍が見込めます。 強い点2. 陽攻に特化したステータス 八雲藍のステータス、スペカ、能力、スキル、どれを見ても明らかに陽攻に特化しています。 そのため、スペカの装備などが整えやすく、使い勝手が大変よいです。 また、自身の能力やスキルで陽攻を手軽に上げることができるので、攻撃力に困ることはほぼないでしょう。 強い点3. ラストワードが全キャラ中最強クラス 八雲藍の真骨頂は、 ラストワードの強さです。 陽属性のみの構成、使用時に陽攻がアップ、多弾数、全体攻撃、1段階ブーストで最大の伸び、最大ブーストで属性弾4発、結界異常付与… どこをとっても非の打ち所がないです。 特に、水属性のボスはこの技1つで何とでもなるほどの強さです。 人形代をどのキャラに使うか迷っている人は、このキャラに使っておけば間違いないです。 八雲藍の弱い点 続いて、八雲藍の弱いと思われる点をまとめてみます。 弱い点1. スペカが単体のみ 八雲藍のスペカは、単体攻撃のみです。 ラストワードこそ全体攻撃ですが、そのほかのスペカが単体のため、少し道中は殲滅力に欠けるかもしれません。 ただ、これは重箱の隅をつつくような指摘です… 弱い点2. ラストワード解放まで攻撃属性が無属性のみ ラストワードこそ強力な属性弾を持っていますが、それまでは無属性の攻撃しかできないのも弱いところです。 しっかり育てきるまでは、スペカが単体無属性のみということで、少し汎用性に欠けるといえそうです。 これも、ラストワードさえ覚えさせれば強力な水属性キラーになりますので、そこまで弱い点とはいえませんが。 妖夢の集中ショット、パチュリーのラストワードみたいに明確な弱点らしい弱点は見つからない、というのが正直なところですね… 八雲藍の評価まとめ 両方が全体攻撃のショットによるオート周回の適正、高い攻撃力によるボス戦の適正、ハイスペックなラストワードによる殲滅力の高さなど、現状非の打ちどころがない、 最強キャラといっても問題ないでしょう。 リセマラなどでこのキャラを引ければ、しばらくは安泰です。 じっくり育てて、人形代もどんどん使って、早くラストワードを解放してしまいましょう。 いろんなステージ攻略の難易度がぐっと下がります。 また、同じタイミングで追加された橙の評価は、以下のページを参照してください。 参照:.

