ハイキュー v リーグ。 【ハイキュー 】オリンピック編はやるのか?内容を考察!

ハイキュー!!ネタバレ 378話「ラスボス」烏野高校バレーボール部メンバーの卒業後・進路先

ハイキュー v リーグ

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構は、主催するV. LEAGUEの2019-20シーズン開幕にあたりアニメ『ハイキュー!! 』とのコラボレーションを行うことになりましたのでご報告いたします。 『ハイキュー』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で好評連載中の、コミックス累計 3,400万部突破の次世代王道スポーツ漫画を原作として、 2014 年より TV 放送がスタートした高校バレーボールを描くアニメーション作品。 2020年 1月からの TVアニメ第 4期放送が決定しております。 今回のコラボレーションをきっかけに、V. LEAGUEとしてもより一層バレーボール界を盛り上げて参ります。 LEAGUEファンの皆さまにリーグをより楽しんでいただくことはもちろんのこと、これまでV. LEAGUEを観戦したことが無い方々にもV. LEAGUEを知っていただく機会を提供していきたいと考えております。 LEAGUE2019-20シーズン開幕、またアニメ『ハイキュー!! 』第4期放送開始に向けて、様々なコラボレーションを行って参りますので、今後の発表にぜひご期待下さい! アニメ『ハイキュー!!

次の

【ハイキュー】Vリーグ編の登場チームについて!

ハイキュー v リーグ

Vリーグとアニメ「ハイキュー!!」のコラボビジュアル選手に選ばれた各選手。 前列右がメガネ姿の小野寺太志(月島蛍)。 そのまま左へ浅野博亮(日向翔陽)、手原紳(景山飛雄)、伝田亮太(山口忠)、後列右から藤中謙也(沢村大地)、藤岡諒馬(菅原孝支)、児玉康成(田中龍之介)、星野秀知(東峰旭)、山本智大(西谷夕)、栗木勇(縁下力)。 左端はVリーグのマスコット「ブイリー」、右端はハイキュー!!のマスコット「ヒナガラス」=東京・六本木の東京ミッドタウン バレーボール・Vリーグ男子の開幕(26日)を前にした記者会見が16日、東京都内で行われ、1部(V1)10チームの主将や中心選手が出席。 16日に終了したW杯で活躍したセンター小野寺太志(23)=JT=らがリーグへの抱負を語った。 前日までの代表のユニホームから、この日はJTのユニホーム姿となった小野寺。 「W杯で感じたのは各国のMB(センター)との差。 ブロックやスパイク決定率の差が大きかった」と振り返った。 日本は大会史上初めて8勝を挙げて4位に。 好成績だったが、メダルを獲得したブラジル、ポーランド、米国には敗れた。 「世界(トップ)と日本との差はMB。 サイドの西田(有志)や石川(祐希)が頑張ってくれているので、手助けをしないと」と、自身のプレーに満足していない。 来年の東京五輪でメダルを取るために「所属に戻っても、常に世界を相手に戦う意識を持たないといけない」と小野寺。 「(ドミトリー)ムセルスキー(ロシア=サントリー)とか、世界トップで戦う選手がいるVリーグの中で、世界を意識して戦いたい」と、リーグでの成長を誓った。 Vリーグでは来年1月に放映が始まるアニメ「ハイキュー!!」第4期とコラボ。 会見では主人公たちが所属する烏野高校のコラボビジュアル対象選手が発表され、小野寺は同じセンターの月島蛍に選ばれた。 こちらの発表にはキャラクターに合わせてメガネを掛けて登場した小野寺は、作品の地元・宮城県出身。 母校の東北高には「高校の時、ウチがモデルになって取材に来ていました」という。 同高は作品中で県内の絶対王者といわれる白鳥沢学園高のモデルとされ、小野寺が「自分がモデルだと思っている」という選手もいる。 それだけに若干複雑な表情(?)だったが、主人公の日向翔陽のコラボビジュアル対象選手となった浅野博亮(29)=ジェイテクト=らと笑顔で記念撮影に収まっていた。

次の

2019.08.18

ハイキュー v リーグ

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)が開催する日本国内のバレーボール大会だそうです。 説明会に参加したり、ライセンス申請をしてVリーグ機構に入社したチームが参戦できます。 LEAGUE DIVISION1 が最上位のリーグで、男子は10チーム ハイキューは6チームしか出てきてない 〇MSBYブラックジャッカル 日向翔陽、宮侑、木兎光太郎、佐久早聖臣 〇シュヴァイデンアドラーズ 影山飛雄、牛島若利、星海光来、昼神福郎 〇EJP 東日本製紙 RAIJIN 小森元也、角名倫太郎、鷲尾辰生 〇立花レッドファルコンズ 尾白アラン 〇アズマファーマシーグリーンロケッツ 五色工、桐生八 〇大日本電鉄ウォリアーズ 百沢雄大 V. LEAGUE Division2は中位のリーグ。 〇仙台フロッグス 月島蛍、黄金川貫至 〇日脚自動車ライオンズ 山形隼人 〇たまでんエレファンツ 金田一勇太郎 V. LEAGUE Division3は下位のリーグ。 〇キンイロスポーツジャンパーズ 大平獅音 Division1~3はそれぞれのリーグ戦なので、違う分割に所属するチーム同士がVリーグで戦うことはありません。 Division2のリーグで2位以上になり、Division1のライセンスを取得すればDivision1の下部チームと入替戦 チャレンジマッチ が行われます。 ライセンスと順位次第ではDivision1へ自動昇格ということもあるそうですが、とにかくDivision2のチームが1のリーグで戦うためには昇格が必要ということ。 ちなみに、Division3はライセンス取得後、審査を経れば入替戦がなくとも昇格できます。 そのためDivision3には男子4チームしかいないです。 五色や月島もプロ選手です。 月島の所属する仙台フロッグスは、名前からして恐らく仙台をホームタウンとして活動する地域型のバレーチームですね。 五色は「アズマファーマシー」という企業が所有するプロバレーチームに所属しています。 チーム名に企業名が入るところはそういう意味です 野球でいう「ソフトバンク」や「ヤクルト」チーム。 影山や日向のチームのように企業名がないチームは、複数の企業がスポンサーとしてバックで支えるチーム。 または、もともと企業名だったチーム名を改変した、企業名がチーム名に入らないがどこかの会社が所有しているチーム。 月島の地域型チームはお金を落としてくれる企業がいないため月島は他の仕事で生活しています。 無報酬だったらアマチュアに入るのかもしれませんが、地域で人気、実績、歴史があれば応援やファンからの報酬も期待できるのでよく分かりません。

次の