越岡裕貴。 越岡裕貴の実家は金持ち?高校や出演舞台と彼女の存在とは?|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

越岡裕貴(ふぉ〜ゆ〜)は成城大学&父は経営者?身長は?彼女&好きなタイプまとめ!

越岡裕貴

— 2018年 4月月11日午前4時46分PDT お父さんがコシオカ産業という会社の経営者だそうです。 このコシオカ産業は、ノベルティやプロモーションのグッズなどを生産販売している会社だそうです。 そこで経営者としてご活躍されているのですね。 お父さんの顔写真も見ることができますが、越岡さんにそっくりのイケメンですね。 越岡さんはお父さん似だったのですね。 ちなみに父親の名前は、越岡晃司さんと言うそうです。 越岡裕貴の彼女は元モーニング娘。 ? 越岡さんの彼女が気になる方も多いと思います。 調べてみたところ、田中れいなさんの名前が挙がっていましたよ。 田中れいなさんは、元モーニング娘。 のメンバーだった方です。 越岡さんより3歳年下の方ですね。 デビューから長いですが相変わらず可愛く、どちらかというとギャル系の方です。 さん tanakareina. lovendor がシェアした投稿 — 2018年 5月月21日午前12時06分PDT 細くて、綺麗な方なので、もし一緒にデートなどをしていたら、とても目立ちそうです。 実際に二人のデート現場が目撃されたことがあったそうです。 それから熱愛情報が流れてしまったそうですね。 新宿にある飲食店の居酒屋にて、デートしていたのがファンによって目撃されていました。 越岡さんは目立たないように気を付けていたそうなのですが、彼女の田中さんは堂々としていて何の変装などもしていなかったそうです。 ちなみに、越岡裕貴さんの好みのタイプですが、清楚系より、派手目のギャル系だそうです。 田中さんに元ヤンの噂もあるので、そういったタイプが好きなのかもしれませんね。 しかしあくまでも推測で、本人の言葉で好きなタイプが発言されたことはないようです。

次の

越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)主演、『This is 大奥』の全キャスト&ビジュアルが解禁 洋風な衣装をまとったイケメンが勢ぞろい

