黒崎 くん の 言いなり に なんて ならない ネタバレ 58。 黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ感想、結末、あらすじ、無料で読む方法まとめ【マキノ】

黒崎くんの言いなりになんてならない【最新58話ネタバレ】タクミが大胆な行動に出る…!?

黒崎 くん の 言いなり に なんて ならない ネタバレ 58

由宇は、前の学校では「地味で根暗でブス」というイメージで通っていました。 そこで転校を機に〝変わろう〟と思います。 寮暮らしになった由宇は、どん底の日々から抜け出せて、明るい場所に移れたと感じますが、とんでもない付録がついてきていました。 「黒王子(黒悪魔)」と「白王子」との出会いです。 春美寮の寮長は、誰にでも優しく、女子生徒から「白王子」と呼ばれている白河タクミという男子生徒で、副寮長は白河とは対照的にドSで乱暴な言葉づかいをする「黒悪魔」と呼ばれている黒崎でした。 入寮の日、小さなトラブルで由宇の胸のボタンに黒崎の髪の毛が絡まってしまいます。 咄嗟に由宇が黒崎の髪の毛を切って外したところ、これが黒崎の怒りを買いました。 黒崎はいきなり由宇のファーストキスを奪うと「お前は俺の奴隷だ。 俺に絶対服従しろ」と命令します。 由宇が黒崎の髪の毛を切ったので揃える必要が生じ、白河が黒崎の髪の毛をカットしました。 短く切りそろえた黒崎はイケメンになり、一気に女子生徒の人気が高まって「黒王子」と呼ばれるようになりました。 以来、黒崎は由宇に目をつけて、何かと奴隷のようにこき使います。 そしてそれを見た白河も、「僕が疑似彼氏になるのはどう?」と言い、恋愛スキル不足の由宇に接近しました。 白河(と黒崎)のおかげで、由宇は芦川芽衣子や来栖タカコ、梶祐介、服部一翔(かける)とも親しくなります。 黒崎も意地悪なだけではなく意外といい人かもしれないな…そう思うこともありました(『黒崎くんの言いなりになんてならない』テレビドラマダイジェストでばばばっと駆け足で説明)。 黒崎と白河は幼馴染みで、互いに切磋琢磨し合う仲でした。 黒崎が由宇にちょっかいを出すのを「どうやら本気だ」と察した白河は、最初は黒崎への対抗意識もあって由宇に近づいたのですが、本気で由宇を好きになります。 その日もいきなり黒崎は由宇にキスすると「おい、確認事項だ。 お前は俺の奴隷だ。 俺に絶対服従しろ」と言いますが、由宇は「私、黒崎くんの言いなりになんてならない」と返しました。 その直後に今度は白河が現れ、自分の唇を示すと「押して、スタートボタン」と言います。 唇に人差し指を当てると、白河は「本当の恋愛、教えてあげる」と言って由宇にキスしました。 立て続けに2人の男性にキスされた由宇はパニック状態です。 白河は「(キスの)上書きしといた。 完全にスイッチ入ったから、手抜くつもりないんで、よろしく」と黒崎に言い、黒崎は舌打ちしたあと「っざけんな」と言いました。 クラスでは、由宇の真後ろが黒崎の席です。 ホームルームの時に「今日中に中庭の草むしり」を指示した黒崎は「誰にでも尻尾振ってんじゃねえぞ」と言うと、由宇の左耳を噛みました。 由宇は思わず「ひゃっ」という声を出してしまい、クラスの注目を浴びます。 一方、昼休みには白河がやって来て、芽衣子らに「由宇ちゃん借りていい?」と聞くと、昼ごはんを「あーん」して由宇に食べさせました。 由宇は恋愛スキル不足で、どう受け止めていいのか分からなくて混乱します。

