エトワール dps。 ダブルセイバー

【PSO2】エトワールの通常攻撃とPAの解説

エトワール dps

画像 名称 挙動 通常攻撃 3段攻撃。 JA受付時間が長く、受付中は高度が下がらない。 長押しで「 エンハンスアタック」が発動 武器アクション ディフレクト、ディフレクトコンボが発動 エンハンスアタック ギアが1つ以上あるとき 通常攻撃の長押しで発動。 ギアを消費して正面に強力な攻撃を放って後退する。 発動時にガードポイント。 PP回復。 ギアが溜まっていない状態でやると、発動はするが威力は弱い。 ディフレクト 武器アクション。 ガードしながら任意の方向へ移動。 出始めにジャストガード可能。 ステップ中に出すと移動距離と高度上昇量が増加。 ディフレクト実行から再び武器アクションを押すとディフレクトコンボへと繋がる。 ディフレクトコンボ 武器アクション。 出始めにジャストガード可能。 1つ前にディフレクトまたはディフレクトコンボがジャストガードに成功していると、前進が高速移動に変化し、1Hitめの威力が約3. 8倍ほどになる。 ディフレクトコンボ中に武器アクションを使うことで繰り返し使用可能。 ステップ ステップによる 回避行動。 スキル「ダブルセイバーステップガード」を習得時、敵の攻撃を前方ステップ回避すると特殊な反撃を行う。 反撃は、約2. ダブルセイバースキップアーツ スキル習得時。 方向キーを入力せずPAを使うと、 PAの前半部分をスキップする。 クイックテイク スキル習得時。 PAやディフレクトの終了間際に、キュイイインという特殊な効果音と一緒に黄金色の細いエフェクトが発生する。 このタイミングで通常攻撃やエンハンスアタック、または武器アクションを行うと、 ロック箇所へ瞬間移動して追撃する。 クイックテイク中のアクションは、通常攻撃なら単発攻撃、武器アクションならディフレクトコンボへと繋がる。 スキル習得時。 敵を攻撃するとギアが上昇し、最大3ストック蓄積可能。 ギアがある状態で攻撃を受けると自動でギアが消費され、ダメージを軽減する。 ギアが消費される行動は、ギアストック蓄積中にダメージを受けた時と、エンハンスアタックによる攻撃を行った時の2つ。 この前半部分にもJAタイミングが存在し、後半部分へ直接つなぐことで、多彩な連撃を繰り出すことが可能です。 名称 挙動 アプソリュートクエーサー 【通常】敵に向かって急接近するPA。 【スキップ】薙ぎ払いの部分から発生。 モーションが短く出が早い。 セイバーデストラクション 【通常】周囲を攻撃しながら移動するPA。 三段目の斬りつけはモーションが短いためダメージ効率が良い。 【スキップ】二段目の縦回転切りから発生。 比較的モーションの長い一段目をスキップできる。 シューティングスター 【通常】素早く飛び上がり攻撃するPA。 【スキップ】後半の剣を落とす攻撃のみ発生。 遠距離攻撃として使える。 セレスティアルコライド 【通常】落下攻撃のあと、大きなフォトン刃を目標に蹴り放つ大技のPA。 後半の攻撃威力が非常に強力。 【スキップ】後半の高威力攻撃から発生。 前半の落下攻撃をスキップするため、高度を維持できる。 ダブルセイバーのDPS表 DPS表作成者様。 表はクリックで拡大できます。 通常攻撃と武器アクションのDPS表 ダブルセイバーPAのDPS表 エトワールデュアルブレード エトワールがデュアルブレードを装備すると、「エトワールデュアルブレード」としてアクションが変化するぞ!エトワールデュアルブレードの専用の武器アクション「パリィ」は、PA中やアイテムを使用している間でもジャストガードが可能となり、攻撃の手を止めること無く敵の攻撃を防げる。 