ブラジリアン キック。 ブラジリアンキックのコツが分かったぞ!!

ブラジリアン柔術

ブラジリアン キック

K-1での一押し格闘家はブラジルののクラウベフェイトーザです。 空手を愛好する者としての愛着があるし何より、彼の必殺技であるブラジリアンハイキックが見た目のカッコよさも去ることながら、KOを量産する破壊力も素晴らしく、本当に大好き。 ミルコクロコップの空気を切り裂くようなハイキックも魅力的だが、最近はすっかり警戒されて避けられるようになってしまっている。 クラウベのブラジリアンハイキックも同じ上段蹴りだが、見た目が全然違っている。 ミルコに代表されるハイキックは言わば、ドアの蝶番のように足を振り回す形式で、大きな円運動で斜め下から繰り出される。 それに対してブラジリアンキックは膝をぐっと前に突き出したかと思うと、その先で、膝を中心に脛がくるっと小さく縦に回転して、普通に横からの蹴りへのガード避けて、垂直に近い角度で振り下ろされるのだ。 膝を前に突き出した状態からは普通は前蹴りが飛んでくるのでお腹や胸を守ればいいのだが、同じ体勢で顔面を攻撃できるのは攻撃の幅がすごく広がる。 上段を警戒されたら、そのままお腹を蹴ってやればいいのだ。 前から一体どういう仕組みでそういう蹴りが出せるのか意味が分からなかった。 今日は空手に行って来て、ミット打ちの時間で上段蹴りもやっていたのだが、普通に蹴っていただけだった。 さっき『オーラの泉』を見ながらふとブラジリアンハイキックの事を考えていたら、やり方がなんとなく思いついた。 本当にわけもなく、ゲストの原沙知恵の話を聞いていたら思いついたのだ。 やり方は、まず、前蹴りを出すよりも高く、相手の顔面を蹴るくらいの勢いで膝を突き出す。 そしたら、そのまま、上体を真横に回転させる。 その際上体はなるべく寝かせておく。 回転に合わせて畳んでいた足を延ばすと、垂直に近い角度で膝を中心に脛から先を振り下ろすことができる……のではなかろうか。 早速、居間に行って、椅子の背もたれに手をついて、左右の足でやってみたら、なんとなくそれっぽくなっていた。 明日か明後日道場に行ってサンドバックで実験してみよう。 これを本当に習得できたら試合で有効な技となるのは間違いない!! 今年の目標である「必殺技を身につける」は、ブラジリアンハイキックで決まり!! koizumi69.

次の

ブルガリアンスクワットのやり方を解説|ヒップアップ効果抜群!

