ニキビ 白 治し方。 白ニキビの原因と治し方!治すために潰すのはOKなの?

即効性のあるニキビの治し方

ニキビ 白 治し方

【目次】 ・ ・ 鼻にニキビができる原因と色の違い 鼻まわりにできるニキビの原因 教えてくれたのは… 一般内科医:成田亜希子先生 (日本内科学会・日本感染症学会・日本公衆衛生学会所属) ニキビは、皮脂やメイク汚れなどが詰まって毛穴の中で炎症を起こし、引き起こされる皮膚症状のひとつ。 詰まった毛穴があれば、全身のどの部位にも発症することがあります。 ニキビのできる条件は「毛穴の汚れや詰まり」と「アクネ菌の存在」。 顔の中ではできやすい部位とできにくい部位がありますが、その発症の引き金となる原因は、部位によって異なることも。 鼻まわり(Tゾーン)もニキビのできやすい部位。 皮脂分泌が盛んなため、ニキビができやすい部位です。 発症原因は、過剰に分泌された皮脂で毛穴を詰まらせること。 また、次から次へと分泌される皮脂によって炎症を起こしやすいのもTゾーンニキビ。 痛みや発赤をともなうことも少なくありません。 ニキビの色別でみる状態・症状 教えてくれたのは… 美容皮膚科タカミクリニック ニキビ外来・毛穴外来勤務:本田えり先生 (日本美容皮膚科学会・日本美容外科学会・日本形成外科学会所属) ここでは、色で見るニキビの段階・種類を見てみましょう。 白ニキビ 初期段階で炎症はなく、毛穴が閉じたまま皮脂が盛り上がっている状態。 ターンオーバーの乱れで角質が厚くなって、毛穴を詰まらせることで起こります。 「コメド」と呼ばれることも。 黒ニキビ 毛穴に詰まったコメドが空気に触れて酸化すると、黒く変化します。 「解放面皰」(かいほうめんぽう)と言われる状態で、炎症はありません。 赤ニキビ 詰まった皮脂がエサとなり、毛穴の内部でアクネ菌が繁殖。 炎症を起こしている状態です。 かたく盛り上がって、触れると少し痛い場合も。 黄ニキビ 中心に白または黄色の膿が透けて見え、ニキビ全体は赤くなります。 赤ニキビが進んで膿がたまり、皮膚が薄くなって、潰れやすい状態。 毛穴の出口が開いているのが、正常な皮膚の状態。 毛穴の角層が厚くなって毛穴が詰まる原因は、汚れを放置したり、洗顔のしすぎによる刺激。 ホルモンの影響で皮脂分泌が過剰になることもあります。 毛穴の出口部分が塞がると皮脂が溜まり、アクネ菌が増える。 ちなみに、皮脂が酸化すると黒ニキビに。 毛穴内で炎症が起こると、毛穴まわりが赤く腫れあがります。 毛穴の中やまわりの白血球が集まって、アクネ菌を攻撃。 悪化して膿をもつと黄ニキビ(膿疱)になります。 炎症が進むと、毛穴の壁が壊れて広がっていきます。 炎症が強過ぎると凹んでクレーターに。 吹き出物を治したい! ケア方法は? 鼻の下の吹き出物の意味と、気をつけるポイント 教えてくれたのは… 国際中医薬膳師:大木さと子さん にきびなどの肌荒れは内臓不調のサインを教えてくれます! 【Q】鼻の下に出来る吹き出物にはどんなサインが? 【A】鼻の下・アゴから首にかけて(男性のヒゲが生える範囲で)の吹き出物は、ホルモンバランスの乱れを疑いましょう。 睡眠不足や不規則な食生活・過度のストレスなどによって崩れるホルモンバランス。 生活習慣に問題がないか振り返ってみましょう。 年代別ニキビの正しい治し方 教えてくれたのは… 美容化学者:かずのすけ先生 まず、ニキビの原因は過剰な皮脂。 ホルモンの影響で皮脂が増えがちな生理前ニキビ以外で、大人女子が皮脂過剰になる原因は下記です。 ・「油の多い食品」 ・「睡眠不足やストレスによる、男性ホルモンの増加」 ・「油分の多いスキンケア」 また、ニキビは症状によって治し方が異なるので、「思春期ニキビ」「慢性ニキビ」「化膿ニキビ」それぞれの治し方をご紹介します。 【思春期ニキビ】 発症する原因は、10代の思春期のホルモン変動によって皮脂量が増加するため。 一時的なものなので、放っておけば自然に治癒することが多い。 長期の殺菌治療や強力な洗浄を行うと、薬の副作用で慢性ニキビ化する場合があるので注意が必要。 同様に、生理時のニキビはホルモンの影響なのであまり気にしなくて良い。 【慢性ニキビ】 思春期ニキビに対して、長期殺菌や強力洗浄や代謝促進の医薬品の利用を繰り返した結果、肌の常在菌環境や皮膚代謝に異常をきたし、慢性状態に。 殺菌や洗浄のスキンケアの見直しで根治できるが、改善までには時間がかかる。 一時的に悪化することがあっても、根気よく続けること。 【化膿ニキビ】 「面疔(めんちょう)」と呼ばれる、赤みと痛みを伴う吹き出物。 風邪や睡眠不足・体調悪化時に発生しやすい。 毛穴内部への細菌の侵入や免疫力低下による常在細菌の過剰繁殖などで発生するとされるが、原因はさまざまなため特定が難しい。 効果的なのは、膿が小さいうちに抗生物質や殺菌剤の塗布をすること。

