アズール レーン レベル上げ。 【アズールレーン】指揮官レベルの効率いい上げ方【アズレン】

【アズールレーン】指揮官レベルの効率いい上げ方【アズレン】

アズール レーン レベル上げ

パッと読むための目次• 指揮官レベル上昇によってのメリットとデメリット メリット• 「委託」にて取得できる燃料や資金の量が増え、効率の良い委託が追加されていく。 「毎日ミッション」にて効率の良い毎日ミッションが追加されていく。 「通常海域6章」以降は出撃する際に指揮官レベル40以上が必要となる。 「大講堂」によるレベリングを行うことが出来る。 デメリット• 委託の際に旗艦となる艦の必要レベルが上がる。 「鏡面海域」の敵艦隊の強さの指標に使われている可能性があり、指揮官レベルが高ければ高いほど相手も強くなる可能性がある ただし今後鏡面海域は実施されない可能性あり。 指揮官レベルの上げ方 指揮官レベルは戦闘後のクリア画面でしか入手することが出来ず、それ以外の方法では現状では入手する方法はありません。 「6艦編成」で出撃する 指揮官レベルに関係する経験値は、出現する艦のレアリティ、消費燃料、レベル等は一切考慮されず、出撃した艦の数によって変動します。 経験値の増加量は、2艦編成で24、3艦編成で32…という風に編成数によってどんどん上昇していくため、燃費等を考えないのであれば最大編成となる6艦編成が最効率となります。 低燃費艦隊を組む 先程も記述したように、消費燃料では獲得できる指揮官経験値は変動しません。 そのため指揮官レベルを上げることが目的で、キャラクターのレベリングを行わないのであれば燃料の消費が少ない「低燃費艦隊」がオススメとなります。 候補としては前衛艦隊では低燃費キャラクターの代名詞である駆逐艦「ダウンズ」や「カッシン」、「不知火」となり、主力艦隊では軽空母「レンジャー」「ボーグ」といったレアリティがノーマルのキャラクターとなります。 ただし、前衛の低燃費なノーマルキャラクターは豊富にいますが、主力の低燃費なノーマルキャラクターは前衛艦隊と比べると少なくなってしまうため、レアリティがレアのキャラクターや艦種上、低燃費となっている砲艦「エレバス」や「テラー」を編成することも考慮する必要があるでしょう。 指揮官レベルに応じて敵艦隊のレベルを考慮する 取得できる経験値は編成数の他にも指揮官レベルと敵レベルの差も考慮されます。 指揮官レベルが敵レベルよりも21以上になると取得できる経験値が半減し、レベル差が41以上にもなると10分の1以下しか取得することが出来ません。 そのため、指揮官レベルが高い状態で特に理由もなく、敵艦のレベルが低い低レベルの海域を周回することは指揮官のレベル上げから見てもキャラクターのレベル上げから見ても非常に非効率であると言えます。 指揮官レベルを上げたいと考えるのであれば、3-4での「赤城」と「加賀」堀りであれば指揮官レベル53までに済ませるか、これ以上入手出来る経験値が減少しない73以上がオススメとなります。 S判定を取れるようにする 勝利時の判定が最高評価である「S判定」で無い「A判定」や「B判定」の場合、「S判定」を取得するよりも取得出来る経験値は減少します。 この勝利判定の夜取得経験値の減少は指揮官の取得経験値だけでなく、キャラクターの取得経験値にも発生します。 「A判定」や「B判定」になる理由としてキャラクターが大破してしまうという条件もあり、キャラクターの大破による撤退ではコンディションの減少なども発生するため、様々な点を考慮したとしても出来るだけ「S判定」を取得でき、なおかつ取得経験値が減少しない海域で周回することが最高効率となります。 そのため、指揮官経験値取得だけを考えるのであれば、敵艦のレベルが指揮官レベルよりも21以下にならないギリギリの海域を回ると最も効率が良くなります。 指揮官レベルは上げるべきか?上げないべきか? 上で記述したように指揮官レベルを上げることによってデメリットも存在しますが、それ以上にメリットが大きいのが指揮官のレベル上げとなります。 特に、指揮官レベル60以上での1日に取得出来る燃料とそれ以下では大きな差があることと、レベル70で開放される毎日ミッションの報酬が非常に良いため、是非とも指揮官レベルは早めに最低でも70までは上げておきたいところ。 なお、現状のコンテンツ内容ではレベル95までは「大講堂」のレベルを最大に上げるために必要にはなります。 しかし、レベル96以降に関しては指揮官レベルに関するコンテンツが存在しないため、今後何らかのコンテンツが追加される可能性はありますが、特に指揮官レベルを上げる必要はありません。

次の

【アズールレーン】効率的な指揮官レベルの上げ方をまとめてみた!

