しめ縄 向き。 神棚の飾り方は?しめ縄の向きは?飾る方向は?|終活ねっと

神棚のしめ縄とは?付け方・飾り方、向きや交換はいつか、絶対必要?

しめ縄 向き

神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由なんですね そもそも正月行事というのは、年神様という新年の神様をお迎えするための行事です。 年神様は家々にやってきて、生きる力や幸せを授けてくださると考えられています。 そこで、お正月が近づくとしめ縄やしめ飾りを施し、年神様を迎える準備をします。 しめ縄(注連縄)には、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。 しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たします。 その由来は、天照大神が天の岩戸から出た際に、再び天の岩戸に入らないようしめ縄で戸を塞いだという日本神話にあるとされ、「しめ」には神様の占める場所という意味があるといわれています。 しめ飾り(注連飾り)というのは、しめ縄に縁起物などの飾りをつけたものをいいます。 代表的なのが、神様の降臨を表す「紙垂」(かみしで/しで)、清廉潔白を表す「裏白」、家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う「譲り葉」、代々栄えるよう願う「橙」などです。 もともとは、神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、自分の家が年神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所であることを示すために始まったといわれています。 しめ縄やしめ飾りを結界として施すことで、その内側が清らかな場所となり、魔除けにもなるため、年神様が安心してきてくださるわけです。 しめ縄・しめ飾りの種類と飾り方・飾る場所・向き しめ縄・しめ飾りは、用途や地域によってじつに様々な種類があり、大変奥が深いものです。 かつては、正月行事を取り仕切る家長がしめ縄を張っていましたが、時を経てだんだん簡略化されていき、玄関先、神棚などにしめ飾りを施すようになりました。 基本的には、年神様を迎える玄関先や神棚に飾りますが、かまど神や水神など様々な神様をまつる場合もあり多種多様です。 ここでは一般的なものを紹介しますので、参考にしつつ、地域や家のしきたりに従ってください。 【ごぼう注連】 ごぼうのような形をしたしめ縄です。 神棚向きで、神棚に飾るときは紙垂などをつけます。 普段使う縄は右へねじる「右綯い」(みぎない)ですが、お正月のしめ縄は特別なものなので、左へねじる「左綯い」(ひだりない)になっています。 また、古来より左を神聖、右を俗(日常)と考えるので、神様からみたときに元の太い部分が左側になるように飾ります(人からみると、向かって右側に元の太い部分がきます)。 【ごぼう注連+前垂れ】 ごうぼう注連に、前垂れ(わらの垂)をつけ、裏白、紙垂、譲り葉、橙などを加えたしめ飾りです。 玄関先向きで、西日本でよく見られます。 東日本に多い玉飾りは、よく見ると、後ろのしめ縄が玉のような輪になっています 【輪飾り】 細いしめ縄を輪にしたものに、譲り葉や紙垂をつけた小型のしめ飾り。 部屋、キッチンやトイレなどの水まわりに飾るほか、門松と組みわせて飾る場合もあります。 マンションのしめ飾りの飾り方、最近はモダンなしめ飾りも 最近はモダンなタイプも多く、おしゃれなしめ飾りを手作りする方も少なくありません。 お好きなもので構いませんが、本来の意味を考えると、わらを使ったしめ縄を用いることが大切です。 また、縁起ものには日本の文化が息づいていますので、1つでも取り入れると良いでしょう。 マンションでも、玄関ドアにフックをつければ簡単に飾れます。 マグネットがつくドアなら、マグネット式フックがおすすめです。 しめ縄・しめ飾りを飾る時期 しめ縄・しめ飾りは、本来は12月13日のすす払い(大掃除のルーツ)が終わり、年神様をお迎えするのにふさわしい場になってから飾るものでした。 このため、 12月13日を正月事始めといい、正月準備を始める目安となっています。 現代なら、大掃除が終わり、年神様を迎える準備が整ってからしめ縄・しめ飾りを飾ります。 大掃除は年末と決まっているわけではありませんから、13日以降早めに飾っても構いませんが、 今はクリスマスが過ぎた25日以降に飾り始める方が多いようです。 ぎりぎりにならないよう、 28日までを目安にすると良いでしょう。 なお、29日は「二重苦」「苦」に通じて縁起が悪く、31日も一夜飾りになるので避ける風習があります。 こうして正月の年神様をお迎えし、 松の内を過ぎたら外しますが、 一般的には7日(6日とする場合もあります)、地域によっては15日(14日とする場合もあります)に外します。 しめ縄・しめ飾りを焼く日、捨て方.

次の

しめ縄の飾り方がわからない!向きなど決まっているの?