次の

治りにくいにきびを治すために

ニキビ 白 治し方

[目次]• 白ニキビとは ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど、色々な種類があり、それぞれ見た目も原因も異なります。 中でも白ニキビは、大きさは直径1~3mm程度の、蓄積された古い角質が毛穴につまってしまっている状態のニキビです。 皮脂がスムーズに排泄されずに、毛穴が大きくなって皮膚がふくらんでしまうのです。 角質でつまって表面がふさがってしまっていることから、白ニキビは、閉鎖面皰(へいさめんほう)とも呼ばれています。 赤ニキビと比べて、炎症を起こしていないのが特徴です。 白ニキビの原因とは 白ニキビ|画像提供元: この白ニキビは、毛穴がふさがって皮脂が外に出られなくなってしまった状態です。 毛穴の表面をふさぐのは、必ずしも角質だけではありません。 シャンプーやリンスなどの洗い流し切れなかったものや、落とし切れなかったファンデーション、塵や埃などもつまることがあります。 これらのものが毛穴につまってしまうことで、白ニキビができてしまうのです。 また、皮脂の分泌が過剰になることでも、毛穴はふさがりやすくなります。 皮脂の分泌が過剰になってしまう要因は、栄養バランスが偏っていることや、不規則な生活習慣やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうことなどがあげられます。 さらに、肌が乾燥することによっても、皮脂の分泌量は増えることはよく知られています。 女性の場合は、この他にも月経前に皮脂の分泌が高まるときがあります。 これは、月経前になると、黄体ホルモンが卵胞ホルモンの分泌よりも優位になることが原因だといわれています。 月経前に白ニキビができやすくなるのには、こうした理由があったのです。 白ニキビが悪化するとどうなるか 白ニキビができてしまったら、むやみに押したり、触ったりしてはいけません。 毛穴が開いて皮脂が酸化し、黒ずんでくる黒ニキビになったり、炎症を起こしたりと悪化する可能性が高くなります。 そして、ニキビ跡が残ってしまわないためにも、適切な処置を行う必要があります。 白ニキビを治したいときのケアポイントとクリニックでの治し方 では、白ニキビを治したいときに、日ごろのスキンケアではどのようなことに気をつければよいのでしょうか。 また、クリニックではどのような治療を受けられるのでしょうか。 化粧水を使ったセルフケア 特に大人になってからできたニキビの場合、肌の乾燥がニキビの原因の1つとなっている場合が多いとされています。 そのため、化粧水による保湿ケアは重要です。 化粧水を使ったケアでは、以下の点がポイントになります。 化粧水の選び方• 化粧水のつけ方• 化粧水をつけた後のケア それぞれについて詳しく見ていきましょう。 化粧水の選び方 なお、ニキビができていても肌の水分量は十分という場合には、ビタミンC誘導体が配合された化粧水がよいといわれています。 ビタミンCには皮脂を抑える働きがあるといわれている一方で、肌が乾燥しやすくなるという特性があるためです。 化粧水のつけ方 化粧水は、洗顔がおわったらすぐにつけます。 