ブラジリアン キック

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年6月)• によるの参照が不十分です。 ください。 ( 2020年6月) この名前は、に従っています。 (母方の)は アラウージョ、(父方の)は フェイトーザです。 ブラジル支部所属。 ニックネームは「 極真の怪物」。 師匠に、先輩に、後輩にをもつ。 来歴 ブラジル支部において、に教えを受ける。 少年時代のグラウベは長身だがガリガリに痩せた虚弱体質で、それを心配した父親と共に道場の門を叩いた。 入門初期は股割りなどの柔軟運動一つにも苦労したという。 - 、極真会館(松井派)主催の第6回に出場し、8位入賞。 、初参戦となるK-1 DREAM '98でと対戦し、右フックで3ダウンとなりTKO負け。 1998年にはK-1 GRAND PRIX '98 開幕戦でGP1回戦をと対戦するも、判定負け。 11月5日 - 7日、極真会館(松井派)主催の第7回全世界空手道選手権大会に出場し、4位入賞。 2000年4月、アンディ・フグに判定負け。 2000年10月、ミルコ・クロコップに判定負け。 2001年3月、中迫剛にブラジリアンキックでKO勝ち。 2002年7月、マーティン・ホルムにKO負け。 2002年10月、ピーター・アーツにダウンを奪われ判定負け。 K-1デビュー当初は顔面パンチ有りのK-1ルールになかなか適応できず成績は振るわなかったが、頃から勝利が増え始めた。 2003年 - 、極真会館(松井派)主催の第8回全世界空手道選手権大会に出場し、2大会連続の4位入賞。 、にてと一撃キックルールで対戦。 右フックでダウンを奪い、最後は右アッパーで1RKO勝ち。 2004年7月、TOAにブラジリアンキックでKO勝ち。 2004年、K-1 WORLD GP 2004 開幕戦でと対戦。 序盤はグラウベがペースを握っていたが、中盤からペースを握り返され、判定負け。 、K-1 WORLD GP 2005 IN LAS VEGASのUSA GP1回戦では、前年度準優勝のから判定勝ち。 準決勝ではに踵落としからの膝蹴りでKO勝ち。 決勝ではをブラジリアンキックでKO勝ち。 USA GP優勝を果たし、GPへの出場権を獲得。 2005年、K-1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦でと対戦し、序盤はブラジリアンキックをシュルトの顔面にヒットさせるなどしていたが、後半盛り返され、判定負け。 2005年、K-1 WORLD GP 2005 IN TOKYO 決勝戦のリザーブマッチでに判定勝ち。 の負傷棄権を受け、準決勝でと対戦し、1Rに右ストレートでダウンを奪い、2Rに左跳び膝蹴りでKO勝ち(武蔵は5年ぶりのKO負け)するも、決勝でのとの再戦では、開始48秒左膝蹴りで失神KO負け。 準優勝となった。 、K-1 REVENGE 2006 七回忌追悼イベントのメインでと対戦。 3R終了間際に右ストレートでダウンを奪い判定勝ち。 2006年、K-1 WORLD GP 2006 IN OSAKA 開幕戦でと対戦。 ローキック一本で攻めるスロウインスキーに対し、手数、パンチテクニックで圧倒して、大差の判定勝ち。 12月2日、K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO 決勝戦では準々決勝でと対戦し、ブラジリアンキックからのパンチ連打で1R1分11秒KO勝ち。 準決勝ではと対戦し、1Rにはブラジリアンキックでアーツをぐらつかせ、優位に立つが、2Rにパンチ連打でTKO負け。 、K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAIIのスーパーファイトで元GP王者のと初対戦。 蹴り技最高峰の対決と言われ注目を浴びた。 結果は0-2の僅差の判定負け。 2007年、K-1 WORLD GP 2007 IN SEOUL FINAL16のGP1回戦でと対戦。 1Rに左膝蹴り、左ストレートで2度のダウンを奪い判定勝ち。 、K-1 WORLD GP 2007 FINALの準々決勝で王者と3度目の対戦。 2R中盤にグラウベのブラジリアンキックがヒットしシュルトをふらつかさせるもダウンには至らず、判定負け。 4月13日、のスーパーファイトでと対戦。 2Rにブラジリアンキックで失神KO勝ち。 試合後、K-1イベントプロデューサーは「のヘビー級タイトルマッチの挑戦者候補はグラウベ」と話した。 2008年、で行われたK-1ヘビー級タイトルマッチで王者と対戦。 パンチ連打でダウンを奪われ、最後は右フックでKO負け。 王座獲得に失敗した。 2008年、で新鋭と対戦し、2度のダウンを奪われ、更にKO寸前まで追い込まれるも耐え抜き、試合終了間際にパンチ連打で猛反撃を見せるも時間切れ。 大差の判定負けを喫した。 、にてと対戦。 1Rに2度のダウンを奪い、更に2Rに左ストレートでダウンを奪った所でタオルが投入されTKO勝利となった。 2009年、でと再戦し、0-2で僅差の判定負け。 なお、グラウベはこの判定に対し「延長戦が妥当ではないか」と珍しく不満を唱えた。 現在では現役を引退する意向を表明している。 腕には極真会館のロゴをモチーフにしたを友人のに彫ってもらっている。 そのデザインがユニフォームになっている。 相手の選手を挑発する事はなく、普段は真面目で大人しく、虫も殺せないような優しい性格の持ち主である。 家族をとても大切に思っており、現役引退の意向を示した理由も家族と過ごす時間を大切にしたいからと答えている。 得意技 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2008年6月) ブラジリアンキック 日本の道場では「縦蹴り」「変速蹴り」と呼ばれる事が多い。 独特の軌道を描く変則であり、蹴り上げる軌道の途中で軸足を返す事で、蹴り脚の背足(足の甲)を相手の頭部に落下させる。 丁度のドライブシュートのように相手の側頭部のガードを乗り越えて命中するため、防御対処が困難となる。 したがって、技のプロセス、メカニズムとしては踵落としに似ているが、踵落としが「上げて、落とす」という2挙動を必要とするのに対し、ブラジリアンキックは連続した1挙動であるため、相手が受けの対処をとる時間が少ない。 また、ミドルからハイに変化することで、相手を幻惑する効果もある。 スピードと威力は勿論、演武のような華麗なフォームでも知られるグラウベの代名詞的な技である。 身長212cmのK-1世界王者セミー・シュルトにもこの技をクリーンヒットさせてダウン寸前に追い込んだ事がある。 ある程度の長身と柔軟な筋肉、下半身のバネの強さが必要とされる技であり、実戦で使用しコンビネーションに組み込むなどグラウベほどの使い手は非常に少ない。 日本人で達人であったのはかつて関西神戸支部にいたくらいである。 また、グラウベは左右どちらの脚でも放つ事が可能。 ちなみにブラジルでの名称は クビゲリ(=首蹴り。 よく相手の首筋付近を狙って使用される事から)。 膝蹴り K-1参戦当初から多用している得意技。 その威力は「凶器」とさえ呼ばれ、一撃必殺と恐れられている。 また、ここぞという時に見せる跳び膝蹴りの威力も抜群であり、2005年に武蔵をこの技でKOしたシーンが有名。 踵落とし 長身と長い脚を生かして相手の頭頂部を狙う。 主な獲得タイトル• 第1回極真 パリワールドカップ地域別団体空手道選手権大会(南アメリカチーム) 準優勝&MVP選手賞• アメリカンズカップ空手道選手権大会 優勝(1997年)• 全南米空手道選手権大会 優勝(1997年)• 全ブラジル空手道選手権大会 優勝(1996年)• 全ブラジル空手道選手権大会 優勝(1997年)• 全世界ウェイト制空手道選手権大会 重量級 準優勝(1997年)• 第6回 オープントーナメント極真 全世界空手道選手権大会 第8位(1997年)• 第7回 オープントーナメント極真 全世界空手道選手権大会 第4位(1999年)• 第8回 オープントーナメント極真 全世界空手道選手権大会 第4位(2003年)• K-1 WORLD GP 2005 IN LAS VEGAS USA GP 優勝• K-1 WORLD GP 2005 準優勝• K-1 WORLD GP 2006 第3位 脚注.