越岡裕貴

ふぉ〜ゆ〜デビュー前は「みんなデビューしてる!」とネタにし、デビュー後も「どうしたら売れるか同期に聞いてみた」などネタにされ続ける同期。 ちなみにジャニーズJr. のオーディションではダンスを踊りますが、お手本にはA. C-Zの五関くんがいました。 課題曲は「Can do! Can go! ふぉ〜ゆ〜単独クリエのアンコールでも披露したこの曲は、もはやふぉ〜ゆ〜にとって思い出の曲ですね。 「去年やった時に俺らの曲じゃんって思ったって」福が説明したcan do! can go! — まな。 Best Beat Boys 、B. Boys Be Ambitious を経て2000年ごろからA. として活動していた越岡くん。 現在のA. C-Zの前身ユニットとなるA. は、 越岡くん・辰巳雄大くん・河合郁人くん・戸塚祥太くん・塚田僚一くんの5人。 少クラ初登場:2001年4月8日放送分 しかし、当時のA. もメンバーの入れ替わりやコラボが激しく、なかなかメンバーが固定されることもありませんでした。 その後、M. に加入し、現在のふぉ〜ゆ〜メンバーと同じユニットになります。 当時のM. はメンバーも固定されておらず、10人以上のメンバーが所属していました。 その中のひとくくりとして現ふぉ~ゆ~の4人が切り出されるようになるのは、もう少し先のことになります。 同期のデビューを報道で知り、辞めようと思ったことも 2003年、NEWSがデビュー。 当時高校生だった越岡くんは、 報道でNEWSがデビューすることを知りました。 昔は同期として一緒にドラマ「怖い日曜日」に出るなど並んで活動していた増田くんのデビューを知り、悔しい思いをした越岡くん。 ですが、その後2006年に「Endless SHOCK」や2008年「滝沢演舞城」に現ふぉ~ゆ~の4人で出演が決まるなど、悔しい思いから一転、活動の場は広がっていきます。 しかしこの頃、越岡くんは退所も考えていました。 辰巳くんと松崎くんは殴り合い寸前の喧嘩を繰り返し、楽屋もギクシャクした雰囲気でした。 「仲の良い、愛されるグループ」を目指していた越岡くんにとっては、日々四苦八苦しながら舞台に立っていた時期でもありました。 越岡くんはのちに「滝CHANNel」内の手紙で「 思ったことを素直に言えなくて、それを溜め込んでしまうタイプで、自分の本音の部分を知られたくなくて、みんなとちゃんと向き合っていなかったかもしれない」と当時の自分を振り返ります。 ふぉ~ゆ~結成、新しい道へ そんなギクシャクした状況を見かねた植草克秀さんが、4人に話し合いの場を提供。 現在、そして、未来について本音で話し合った4人。 改めて少年時代からの「デビューしたい」という夢に向き合い、芸能界を続けていく決意を固めました。 そして、2011年4月1日にふぉ~ゆ~が結成されます。 舞台やコンサートバックを中心に活動していく中で、2016年に出演したテレビ番組「まいど!ジャ~ニィ~」では「ふぉ~ゆ~として新しい道を切り開きたい」と語っていた越岡くん。 2018年には異例の「CDデビューなしでのジャニーズJr. 卒業」を達成。 前代未聞のジャニーズユニットとして様々なメディアに取り上げられるようになります。 現在の越岡くんの目標は、 日生劇場での主演舞台。 新たな道を切り開き、みんなに愛されるユニット「ふぉ~ゆ~」を目指す越岡くんの挑戦はまだまだ続きます。 (親知らずを抜いた話の後、名前を言う場面で)「親知らずです!!あっ違った!越岡裕貴です!」• (骨折直後のラジオ、名前を言う場面で)「第5中足骨です!!」• (男に生まれてよかったことは?)「朝に生まれて…楽!」(朝の支度が楽と言いたかった)• (ダウンタウンDXに自分が出たとしたら)「コシってると思う」• SHOCKの楽屋で、畳の上に靴を履いたまま正座している• しかもそのお小遣いが「気が付くとなくなっている」のだから驚きですね。 他の同世代の方々に比べてもかなりの額をもらっていたのではないでしょうか。 参考:他のJr. 当時 がもらっていたお小遣い• 河合郁人くん 14 :1,000円• 戸塚祥太くん 15 :2,000円• 塚田僚一くん 15 :3,000円• 辰巳雄大くん 15 :なし ほしいときにもらう メンバーに過去2万円ぶんのドーナッツを奢ったこともあるせいか、舞台で「御曹司」といじられることがしばしば。 辰巳「岸谷さん!今度…俺にも…稽古付けて下さい!(礼)」越岡「いやいやいや」辰巳「御曹司に俺の何がわかる!!」越岡「俺御曹司じゃないし。 御曹司じゃない」辰巳「御曹司。 こっしー御曹司。

次の

越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)主演、『This is 大奥』の全キャスト&ビジュアルが解禁 洋風な衣装をまとったイケメンが勢ぞろい