化粧水のつけ方として、コットンでつける方法と手のひらでつける方法がありますが、ニキビ肌の場合は手でつける方法がおすすめです。 コットンの場合、手でつけるよりも清潔な状態で化粧水をつけることができますが、繊維で肌に負担をかける可能性が考えられます。 一方、手で化粧水をつける場合、手を清潔にしてから行わないと細菌が付着するというデメリットがあるものの、化粧水が体温で温められて浸透しやすくなるというメリットがあります。 なお、化粧水をつけるときにはコットンであっても手のひらであっても、パシパシとたたいたり、こすったりするつけ方は肌に必要以上に刺激を与えることになります。 優しく置くようにして、じんわりと浸透させるように化粧水をつけましょう。 化粧水をつけた後のケア 化粧水をつけた後は、乳液やクリームでうるおいを保つことが大切です。 ベタつきが気になるからとクリームや乳液を使わない方もいるといわれていますが、保湿が大切なのは化粧水の選び方でも説明したとおりです。 しかし、油分を過剰に与えてしまうのも肌への悪影響が考えられます。 自分の肌に合った保湿剤を選びましょう。 皮膚科などクリニックでの治し方 皮膚科で白ニキビの治療を行う場合、以下の方法が考えられます。 ホルモン療法• 面皰(面皰)圧出• 外用薬による治療 ホルモン療法は、皮脂の分泌を活発にする男性ホルモンを抑制したり、女性ホルモンのバランスを適正に保つ目的で主に低用量ピルなどが処方されます。 面皰圧出は、ニキビの表面にごく小さい穴をあけ、中につまった皮脂を取り出す治療です。 また、外用薬ではアダパレンや過酸化ベンゾイル製剤などの古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを促進することで治療を行います。 できてしまった白ニキビは、悪化する前に皮膚科での治療を受けましょう。 まとめ 白ニキビのできる大きな原因は、蓄積された古い角質などによって毛穴がふさがり、中に皮脂がつまることです。 しかし、白ニキビの段階では中で炎症が起きておらず、適切な処置を行えば悪化する前に治療できることがほとんどです。 白ニキビに気づいたら、以下の点をチェックしましょう。 触らない、つぶさない• 皮膚科などのクリニックで適切な処置を受ける• 日ごろの化粧水などによる保湿を見直す• ストレスなどがあればできるだけ解消する• 栄養バランスや生活習慣の改善を試みる 白ニキビが炎症を起こして赤ニキビになったりすると、ニキビ跡が残りやすくなります。 跡を残さないためにも、白ニキビができたら上記のポイントを守って適切にケアしましょう。 化粧水は「保湿」を重視して選ぶことをおすすめします。 ニキビの原因の1つとして皮脂の過剰分泌があげられますが、その皮脂の過剰分泌が皮膚の乾燥によって起こっている可能性があるためです。 そのため、保湿効果を期待できるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が配合された化粧水を選ぶとよいでしょう。

次の

【ニキビケアの基本】にきびの種類で処置方法が違う?つぶしてもいいの?つぶし方は?|ウェブチーム|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

