知っている 類語。 失礼にならない「知っている」の敬語表現・メールでの例文

拍車がかかるの意味・由来・使い方・類語!拍車とは何か知ってますか

知っている 類語

彼は苦労人で 酸いも甘いも嚙み分けた人だから、きっと良いアドバイスを聞けるでしょう。 例文では、彼の人生経験の豊富さを表しています。 具体的に言うと、• 豊富な知識を元に、必要な答えを導いてくれる。 今までの経験を元に、的確なアドバイスをしてくれる。 といったことです。 このように、 様々な経験により物事の良し悪しを知っている人のことを 「酸いも甘いも噛み分けている」と言うわけですね。 ちなみに、 「酸いも甘いも知り抜く」や 「酸いも甘いも知っている」などの言い方もあります。 いずれの場合でも意味は同じだと考えてください。 ただし、 「 酸いも甘いも嗅ぎ分ける」とするのは誤りです。 「嗅ぎ分ける」ではなく「嚙み分ける」が正しい使い方。 ちょっとした違いですが、注意しましょう。 酸いも甘いも噛み分けるの語源・由来 次に、「酸いも甘いも噛み分ける」の語源です。 この言葉は、 「 酸っぱい味と甘い味の区別ができ、良し悪しを知り尽くしていること」から来ています。 分かりやすいように、 「酸い」「甘い」「嚙み分ける」の3つに分けて確認しましょう。 「酸い」は、「酸っぱい物・悪いこと」を意味します。 「酸」が付く熟語としては、 「酸味」(酸っぱい味)や「辛酸」(辛い目・苦しい思い)などが有名です。 そして、「甘い」は、「甘い物・良いこと」を意味します。 「甘」が含まれる言葉では、 「甘味」(甘い味・面白み)や「甘い汁を吸う」(苦労せずに利益だけ得る)などが代表的です。 最後の、「嚙み分ける」は 「違いを区別して味わうこと」を意味します。 ここで言う違いとは「酸い」と「甘い」の違いなので、 つらくて苦しい人生経験を「酸い」、楽しくて心地よい人生経験を「甘い」に例えています。 まとめると、 「酸っぱい味と甘い味を区別して、良い点も悪い点も知り尽くしている」となります。 よって、 「 長い間に色々な人生経験を積み、人情や世の中の事によく通じている」 という意味になるわけです。 「世故」とは、「世間の習慣・俗事・事情」という意味です。 合わせて4つの類語を紹介しました。 この中では、 「世慣れる」と「世故に長ける」が近い言葉だと言えますね。 人生で色々な経験を積んだことを元にして、 良い事も悪い事も何でも知っている様子であれば類語となります。 酸いも甘いも噛み分けるの英語 続いて、「酸いも甘いも噛み分ける」の英語訳です。 英語では次のように表現します。 「 taste the bitter and the sweet(苦しみや喜びを味わう)」 「 know both the bitter and the sweet of life(人生の苦しみや喜びを知っている)」 「bitter」は「苦味・苦しみ」、 「sweet」は「甘味・優しさ・喜び」という意味です。 「the bitter and the sweet」と書くことで、 「酸いも甘いも」を表すことができます。 また、「taste」は「味見をする」の意味が一般的ですが、 比喩的な表現として「喜びや悲しみなどを経験する」という意味でも使うことができます。 そして後者の方ですが、 「know」は「知っている」、「both」は「両方」という意味です。 最後に「of life」を付けることで、「世間の」という意味が加わります。 英文だと、次のような言い方です。 You have tasted the bitter and the sweet. (あなたは酸いも甘いも嚙み分けた人です。 ) She has known both the bitter and the sweet of life. (彼女は世間の酸いも甘いも嚙み分けています。 ) 「昔のことが現在につながっている」というイメージで英文を作ります。 これを表現できるのが、現在完了形の継続用法です。 スポンサーリンク 酸いも甘いも噛み分けるの使い方・例文 最後に、 「酸いも甘いも噛み分ける」の使い方を例文で確認しておきましょう。 私の祖父は、世の中の 酸いも甘いも嚙み分けた人だ。 酸いも甘いも嚙み分けて、立派な優しい大人になろう。 酸いも甘いも嚙み分けているから、心配しないでください。 この地区の自治会長は、 酸いも甘いも嚙み分けた頼れる人です。 彼女の表情は、自信に満ちた 酸いも甘いも嚙み分けた笑顔でした。 先生は 酸いも甘いも嚙み分けた人だから、文化祭のことを相談してみよう。 基本的には、 この慣用句はプラスのイメージで使うと考えてください。 主に身近にいる頼りになる人、 心の支えになってくれるような人を対象とします。 人生経験が豊富で信頼できる人などがピッタリですね。 また、言い回しとしては、 「酸いも甘いも嚙み分けた」や「酸いも甘いも嚙み分けて」のように、 形を少し変えて使うことが多いです。 さらに言うと、既に述べたように 「酸いも甘いも知りぬく」「酸いも甘いも知り抜いた」などの表現もよく使いますね。 合わせて覚えておきましょう。 関連: 関連: まとめ では、今回のまとめです。 「 酸いも甘いも嚙み分ける」= 人生経験を積んで、人情・世事によく通じている。 「 語源」= 酸っぱい味と甘い味を区別して、その良い点も悪い点も知り尽くしていることから。 「 類語」=「機微に通じる・世慣れる・花も実もある・世故に長ける」 「英語」=「taste the bitter and the sweet」「know both the bitter and the sweet of life」 「酸いも甘いも嚙み分ける」は、何でも知っている信頼できる人に使える言葉です。 周りにいる心強い方を表すときに、ぜひ使ってみてください。

次の

語彙の意味とは?例文と使い方、類語、語彙力が増える方法を解説!

