ノストラダムス の 大 予言 映画。 ノストラダムスの大予言 (映画)

ノストラダムスの大予言 : DVD・ブルーレイ

ノストラダムス の 大 予言 映画

「1999年人類滅亡大予言」で、一躍その名を世界に知らしめた 大予言者。 は、16世紀に現存した人物である。 医師であり、師でもあったは、優れた知能と霊的感性をもって約400年前から人類の行く末を見通していたという。 画像は「」より引用 これまで、が的中させた歴史的大事件は数知れず。 最近でもは、「トランプの出現」、「火災」まで予言的中させていたのだ。 だが、の予言は四行詩という抽象的な形で表現されたものであり、読み解くのが難解なため、いろいろな解釈ができる。 それゆえ、海外ではさまざまな角度からの予言を研究している研究者が多数いる。 さて、来たる2020年は総合的に見てどのような年になるのだろうか? は次のように予言している。 予言によれば、 株価暴落によるや世界経済危機が訪れ、それによる人々の劇的な感情の低下が起こるとしている。 また、 ハリ、洪水、、火山噴火が起こるが、これは地球気候のバランスを取り直すための浄化であるという。 2020年はたいへん苦難に満ちた危険な年となり、人類を未曾有の厄災が襲うが、しかし、それと同時に神の啓示も受けるという。 によれば、 2020年は人類にとって終わりでなく再生の年となる。 そして、我々の世界の根本的な価値観が変化し、新たなレベルの精神性に移行するというのである。 これはつまり、 「をする」時というのではなかろうか。 1,水星逆行6月18日〜7月12日に巨大 日本が巨大に飲み込まれる はカでの巨大を予測している。 2019年7月は、で、6や7の巨大が立て続けに起こった。 カなので日本は関係ないと思うなかれ。 1700年に、米国北西部の「カスケード沈み込み帯」(北部からカナダの南部)で起きた9のは、日本にも甚大な被害をもたらしたという。 この周期は平均270年とされており、2020年はその周期を上回る。 つまり、今日明日にでも起こってもおかしくはないのだ。 「カスケード沈み込み帯」では今、スローが起きているとされている。 近年、頻発するカリフォルニアのは超巨大の前触れなのだろうか? 師でもあるは、 「が起きるのは、水星が逆行する6月18日〜7月12日」と予言している。 水星逆行とは、西洋においては特に気をつけなければならない時期とされている。 水星が実際に逆行しているのではなく、地球から逆行してみえるということである。 過去のを読み解くと、、、など水星逆行が始まる10日以上前に起きているので、必ずしも水星逆行の期間に大が起きやすいわけではないようだ。 また、水星はコミュニケーション、交通、商売などを司り、水星逆行の時期はこれらのことにトラブルが生じやすいとされている。 水星逆行によるコミュニケーション不全で人々のイライラが大地に影響を及ぼし、エネルギーを引き起こす可能性はあるかもしれない。 