次の

東方ロストワード 編成について。

八雲藍 ロストワード

『東方LostWord』とは、「」の観をにした向けである。 より配信開始。 概要 に両社より発表され、同19日に&がした。 「」に次ぐ商業のである。 は『東ロワ』。 はであり、とは明確に化されている。 こちらも と同じく「 認」という立ち位置の なので、扱いは「 」にあたる。 に『』のが開され、にが開。 末の「 」では配信元の が 展開を開始。 缶 、ア ル 、 、 、絵札などが販売された。 以降は の一部店舗で委託販売されている。 からは 登録を促す が解禁された。 登録達成報酬としての「 」と「」がもらえるため、二人はすぐに編成に組み込める。 配信予定日は当初だったが、に延期。 その後間近と思われたに、が新スによるストア審のを理由に再延期。 (この時ストアでは配信予定日がと誤表記されていた) そして、正式と相成った。 なお、最後まで日が表される事はかった。 ゲームの紹介 失われた言葉 ー。 このをめぐり、では壮大な異変が発生。 おなじみのやはもちろん、さまざまなとともにをめぐり、異変を解決していこう! - 配信の説明欄より ゲームの内容 はして記憶を失った 性別固定 となり、のをしながらに出始めた封結晶のに迫る。 のとなるのは「 」「 」「 」「ブースト」「 」「 」 などの によって戦う式。 はいわゆる通常攻撃で、霊を多く集めることができるが威が控えめな「」 と、威は高いが霊回収の効率が低めの「 集中」とを使い分けて戦う。 は に相当し、2枚(することにより5枚まで増える)を持っている。 のなかでも は強 で切り札になりうるが、一度使うと が全て使用 になる。 また絵札と呼ばれる装備品が存在し、これはに対してではなくに対して装備する。 装備することで中にを発動すると、装備した絵札の効果も同時に 発揮する。 探索 このの。 はここから行う。 を進めながら各話をしていく「探索」と、1日に回数限定で挑戦できる「探索」がある。 「探索」を していくと様々な要素が解放されていく。 出撃には霊P スタミナに相当 が必要で、その消費量は編成するの総次第。 周回する場合は出撃を絞って消費霊Pを減らし、周回数を増やすことも可。 ちなみに探索は、話数によっては初回探索時にが強制的に編成される場合があるが、そこまで強いわけではない。 だけで出撃しないといけないわけではないので自の編成を忘れずに。 おつかい いくつかある依頼から選択し、所持しているを登録、必要な時間を経過するととなり報酬をもらえる放置系。 もらえる報酬の種類は依頼選択の時点で確認できるが、実際にもらえるかどうか・いくつもらえるのかは するまでわからない。 に出している は探索なども に可 であり、 させる は存在しない。 臨時 報酬がかなり優遇されている。 依頼の表示に制限時間が設定されているため、出現したら受けている通常のをしてこちらを受けることも一考。 施設 「おやしろ」「」「寺子屋」「場」の4つが存在する。 いずれも放置系のものであり、現状は時間短縮などの手段はない。 おやしろ 霊P スタミナ が時間経過により貯まる施設。 回収するまでは所持している霊Pに入らないが 、おやしろが保有できる量にも上限があるため回収しないとおやしろの中で溢れることになる。 が一定まで上がると施設の をあげることが可で、保有量と増加量を上昇させることができる。 賽銭箱 が 時間経過により貯まる施設。 は内であり、今作のあらゆる場面で利用することになるため重要。 後述のお()から、の強化、絵札の強化、での購入など多くの場面で必要になる。 こちらも回収するまでは のなかで貯まり続け、上限を えると溢れる。 保有量と増加量を上昇させることができる点もおやしろと同様。 寺子屋 登録したに時間経過でを与える施設。 