アマチャン。 あまちゃんとは (アマチャンとは) [単語記事]

あまちゃんとは (アマチャンとは) [単語記事]

アマチャン

総面積2万5千ライ(1200万坪)の広大な敷地に広がるタイでNo. 1とも言える大規模工業団地。 多くの有名日系企業が進出しており、訪問を受ける時などにアマタ・チョンブリ(アマタナコーン)と言えばすぐに分かる地名の認知度が魅力。 また、入居企業数は600社以上で、内日系企業の入居が多く2019年5月現在約66%が日系企業で、2位16%のタイ企業の入居率を上回る程。 バンコクから1時間前後での通勤アクセス圏。 バンコクと東部を結ぶ主要幹線道路として整備済のバンナートラッド・ハイウェイとモーターウェーの2つの高速道路が利用可能である。 また、この工業団地の目玉として、ファシリティの充実が挙げられる。 日本食レストランや、ショッピングセンター、銀行、病院、そして、ゴルフ場まであり、幅広い施設が完備されており非常に便利。 IEATとの提携開発となる民間工業団地なのでアマタのセールスオフィスなどが入居するアマタサービスセンタービルにはIEATの事務所なども完備されている。 今後顧客を新規開拓を考えて進出する企業には、立地を活かした営業にも好都合。 レムチャバン深海港にも近く、自動車関係の企業が多く進出しているイースタンシーボード地域へも近い。 アマタサミット社(アマタグループ)とフレーザー社のレンタル工場も数多く有り、土地の購入も、レンタル工場でのスタートも可能。 大田区のオオタ・テクノパークと言う中小企業誘致に特化したミニ・レンタル・ファクトリーあり。 2018年1月18日に、団地名変更を行い「アマタナコーン工業団地」から、「アマタシティ・チョンブリ工業団地」となりました。

次の

アマタシティ・チョンブリ工業団地

アマチャン

総面積2万5千ライ(1200万坪)の広大な敷地に広がるタイでNo. 1とも言える大規模工業団地。 多くの有名日系企業が進出しており、訪問を受ける時などにアマタ・チョンブリ(アマタナコーン)と言えばすぐに分かる地名の認知度が魅力。 また、入居企業数は600社以上で、内日系企業の入居が多く2019年5月現在約66%が日系企業で、2位16%のタイ企業の入居率を上回る程。 バンコクから1時間前後での通勤アクセス圏。 バンコクと東部を結ぶ主要幹線道路として整備済のバンナートラッド・ハイウェイとモーターウェーの2つの高速道路が利用可能である。 また、この工業団地の目玉として、ファシリティの充実が挙げられる。 日本食レストランや、ショッピングセンター、銀行、病院、そして、ゴルフ場まであり、幅広い施設が完備されており非常に便利。 IEATとの提携開発となる民間工業団地なのでアマタのセールスオフィスなどが入居するアマタサービスセンタービルにはIEATの事務所なども完備されている。 今後顧客を新規開拓を考えて進出する企業には、立地を活かした営業にも好都合。 レムチャバン深海港にも近く、自動車関係の企業が多く進出しているイースタンシーボード地域へも近い。 アマタサミット社(アマタグループ)とフレーザー社のレンタル工場も数多く有り、土地の購入も、レンタル工場でのスタートも可能。 大田区のオオタ・テクノパークと言う中小企業誘致に特化したミニ・レンタル・ファクトリーあり。 2018年1月18日に、団地名変更を行い「アマタナコーン工業団地」から、「アマタシティ・チョンブリ工業団地」となりました。

次の

全日本クラブチャンピオンズ 報知アマゴルフ選手権 歴代優勝者

アマチャン

総面積2万5千ライ(1200万坪)の広大な敷地に広がるタイでNo. 1とも言える大規模工業団地。 多くの有名日系企業が進出しており、訪問を受ける時などにアマタ・チョンブリ(アマタナコーン)と言えばすぐに分かる地名の認知度が魅力。 また、入居企業数は600社以上で、内日系企業の入居が多く2019年5月現在約66%が日系企業で、2位16%のタイ企業の入居率を上回る程。 バンコクから1時間前後での通勤アクセス圏。 バンコクと東部を結ぶ主要幹線道路として整備済のバンナートラッド・ハイウェイとモーターウェーの2つの高速道路が利用可能である。 また、この工業団地の目玉として、ファシリティの充実が挙げられる。 日本食レストランや、ショッピングセンター、銀行、病院、そして、ゴルフ場まであり、幅広い施設が完備されており非常に便利。 IEATとの提携開発となる民間工業団地なのでアマタのセールスオフィスなどが入居するアマタサービスセンタービルにはIEATの事務所なども完備されている。 今後顧客を新規開拓を考えて進出する企業には、立地を活かした営業にも好都合。 レムチャバン深海港にも近く、自動車関係の企業が多く進出しているイースタンシーボード地域へも近い。 アマタサミット社(アマタグループ)とフレーザー社のレンタル工場も数多く有り、土地の購入も、レンタル工場でのスタートも可能。 大田区のオオタ・テクノパークと言う中小企業誘致に特化したミニ・レンタル・ファクトリーあり。 2018年1月18日に、団地名変更を行い「アマタナコーン工業団地」から、「アマタシティ・チョンブリ工業団地」となりました。

次の