画像は「Getty Images」より引用 2,海面上昇で 大阪と名古屋が消失 映画『ウォーターワールド』の世界が現実に については、2019年9月23日、「国連気候サミット」での環境活動家グレタ・トゥンベリが若者を代表し怒りの演説をしたことで話題になった。 は、による急激な海面上昇を予言し、地球が映画『ウォーターワールド』のような陸が海に水没してしまった海洋惑星化することを危惧している。 2019年5月、「米科学アカデミー紀要(PNAS)」は、今世紀末までに界面が2メートル上昇し、二億人が住居を失うという予測を発表した。 これは国連が発表した予測の倍となる。 南極や北極での極地での氷の融解による海面上昇は、人類の予測を上回るスピードで起こっているようだ。 海面が上昇すると、日本でも海岸線に位置する都市の大半が水没し、名古屋と大阪が消失の危機にさらされるという。 海面上昇に備えて、カでは30年前から内陸部への引っ越しを行っているというから、海岸線に住む人々は内陸部への移住を考えたほうが良さそうだ。 さらに、 はによる海面上昇がを引き起こすと予言しているのだ。 画像は「Getty Images」より引用 3,とテロの脅威 はによる海面上昇により、資源現象、水と食糧の危機、多くの難民を引き起こし、それが世界的な紛争に結びついて大戦にな可能性があると予言している。 2019年10月26日、米軍の特殊部隊とCIAがテロ組織ISISの最高指導者バクダディを自爆に追い込んだ。 これにより、ISISの報復テロが懸念される。 は、 将来の最大の脅威は テロリストと 生物学的攻撃 から来ると予言している。 人の存在が明らかに!? は、 と地球外生命体が同盟を結ぶと予言している。 ロシアはかつてメドベージェフ首相が「ロシアの宇宙人極秘ファイル」の存在について暴露したこともあり、UFOや宇宙人の情報開示に積極的である。 2019年は、カ海軍がUAP(未確認航空現象)の存在を明らかにした。 なので、2020年、いよいよ ロシアの手によって、人類に宇宙人の存在が公式に発表されるのではなかろうか? ここに紹介した以外にも、は 「 最高指導者の は退位して ロシアに亡命し、と韓国が合併する」、「 が死去してチャールズが王になる」、「 が退位し、若い新が誕生する」というような、予言もしている。 いかがだっただろうか。 の予言によると、どうやら2020年も人類にとって暗い受難の年となるようだ。 日本も令和の時代となり、変革の時を迎えており、 「」 が開催される2020年がひとつの大きな節目となりそうだ。 新たな価値観がスタートする新時代に向けて旧いものは淘汰され、選ばれた者だけが生き残るのだ。 自分だけは大丈夫とおごり高ぶらず、宇宙人と共生できるようにどんどん新しい価値観を受け入れていこう。 変化を恐れない心を持つことが生き残りにつながるのだ。 dream-kb.