各PAには「エッジ」という追加攻撃も発動するので、怒涛の連撃で敵を圧倒しよう! 画像 名称 内容 通常攻撃 3段攻撃。 スキル「DBロックオンチェイス」習得時、ロックした敵に近づく挙動が追加される。 ギアゲージ1たまるとギア上部に星マークが点灯。 コネクトが撃てる状態に。 さらにギアをためてギアゲージ2 最大 になると、星マークが明るくなってゆっくり点滅する。 ギア自体に攻撃威力上昇などの効果はない。 パリィ 武器アクションによるガードアクション。 パリィ使用で常にジャストガード可能。 移動中、攻撃中、アイテム使用中などいつでも発動できる。 パリィ成功時にはロック箇所へエッジをによる反撃を行い、ヒットするとPPを10回復する。 成功時はリキャストなしですぐ次のパリィができるが、失敗時には一瞬だけパリィが使用できない。 パリィを成功させるコツは、他クラスのジャストガードタイミングより少し早めを意識して武器アクションを入力すること。 ステップエッジ ステップ中に武器アクション。 エッジを投げて遠距離攻撃を行う。 ホーミング性能はないため移動する敵には命中しづらい。 連続使用で普通に走るより素早い移動が可能だが、滞空時では、ステップエッジのたび高度を失う。 コネクト ステップエッジ中に武器アクション。 ギアゲージを1本消費して行う前方範囲攻撃。 攻撃中は無敵。 ボタン長押しで構え状態を維持。 ステップでキャンセル可能。 フルコネクト コネクト中に武器アクション。 ギアゲージをさらに1本消費してエッジの大剣を形成し、前方直線上に斬り上げる必殺技を行う。 大剣形成中は無敵。 斬り上げる瞬間にガードポイント。 ボタン長押しで構え状態を維持できる。 威力は9000。 ステップアタック 斬りはらいつつ、滑って突き刺す2連続攻撃。 ロック対象がいない場合ステップアタックする。 逆方向に移動入力することで勢いを制御できる。 デュアルエッジ PAの特定のタイミングで エッジが追撃を行う。 エッジが出現するタイミングになると足元にオーラが表示される。 エッジ出現中にプレイヤーが行動を中断しても、エッジの攻撃は続く。 コネクト・フルコネクトのやり方についてはこちらで詳しく解説しています。 PAは全体的にモーションが長く敵の攻撃を受けやすい反面、スーパーアーマー付きのものが多いです。 名称 挙動 ディストーションピアス 【通常】前方を突き刺して追撃でフォトンの刃を放つ。 【エッジ】前方を切り裂くエッジが発生 ラディアントスティング 【通常】前方へ大きく踏み込みながら連続攻撃するPA。 ロックオンしていると移動速度が上昇する 【エッジ】周囲の広範囲を攻撃するエッジが発生 バーティカルフロウ 【通常】急上昇と急下降による攻撃を行うPA。 上下方向に強力な立ち回りを可能にする 【エッジ】敵を追尾するエッジが発生 ライトウェーブ 【通常】連続で斬撃を撃ちだすPA。 攻撃中は移動が可能なため、牽制攻撃としても有効 【エッジ】前方に交差する2つのエッジを噴出する デュアルブレードのDPS表 DPS表作成者様。 表はクリックで拡大できます。 エトワールウォンド エトワールがウォンドを装備すると、「エトワールウォンド」としてアクションが変化するぞ! エトワールウォンドはPA中に表示されるガイドにあわせて武器アクションを押すことで、PA後半の攻撃が「フォーカスPA」へ変化!範囲が狭くなる代わりに威力が大幅に上昇するぞ! 集団戦では通常のPA、対ボス戦ではフォーカスPAと使い分けができる。 さらに攻撃中も常に移動することが可能!独特な操作感、スピード感で戦場を駆け抜けろ! 画像 名称 挙動 通常攻撃 3段攻撃。 JA受付時間中は高度が下がらない上に、その後も1秒ほど宙に浮いている。 