しめ縄 向き

もくじ• 一般的に、 向かって右側が太い方、左側が細い方になるように飾ります。 しめ縄の向きは、左綯い(ひだりぬい)になっており、 神棚や玄関など、場所に関係なく向きは同じです。 神棚から見た場合、左側が太く、右側が細くなるのですが、 これは、神様から見て左を上位、右を下位とする考え方によるものです。 この向きは、 地域によって左右が逆になることもあるので 不安な場合は近くの神社などで確認するといいですね。 東日本と出雲式では逆 東日本では、左綯いが一般的ですが、出雲大社などは逆になっています。 つまり、向かって右側が細い方、左側が太い方になっているというわけです。 伊勢地域、出雲地域など、一部の地域では右側が細い方になるように飾る習慣があります。 しめ縄の向きには、全国共通の決まりはないので、各地域の風習によって違いがあるんですね。 伊勢地域、出雲地域以外では、ほぼ右側が太い方になるように飾るので、 迷ったらとりあえず右側が太い方に飾っておけば大丈夫です。 出雲大社で左側に太いほうが来るように飾られているのは、 出雲大社に祀られている神様である 「大国主命(オオクニヌシノミコト)」 が非業の死を遂げたため、その怨霊が出てくることができないように、 閉じ込めるという意味合いがあるといわれています。 伊勢地方、出雲地方以外でも、地方によっては左側に太いほうが来るように飾る風習があるところもあるので、 その地方を代表する神社や、地元の神社のしめ縄を確認して、 それに合わせた飾り方をするようにしましょう。 先に説明したように、しめ縄の向きは地域の風習によって異なります。 共通の決まりはないので、調べたものを参考にするのもいいですが、 できれば 自分の住んでいる地域の風習に合わせることをおすすめします。 特に、玄関に飾るしめ縄は、近所の人にも見られるので、 自分の家のしめ縄だけ逆向きだと、ちょっと恥ずかしいですよね。 出雲大社や、伊勢神宮では逆向きになっており、 伊勢地方では逆向きに飾るのが一般的になっています。 しめ縄の方角は? しめ縄を飾るにあたって、左右の向きは気をつける必要がありますが、 飾る方角には特に決まりはありません。 ですから、神棚や玄関など、飾る場所に合わせて取り付ければ大丈夫です。 お正月になると、玄関にしめ飾りを飾っている家を見かけます。 これは、年神様を迎える為の風習で、 「この家は清らかな場所です」という印になっています。 玉飾りは、左右を考えなくても良いので、向きで迷わずに済みます。 玉飾りとは、藁で作られた土台に扇子や福袋、エビなどの装飾がされたもので、 家内安全、商売繁盛、健康長寿など、様々な願いを込めて飾るものです。 玉飾りは、装飾が取り付けられている部分を表に飾れば良いので、簡単です。 車に取り付ける場合は? 一昔前に比べると少なくなりましたが、車にしめ縄を取り付けることもあります。 車に取り付ける場合も、同じく 右側が太い方、左側が細い方になるように飾りましょう。 車用のしめ縄は、左右の太さに違いのある「ごぼうじめ」ではなく、 左右の関係ない、 「玉飾り」や 「輪飾り」であることも多いので、 これらの場合は左右を気にする必要はありません。 それよりも車に取り付ける場合は、走行中に外れないようにしっかりと取り付けることや、 ナンバープレートが隠れないように取り付けることに注意しましょう。 台所や水回りには簡易的な輪飾りも 最近では、輪飾りという簡易的なしめ縄を飾る家も増えてきています。 輪飾りは、元々は簡易的なしめ縄で、玄関に飾るのではなく、 台所などの水回りや室内のドアに飾るものだったのですが、 コンパクトで収まりが良いことから、最近では玄関に飾る家も結構見かけます。 輪飾りも、左右の向きを気にしなくて良いので、気軽に飾ることができます。 そもそもしめ縄とは? しめ縄とは、 お正月に年神様をまつるための依り代とするものです。 依り代とは、神様が寄り付くものという意味です。 お正月とは、年神様を迎える日であり、 年神様がやってくる目印として、 しめ縄を飾るというわけなのです。 しめ縄とは、漢字では「注連縄」と書きます。 どう考えてもしめ縄とは読めなさそうな文字ですが、由来があります。 「注連」とは、中国で、人が亡くなった時に死者の霊が家に入ってこないように、 縄を連ねて張る習慣があり、それと日本のしめ縄が似ているため、 「注連縄」と書くようになったと言われています。 地域によって多少違いがあり、関東地方では、1月7日頃に外したり、 関西地方では1月15日頃まで飾っておくところが多くなっています。 また、三重県の伊勢志摩地方や、宮崎県の一部では、 一年中しめ縄を飾っておく習慣のある地域もあります。 しめ縄を飾り始める日は、12月28日が最も良いとされています。 29日は、「9」が苦を表しているのでふさわしくなく、 12月31日に飾るのも、一夜飾りと呼ばれ、ふさわしくないとされています。 しめ縄を飾っておく期間は、地域によって結構違うので、周りの家を参考にしたり、 地域の神社に確認しておきましょう。 神棚のしめ縄は一年中飾る? しめ縄には、年神様をお迎えする目印の他に、 神様の祀られている神聖な領域と、俗世の領域を分けるという意味もあります。 そのため、家の中で常に神様を祀っている場所である神棚には、 一年中しめ縄を飾っている家も多くあります。 神社のしめ縄は一年中飾ってあることを考えると、 神棚のしめ縄は一年中飾ってあっても不思議ではありません。 神棚は他の人の目につく場所ではありませんので、 地域の風習というよりは、 個人の考え方で一年中飾るのもOKです。 「ごぼう注連」は、神棚に飾られる最も一般的なしめ縄です。 関西では、ごぼう注連に前垂れのついたしめ縄を玄関に飾ることが多くなっています。 「玉飾り」は、「しめ飾り」とも呼ばれるしめ縄です。 主に東日本で玄関先に飾られることが多くなっています。 縁起物が多く飾られており、見た目も華やかです。 「輪飾り」は、簡易的なしめ縄です。 コンパクトで値段も手頃なので、最近は輪飾りを飾る家も増えてきています。 神様をお迎えするという意味合いは同じなので、 どの種類のものを選んでも大丈夫です。 どんど焼きとは、1月15日に、松飾りやしめ縄、書き初めなどを持ち寄って燃やす行事です。 竹や木材、藁などで組んだどんどやを作り、その周りに松飾りやしめ縄などを飾り付けます。 そしてそのどんどやを燃やし、残り火で団子や餅を食べるといった流れで行われます。 どんど焼きの火で焼いた餅や団子を食べると一年間健康で過ごせるといわれています。 ただし、今ではどんど焼きに参加する人も減ってきており、 「普通に燃えるゴミに出す」という方も多いようです。 それでも特に問題はありません。