次の

ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日 (ノン・ブック 55) (az4396100558) [商品記事]

ノストラダムス の 大 予言 映画

あらすじ 環境学者である西山良玄は、企業や企業の肩を持つ警察の圧力に屈することなくの実態調査をする一方、代々西山家に伝わる『』の研究をしていた。 西山家の『諸世紀』は、良玄の先祖であるの玄学、末期の玄哲を非業の死に追い遣る原因となった不吉の書であったが、良玄もまた先祖達と同様に国を憂える良心から、彼らと似たような生き様を歩んでいたのである。 そんなある日、娘・まり子の恋人の中川が帰国。 まり子と中川の前で、父の西山良玄は「今の時代、先がどうなるかわからない。 結婚しても子供は作るな」と残酷な忠告をした。 数日後、で何らかの有害物が原因で巨大化したが大発生する。 日本各地ではが増加する一方で、鉱山周辺では特定の能力が異常に発達した子供が現れる。 中川の実家がある漁村がで全滅した夜、中川とまり子は互いに惹かれ、ついに船の上で結ばれる。 良玄は、人類の行き過ぎた開発が人類を滅亡させるとして、必要以上の生産を止めるよう提言するが、人々の興味は生活の向上や生産の増加に向いており、逆に「の崩壊」と批判される 始末。 国際会議も、の人口増加が環境破壊に拍車をかけていると主張すると、先進国の資源浪費が環境破壊の原因だと反論する発展途上国が対立して紛糾する。 そんな中、上の海面が凍りつき、で雪が降るなどの異常気象が発生。 さらに、に滞留したがに降り注いだとの知らせが届き、国際合同調査隊が派遣されることになった。 良玄の研究所からも2人の部下が派遣される。 しかし合同調査隊は行方不明になり、良玄や中川らによる第2次合同調査隊が派遣された。 そこで彼らが目の当たりにしたのは、放射能によって巨大化した動植物や、食人鬼となり襲いかかる原住民、そして洞窟の奥で生きる屍と化した第1次調査隊隊員の姿であった。 彼らに拳銃を向ける外国人隊員を制止する中川だが、「こうするほかに何ができますか? 」と反論された良玄は、自ら自分の部下を射殺するしかなかった。 その頃、事故によるの破壊で日本列島に超が降り注ぎ、山火事やの炎上が続発。 さらに、異常気象は世界各地に拡大し、各国の穀倉地帯は軒並み全滅。 暴騰する食料価格や大災害で人心は荒廃し、食料目当ての暴動や若者の退廃が進行。 ついにそれによる二次災害までが発生し、東京の空はオゾン層の歪みで巨大な鏡と化した。 大災害が頻発する中、良玄の妻・伸枝は病に倒れ、良玄の腕に抱かれながら息を引き取る。 その一方で、まり子の体には新しい命が宿っていた。 たび重なる天変地異に、良玄は国会で様々な人類滅亡のパターンを警告し地球の危機を力説 、破滅への展望を展開していく。 その凄惨な内容に衝撃を受けたは、政治家として大きな決断を迫られた。 解説 前年の『日本沈没』の大ヒットを受けて東宝が製作したの第二弾。 1973年11月に発売されて大ベストセラーとなっていたの著書『』を原作としているが、フィクション脚本による娯楽性の高い作品となっている。 映画のを練る際のの過程で、アドバイザーの1人であった食品総合室長(当時)のの影響を色濃く受けた。 西丸は五島との対談形式の著書『実説大予言』()を映画の公開直前に出版しているが、ここに表れた西丸の極度に悲観的な環境観・食糧観は、映画の基本的なモチーフと一致している。 当時のパニック映画と同様に、派手な爆発シーンや地震のシーンが新たに撮影されている。 特にのシーンでは、東宝特撮伝統ので海を表現する技法が用いられており 、核ミサイルの発射シーンでは石膏製のサイロ扉に重りを封入することで重量感を増すといったような工夫が随所になされている。 