越岡裕貴

ふぉ〜ゆ〜デビュー前は「みんなデビューしてる!」とネタにし、デビュー後も「どうしたら売れるか同期に聞いてみた」などネタにされ続ける同期。 ちなみにジャニーズJr. のオーディションではダンスを踊りますが、お手本にはA. C-Zの五関くんがいました。 課題曲は「Can do! Can go! ふぉ〜ゆ〜単独クリエのアンコールでも披露したこの曲は、もはやふぉ〜ゆ〜にとって思い出の曲ですね。 「去年やった時に俺らの曲じゃんって思ったって」福が説明したcan do! can go! — まな。 Best Beat Boys 、B. Boys Be Ambitious を経て2000年ごろからA. として活動していた越岡くん。 現在のA. C-Zの前身ユニットとなるA. は、 越岡くん・辰巳雄大くん・河合郁人くん・戸塚祥太くん・塚田僚一くんの5人。 少クラ初登場:2001年4月8日放送分 しかし、当時のA. もメンバーの入れ替わりやコラボが激しく、なかなかメンバーが固定されることもありませんでした。 その後、M. に加入し、現在のふぉ〜ゆ〜メンバーと同じユニットになります。 当時のM. はメンバーも固定されておらず、10人以上のメンバーが所属していました。 その中のひとくくりとして現ふぉ~ゆ~の4人が切り出されるようになるのは、もう少し先のことになります。 同期のデビューを報道で知り、辞めようと思ったことも 2003年、NEWSがデビュー。 当時高校生だった越岡くんは、 報道でNEWSがデビューすることを知りました。 昔は同期として一緒にドラマ「怖い日曜日」に出るなど並んで活動していた増田くんのデビューを知り、悔しい思いをした越岡くん。 ですが、その後2006年に「Endless SHOCK」や2008年「滝沢演舞城」に現ふぉ~ゆ~の4人で出演が決まるなど、悔しい思いから一転、活動の場は広がっていきます。 しかしこの頃、越岡くんは退所も考えていました。 辰巳くんと松崎くんは殴り合い寸前の喧嘩を繰り返し、楽屋もギクシャクした雰囲気でした。 「仲の良い、愛されるグループ」を目指していた越岡くんにとっては、日々四苦八苦しながら舞台に立っていた時期でもありました。 越岡くんはのちに「滝CHANNel」内の手紙で「 思ったことを素直に言えなくて、それを溜め込んでしまうタイプで、自分の本音の部分を知られたくなくて、みんなとちゃんと向き合っていなかったかもしれない」と当時の自分を振り返ります。 ふぉ~ゆ~結成、新しい道へ そんなギクシャクした状況を見かねた植草克秀さんが、4人に話し合いの場を提供。 現在、そして、未来について本音で話し合った4人。 改めて少年時代からの「デビューしたい」という夢に向き合い、芸能界を続けていく決意を固めました。 そして、2011年4月1日にふぉ~ゆ~が結成されます。 舞台やコンサートバックを中心に活動していく中で、2016年に出演したテレビ番組「まいど!ジャ~ニィ~」では「ふぉ~ゆ~として新しい道を切り開きたい」と語っていた越岡くん。 2018年には異例の「CDデビューなしでのジャニーズJr. 卒業」を達成。 前代未聞のジャニーズユニットとして様々なメディアに取り上げられるようになります。 現在の越岡くんの目標は、 日生劇場での主演舞台。 新たな道を切り開き、みんなに愛されるユニット「ふぉ~ゆ~」を目指す越岡くんの挑戦はまだまだ続きます。 (親知らずを抜いた話の後、名前を言う場面で)「親知らずです!!あっ違った!越岡裕貴です!」• (骨折直後のラジオ、名前を言う場面で)「第5中足骨です!!」• (男に生まれてよかったことは?)「朝に生まれて…楽!」(朝の支度が楽と言いたかった)• (ダウンタウンDXに自分が出たとしたら)「コシってると思う」• SHOCKの楽屋で、畳の上に靴を履いたまま正座している• しかもそのお小遣いが「気が付くとなくなっている」のだから驚きですね。 他の同世代の方々に比べてもかなりの額をもらっていたのではないでしょうか。 参考:他のJr. 当時 がもらっていたお小遣い• 河合郁人くん 14 :1,000円• 戸塚祥太くん 15 :2,000円• 塚田僚一くん 15 :3,000円• 辰巳雄大くん 15 :なし ほしいときにもらう メンバーに過去2万円ぶんのドーナッツを奢ったこともあるせいか、舞台で「御曹司」といじられることがしばしば。 辰巳「岸谷さん!今度…俺にも…稽古付けて下さい!(礼)」越岡「いやいやいや」辰巳「御曹司に俺の何がわかる!!」越岡「俺御曹司じゃないし。 御曹司じゃない」辰巳「御曹司。 こっしー御曹司。

次の