攻撃中は常に移動可能 空中時も。 通常1発がPA1発分に匹敵する威力。 JAのタイミングが遅く、最速で攻撃を出そうとすると非ジャストアタックになる。 ギアが溜まる行動は、周囲に敵がいるときの 抜刀移動 納刀時はギア上昇無し 、ジャストガード成功時、攻撃ヒット時。 プロテクト チャージプロテクト 武器アクション。 バリアを展開する ウォンド特有のガードアクション。 武器アクション長押しで長時間バリアを貼り続けることが可能。 移動もできる。 バリア展開から一定時間経過でギアゲージの消費が始まり、プロテクトリリースが発動可能になる。 プロテクト解除で発動し、周囲に衝撃波を放つ。 威力は高いが範囲は狭い。 プロテクト解除で敵に急接近し、6Hitの攻撃を行う。 最後の1Hitが高威力。 プロテクト状態をどんなに長く続けてもコンボ判定は途切れない。 また、PPが自然回復するため、コンボを維持したままPP回復を待つことも可能。 ウォンドテレポート スキル習得時。 武器アクションをちょい長押し~ギア1本消費までにプロテクトを解除することで、任意の方向に瞬間移動し、1Hitの遠距離攻撃 光弾 を放つ。 光弾ではギアは増加しない。 ステップアタック ステップで中距離まで飛ぶ光弾を発射する。 光弾に誘導性能はないが、威力が高い。 練習クエストのテレポーターの位置から横の端まで届く。 フォーカス PA発動中にJAとは別の白い輪っか ガイド が表示される。 ガイドに合わせて武器アクションを行うと、PAがフォーカスPAへと変化する。 絶え間ない動きと位置取りの工夫により真価を発揮します。 PAも位置取りを意識して使用するものが多く、さらにPA中にガイドに合わせて武器アクションを使用することで「 フォーカスPA」へと変化します。 名称 挙動 プリズムサーキュラー 【通常】押しっぱなしで高速移動 スーパーアーマー付き し、ボタンを離すと薙ぎ払って前方に衝撃波。 上下移動の調整可能。 衝撃波にスタン効果があり、範囲も優秀。 【フォーカスPA】目の前の敵を殴る素直な挙動。 射程は狭く、 威力はフォーカスPAの中では最弱。 テックアーツコンボの繋ぎなどには便利。 グリッターストライブ 【通常】2ステップ分ほど先を攻撃 規定の距離を爆発。 範囲はかなり広めだが、何も考えずに連打するとどんどん上昇し、2連射ですでに大型ボス以外当たらなくなる。 PA終了後はJAが出たままふわっと降りる。 燃費が良くギア回転率も良い。 【フォーカスPA】威力が上がって範囲がかなり狭くなる。 連打するとどんどん浮く。 フォーカスルミナスより高威力だが、 弱点を狙い撃つのは至難の業。 ブラックホールラプチャー 【通常】2. 5ステップ先を吸引。 吸引後にダメージフィールドを形成。 ギア回収率高め。 威力もなかなか高く、ダメージフィールドは持続するため他のPAとの連携が可能。 空中で出すと下降。 【フォーカスPA】挙動は通常版と同じだがダメージフィールドの範囲がかなり狭くなり、ダメージ間隔も長くなる。 カカシ相手にしか当たらないが、 全弾当たり切ったときはウォンド随一の高DPSを出す。 ギア回収率も良い。 空中で出すと下降。 ルミナスフレア 【通常】広範囲へ届くビーム発射。 貫通性能。 発射中は旋回可能だが、縦軸へは移動できず、 水平にしか発射できない。 使用中はキャンセル不可で無防備。 【フォーカスPA】収束ビームで範囲は狭い。 ロック箇所に近づきすぎると他の部位に吸われるため、半歩ほど距離を置いて使う。 連射しやすいが消費PP40と重い。 セイムアーツを取って連打するのもアリかも。 Etウォンドのおすすめ簡単コンボは別記事で紹介しています。 初心者さんに特におすすめ。