超紫外線が降り注ぎ山林が一気に枯死していくシーンでは、杉の芽を植えた山のセットに希硫酸を降りかけることで表現されたが、スタッフの予想よりも茶色くなるのに時間がかかり、は「改めて自然の強靭さを知らされた」と語っている。 一方で、本作のクライマックスのや大地震のシーンは新撮もされているが、映像の一部は前年の『日本沈没』や『』からの流用である。 製作者側の「への真剣な警告という側面を強く打ち出す」というテーマも、その描写の方法などから映画としての評価は芳しいものとはいえず、特撮作品としても特撮シーンは少ない。 本作の続編として、『ノストラダムスの大予言II 恐怖の大魔王(仮題)』の企画が進められた。 原作者の五島勉をに、五島の講演中に1999年7月にタイムスリップした講演会の参加者達が、「恐怖の大魔王」降臨を目の当たりにする様を描くもので、プロデューサーのによる企画書やポスターの原案が現存するが、後述する事情なども関連してか、制作には至っていない。 本編修正およびビデオソフト未発売についての経緯 劇中、のが一気に降下したためにニューギニアの原住民が、鬼化して探検隊に襲いかかるシーンや、近代文明が核戦争で滅亡した後に放射能で異形の姿となった新人類のデザイン(による)が、実際の原爆症による奇形をデフォルメしたものではないかとして反倫理的・的であると取り沙汰され、1974年11月には大阪の被爆者団体「大阪府原爆被害者団体協議会」と反核団体「原水爆禁止全面軍縮大阪府協議会」(現・大阪平和人権センター)が東宝関西支社に抗議して上映の中止を求めた。 それを受け、同年12月にそれらの描写の一部(約1分45秒)をカットした修正版フィルムと差し替える措置がとられたが、公開自体は続けられ、同年の邦画興行収入第2位を記録した。 その後、11月3日に修正版(しかし食人シーンはそのまま)が、系の『ホリデースペシャル』で19時から20時51分の時間帯にテレビ放送され、春には2カ所のカットを行ったとの発売予告が東宝からなされたものの、社内の要請により中止となる(同年3月1日にビデオが12800円で、4月21日にはLDが9500円で、それぞれ発売予定となっていた)。 ・アルバムに関しては、公開当時に東宝レコードより全曲ステレオ音源により発売され(一部、本編とはアレンジの異なる音源を収録。 後年「メインテーマ」「愛のテーマ」と呼称されるようになる2曲をカップリングしたシングル盤も発売された)、により同じ内容でが発売され(『』とのカップリング盤)、その後には、本編で使用された音源をモノラルで収録したもの(上記のシングル盤の2曲を、ステレオで追加収録)がから発売されたものの、本編に関わるソフトは、1995年にアメリカでパラマウント・ホームビデオから発売された英語吹き替え版のビデオとLD(こちらは食人シーンはカットされたが、新人類のシーンはごく一部のカットのみで収録)以外は発売されないままだった。 1996年7月13日に日本テレビ系列で放送された『』の宣伝番組『ガメラ2スペシャル 日本超大作SFX映画博覧会』にて過去の特撮映画の紹介が行われ、本作も巨大ナメクジを退治しているシーンと核戦争後の地球のシーンが放送されている(本作の映像がテレビで流れたのは、この時が最後であると思われる)。 8月に『』と同じく本編の音声を収録したドラマCDが、東宝の協力を得たとするメーカー(グリフォン)より発売され、翌年には「株式会社セプト」というメーカーから再発売された。 なお、1998年の発売後には完全ノーカット版のビデオが出回っており、グリフォンとの関係が指摘されているが、グリフォンの代表者の詳細な素性が不明なこともあってはっきりしたことは分からない(この辺りの事情に関しては『封印作品の謎』に詳しい)。 また、このドラマCD発売・海賊版ビデオ流出以前には、本作を出版物で扱うことは特に問題が無かったようだが、これ以後には出版物での扱いもできなくなり、増刷時に本作の紹介がカットされた書籍もあった。 