ここにを登録し、ものを消費することにより時間経過でを得るようになる。 ものを消費しなくてもを得ることはできるが、が入らないため入手はかなり少なくなる。 道場 定したの定した「」に時間経過でを与える施設。 を定し、「 南書」という を消費することで待機状態になる。 そのまま必要時間を経過すると、消費した 南書の に応じた が に入る。 課題 他のでいうところの。 「で3回しよう」などの条件をすると報酬がもらえる。 「」「毎週」「」「」「」の5種類があり、それぞれするごとにや、封結晶や結晶を入手できる。 ちなみに東方LostWordのの切り替えは。 毎週課題はここを迎えるととなるので注意。 おいのり や絵札を、封結晶とを利用してに入手する。 要するに。 中身としてはと絵札が ごちゃ混ぜになった所謂で、当然ながら10連全てが絵札に化ける事も多々ある。 「封結晶」と「結晶」の2つの引き方があり、や課題などで入手できる「封結晶」を利用して引く場合はも一緒に支払う必要がある。 石である「結晶」で引く場合は10連のみとなるが、が一人確定でも不要。 恒常・限定・の3種類が確認されており、限定は恒常からは排出されない限定が排出される。 おごとに されているもの及び 割合が違う場合があるため、おする前には「詳細 」から確認してう。 ちなみに課題の「おを1回しよう」で、お1回分の封結晶とがそっくりそのまま返ってくる。 的に1回おのようなものなので忘れずにおしよう。 その他 使用BGM 内で使われているはので、複数のからされたものとなっているが、その中には新規書き下ろし曲の他、に各が頒布していた既存の楽曲をそのまま流用したものもある。 各の曲 使用時および敵対時の は現状全てが既存の曲の流用となっている。 それら既存の楽曲の中にはにおいて著名なものも多く、曲に詳しい人なら聞き覚えのある楽曲が多いかもしれない。 以下が楽曲をしている、およびで個別記事となっている楽曲となる。 (の曲)• (の曲)• (の曲)• (の曲)• 内では「-」名義• 梶迫小具店• Md te• (も可) という問題を巧みに回避した妙案と言える。 初回ガチャ を開始すると、とあるとの会話から始まる。 その際、初めてのをまわすことになるのだが、このだけは少し特殊で ・1体 ・残りの9枚はすべて絵札 が固定。 さらにこのから排出されるは限定されており ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ の中か排出されない。 する場合は気をつけよう。 登場キャラクター 各は3種類のまたはから選択可。 公式サイト掲載キャラ• 初期実装キャラ• (:,,咲々木瞳)• (:規,,)• (:,,)• (:規,沢,)• (:,,)• (:,,)• (:,,)• (:,,)• (:,,篠宮)• (:,篠宮,咲々木瞳)• (:,,)• (:沢,,)• (:,篠宮,) 「賢者たちの幻想郷フェス」限定キャラ (2020年4月30日~5月13日)• (:,,)• (:,篠宮,咲々木瞳) 5月15日実装キャラ• (:,,沢)• (:,,) 5月19日実装キャラ• (:,,) 5月27日実装キャラ• (:沢,沢,)• (:,,) 「華胥の幽冥楼閣フェス」限定キャラ (2020年5月29日~6月4日)• (:,,) 6月4日実装キャラ• (:,沢,) 6月10日実装キャラ• (:,,)• (:規,,) 6月16日実装キャラ• (:,,) 6月22日実装キャラ• (:,,咲々木瞳)• (:規,,)• (:,,) 「妖怪寺の大阿闍梨フェス」限定キャラ (2020年6月30日~7月6日)• (:,沢,) 「憑坐の月姫フェス」限定キャラ (2020年7月8日~7月15日)• (:,篠宮,) 登場予定キャラ (2019年10月6日現在、配信時期は未定)• 関連項目•