次の

【PSO2】新クラスエトワールデュアルブレード(DB)のPAのDPSを調査

エトワール dps

S級特殊能力について• S1:打撃増幅• S2:妙撃の志2• S3:妙撃の志2 理想は上記のSOP構成になります。 低コストで抑えたいときにどうぞ。 そのおかげで、HPの重要性は落ちました。 エトワール関しては、ひたすら 火力を追い求めたほうが効果的と言えます。 固有アサギリレンダンは必須 エトワールの移動PAは固有PAアサギリレンダン エレヌバティナ になります。 また、 カウンターを取れた分だけダメージを与えることができるため、練習すれば練習するほど強くなれます。 デュアルブレードは無難ですが、与えるダメージにどうしても限界があるので、極めるのであればダブルセイバーになるでしょう。 ダブルセイバーの基本的な使い方 ダブセってどんな動きすればいいの?という初心者に向けて基本的な使い方を置いておきます。 Etダブルセイバーギア• Etダブルセイバーギアを溜める方法• 敵を攻撃する• Etダブルセイバーを使う• エンハンスアタック 1ゲージ消費• 被ダメージ時、ダメージ軽減 1ゲージ消費 Etダブルセイバーギアを溜める方法は、 敵を攻撃することです。 Etダブルセイバーギアは後述するエンハンスアタックを使うことで、1ゲージ消費されます。 また、敵からダメージをもらうとEtダブルセイバーギアを1ゲージ消費して、ダメージを軽減してもらえます。 ギアが貯まったら、積極的にエンハンスアタックを使っていきましょう。 スキップアーツ 通常攻撃を長押しすると発動。 ギアは放っておくと被ダメージ時にダメージ軽減として消費されてしまうので、積極的に消費していきましょう。 ダブルセイバーのカウンターの話• ステップでのカウンター• カウンターの出が早い• 武器アクションでのカウンター• コンボが切れない ダブルセイバーのカウンターには、上記の2種類があります。 基本的には、武器アクションでのカウンターがおすすめですが、移動する敵にはカウンターが当たらない場合があるので使い分けができるようになりたいですね。 デュアルブレードの使い方 エトワールの武器で一番汎用性があるのがデュアルブレードです。 突き詰めれば、ダブルセイバーがタイマンシーンでは強力ですが、パリィで敵の攻撃を回避しやすいのもあり手軽にダメージを出せます。 デュアルブレードの特徴 デュアルブレードの特徴として、 弱点に吸われにくい攻撃判定があります。 閃機種などの特定の弱点部位を狙って倒すエネミーと相性が悪いので、そのようなエネミー相手には他の武器に切り替えたほうが良いです。 デュアルブレードの基本的な使い方• ディストーションピアス• 最後のダメージが高い置きPA• 積極的に使っていきたい• ラディアントスティング• ギアを早く溜める用• バーティカルフロウ• 出番はあまり無い• 敵の急激な移動に• ライトウェーブ• 連打で無難なプレイができる ラディアントスティング Etデュアルブレードギアを稼ぐ最良PAです。 フルコネクトを回してダメージを稼ぎたいシーンなどには、「ラディアントスティング」を回して、ギアを溜めていくと良いですね。 パリィ 武器アクションを押すことで、全方位ジャストガードが使えます。 ジャスガの威力はかなり低くダメージは期待できませんが、PPは10回復します。 移動中・攻撃中・アイテム使用中など、様々なシーンで使える優秀な回避行動です。 ギアの蓄積にも使えるので、積極的に狙っていきましょう。 Etデュアルブレードギア Etデュアルブレードギア• Etデュアルブレードギアを溜める方法• 敵を攻撃時に溜まる• コネクト・フルコネクト使用時には、ギアの蓄積にボーナス• Etデュアルブレードギアを使う• コネクト ギア1消費• フルコネクト コネクト後に、追加でギア1消費 Etデュアルブレードギア を溜める方法としては、デュアルブレードでの攻撃時に溜まります。 そのため、「ラディアントスティング」のような短時間で手数が多く稼げるPAがおすすめです。 そのため、コネクト・フルコネクト後に、できるだけエネミーに攻撃することを意識しましょう。 ウォンドの使い方 エトワールのウォンドはエンドレスみたいなクエストでは重宝される性能をしていますね。 攻撃範囲が広く、複数体へのダメージが期待できるPAがあるのがウォンドの特徴でしょうか。 デュアルブレード、もしくはダブルセイバーのサブに使うという立ち位置です。 ウォンドの基本的な使い方 ウォンドは ギアを溜めることを優先的に考えるのが良さそうです。 ギアを溜めて、プロテクトリリースでダメージを稼いでいきます。 敵の周りで、通常攻撃や「プリズムサーキュラー」でダメージを稼ぎつつ、ジャストガードでしっかりギアを稼いでいきましょう。 ウォンドのPAの解説置き場 戦闘不能となるダメージを受けたとき、一度だけ無敵時間が発生し、HPとPP、ギアゲージが全回復する。 エトワールウィルを発動させることで、 ギアゲージが全回復します。 これをわざと利用することで、レイドボスなどにフルコネクトを一回多く発動させることや、サブで使っていたウォンドのギアを消費させるなどダメージを稼ぐことができるようになります。 レイドボスのダメージレースに参加するためには、ウィルを発動させる必要がありそうです。 アトライクスのウィルが優先的に消費されるので、アトライクスを使っている場合には注意してください。 あとがき とりあえず、エトワールの現状はこんなもんだと思います。