2014年7月に発売された『ゴジラ キャラクター大全 東宝特撮映画全史』(講談社)には本作の解説が写真付きで収録されているが、「食人シーン」・「異形の姿となった新人類」に関する説明・写真は掲載されていない。 なお、1980年代に発売された東宝特撮映画の予告編集ビデオ『特撮グラフティー4』に収録されている予告編が、国内での唯一の正規メディア化商品となっている。 キャスト• 西山良玄、西山玄哲、西山玄学:• 西山まり子:• 中川明:• 予言の声:• 植物学者:• 動物学者:• 田山:• 環境庁長官:• 官房長官:• 吉浜:• 大根:• 木田:• 自衛隊隊長:• 学者:、、• 柏尾憲兵少佐:• 田山浜子:• 四国のバスガイド:• 木田の妻:• 質問する主婦:• 中村勝子:• おりん:• 井原:• 隠密:• 中川三治:• 閣僚:• 学者:• 質問する男:• 質問する学生:• 隠密:• 明の兄:• 警官:、• 群衆のリーダー:• 暴徒:• 紫外線で焼け出される家族:• 木田の娘の夫:• 子供の母親、群衆:• 紫外線で焼け出される家族、ナメクジに集まる野次馬:• 木田の娘:• 明の兄の妻:• 太田一雄(テレビニュースキャスター):• 暗算を読み上げる司会者、カーラジオの声:• ラジオの声:• A国代表の声、海外ニュースの声:• 黒人代表の声:• 黒人代表:• ニューギニア調査隊員:、• A国代表:• ニューギニア調査隊員:、• 隊員:、• スタント:()• ナレーター:• 病院長:• 西山伸枝:• 玄武:• 田山の子供:• 隠密:• 軟体人間:、• 開発大臣:• 閣僚:• 環境庁会議室の役人:、、• 環境庁職員:• 公害問題諮問委員:• 討論会の聴衆:• 地下鉄の運転手:• 暗算する少年:• 足の速い少年:• 跳躍の凄い少女:• 死の航海に出る若者:• ナメクジに集まる野次馬:、• 受話器からの声:• 第一次調査隊員:• 研究所員:• これは海外公開時のタイトルにもなった。 ただしこの批判は、良玄の独白が前述の生産活動停止の提言から「「生産圏との」「に備えを実施」「・を食っても生きていけるように」等と続いていき、終に「人口抑制の為にはは・・・」とを肯定しかねない発言に至る流れを遮るように放たれたものであり、その批判に対する「(これらを実行してでも)人類を存続させる事こそ真のヒューマニズムだ」という良玄の反論に対しては、「君の発言はを思わせる」との批判が重ねられた。 国会内でのラスト・シークエンスの中でも、人類が滅亡へと向かう映像が展開されてゆくが、これらはそれ以前のシーンで起こる災害や天変地異が「劇中、実際に起こった出来事」であるのに対し、良玄の言にもある通り「このままでは、こうなる」という良玄の警告をビジュアル化したものとなっている。 通常なら青く着色するところをで着色している。 によると、森林火災のシーン撮影のためにミニチュアに着火したところ発泡スチロールに燃え移り、一度はスタッフの手で鎮火させたように見えたが、翌日再炎上したと述べている• 竹書房の『ゴジラ画報』で本作と『獣人雪男』の解説が掲載されていたが、増補版『ゴジラ画報 第3版』では削除されている。 参考文献• ノストラダムスの大予言 映画パンフレット プロダクションノートより• 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、198-199頁。 安藤健二:『封印作品の謎』 、(2004年)、pp. 108-156• 安藤健二:「封印作品の謎 テレビアニメ・特撮編」、彩図社、(2016年)。 東宝株式会社出版事業室 編『東宝特撮映画全史』• 『東宝特撮映画大全集』 、2012年、176 - 179頁。 「ノストラダムスの大予言 映画 」『東宝特撮映画大全集』石川裕人、平井悠太郎、、179頁。 『』 、1974年7月25日付テレビ欄。