次の

黒崎くんの言いなりになんてならない 58話

黒崎 くん の 言いなり に なんて ならない ネタバレ 58

由宇は、前の学校では「地味で根暗でブス」というイメージで通っていました。 そこで転校を機に〝変わろう〟と思います。 寮暮らしになった由宇は、どん底の日々から抜け出せて、明るい場所に移れたと感じますが、とんでもない付録がついてきていました。 「黒王子(黒悪魔)」と「白王子」との出会いです。 春美寮の寮長は、誰にでも優しく、女子生徒から「白王子」と呼ばれている白河タクミという男子生徒で、副寮長は白河とは対照的にドSで乱暴な言葉づかいをする「黒悪魔」と呼ばれている黒崎でした。 入寮の日、小さなトラブルで由宇の胸のボタンに黒崎の髪の毛が絡まってしまいます。 咄嗟に由宇が黒崎の髪の毛を切って外したところ、これが黒崎の怒りを買いました。 黒崎はいきなり由宇のファーストキスを奪うと「お前は俺の奴隷だ。 俺に絶対服従しろ」と命令します。 由宇が黒崎の髪の毛を切ったので揃える必要が生じ、白河が黒崎の髪の毛をカットしました。 短く切りそろえた黒崎はイケメンになり、一気に女子生徒の人気が高まって「黒王子」と呼ばれるようになりました。 以来、黒崎は由宇に目をつけて、何かと奴隷のようにこき使います。 そしてそれを見た白河も、「僕が疑似彼氏になるのはどう?」と言い、恋愛スキル不足の由宇に接近しました。 白河(と黒崎)のおかげで、由宇は芦川芽衣子や来栖タカコ、梶祐介、服部一翔(かける)とも親しくなります。 黒崎も意地悪なだけではなく意外といい人かもしれないな…そう思うこともありました(『黒崎くんの言いなりになんてならない』テレビドラマダイジェストでばばばっと駆け足で説明)。 黒崎と白河は幼馴染みで、互いに切磋琢磨し合う仲でした。 黒崎が由宇にちょっかいを出すのを「どうやら本気だ」と察した白河は、最初は黒崎への対抗意識もあって由宇に近づいたのですが、本気で由宇を好きになります。 その日もいきなり黒崎は由宇にキスすると「おい、確認事項だ。 お前は俺の奴隷だ。 俺に絶対服従しろ」と言いますが、由宇は「私、黒崎くんの言いなりになんてならない」と返しました。 その直後に今度は白河が現れ、自分の唇を示すと「押して、スタートボタン」と言います。 唇に人差し指を当てると、白河は「本当の恋愛、教えてあげる」と言って由宇にキスしました。 立て続けに2人の男性にキスされた由宇はパニック状態です。 白河は「(キスの)上書きしといた。 完全にスイッチ入ったから、手抜くつもりないんで、よろしく」と黒崎に言い、黒崎は舌打ちしたあと「っざけんな」と言いました。 クラスでは、由宇の真後ろが黒崎の席です。 ホームルームの時に「今日中に中庭の草むしり」を指示した黒崎は「誰にでも尻尾振ってんじゃねえぞ」と言うと、由宇の左耳を噛みました。 由宇は思わず「ひゃっ」という声を出してしまい、クラスの注目を浴びます。 一方、昼休みには白河がやって来て、芽衣子らに「由宇ちゃん借りていい?」と聞くと、昼ごはんを「あーん」して由宇に食べさせました。 由宇は恋愛スキル不足で、どう受け止めていいのか分からなくて混乱します。

次の

黒崎くんの言いなりになんてならない 54話 ネタバレ 感想 別フレ4月号

黒崎 くん の 言いなり に なんて ならない ネタバレ 58

黒崎くんの言いなりになんてならない のあらすじ 物語は、主人公の赤羽由宇(あかばねゆう)が 隣のクラスの通称・白王子こと、白河タクミ(しらかわたくみ)に 憧れているところから始まります。 中学時代の由宇は地味で口下手だったために、 赤地蔵というあだ名で呼ばれてからかわれていましたが、 苦手だったメイクもできるようになり、 高校デビューを果たしていました。 顔が可愛いヒロインというのは少女漫画にありがちですが、 ただ美人とか可愛いというだけじゃなくて、 努力して高校デビューしたヒロインに共感できました。 一か月以内に白王子・タクミに告白すると宣言する由宇ですが、 白王子の隣にはいつも幼馴染の通称・黒悪魔こと、黒崎晴人(くろさきはると)がいて なかなか告白するチャンスがありません。 しかも黒悪魔・黒崎は由宇と同じクラスで、 後ろの席。 個人的にはこの時点で黒悪魔の方が好みでしたが、 白王子も爽やかなイケメンです。 そんなある日、由宇の両親が転勤することになり、 由宇は学生寮で暮らすことになります。 ところが、入寮当日にトラブルになり、 由宇が黒崎の髪を切ってしまいます。 翌日に髪を切りそろえてきた黒悪魔をみて、 そのあまりのイケメンぶりに、 女子の間では黒王子と話題になります。 由宇を見つけた黒崎は、 髪を切られたことを怒って詰め寄りますが、 凄まれても由宇は動じません。 すると髪を切った「罰」と称して、 黒崎はいきなり由宇のファーストキスを奪ってしまいます。 それだけでなく、由宇に「絶対服従」を求める黒崎。 それ以降、白王子に告白して 幸せに過ごすはずだった由宇の高校生活が波乱に巻き込まれていきます。 黒崎のかっこよさよりも、由宇の気の強さや、 くじけないところが際立っていて応援したくなります。 自分に正直なところもいいです。 由宇が白王子・黒王子ともによく会話をしていたことで 女子たちの妬みをかい、 騙されて男湯に入ってしまったときの黒崎の対応は男前でした。 のぼせた由宇をお姫様抱っこで救出し、 すっぴんを見られたことを気にする由宇に対して 「おまえはおまえだ」というなど、優しい一面もみせていて、 黒崎がとてもかっこよかったです。 そんな黒崎と由宇の様子を見て「おもしろい」と不敵に笑う 白王子・タクミの存在も気になります。 この作品は7巻まで出ています。 早く続きが読みたくなる作品です。

次の