次の

【PSO2】エトワールマグ作成で知っておきたいこと

エトワール dps

S級特殊能力について• S1:打撃増幅• S2:妙撃の志2• S3:妙撃の志2 理想は上記のSOP構成になります。 低コストで抑えたいときにどうぞ。 そのおかげで、HPの重要性は落ちました。 エトワール関しては、ひたすら 火力を追い求めたほうが効果的と言えます。 固有アサギリレンダンは必須 エトワールの移動PAは固有PAアサギリレンダン エレヌバティナ になります。 また、 カウンターを取れた分だけダメージを与えることができるため、練習すれば練習するほど強くなれます。 デュアルブレードは無難ですが、与えるダメージにどうしても限界があるので、極めるのであればダブルセイバーになるでしょう。 ダブルセイバーの基本的な使い方 ダブセってどんな動きすればいいの?という初心者に向けて基本的な使い方を置いておきます。 Etダブルセイバーギア• Etダブルセイバーギアを溜める方法• 敵を攻撃する• Etダブルセイバーを使う• エンハンスアタック 1ゲージ消費• 被ダメージ時、ダメージ軽減 1ゲージ消費 Etダブルセイバーギアを溜める方法は、 敵を攻撃することです。 Etダブルセイバーギアは後述するエンハンスアタックを使うことで、1ゲージ消費されます。 また、敵からダメージをもらうとEtダブルセイバーギアを1ゲージ消費して、ダメージを軽減してもらえます。 ギアが貯まったら、積極的にエンハンスアタックを使っていきましょう。 スキップアーツ 通常攻撃を長押しすると発動。 ギアは放っておくと被ダメージ時にダメージ軽減として消費されてしまうので、積極的に消費していきましょう。 ダブルセイバーのカウンターの話• ステップでのカウンター• カウンターの出が早い• 武器アクションでのカウンター• コンボが切れない ダブルセイバーのカウンターには、上記の2種類があります。 基本的には、武器アクションでのカウンターがおすすめですが、移動する敵にはカウンターが当たらない場合があるので使い分けができるようになりたいですね。 デュアルブレードの使い方 エトワールの武器で一番汎用性があるのがデュアルブレードです。 突き詰めれば、ダブルセイバーがタイマンシーンでは強力ですが、パリィで敵の攻撃を回避しやすいのもあり手軽にダメージを出せます。 デュアルブレードの特徴 デュアルブレードの特徴として、 弱点に吸われにくい攻撃判定があります。 閃機種などの特定の弱点部位を狙って倒すエネミーと相性が悪いので、そのようなエネミー相手には他の武器に切り替えたほうが良いです。 デュアルブレードの基本的な使い方• ディストーションピアス• 最後のダメージが高い置きPA• 積極的に使っていきたい• ラディアントスティング• ギアを早く溜める用• バーティカルフロウ• 出番はあまり無い• 敵の急激な移動に• ライトウェーブ• 連打で無難なプレイができる ラディアントスティング Etデュアルブレードギアを稼ぐ最良PAです。 フルコネクトを回してダメージを稼ぎたいシーンなどには、「ラディアントスティング」を回して、ギアを溜めていくと良いですね。 パリィ 武器アクションを押すことで、全方位ジャストガードが使えます。 ジャスガの威力はかなり低くダメージは期待できませんが、PPは10回復します。 移動中・攻撃中・アイテム使用中など、様々なシーンで使える優秀な回避行動です。 ギアの蓄積にも使えるので、積極的に狙っていきましょう。 Etデュアルブレードギア Etデュアルブレードギア• Etデュアルブレードギアを溜める方法• 敵を攻撃時に溜まる• コネクト・フルコネクト使用時には、ギアの蓄積にボーナス• Etデュアルブレードギアを使う• コネクト ギア1消費• フルコネクト コネクト後に、追加でギア1消費 Etデュアルブレードギア を溜める方法としては、デュアルブレードでの攻撃時に溜まります。 そのため、「ラディアントスティング」のような短時間で手数が多く稼げるPAがおすすめです。 そのため、コネクト・フルコネクト後に、できるだけエネミーに攻撃することを意識しましょう。 ウォンドの使い方 エトワールのウォンドはエンドレスみたいなクエストでは重宝される性能をしていますね。 攻撃範囲が広く、複数体へのダメージが期待できるPAがあるのがウォンドの特徴でしょうか。 デュアルブレード、もしくはダブルセイバーのサブに使うという立ち位置です。 ウォンドの基本的な使い方 ウォンドは ギアを溜めることを優先的に考えるのが良さそうです。 ギアを溜めて、プロテクトリリースでダメージを稼いでいきます。 敵の周りで、通常攻撃や「プリズムサーキュラー」でダメージを稼ぎつつ、ジャストガードでしっかりギアを稼いでいきましょう。 ウォンドのPAの解説置き場 戦闘不能となるダメージを受けたとき、一度だけ無敵時間が発生し、HPとPP、ギアゲージが全回復する。 エトワールウィルを発動させることで、 ギアゲージが全回復します。 これをわざと利用することで、レイドボスなどにフルコネクトを一回多く発動させることや、サブで使っていたウォンドのギアを消費させるなどダメージを稼ぐことができるようになります。 レイドボスのダメージレースに参加するためには、ウィルを発動させる必要がありそうです。 アトライクスのウィルが優先的に消費されるので、アトライクスを使っている場合には注意してください。 あとがき とりあえず、エトワールの現状はこんなもんだと思います。

次の