次の

ノストラダムスの大予言(映画)

ノストラダムス の 大 予言 映画

ノストラダムスの大予言とは、()により発刊された勉の著書、またそのの書籍である。 という人物、また、で起こった所謂「現」については「 」項を参照のこと。 概要 の「」の著した集「・師の予言集」を解き、の逸話などを交えながら20に起こるという「」をるという体裁をとっている。 しかし大体がのであり、というよりの著したと言ったほうがである。 実際化もされてるし。 発行後、3かほどで称部を突破した。 のでのを全に間違った方向へ持って行っちゃった本として有名。 化され、10冊が発売された。 本項では どの本も内容が似通っているため一番初めに発売された「ノストラダムスの大予言~迫り来る7のの人類滅亡の日~」を解説する。 目次(太字は傍点付き)• 付章:残された望みとは? 内容 南のの町がトの災禍に襲われた。 そこへ一人のがやってきて、「 強なによって年後の的知識を前もって知り()」、トの流行を食い止めることに成功した。 それがという人物であったというところから始まる。 なる人物は予言集「 諸世紀」を著し、その中には、、などの現。 また、コ、パスなどの名前を上げて上の事件を詳細に予言している。 は「 諸世紀」第10巻番で「一九の年、七の からが降ってくるだろう」という予言をしていた。 そしてこれを時の君に話していた。 つまり、がを滅亡させてしまうんだよ!きっと中が汚染されたり核が起きたりするに違いないよ!!以外のそして別のものがを征しちゃうんだよ! ノスさんの予言は絶対に外れないからこれは参ったね、まあ、人類滅亡はかったとしても、上の一部は破滅しちゃうだろうね! 要約するとこんな感じである。 内容の問題 この本の中でられている像があまりに史実とかけ離れているという問題があった。 また、架の研究者の名前やされた(史実に確認できない)が含まれており、大体はのと言っていい。 このあたりはの書籍にてや志一夫がさんざんしているのでするが、なものを挙げる。 の著した予言集のの誤訳 「ノストラダムスの大予言」ではの著した予言集のを「 諸世紀」としているが、これは訳から生まれた誤訳であり、本来は「 篇」などと訳されるべきものであった。 そもそも、「篇」というのは、予言集の中の四行篇ごとのまと表す言葉として使われているものであって、本自体のではない。 本のは「・師の予言集」もしくは「予言集」である。 「ブロワの」 がブロワにての子、9世と「に起きること」について対話した内容をの、が書きとめたものがに所蔵されているとされているが、。 第2巻「大予言」ではブロワにてがのカトリーヌ・ド・シスに「」の正体はに見えないものだとったが紹介されているが、これもが確認できない。 でもブロワのが紹介されている(ではブのとなっている)。 の 「 全身のとがになる奇怪な未知の()」にかかって死んだと書かれているが、すくなくともそんな惨い死に方はしていない。 と、挙げればキリがない。 「ノストラダムスの大予言」が所謂「現」の火付け役となったため、後発のの予言解釈本も、がもたらした誤った像が色濃く反映されている。 第10巻72番 L'an l f ns e f sept , Du ra un and Roi der, Recer le and Roi d'Al, es, ner bon hr. 一九年、七の からが降ってくるだろう モワのを復活させるために その前後の期間、は幸福の名のもとに支配するだろう。 「ノストラダムスの大予言」. -より。 上記が例の人類滅亡を予言しているという篇第10巻番のである。 このはが取り上げるまではあまり注されていなかった。 は数々の喩を用いてを著している。 お気づきの方もいるかも知れないが、そんな難解であるので「一九年、七の」をそのまま「」に当てはめる方が実はであり、「一九年、七の」とは何らかの隠喩であると考えるほうがである。 それから、「」が「モワの」であると誤解されがちであるが、「がのを復活させる」のである。 は「ノストラダムスの大予言」にてモワのとは「により破滅的状況となった時、になった民衆が略奪などの狂行を繰り広げることである」と解釈していたが、それ以前はのグーモワをすと考えられていた。 4行のは軍、など、あるいはの喩と考えられている。 このは古くから人によって差異はあれど「によってが起きるけどグーモワにが現れてその前後は幸福になれるってことじゃね」のような解釈が大勢であった。 人々に災いが起きると解釈する人もいたが、少なくとも「 人類滅亡」とか「 を滅ぼす」なんて文言はどこからも取れない。 つまり、このが人類滅亡の代名詞的な存在となったのはがとこのの「」「支配」などのを結びつけたからだと言っても過言ではないのである。 -----.. , ,.. -'''";:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;.... `''ー.. ;;;;;;;;;;;;;;. ,i''! \ ,. のすとらだむす : ;::;:;.! l /'-、/! ;;;;;,i';;;;;;! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;; \ ,,. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;ヽ, ,,. ;;;;;;;;;. ;;;;;... ;;;;;;... ;;;;;.. の版「」と同時上映された。 文部省のであり、の邦画部門の行収入第となったが、「 食人となり襲いかかる」「 核で滅亡した後にで異形の姿となった新人類の」などが問題となって化されておらずとなっている。 ただし、は発売されている。 1999年を過ぎて を過ぎ、は未だ滅亡することなく続いている。 「ノストラダムスの大予言」はにおける像を本来とはかけ離れたものにしてしまったが、おそらくでほとんど知られていなかった「」の名を全へと広げたという点での功績はあるだろう。 また、熱狂的な「現」を引き起こした本著はやに並ぶ一級品のであったと言える。 関連商品 映画サウンドトラック 関連項目•

次の