ニキビ 白 治し方

ニキビが出来る原因は? ニキビを治すためには、 『そもそもなぜニキビが出来るのか?』という原因を知らなければなりません。 では、ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか? 簡単にですが、ニキビができる原因を流れに沿ってご紹介します。 ニキビができる原因1 皮脂が多すぎる ニキビが生まれる一番の原因は 『皮脂』が多すぎることです。 皮脂というのは皮膚を守るための油のようなものなのですが、これが増えすぎると毛穴に詰まってしまいます。 ニキビができる原因2 アクネ菌が増殖 ニキビは アクネ菌という菌が増殖することで生まれます。 そしてこのアクネ菌は、さきほど紹介した皮脂をエサとしているため、 皮脂が増えすぎるとアクネ菌が増殖してしまいます。 ニキビができる原因3 炎症が起きる アクネ菌が毛穴のなかで増えすぎると、 『炎症』を起こしてしまいます。 これがニキビです。 最初は小さな膨らみにすぎないものが、どんどん大きくなっていき、あとで紹介する 『黒ニキビ』や 『膿ニキビ』といったものにまで成長してしまうのです。 どうして皮脂が増えるの? 皮脂は、本来は肌の水分を保つための大切なものです。 しかし、様々な原因によって皮脂が過剰分泌されてしまい、ニキビの原因となってしまいます。 『皮脂が増える原因』 〇思春期によるホルモンバランスの乱れ。 〇ストレス。 〇不規則な生活による新陳代謝の低下。 〇お菓子や油ものの食べ過ぎ。 中学生や高校生になるとニキビが出来やすいのは、ホルモンバランスの崩れが原因です。 皮脂の分泌をうながすホルモンが増えてしまうため、顔中にニキビができてしまったりするのです。 また、 ストレスも大きな原因です。 人間はストレスを受けると肌が荒れやすくなり、ニキビができやすくなります。 また、睡眠時間が短い、ぐっすり眠れていない、寝る時間がバラバラ…などの不規則な生活をしていると、体を正常に保つ新陳代謝が低下してしまい、肌荒れやニキビの原因になります。 特に睡眠不足はいっきに肌を荒れさせてしまうので、ニキビもできやすいです。 そして、 食べ物も重要です。 お菓子やスナック菓子、油の多い食べ物などは、皮脂を増やしアクネ菌を増殖させてしまいます。 『お菓子を食べ過ぎるとニキビが増える』というのは昔から言われていたことですが、それはお菓子に含まれる『糖分』が原因なのです。 『ニキビの種類』 〇白ニキビ うっすらと皮膚が膨れているだけの状態。 毛穴に皮脂がたまってしまい、盛り上がっている状態です。 白ニキビがやや悪化した状態。 毛穴のなかにポツポツと黒い点が見えるようになります。 汚れが溜まりすぎて毛穴が開き、なかの皮脂が空気に触れて酸化し黒くなってしまった状態です。 このあたりからニキビが目立つようになってきます。 赤く膨れ上がった状態。 私たちが通常イメージするニキビの状態です。 炎症が進み、赤く腫れてしまった状態です。 毛穴のなかでアクネ菌んなどの雑菌が増殖してしまい、炎症がさらにひどくなってしまった状態です。 (黄ニキビ) もっとも悪化した状態です。 ニキビの原因である菌を退治するために白血球が戦い、その死骸がニキビ内にたまったものが膿(うみ)として見えている状態です。 赤いニキビのなかにぷくっと黄色っぽい膿がある状態で、潰すともちろん、膿が出てきます。 ニキビは絶対に潰しちゃダメ! ニキビ跡の原因になるかも… 赤ニキビや膿ニキビなどを見るとついつい潰したくなってしまいますが、 絶対にいけません。 なぜなら、ニキビを潰すと手の雑菌やニキビ周辺の雑菌が入ってしまい、さらに悪化してしまうことがあるからです。 さらに困ったことに、黄ニキビを潰すと 『ニキビ跡』が残ってしまう可能性さえあります。 色素が沈着して肌が汚くなってしまったり、クレーターのようにデコボコの顔になってしまう危険性さえあります。 黄ニキビを潰すと膿が出るので 『治った!』という気持ちになってしまいがちですが、実は非常に危険な行為なので絶対にやめましょう。 また、黄色ニキビというのはニキビの末期ではあるものの、裏を返せば白血球がニキビ菌と戦っている証拠だという見方もできます。 ですので、ほうっておけば近いうちに治ってしまうことの方が多いです。 