次の

八雲藍の評価【東方ロストワード】

八雲藍 ロストワード

ショット 八雲藍のショットを紹介します。 八雲藍のショットの特徴としては、拡散集中ともに 全体攻撃だということです。 拡散ショット. テイルスピナー 尖弾で陽気寄りの全体ショットです。 1段階目のブーストによる伸び幅が一番多い、というのが特徴です。 集中ショット. 弧竜昇天 レーザー弾で陽気寄りの全体弾です。 ブーストで追加される功徳レーザーは、妖怪に対して威力が増します。 拡散ショットと同様、1段階目のブーストで火力が伸びやすいです。 スペカ 八雲藍のスペカを紹介します。 スペカ1. 式神「橙」 肉弾で 陽気のみの単体スペカです。 ショットと同様、1段階のブーストで弾が増えるのでかなり使いやすいです。 また、2段階目、3段階目で追加される弾には妖精特攻がついています。 ただし、各弾1発ずつしか追加されないので、あまり実感はないかもしれません。 さらに、このスペカの注目すべき点として、攻撃前に味方全体の 命中を1段階アップさせるという効果があります。 通常の命中が75%であることから、命中アップは攻撃力アップとほぼ同じ意味です。 その能力アップが 味方全体にかかるため、かなり有用な能力といえます。 スペカ2. 式神「前鬼後鬼の守護」 光弾で陽気寄りの単体スペカです。 これまでのショットやスペカと違い、1段階目のブーストの伸びは少なめです。 3段階目までブーストをすることで追加される2種類の弾は、特別な効果を持っています。 攻撃力や防御力が強化された敵へのクリティカル率が上昇するというものです。 3段階目までブーストする必要があるため、ボス戦などが使いどころでしょうか。 ラストワード. 那須と三高田の殺生石 土属性の質量弾で、陽気のみの全体攻撃です。 1段階で伸びる火力、火力が十分安定する弾数、最大ブーストで土弱点の結界を4枚割れる、など 最強クラスのラストワードです。 さらにこのラストワードは、 陽攻2段階アップの特殊効果付きです。 これによりさらに火力が伸びるため、本当にただただ強いの一言です。 また、無属性の攻撃には毒霧を相手に付与するという効果があります。 気質 八雲藍の気質は「狐の嫁入り」です。 火と星に弱く、土と日に耐性を持つ 金、月属性です 能力 八雲藍の能力は、グレイズを使うだけで陽攻が1段階上がるというものです。 簡単に攻撃力を上げられる、優秀な能力です。 八雲藍の攻撃はすべて陽攻によっているので、グレイズ後にどの攻撃をしても能力の恩恵が受けられます。 スキル 八雲藍のスキルは、攻撃力やクリティカル率を上げるという攻撃式らしいスキルになっています。 スキル1. 式神使役 自身の陽攻を2段階アップします。 持続ターンが1ターンと短めですが、手軽に攻撃力が上げられるため非常に優秀なスキルです。 スキル2. 九尾狐の蠱物 自身の陽攻を1段階アップします。 スキル1と違い上昇幅は少ないですが、その分持続ターンは3ターンもあります。 Pを貯めたい序盤に有効なスキルといえそうです。 妖力集中 自身のクリティカル命中を1段階上げ、チャージを付与します。 このチャージは、自分の行動順を一番最後にする、といった効果があります。 実際にプレイしていて、行動順が逆ならなーという場面はそこそこあります。 そういったときに、行動順をいじれるスキルは優秀だと思われます。 特性 八雲藍の特性は、攻撃されたときに発生するもののみです。 相手の攻撃対象はランダムのため、狙って発動させるのは難しく、使い勝手は悪そうです。 特性1. 九字護身法 攻撃されたとき、妖怪からのダメージを20%減らします。 発生率も100%なので、あって困る特性ではありません。 特性2. 賢者の式 攻撃されたときに、自身の陽攻を1段階アップします。 攻撃されたときという条件が使いにくいですが、グレイズ中などに攻撃をもらうことができれば活用できます。 ただ、積極的にこの特性を発生させるのは難しいですね。 特性3. 妖狐の直感 攻撃されたときに、自身の命中を1段階アップします。 こちらも特性2の賢者の式同様、攻撃を受けたとき、という発動条件がネックです。 なので、無理にランク5まで昇格させる必要はないかと思います。 連携 連携はアタック連携です。 後列のキャラと交代するだけで、交代先のキャラの攻撃力を上げれるのは魅力的です。 強い点1. 拡散、集中ともにショットが全体攻撃 八雲藍のショット(通常攻撃)は、拡散、集中ともに全体攻撃です。 この性能により、 オート周回で大活躍してくれることが予想されます。 また、ラストワードも全体攻撃のため、現状最上位ランクの魂魄妖夢と同じぐらい活躍が見込めます。 強い点2. 陽攻に特化したステータス 八雲藍のステータス、スペカ、能力、スキル、どれを見ても明らかに陽攻に特化しています。 そのため、スペカの装備などが整えやすく、使い勝手が大変よいです。 また、自身の能力やスキルで陽攻を手軽に上げることができるので、攻撃力に困ることはほぼないでしょう。 強い点3. ラストワードが全キャラ中最強クラス 八雲藍の真骨頂は、 ラストワードの強さです。 陽属性のみの構成、使用時に陽攻がアップ、多弾数、全体攻撃、1段階ブーストで最大の伸び、最大ブーストで属性弾4発、結界異常付与… どこをとっても非の打ち所がないです。 特に、水属性のボスはこの技1つで何とでもなるほどの強さです。 人形代をどのキャラに使うか迷っている人は、このキャラに使っておけば間違いないです。 八雲藍の弱い点 続いて、八雲藍の弱いと思われる点をまとめてみます。 弱い点1. スペカが単体のみ 八雲藍のスペカは、単体攻撃のみです。 ラストワードこそ全体攻撃ですが、そのほかのスペカが単体のため、少し道中は殲滅力に欠けるかもしれません。 ただ、これは重箱の隅をつつくような指摘です… 弱い点2. ラストワード解放まで攻撃属性が無属性のみ ラストワードこそ強力な属性弾を持っていますが、それまでは無属性の攻撃しかできないのも弱いところです。 しっかり育てきるまでは、スペカが単体無属性のみということで、少し汎用性に欠けるといえそうです。 これも、ラストワードさえ覚えさせれば強力な水属性キラーになりますので、そこまで弱い点とはいえませんが。 妖夢の集中ショット、パチュリーのラストワードみたいに明確な弱点らしい弱点は見つからない、というのが正直なところですね… 八雲藍の評価まとめ 両方が全体攻撃のショットによるオート周回の適正、高い攻撃力によるボス戦の適正、ハイスペックなラストワードによる殲滅力の高さなど、現状非の打ちどころがない、 最強キャラといっても問題ないでしょう。 リセマラなどでこのキャラを引ければ、しばらくは安泰です。 じっくり育てて、人形代もどんどん使って、早くラストワードを解放してしまいましょう。 いろんなステージ攻略の難易度がぐっと下がります。 また、同じタイミングで追加された橙の評価は、以下のページを参照してください。 参照:.

次の