次の

しめ縄(しめ飾り)の正しい飾り方、場所、方向

しめ縄 向き

価格:2500円(税込、送料無料 しかし、注連縄のつけ方などは地方の風習によっても違い様々のようですね。 伊勢は一般的に左が太く右が細い方で取り付けられています。 なので、その地方の風習に従って飾られるといいと思います。 分からない場合は、氏神さんに聞いてみてください。 なお、注連縄には「紙垂(しで)」と呼ばれる紙片を挟み込みます。 「紙垂」は「四手」とも表記し、その折り方には伊勢流、白川流、吉田流などがあるそうです。 29日は「二重苦」31日は「一日飾り」と言われて避けることが多いため、 12月28日が多いようですね。 また、1月7日には年神様がお帰りになられると言われているので 「松の内」と呼ばれる 1月7日にはお飾りを外すのが一般的です。 しかし、伊勢では、しめ縄を一年中かざっておくのが一般的みたいですよ。 伊勢に旅行に行った時、4月にもかかわらず、 どこの家の玄関先にもお正月飾りのしめなわが飾ってあり 驚いたことがあります。 注連縄(しめなわ)も地方によっていろいろ飾り方に違いがあるようですね。 そして神棚のしめ繩の飾り方、取り付ける方法ですが、 いろいろなケースがあります。 1、クギにしばる 2、細い針金で固定する 3、神棚のおやしろにひもでしばる などですが、 最も綺麗に飾るには、しめ縄の裏側に細い竹の棒を入れ糸で固定し、 棒ごと神棚前の天上からタコ糸でつるすことです。 一番きれいに飾れるとされています。 どうぞ、ご自分のやり方でいいので上手に固定してみてください。 飾り方にも規則もないともいわれていますが、 注連縄の意味を知ると、やはりないよりあった方がいいようですね^^; 折角、神棚があるのですから、注連縄(しめなわ)も一緒に飾りましょう。 しかしそれよりも何よりも、神は不浄を嫌うので、いつも神棚を綺麗に掃除して お祀りするほうが一番大事なことだと思います。 コチラの記事も一緒に読まれています。 まとめ 注連縄は、そこが神聖な場所であるという目印みたいなものなんですね。 一般的には年末に付け替えをし、新しい年を迎えます。 注連縄は取り付け方や替え時も地方によって違い、伊勢神宮のある伊勢では一年中飾られています。 そういえばお相撲さんも、土俵入りの際、紙垂の付いた注連縄をまわしの上につけていますよね。 土俵は神聖な場所と言われ、注連縄はそこが神聖な場所であることを示すための標識として張られる縄といわれますから、なるほど納得です。 ご訪問ありがとうございます。 美味しいもの、きれいなもの大好きなシニア主婦です。 働き者の夫と出戻り息子の3人暮らし。 世の中の気になったことや疑問に思ったこと、話題になったことなどを備忘録も兼ねて書いています。 出身地:長崎 現在地:大阪のはずれの田舎町 趣味:投資信託 500円玉貯金 即捨離 映画鑑賞 最近の投稿• よく読まれている記事• アーカイブ アーカイブ 最近のコメント• に kanauyo より• に 茶沢山 より• に kanauyo より• に Mayu miya より• に kanauyo より カテゴリー• 264• 406• 231• 30 メタ情報• Copyright C All Rights Reserved.

次の