アズール レーン レベル上げ

指揮官レベル上昇によってのメリット・デメリット メリット• 「委託」にて取得できる燃料や資金の量が増え、効率の良い委託が追加されていく• 「毎日ミッション」にて効率の良い毎日ミッションが追加されていく• 「通常海域6章」以降は出撃する際に指揮官レベル40以上が必要となる。 デメリット• 委託の際に旗艦となる艦の必要レベルが上がる。 「鏡面海域」の敵艦隊の強さの指標に使われている可能性があり、指揮官レベルが高ければ高いほど相手も強くなる可能性がある。 指揮官レベルの上げ方 指揮官レベルは戦闘クリア時に取得することができ、「6艦編成で指揮官レベルから見て敵レベルが一定以下ではなく、S評価を取得」場合に最も経験値を入手することが出来る。 つまり指揮官のレベルを最速で上げる場合は艦船少女のレベルを最高効率で上げることは出来ないということになる。 「6艦編成」で出撃する 指揮官レベルに関係する経験値は出現する艦のレアリティ、消費燃料、レベル等は一切考慮されず出撃した艦の数によって変動し、2艦編成で24、3艦編成で32…という風に編成数によってどんどん上昇していく。 そのため単純に燃費等を考えないのであれば6艦編成が最効率となる。 低燃費艦隊を組む 先程も記述したように消費燃料によって入手出来る経験値が変動しないのであれば低燃費艦隊を組むことが最効率となる。 候補としては「ダウンズ」「カッシン」「不知火」「レンジャー」「ボーグ」といったN艦になる。 前衛のN艦は豊富にいるが主力のN艦は少ないためR艦を入れることも考慮する必要がある。 指揮官レベルに応じて敵艦隊のレベルを考慮する 取得できる経験値は編成数の他にも指揮官レベルと敵レベルの差も考慮される。 指揮官レベルが敵レベルよりも21以上になると取得できる経験値が半減し、41以上にもなると10分の1以下しか取得することが出来ない。 上記の画像を見てもらえれば分かるように筆者は3-4では既に指揮官経験値は通常の10分の1しか取得できないため非常に旨みが少ないことが分かると思う。 指揮官レベルを上げたいと考える場合、3-4での赤城加賀堀りであれば指揮官レベル53までに済ませるか70以上になってから行うほうが効率的には良い 70以上になると指揮官レベルは現状では海軍売店と海軍食堂の強化以外には使用しないため。 S判定を取れるようにする 勝利時の判定がS判定で無ければS判定よりも取得出来る経験値は減少する。 この取得経験値の減少は艦船の経験値取得にも発生するのでコンディションの減少などを考慮すると出来るだけS判定を取れるようにしたほうが良い。 そのため指揮官経験値取得だけを考えるのであれば敵艦のレベルが指揮官レベルよりも21以下にならないギリギリの海域を回ると効率が良い。 指揮官レベルは上げるべきか?上げないべきか? 上で記述したように指揮官レベルを上げることによって確かにデメリットも存在するが、それ以上にメリットが大きい。 特に指揮官レベル60以上での1日に取得出来る燃料とそれ以下では大きな差があることと、レベル70で開放される毎日ミッションの報酬が非常においしいため是非とも指揮官レベルは早めに70まで上げておきたい。

次の

【アズールレーン】効率的な指揮官レベルの上げ方をまとめてみた!

アズール レーン レベル上げ

指揮官レベル上昇によってのメリット・デメリット メリット• 「委託」にて取得できる燃料や資金の量が増え、効率の良い委託が追加されていく• 「毎日ミッション」にて効率の良い毎日ミッションが追加されていく• 「通常海域6章」以降は出撃する際に指揮官レベル40以上が必要となる。 デメリット• 委託の際に旗艦となる艦の必要レベルが上がる。 「鏡面海域」の敵艦隊の強さの指標に使われている可能性があり、指揮官レベルが高ければ高いほど相手も強くなる可能性がある。 指揮官レベルの上げ方 指揮官レベルは戦闘クリア時に取得することができ、「6艦編成で指揮官レベルから見て敵レベルが一定以下ではなく、S評価を取得」場合に最も経験値を入手することが出来る。 つまり指揮官のレベルを最速で上げる場合は艦船少女のレベルを最高効率で上げることは出来ないということになる。 「6艦編成」で出撃する 指揮官レベルに関係する経験値は出現する艦のレアリティ、消費燃料、レベル等は一切考慮されず出撃した艦の数によって変動し、2艦編成で24、3艦編成で32…という風に編成数によってどんどん上昇していく。 そのため単純に燃費等を考えないのであれば6艦編成が最効率となる。 低燃費艦隊を組む 先程も記述したように消費燃料によって入手出来る経験値が変動しないのであれば低燃費艦隊を組むことが最効率となる。 候補としては「ダウンズ」「カッシン」「不知火」「レンジャー」「ボーグ」といったN艦になる。 前衛のN艦は豊富にいるが主力のN艦は少ないためR艦を入れることも考慮する必要がある。 指揮官レベルに応じて敵艦隊のレベルを考慮する 取得できる経験値は編成数の他にも指揮官レベルと敵レベルの差も考慮される。 指揮官レベルが敵レベルよりも21以上になると取得できる経験値が半減し、41以上にもなると10分の1以下しか取得することが出来ない。 上記の画像を見てもらえれば分かるように筆者は3-4では既に指揮官経験値は通常の10分の1しか取得できないため非常に旨みが少ないことが分かると思う。 指揮官レベルを上げたいと考える場合、3-4での赤城加賀堀りであれば指揮官レベル53までに済ませるか70以上になってから行うほうが効率的には良い 70以上になると指揮官レベルは現状では海軍売店と海軍食堂の強化以外には使用しないため。 S判定を取れるようにする 勝利時の判定がS判定で無ければS判定よりも取得出来る経験値は減少する。 この取得経験値の減少は艦船の経験値取得にも発生するのでコンディションの減少などを考慮すると出来るだけS判定を取れるようにしたほうが良い。 そのため指揮官経験値取得だけを考えるのであれば敵艦のレベルが指揮官レベルよりも21以下にならないギリギリの海域を回ると効率が良い。 指揮官レベルは上げるべきか?上げないべきか? 上で記述したように指揮官レベルを上げることによって確かにデメリットも存在するが、それ以上にメリットが大きい。 特に指揮官レベル60以上での1日に取得出来る燃料とそれ以下では大きな差があることと、レベル70で開放される毎日ミッションの報酬が非常においしいため是非とも指揮官レベルは早めに70まで上げておきたい。

次の