次の

ブラジリアン柔術

ブラジリアン キック

皆さんは「ブラジリアンキック」という技をご存知でしょうか? 蹴り足を上から落とすような軌道で蹴るブラジリアンキックは「縦蹴り」とも呼ばれ、ガードの上を潜り抜けてヒットするため当たれば倒れる確率の高い蹴りです。 しかしながら、ブラジリアンキックはただやみくもに技を出しても当たるものではなく、うまく当てるための「段取り」も重要となります。 ここでは、・ブラジルのジ・イソベ選手に学ぶ、ヒット率を上げるブラジリアンキックの効果的な出し方について説明していきます。 ブラジリアンキックとは? ブラジリアンキックとは、相手のガードの上をくぐり抜けて頭にヒットさせる回し蹴りのことを指しており「縦蹴り」とも呼ばれています。 ブラジリアンキックという名前の由来としては、・ブラジル長である磯部清次が、「足を手のように自在に操れることができたらすごい武器になるのではないか。 」という発想を元に試行錯誤を重ね、ブラジリアンキックに着想したという経緯があります。 ジ・イソベ選手について ジ・イソベ(ryuji isobe)選手は・ブラジルに所属する人物であり、 ・ブラジル長である磯部清次氏のご子息でもあります。 ブラジリアンキックの使い手としては、選手がでブラジリアンキックを多用していたため認知度が高いのですが、ジ・イソベ選手のブラジリアンキックは他の選手よりも蹴りの角度と脚全体のしなりが素晴らしく、お手本とするには最適だと考えています。 ジ・イソベ流|ブラジリアンキックのヒット率の上げ方 ブラジリアンキックは相手のガードをくぐり抜けることができるというメリットがありますが、技のモーションが大きいため、相手に読まれやすいというデメリットがあります。 そのため、ブラジリアンキックを出すまでの段取りは非常に重要です。 ここでは、ブラジリアンキックのヒット率を上げる方法について、文章と補足動画で説明していきます。 中段を効かせてガードを下げる ジ・イソベ選手がブラジリアンキックをヒットさせる場合、事前にしっかりと中段回し蹴りでボディを攻めています。 たとえダメージは無くとも、相手にしてみれば「強い蹴りを何度被弾したくない」という心理によってガードが下がり、その結果ブラジリアンキックのヒット率が上がります。 警戒する相手にはそのまま中段で倒す ブラジリアンキックを警戒してガードがなかなか下がらない場合は、当然ながら中々ヒットさせることはできません。 しかしながら、上段への攻撃を警戒する分ボディが空いていますので、今度は逆にブラジリアンキックがフェイントとなり、中段回し蹴りを効果的に当てることができます。 ジ・イソベ選手は極真の中では小柄な選手ですが、蹴り足をしっかりしならせているため、相手を倒すほどの威力があるのが特徴です。 補足動画 ジ・イソベ選手のブラジリアンキックをまとめた補足動画となります。 ブラジリアンキックを当てるまでの動作や蹴りの軌道について、参考にしてみてください。 チャンネルへの登録をお願いします 本記事で紹介した補足動画は動画を使用しています。

次の