知っている 類語

1 「ある」は、一般に、無生物・植物・物事などの存在をいい、人・動物などの生き物や、乗り物など、動くものの存在には「居る」が用いられる。 「ある」は「有る」「在る」とも書く。 2 「居る」は、補助動詞として「…ている」などの形で、動作・作用・状態の継続・進行を表わす。 その場合は、ふつう「いる」と仮名で書く。 「じっと見ている」「愛さずにいられない」 3 「ある」は、補助動詞として「…である」の形で、指定の意、また、そういう状態である意を表わす。 「このオペラは傑作である」「兄は公務員である」 4 「ある」は、他動詞の連用形に、助詞「て」「つつ」がついた形に続けて、動作・状態の進行・継続、また、完了した作用の結果を表わす。 「花が生けてある」「彼は今、大作を書きつつある」 (一定の場所で)そのままでいる の意• 留どまる 存在を持つ、存在する の意• ござ在る• 御出なされる• 御座在る• ご座居る• ござ有る• 在します• 御座居る• 御座候う• 生きて、生きる の意• 御出なされる• 居住する の意• 止どまる• 留どまる• ある位置か領域を占める; どこかにいる の意• ござ在る• 御出なされる• 御座在る• 御座いませ• ご座居る• ござ有る• 在します• 在らせられる• 御座居る• 御座候う• 特定の条件または状態のままにする、あるいはのまま残す の意• 場所や位置をとる、比喩的にも使われる の意• ござ在る• 御座在る• ござ有る• 御座居る• 明確だが、指定されていないあるいは特定されていない の意• 時間または位置で明確でない の意• 存在を持つ、存在する の意• ござ在る• 御出なされる• 御座在る• ご座居る• ござ有る• 在します• 御座居る• 御座候う• ある特定の状態である の意• 生きて、生きる の意• 御出なされる• (に)起源する の意• ござ在る• 御座在る• ござ有る• ある位置か領域を占める; どこかにいる の意• ござ在る• 御出なされる• 御座在る• 御座いませ• ご座居る• ござ有る• 在します• 在らせられる• 御座居る• 御座候う• 高い; の高さを持つ; 繋辞 の意• ござ在る• 御座在る• ござ有る• 他の何かに関連した場所のある の意• ござ在る• 御座在る• 御座いませ• ござ有る• 特定の条件または状態のままにする、あるいはのまま残す の意• 場所や位置をとる、比喩的にも使われる の意• ござ在る• 御座在る• ござ有る• 御座居る• 存在すること; 現在、存在すること の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

間違いも多い「知っている」の敬語表現|上手に伝える方法

知っている 類語

「ご存知」の読み方・意味 「ご存知」は「ごぞんじ・ごぞんち」と読みます。 「知」という漢字は通常「じ」と読まないため、本来は「ご存知(ごぞんち)」と読みますが、一般的には「ごぞんじ」と読むことが定着しています。 「ご存知」は動詞の「知る・考える・思う」という意味の「存ずる」が連用形の「存じ」になり、そこに敬意を表す接頭語の「ご」が付いた言葉です。 敬語表現となるため、目上の人やクライアントに対しても使うことができます。 ただし「知る」という言葉は、謙譲語はありますが正確な尊敬語が存在しません。 ですが一般的な使い方として「ご存知」は「知る」の尊敬語として扱われており、正しい敬語と認識されています。 「ご存知」の使い方|ビジネスシーンでの例文 ビジネスの場で目上の相手に「知っていますか」や「知っていると思いますが」などという言葉遣いは、人によっては小馬鹿にされたと捉えられる可能性もあるため適切ではありません。 そこで「ご存知」というフレーズが使われますが、 使い方は大きく「相手が知っていることを前提にした使い方」と「相手が知っているかどうかを確認する使い方」の2種類があります。 ・「 ご存知だとは思いますが、本日の会議は15時からに変更になりました」 「ご存知だと思いますが」は「知っていると思いますが」という意味を持ち、「念のため確認しますが」というニュアンスを含んでいます。 ただし目上の相手が知っていることを前提とした話をする際、万が一相手がその内容を知らなかった場合は、恥をかかせたり失礼に捉えられる可能性もあります。 そのため あえて「ご存知だと思いますが」のように断定しない言い方をすると丁寧です。 また「ご存知だと思いますが」以外に「ご存知かと思いますが」「ご存知かもしれませんが」「ご存知のことと思われますが」などと言い回してもOKです。 「ご存知の通り」を使った例文.

次の