どうしても潰したい場合は、皮膚科にいって先生に潰してもらいましょう。 皮膚科の先生ならば 『潰した方がいいニキビ』と 『潰しちゃいけないニキビ』が分かっているので、ニキビ跡ができる心配もありません。 『ニキビ洗顔の方法』 1、洗顔する前に手をしっかり洗う。 2、洗顔料を使う前に、ぬるま湯で軽く顔全体をすすぐ。 3、洗顔料を使い、おでこから鼻にかけての『Tゾーン』をしっかりと洗う。 4、頬や顎などを軽く洗う。 5、ぬるま湯でしっかりと洗顔料を落とす。 6、清潔なタオルで、優しく拭き取る。 ゴシゴシ洗うと皮膚が荒れるのでNG。 これだけです。 決してやりすぎず、毎日コツコツと継続していくことが大事ですし、その方が結局効果も高まります。 特に気をつけたいのが、 洗顔後のタオルです。 実は、タオルには雑菌がものすごくたくさんついています。 特にバスタオルには、恐ろしいほどの雑菌がくっついていますので、間違っても使用済みのバスタオルでゴシゴシ顔を拭いたりしないようにしましょう。 特にバスタオルを2日、3日も洗わずに使っているような家庭は要注意です。 なるべくこまめに洗濯するか、顔だけ別のフェイスタオルで拭くようにしましょう。 お菓子、油っぽいものは食べない さきほども紹介したように、お菓子やスナック菓子など、糖分や油分が多く入っている食べ物はニキビの原因となってしまいますので、なるべく食べないようにしましょう。 代わりに、野菜をたくさん食べるようにすると皮膚の雑菌の増殖を防ぎ、サラサラのお肌になりますのでオススメです。 特にキャベツをよく食べるとお肌がスベスベになりますので、試してみてください。 もちろん、お肉の食べ過ぎも肌が油っぽくなってしまうので、気をつけましょう。 睡眠をしっかりと取る 睡眠は肌をキレイにするのには非常に大事です。 寝不足になると、肌だけでなく髪などもガサガサになってしまいます。 しっかりと毎日7~8時間は寝るようにしましょう。 睡眠不足で肌をキレイに保つことは絶対にできません。 枕カバーを清潔に ニキビを防ぐためには、 枕カバーにも気をつけたいところです。 枕カバーは夜の間ずっと顔に触れるものですので、ここが汚れていると顔中に雑菌がついてしまいます。 ついつい洗濯を忘れてしまいがちな枕カバーですが、ニキビを治したいならば2日に1回は洗濯しておきましょう。 それが面倒な場合は、予備の枕カバーを購入しておいて、2日おきくらいに取り替えるようにして、週末などにまとめて洗濯するとラクです。 おでこや頬や鼻のニキビの治し方は? おでこや頬、鼻など、ニキビはいろいろな場所にできますが、 治し方は基本的に同じです。 ぬるま湯でしっかり洗い、洗顔料などで優しく洗いましょう。 ちなみに、おでこや鼻の 『Tゾーン』は皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすいです。 しかし、だからといってゴシゴシと強く洗いすぎるのは良くありません。 肌荒れの原因になってしまいます。 また、むやみに手で触れたりするのも危険です。 雑菌が入ると逆にニキビが増えてしまいます。 ニキビを治すためにも、雑菌のついた手でむやみに顔に触れないようにしましょう。 ニキビに効く薬は? ニキビに効く薬はいろいろありますが、オススメはCMでおなじみに 『ビフナイト』です。 ネットでも評判の治療薬ですので、ぜひ試してみてください。 ニキビに効く食べ物は? ニキビに効く食べ物は、特にありません。 それよりも、 『ニキビの原因になる食べ物』を食べないようにすることが大切です。 ニキビの原因になる食べ物は何度も紹介した通り、『糖分・油分の多い食べ物』です。 お菓子、ジュース、スナック菓子などなど、いわゆる 『楽しみのために食べるもの』は体にも悪いですし、ニキビの原因にもなってしまいます。 これらをやめて、なるべく自然に状態に近い料理や野菜を多く使った料理を食べるようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 『ニキビの治し方』 をご紹介しました。 ニキビができると、ついつい潰してしまう人がいますが、絶対にやめましょう。 それよりも、しっかりとニキビの原因を理解して、確実に治していきましょう。

次の